10969391 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

X

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

おかえりモネ、もや… New! らぶりーたわ子さん

連続テレビ小説『お… New! レベル999さん

最近の日課。&【全品… New! くみ1さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

水引のキットの4月分… New! いしけい5915さん

コメント新着

2015年02月08日
XML
カテゴリ:ドラマ

副題「女囚の秘密」

新聞ラテ「女囚の秘密~家族のぬくもりが獄に光あたえ復活へ」

第6回の関東の視聴率は、前回の12.8%より上がって、13.3%でした♪

続落するかと思いましたが、上がって良かったです♪(^^)

関西の視聴率は、20位ギリギリ(同率19位)で、15.0%でした。

ちなみに、前回は20位以内に入らなかったので視聴率が分からず(15.1%以下)、上がったのか下がったのか分かりません(汗)(^^;)

 

富永有隣(本田博太郎)、文(井上真央)から筆を差し入れて貰って、大喜びして、可愛かったです♪(^^)

文、高須久子(井川遥)にはお手玉を作って差し入れましたが、この2人への差し入れが、彼らだけではなく、皆を変えました♪(^^)

文は、久子から実家へのお使いを頼まれ、何度も行くようにとの事で大変でした(汗)

亡き父を獄中で弔いたいので、何か遺品を欲しいという手紙を預かりました。

でも、それは口実で、何度も行って疎まれて、一人娘の糸(川島海荷)が怒って野山獄へ会いに来てくれる事を願っての事でした(涙)

期待通り、糸が怒って来ました。

久子の罪は、夫の死後、身分の低い三味線弾きとの密通との事で、それ自体、糸は許せないようです。

お家がお取り潰しになりそうになったので、身内が訴えて、ここに入れられたとの事。

入獄後2年との事ですが、夫の死後なので不貞とは思えないのですが、家が取り潰されそうになるなんて、この時代は厳しかったんですね(汗)

糸は、もう使いをよこさないでと・・・(汗)

文は、久子の本心を察して、あなたに会いたかったからだと宥めました。

糸「私はあなたを憎みます。

 憎んだ人の事、忘れないでしょうから」

と、久子の手を握りました。

忘れられるより憎まれた方がいいでしょう(^^)

愛と憎しみは紙一重です(^^)

 

その後、久子は文から貰ったお手玉を捨てました。

それを知って、獄中の皆がなぜ捨てたのかと久子を責めました。

久子は、大切な品だったから捨てたと。

寅次郎(伊勢谷友介)は、久子に聞きました。

寅次郎「お聞かせ下さい。私にも手放せんもんがある。

 なのに、あなたは捨てたという。大切だから捨てたと。

 なぜじゃ? なぜ、あなたは、そのような事ができたんじゃ」

久子「あの子が嫌いでございました。

 文さんは、私が2度と求めてはならないものを、あまりに無邪気にまとっておいででした。

 獄に繋がれた時、言い聞かせました。

 2度と求めてはいけないと。美しい物も楽しい物も全て。

 娘とも決して会わぬつもりでした。でも・・・」

大深「会えたではないか。

 諦めて背を向けておったもんに巡り会うたではないか」

久子「娘は私を憎いと言いました。でも、どうした事でしょう?

 その言葉を聞いた時、初めて分かったのです。

 生きて傷つく事も償いではないかと」

 

それを聞いて、寅次郎は、「ならば証を見せてつかあさい」という文の言葉を思い出し、ようやくその答えが分かり、表情が明るくなりました。

「孟子は、こう言われました。

『万物皆 我に備わる 身を反みて 誠あらば 楽しみ これより 大なるはなし』

つまり、全ての感情は、元々、人の本性の中に備わっているもんなんです。

悲しみや悪だけではない。善もまたしかり。喜びもまたしかり。

一生、獄の中にあろうと、心を磨き、己の心に目を凝らし誠を尽くせば、人は生まれ変わる事ができる」

富永「幻を申すな!」

寅次郎「幻などではない。(お手玉を手にし)現にこれを手にして、高須殿は変わられた。

 筆を手にして、富永殿も変わられたではないか。

 皆はどうです?

 鳥と書けば、鳥が見える。

 花と書けば、桜が匂う。

 心にそれを感じたのであれば、それは幻などではない。

 人は変われるんです」

久子にお手玉を渡し、手を握り、

寅次郎「己の心から目を背けてはいけん」

大深「そうじゃ、おまえはなかなかええ事を言う。続けろ」と牢の外に出てくる。

大深「おぬしの話をもっと聞きたい。在獄48年、今日は真に愉快である。ハッ」と笑う。

皆も笑う。

大深虎之丞(品川徹)、入獄期間最長で、48年もここにいるようです(汗)

皆と一緒に寅次郎の話を聞いて、楽しそうでした(^^)

富永さんは寅次郎に孟子の本を渡しました。

寅次郎は、その本を持ち、金子の形見のボタンを握りしめました。

 

寅次郎は、金子重輔(泉澤祐希)の死を文から聞いて責められ落ち込んでいましたが、ようやく元気を取り戻しました♪(^^)

寅次郎は、皆に教え、野山獄は、寅次郎塾のようになりました♪(^^)

この獄の人達は、殆どが身内から厄介払いされた人達で、出獄できないので、ただ絶望して何もやる気がありませんでしたが、皆、変わり、熱心に寅次郎の話を聞きました♪

早くも寅次郎が元気を取り戻せて、良かったです♪(^^)

 

面会に来た伊之助(大沢たかお)は、寅次郎が皆に教える姿を見て、会わずに帰りました。

伊之助「俺には俺のやる事がある。胸を張ってそう言えるまで、あいつとは会わん」

寅次郎を頼ろうと面会に何度も訪れていた伊之助も、一人で頑張る決意ができて良かったです♪

 

今回は、文が久子に振り回された回でしたが、それが久子や寅次郎や皆に影響を与えて良かったです♪

久子さん、もう2度と会えないと諦めていた娘と会えて、良かったですね♪

散々、文に世話になって、嫌いだったはないだろうと思いましたが・・・

最後にちゃんと「ありがとう」と、文にお礼を言えて、良かったです(^^)

でも、一番印象に残ったのは、前回、とても荒んでいたのに、筆1本でとても喜んで変わった富永さんでした(^^)

在獄48年の大深さんも楽しそうで良かったです♪

前向きで明るかったから視聴率、上がったのかな??(^^)

 

次回は、「放たれる寅」

寅次郎が野山獄から出られるのかな?

2度と出られない筈の野山獄から、どうやって出られる事になるのか注目しています♪(^^)

 

【第4回あらすじ】 (Yahooテレビより)

文(井上真央)は野山獄ただ一人の女囚・高須久子(井川遥)から、実家である名家・高須家への使いを頼まれる。久子には一人娘の糸(川島海荷)がいた。久子の思いに応えようと文は奔走するが、母を恨む糸は驚きの行動に。母子は決別してしまうのか、その時ふみは…。一方、獄の寅次郎(伊勢谷友介)は弟子の死から立ち直れない。絶望と虚無感に支配された野山獄だったが、文のもたらしたある物が獄の中を変えていく。

  

【レビューリンクと視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

第1回]16.7%(関西16.9%)   [第2回]13.4%(関西14.8%)

第3回]15.8%(関西15.7%)   [第4回]14.4%(関西16.9%)

第5回]12.8%(関西? 15.1%以下) [第6回]13.3%(関西15.0%)

 

公式HP・略年表

公式HP・人物相関図

公式HP・次回あらすじ

 

関東の先週の視聴率ベスト10

関西の先週の視聴率ベスト20

 


【送料無料】 花燃ゆ(前編) NHK大河ドラマ・ストーリー[大島里美]

 

TBは「別館」へお願いします


 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ   

↑大河の皆さんのレビューはこちらにあります♪

できればクリック、お願いします♪







最終更新日  2015年02月14日 11時34分32秒
コメント(18) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


差し入れで変わる獄の空気   三連星 さん
品川さんの「愉快じゃ!」のあとで、囚人たちと一緒に笑いました。品川さんは16日のスタパに出演しますが、花燃ゆというよりは、プレミアムドラマ「だから荒野」の方で登場されるようです。と思いきや、先ほどのドラマ仕立てのNスペ(最終回・全5回)でも姿が見えました。

朝ドラのミニライブについてはお伝えした通りですが、大河でも早くもライブが行われます。川井さん、NHK交響楽団のメンバーのほか、檀さんと優香さんが登場します。ただ、もう2週間遅く開催していただきたかった。それなら、山口にいたのですが・・・。きのうは同じく山口市民会館で、内藤さんと土屋Pがトークショーをしていましたね。

さて本筋ですが、件の映画との比較を続けると、いちばん違うのは外部との接触が非常にゆる~いことです。文はすっかり顔パス状態となり、(映画よりずっと怖い)本田さんにも気に入られました。文や筆で獄内の雰囲気を変えられるとはとても思えませんが、本作らしさは出ていたと思います。(→冒頭の笑い)

高須久子と松蔭先生の関係も変わっていました。映画では心をかたくなに閉ざす久子(憔悴っぷりはテレビの比ではないです)に、松蔭先生が声をかけ続け・・・でした。テレビでは金子の話を先にしたために、双方の関係が反転した感があります。なお映画では久子の「不貞」ぶりも描いていましたが、むろん当世なら騒ぐほどのものではありません。 (2015年02月08日 22時21分50秒)

Re:【花燃ゆ】第6回感想と視聴率「女囚の秘密」(02/08)   sin3769 さん
いつもありがとうございます。
今日は朝から雨
気温も高めで
高くなったり低くなったりで
春が少しずつ近づいているかも!
感謝ありがとうエール送ります!
(2015年02月08日 23時06分26秒)

Re:【花燃ゆ】第6回感想と視聴率「女囚の秘密」(02/08)   宮じいさん さん
こんにちは。

今日の名古屋は粉雪が舞っています。

最低気温0℃、最高気温は4℃止ま
りで非常に寒いです。

では、明日もよい一日をお過ごし下
さい。

ポチッと応援完了です。

応援P感謝! (2015年02月09日 15時25分20秒)

Re:【花燃ゆ】第6回感想と視聴率「女囚の秘密」(02/08)   夢穂 さん
あきません、途中で脱落しちゃいました
毎回毎回のメインの人たちが入れ替わり
立ち代りはどうも・・・。しかもいっつも
のぞいて盗み聞きって江を思い出して
しまいもします。ホームドラマも大概に
してほしいなぁ・・・ (2015年02月09日 15時45分13秒)

Re:【花燃ゆ】第6回感想と視聴率「女囚の秘密」(02/08)   jun281 さん
こんにちは(^-^*)/
昨日写真展六日間が無事終わりました
今日は疲れたのでゆっくり過ごしました
今週もよろしくお願いいたします
応援完了です(v^-゚) (2015年02月09日 17時17分41秒)

Re:【花燃ゆ】第6回感想と視聴率「女囚の秘密」(02/08)   sin3769 さん
昨日は一日雨で、雪像4基倒壊した模様です。
いつもありがとうございます。
冷え込みが厳しいですね!
昨日は春の兆しかと思ったら
一気に氷河期になった感じです!
感謝ありがとうエール送ります!
(2015年02月09日 23時22分16秒)

Re:【花燃ゆ】第6回感想と視聴率「女囚の秘密」(02/08)   宮じいさん さん
おはようございます。

今朝の名古屋は雲が多いが、まあま
あのお天気です。

最低気温1℃、最高気温は5℃止ま
りで非常に寒いです。

では、今日もよい一日をお過ごし下
さい。

ポチッと応援完了です。

応援P感謝! (2015年02月10日 10時10分12秒)

Re:【花燃ゆ】第6回感想と視聴率「女囚の秘密」(02/08)   jun281 さん
こんにちは(^-^*)/
マッサン面白くなって来ましたね
今日は写真展の写真を整理しています
応援完了です(v^-゚) (2015年02月10日 15時05分30秒)

Re:【花燃ゆ】第6回感想と視聴率「女囚の秘密」(02/08)   megumi さん
>夫の死後なので不貞とは思えないのですが

この当時のお葬式事情について調べてみたのですが
葬儀の場で男女とも黒い喪服を着用するようになったのは明治に入ってからで
女性は夫に先立たれると白い喪服を着るのが普通だったようです

白い喪服には
【夫に先立たれても私は死ぬまで他の男とは再婚しません】
という意味が込められています
(とはいっても、未亡人となっても
親から再婚を決められてしまうこともあるんですが)

白無垢を仕立てて結婚式でそれを着用し
夫に先立たれるとその白無垢の袖を詰めて喪服に仕立てて着用し
自分が死ぬときは死に装束としてまた着用するという習慣がありました

高須久子は武家の娘でした。
たぶん習慣として夫が亡くなった際には
葬儀の場で白い喪服を着せられていたのだと思います

婚家にとっても実家にとっても
一度白喪服を着たからには死ぬまで亡き夫に操を立てるべきと考えられていたのでしょう。
結婚は家と家の結束を強めるためのもので
女性の意志で勝手に結婚できないところもありました。
夫の死からどれほどの時間が経っていても
親の承諾なしに他の男性と情を通じ合ったり
再婚しようとすると
それは不義と見なされていたのかもしれません

白い喪服については近年では中村勘三郎さんの葬儀で
奥様が着用されています
(2015年02月10日 19時30分49秒)

Re:【花燃ゆ】第6回感想と視聴率「女囚の秘密」(02/08)   sin3769 さん
いつもありがとうございます。
明日は建国記念日祝日!
天気ならちょいドラですね♪
感謝ありがとうエール送ります!
(2015年02月10日 23時40分18秒)

Re:【花燃ゆ】第6回感想と視聴率「女囚の秘密」(02/08)   宮じいさん さん
おはようございます。

今朝の名古屋は雲が少ない、全くの
快晴です。

最低気温-1℃、最高気温は10℃
止まりで寒いです。

では、今日もよい一日をお過ごし下
さい。

ポチッと応援完了です。

応援P感謝! (2015年02月11日 10時06分05秒)

Re:【花燃ゆ】第6回感想と視聴率「女囚の秘密」(02/08)   jun281 さん
こんにちは(^-^*)/
花燃ゆ 毎週見ています
色々な歴史が勉強になりますね
今日は春の様に暖かい一日でしたね(v^-゚)
楽しい祭日をお過ごし下さい
応援完了です(*'‐'*)♪ (2015年02月11日 16時07分03秒)

Re:差し入れで変わる獄の空気(02/08)   ショコラ425 さん
三連星さん
お返事、大変遅くなってしまって、すみません。

>品川さんの「愉快じゃ!」のあとで、囚人たちと一緒に笑いました。品川さんは16日のスタパに出演しますが、花燃ゆというよりは、プレミアムドラマ「だから荒野」の方で登場されるようです。と思いきや、先ほどのドラマ仕立てのNスペ(最終回・全5回)でも姿が見えました。

そうですか。
どちらも見ませんでした(^^;)

>さて本筋ですが、件の映画との比較を続けると、いちばん違うのは外部との接触が非常にゆる~いことです。文はすっかり顔パス状態となり、(映画よりずっと怖い)本田さんにも気に入られました。文や筆で獄内の雰囲気を変えられるとはとても思えませんが、本作らしさは出ていたと思います。(→冒頭の笑い)

そうですか(^^)

>高須久子と松蔭先生の関係も変わっていました。映画では心をかたくなに閉ざす久子(憔悴っぷりはテレビの比ではないです)に、松蔭先生が声をかけ続け・・・でした。テレビでは金子の話を先にしたために、双方の関係が反転した感があります。なお映画では久子の「不貞」ぶりも描いていましたが、むろん当世なら騒ぐほどのものではありません。
-----
久子と松蔭の恋愛エピは、再度、獄中へ入った時にあるのではないでしょうか?
(2015年03月04日 14時51分26秒)

Re[1]:【花燃ゆ】第6回感想と視聴率「女囚の秘密」(02/08)   ショコラ425 さん
sin3769さん
お返事、大変遅くなってしまって、すみません。
4つのコメントに1つのお返事で失礼します。
応援P、いつもありがとうございます。

暖かだったり、寒かったり、いろいろですね。

一日雨で、雪祭りの雪像4基倒壊したとは、珍しいですね(汗)
暖かいのもこういう時は困ったものでしたね(^^)
(2015年03月04日 14時57分55秒)

Re[1]:【花燃ゆ】第6回感想と視聴率「女囚の秘密」(02/08)   ショコラ425 さん
宮じいさんさん
お返事、大変遅くなってしまって、すみません。
3つのコメントに1つのお返事で失礼します。
応援P、いつもありがとうございます。

>今日の名古屋は粉雪が舞っています。
>最低気温0℃、最高気温は4℃止まりで非常に寒いです。

>今朝の名古屋は雲が多いが、まあまのお天気です。
>最低気温1℃、最高気温は5℃止まりで非常に寒いです。

>今朝の名古屋は雲が少ない、全くの快晴です。
>最低気温-1℃、最高気温は10℃止まりで寒いです。

だんだん、暖かくなってきたようですね(^^)
早く春になりますように☆(^^)

(2015年03月04日 15時03分15秒)

Re[1]:【花燃ゆ】第6回感想と視聴率「女囚の秘密」(02/08)   ショコラ425 さん
jun281さん
お返事、大変遅くなってしまって、すみません。
3つのコメントに1つのお返事で失礼します。
応援P、いつもありがとうございます。

>昨日写真展六日間が無事終わりました
>今日は疲れたのでゆっくり過ごしました

写真展、好評のうちに無事終了、良かったですね(^^)

>マッサン面白くなって来ましたね

そうですか?
最近、脱落気味です(^^;)

>花燃ゆ 毎週見ています
>色々な歴史が勉強になりますね

はい♪
勉強になりますね(^^)

>今日は写真展の写真を整理しています

素敵な写真、素晴らしいです♪(^^)
(2015年03月04日 15時08分23秒)

Re[1]:【花燃ゆ】第6回感想と視聴率「女囚の秘密」(02/08)   ショコラ425 さん
夢穂さん
お返事、大変遅くなってしまって、すみません。

>あきません、途中で脱落しちゃいました
>毎回毎回のメインの人たちが入れ替わり
>立ち代りはどうも・・・。しかもいっつも
>のぞいて盗み聞きって江を思い出して
>しまいもします。ホームドラマも大概に
>してほしいなぁ・・・
-----
既に脱落してしまいましたか(汗)
視聴率もかなり低調なようで(汗)
私も時々「江」を思い出します(^^;)
(2015年03月04日 15時12分43秒)

Re[1]:【花燃ゆ】第6回感想と視聴率「女囚の秘密」(02/08)   ショコラ425 さん
megumiさん
お返事、大変遅くなってしまって、すみません。

>>夫の死後なので不貞とは思えないのですが

>この当時のお葬式事情について調べてみたのですが
>葬儀の場で男女とも黒い喪服を着用するようになったのは明治に入ってからで
>女性は夫に先立たれると白い喪服を着るのが普通だったようです
>白い喪服には
>【夫に先立たれても私は死ぬまで他の男とは再婚しません】
>という意味が込められています
>(とはいっても、未亡人となっても
>親から再婚を決められてしまうこともあるんですが)
>白無垢を仕立てて結婚式でそれを着用し
>夫に先立たれるとその白無垢の袖を詰めて喪服に仕立てて着用し
>自分が死ぬときは死に装束としてまた着用するという習慣がありました
>高須久子は武家の娘でした。
>たぶん習慣として夫が亡くなった際には
>葬儀の場で白い喪服を着せられていたのだと思います
>婚家にとっても実家にとっても
>一度白喪服を着たからには死ぬまで亡き夫に操を立てるべきと考えられていたのでしょう。
>結婚は家と家の結束を強めるためのもので
>女性の意志で勝手に結婚できないところもありました。
>夫の死からどれほどの時間が経っていても
>親の承諾なしに他の男性と情を通じ合ったり
>再婚しようとすると
>それは不義と見なされていたのかもしれません

なるほど☆
詳しいご説明、ありがとうございます。
夫が死んでからも貞操を立てなければならないなんて、女性蔑視のような気もしますが(^^;)
一家の大黒柱を失うと、生活、困ったでしょうね(汗)

>白い喪服については近年では中村勘三郎さんの葬儀で
>奥様が着用されています

なるほど。
それで再婚したら、笑ってしまいますね(^^;)
(2015年03月04日 15時17分46秒)


© Rakuten Group, Inc.