8242032 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ドラマBiz『ラス… New! レベル999さん

銀魂2、ついに観て… New! みやさとver.さん

「Search Regex」で… New! くう☆☆さん

息子はさきほど福島… New! いしけい5915さん

生きたい!>『半分… New! ひじゅにさん

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:【臨場シーズン2】第4話と視聴率「似顔絵」(04/28) New! non 5 mg cialis genericifda american ge…
くみ1@ 8/20 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
2018年04月26日
XML
カテゴリ:ドラマ
【平均と順位入りの一覧表入りの最新版は、​こちら(一覧4)​です】
​-<4/27(金)追記>
全てのドラマの初回が終わったので、初回視聴率の全ての順位と初期総評を後に書きます。
まずは昨日のドラマの視聴率と感想を書きます。

木曜20時の「警視庁・捜査一課長」第3話12.6%↓
僅かに下がりましたが、初回から殆ど変わらない安定した視聴率です♪(^^)
皆に、忘れ去られて、陰の薄い女。
好きな男を庇っているのかと思ったら、自分と境遇の似ている女性を庇っていました(^^)
誰が犯人か全く分からない展開で、興味深かったです(^^)

木曜21時の「未解決の女 警視庁文書捜査官」第2話12.8%↓
初回の14.7%より、2%近く下がってしまいました(汗)
今回は誘拐の話。
12年前誘拐した子を犯人夫婦が育てていて、実母がその娘に気づいて、女子高生となったその子を誘拐し返しました。
ちょっと「八日目の蝉」に似てるかな?と思ってしまいました(汗)
悪くはなかったです(^^)
ただ「かもめ」という言葉で12年前の事件と同じと聞いて、犯人が予想できました(^^;)
期待度は「B」継続です。

木曜22時の「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」第2話5.7%↑
初回5.1%より上がって、良かったです♪(^^)
ようやく日本に戻ってきて、真実と今の状況を把握。
シンガポールに行って、ファリア真海(元大統領で、囚人仲間)の隠し財産も手に入れ、復讐の準備が整いました(^^)
外国の刑務所を脱獄して、ボロボロの木造船で日本へやってきたみたいですが、車のラジオのニュースの説明だけだったので、分かりにくかったです。
せめて、ボロボロの木造船から降りる所位、映せば良かったのに(^^;)
シンガポールへは、どうやって行ったのでしょう?(^^;)
期待度は「C」継続です。

​-<4/26(木)>
「特捜9」第3話14.5%↓
続落してしまいましたが、まだ高視聴率です♪(^^)
今回は「殺人都市計画」という大袈裟なサブタイトルでしたが、人気の女性建築家が殺されたというだけの話でした(^^;)
でも、犯人を庇おうとした血の繋がらない継母の息子への愛情、良かったです♪

「正義のセ」第3話10.3%↑
10%台に戻って、良かったです♪(^^)
最初、検事の友人3人で婚活パーティーに出ているところから始まって、「東京タラレバ娘」に似ていました♪(^^)
この軽さが好きです♪(笑)
凜々子(吉高由里子)、結婚詐欺師を起訴できて良かったですが、自分は恋人と別れる事になってしまいました(汗)
自分のプロポーズをすっぽかして、犯人を尾行してしまったので、自分が結婚どころか、別れようと言われてしまって…(^^;)
仕事と恋愛の両立、難しいですね(^^;)
でも、検事はこういう事があっても許してくれる人でないとうまくいかないでしょう(^^;)
彼は、プロポーズをすれば、彼女が仕事をセーブしてくれると思っていたとの事なので、仕事を辞めさせるつもりだったのかも?
今回の件がなくて、プロポーズを受けていたとしても、きっとそのうちに仕事との両立で価値観の相違で別れる事になっていたでしょう(^^;)
お気の毒でしたが、結婚詐欺師と彼女の結婚話を、うまく関連づけていたと思います(^^)

​​​
-<春ドラマ初回視聴率と順位> (視聴率は関東地区)
(1位)「特捜9」(テレビ朝日)……16.0%
(2位)「未解決の女」(テレビ朝日)…14.7%
(3位)「ブラックペアン」(TBS)……13.7%
(4位)「警視庁・捜査一課長(3)」(テレビ朝日)…12.7%
(5位)「正義のセ」(日本テレビ)……11.0%
(6位)「崖っぷちホテル!」(日本テレビ)…10.6% 
(7位)「シグナル」(フジテレビ)……9.7%
(8位)「Missデビル」(日本テレビ)…9.6%
(9位)「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ)…9.4%
(10位) 「あなたには帰る家がある」(TBS)…9.3%
(11位) 「執事 西園寺の名推理」(テレビ東京)…7.9%
(12位) 「花のち晴れ」(TBS)…7.4%
(13位) 「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日)…7.2%
(14位) 「モンテ・クリスト伯」(フジテレビ)…5.1%
(15位) 「ヘッドハンター」(テレビ東京)…4.5%
(16位) 「おっさんずラブ」(テレビ朝日)…2.9%


<初期総評>
今期は、テレビ朝日の「特捜9」がトップです♪(^^)
「9係」だった頃は、16%、なかなか取れなかったと思いますが、「特捜9」に衣替えして、更にパワーアップした感じで、スタートダッシュを切りました♪(^^)
第2話と第3話、続落してしまいましたが、まだ、14%以上で好調を維持しています♪(^^)

そして2位も4位もテレビ朝日の刑事ドラマで「未解決の女」と「警視庁・捜査一課長(3)」です♪
「未解決の女」の初回と「警視庁・捜査一課長(3)」第2話がコラボして、「捜査一課長」は第2話が視聴率、上がりました♪(^^)
第2話が初回より視聴率が上がったのは、今のところ、「捜査一課長」と「花のち晴れ」だけです(^^)
テレビ朝日の刑事ドラマ、1位と2位と4位で好調です♪(^^)

また、今期は、ダークヒーローが流行りのようです(^^)
「ブラックペアン」の二宮和也さん、「Missデビル」の菜々緒さんや、「家政夫のミタゾノ(2)」の松岡昌宏さん、「コンフィデンスマンJP」の長澤まさみさんなどがそうです。
「モンテ・クリスト伯」は復讐ですが、これも入るでしょうか?(^^;)
「モンテ・クリスト伯」(フジテレビ)は、5.1%(14位)で、厳しいスタートとなってしまいました(汗)
6位の「崖っぷちホテル!」(日本テレビ)初回は10.6%でしたが、第2話6.1%と急落して、崖っぷちの視聴率となってしまいました(汗)

前述の通り、1位、2位、4位がテレビ朝日の刑事ドラマで、今期もテレ朝が強そうです♪
ただ、最下位(16位)と13位にもテレ朝があります。
テレビ朝日は、刑事ドラマ以外はイマイチな視聴率ですが、どちらも23時台の深夜なので、仕方ないでしょう(^^;)
この表内のドラマは、プライムタイムだけで、開始時刻が、20時台から23時台前半の物を入れています。
この表内のドラマの総数は、日本テレビ3本、TBS3本、フジテレビ3本、テレビ朝日5本、テレビ東京2本計16本です。
テレ朝以外は、ドラマ総数が少ないですが、深夜には結構沢山あります。
23時後半以降の深夜ドラマは、
フジ月曜24:55~25:25の「花にけだもの」、
日本テレビ 月曜24:59~25:29の「○○な人の末路」、
TBS 火曜 25:28~25:58「やれたかも委員会」、
フジ 水曜 24:55~25:55「グッドモーニング・コール our campus days」、
日本テレビ 木曜 23:59~24:54「ラブリラン」、
テレビ東京 木曜 25:00~25:30「スモーキング」、
テレビ東京 金曜 24:12~24:52「孤独のグルメ Season7」、
テレビ東京 金曜 24:52~25:23「宮本から君へ」、
フジ 土曜 23:40~24:35「いつまでも白い羽根」、
テレビ朝日 土曜 26:30~27:00「声ガール!」
と全部で10本あります。

深夜ドラマ、日テレ2本、TBS 1本、フジ3本、テレ朝1本、テレビ東京3本の計10本です。
プライムタイムは、日テレ3本、TBS3本、フジ3本、テレ朝5本、テレビ東京2本、計16本だったので、合わせると、総計は
日本テレビ5本、TBS 4本、フジテレビ6本、テレビ朝日6本、テレビ東京5本の計26本です。
TBS、本数も少ないですね(^^;)
日曜21時が強いので、TBS、ドラマが強いイメージがありましたが…(^^;)
TBS、日曜21時「ブラックペアン」は3位ですが、他は10位と12位で、強いのはその枠だけかもしれません(^^;)

テレビ東京は、最近、ドラマ、頑張っています(^^)
月曜22時に経済ドラマの新枠ができました。
情報番組も含め、テレビ東京は毎日「22時は経済」という売り込み方をしているようです(^^)
また、深夜の「孤独のグルメ」はもう「Season7」でお馴染みとなりました♪
ただ食べるだけなのですが、実際のお店が出てきて、私の夫もこのドラマが好きです(^^)
フジテレビの「いつまでも白い羽根」は看護学校の実習生の話で、看護師の卵が主役です。
医療ドラマは多いですが、大抵、医者が主役で、看護師が主役というのは、ちょっと新鮮な気がしました♪
3位の「ブラックペアン」(TBS)もいいですが、私はこの、ほのぼのとした医療物も好きです♪
これはプライムタイムにやってほしいと思います(^^)
日本テレビ の「ラブリラン」は3ヶ月間の記憶を失ってしまった30歳の女性の自分探しの恋愛ドラマです♪
これも結構、面白いです♪(^^)
テレビ朝日「声ガール!」 は、福原遥さん主演で、アニメ「プリキュア」シリーズとの完全コラボで声優業界を描く青春ドラマです。
アニメ「プリキュア」シリーズとの完全コラボというのが新鮮で面白いと思います♪(^^)
深夜は視聴率が低いですが、実験的なドラマやマニアックなドラマも多くて、深夜ドラマの方が好きという方もいらっしゃるでしょう(^^)
ただ、深夜ドラマは視聴率が分かりにくく、私はミーハーなので、プライムタイムの方が好きなドラマが多いです(^^)
ドラマが視聴率が厳しくなってきて、最近、有名俳優がキャストでも深夜に放送する場合もあります(汗)
今期も初回10%以上は6本だけで、視聴率がイマイチで、益々、深夜に追いやられそうそうです(^^;)

私は原則、深夜ドラマは見ませんが、今期は深夜ドラマも録画して見ているのが、何本かあります。
今期、意外と面白いドラマが多くて、私は先期より今期の方が楽しみなドラマが多いです(^^)
中でも「正義のセ」だけ期待度「A」に上げました♪
私の期待する好きなドラマは下記の通りです。

<ショコラズ BEST5>
(1位)「正義のセ」(日本テレビ)
(2位)「Missデビル」(日本テレビ)
(3位) 「花のち晴れ」(TBS)  
(4位)「未解決の女」(テレビ朝日)
(5位) 「執事 西園寺の名推理」(テレビ東京)
-
私は基本、明るいドラマが好きで、キャラ優先です♪(^^)
「正義のセ」は明るいし、分かりやすいので、好きです(^^)
「Missデビル」は、菜々緒さんのキャラが怖いですが、やり手でもあり、面白いです♪(^^)
いじめ首謀者の新人を辞めさせたり、セクハラしていた部長に自分にセクハラさせて証拠を作り、お灸をすえたり、勧善懲悪的なところもあり、スカッとします♪(^^)
「花のち晴れ」は「花より男子」が好きだった人は同じように楽しめるでしょう♪(^^)
「未解決の女」も波瑠さんと鈴木京香さんのキャラが好きです♪(^^)
「執事 西園寺の名推理」も「貴族探偵」と似ているものの、キャラが大人で落ち着いていて、事件解決は上川隆也さんがするものの、最後に、八千草薫さんが人情的に被害者をフォローするのが心地よいです(^^)
深夜では、「いつまでも白い羽根」と「ラブラリン」が好きです♪
アニメ「プリキュア」が好きなので、「声ガール!」 も見てみたいと思います(^^)

あなたは、どのドラマがすきですか?(^^)
-
-
春ドラマ視聴率一覧(2018年1~3月期)

<民放プライムタイム>
-                         ​【視聴率は4/26(木)まで】​ -

タイトル出演初回
予定日-
期待
123
8

月-

21

コンフィデンス
マンJP

長澤まさみ
東出昌大,
小日向文世

4/9

9.47.79.1
7

22

ヘッドハンター

江口洋介,
小池栄子,
杉本哲太

4/16

4.5-
8

21

シグナル~長期
未解決事件捜査班~

坂口健太郎
北村一輝,
吉瀬美智子

4/10

C

9.78.48.3
6

22

花のち晴れ~
花男 Next
Season~

杉咲花,
平野紫耀,
中川大志

4/17

B

7.47.9-
5

21

特捜9

井ノ原快彦
羽田美智子
寺尾聰

4/11

B

16.015.414.5
4

22

正義のセ

吉高由里子
安田顕,
広瀬アリス

4/11A11.09.910.3
5

20

警視庁・
捜査一課長(3)

内藤剛志,
安達祐実,
塙宣之

4/12

B

12.712.812.6
5

21

未解決の女
警視庁文書捜査官

波瑠,
鈴木京香,
沢村一樹

4/19

B

14.712.8-

8

22

モンテ・クリス
ト伯ー華麗なる
復讐ー

ディーン・
フジオカ,
大倉忠義,
山本美月

4/19

C

5.15.7-
7

20

執事 西園寺の
名推理

上川隆也,
八千草薫

4/13B7.96.8-
6

22

あなたには帰る
家がある

中谷美紀,
玉木宏,
木村多江

4/13C9.38.1-

5

23

家政夫の
ミタゾノ(2)

松岡昌宏,
剛力彩芽,
余貴美子

4/20

B

7.2--
4

22

Missデビル
人事の悪魔・椿眞子

菜々緒,
木村佳乃,
船越英一郎

4/14

9.68.1-
5

23

おっさんずラブ

田中圭,
吉田鋼太郎
林遣都

4/21D2.9--
6

21

ブラックペアン

二宮和也,
竹内涼真,
葵わかな

4/22

B

13.7--
4

22

崖っぷちホテル! 

岩田剛典,
戸田恵梨香
りょう

4/15

C

10.66.1-

​視聴率は関東地区。ビデオリサーチ調べ。
局は、1:NHK、4:日本テレビ、5:テレビ朝日、6:TBS、7:テレビ東京、8:フジテレビ。
期待度はA~Eの5段階。A:大変期待している、B:期待している、C:普通、D:イマイチ、E:見たくない
-
-
*** 春ドラマ 感想(2)より ***

​-<4/25(水)>
火曜9時の「シグナル」第3話8.3%↓
僅かですが、続落です(汗)
でも、私は今回、面白かったと思います(^^)

火曜10時の「花のち晴れ」第2話7.9%↑
今回、晴(平野紫耀)の音(杉咲花)への初恋と、二重の三角関係が丁寧に描かれて、面白かったです♪(^^)
晴は、音がライバル校の天馬(中川大志)と婚約していると知り、C5の皆で「桃乃園学院」へ潜入。ライバル心を燃やしました。
音に「俺じゃダメか」と言ったのは、可愛かったです♪(^^)
音は何がダメなのか、意味、分かっていませんでしたが(^^;)
晴は、音に‘庶民狩り’しないと約束。
音はほっとしたのですが…
最後に、登校した時、「隠れ庶民」の一斉メールが…(汗)
きっと晴を好きな、C5の愛莉(今田美桜)の仕業でしょう(^^;)
こちらの三角関係も音、大変そうです(^^;)
私的には、パーフェクトな天馬君より、欠点だらけだけれど、いつも一生懸命で優しい晴の方が可愛くて好きです♪(^^)
基本的には「花より男子」と同じですが、少しずつ違って、楽しかったです♪(^^)
期待度、「C」→「B」に上げます♪(^^)

月曜の「コンフィデンスマンJP」第3話9.1%↑
絵画、詐欺で高く売る話は多いですが、これは隠れたゴッホを作り出す詐欺話で、新鮮味があり、面白かったです♪(^^)

土曜夜11時15分からの「おっさんずラブ」第1話2.9%。
初回は、以前、放送したスペシャルドラマと殆ど同じ内容で、少し分かりにくかったところが丁寧に描かれていました(^^)
田中圭さんは可愛いですが、私はゲイに興味はないので、期待度は「D」継続です(^^;)

金曜8時のドラマ「執事 西園寺の名推理」第2話6.8%↓
これ、事件を通して、兄弟愛がうまく描かれていました(^^)
「B」継続です♪(^^)

金曜ロードSHOW!「名探偵コナンから紅の恋歌(ラブレター)」10.8%でした。

月曜10時の「ヘッドハンター」第2話の視聴率、まだ分かりません。
分かり次第、追記します。

​-<4/23(月)>
​TBS系日曜9時の「ブラックペアン」第1話13.7%でした。
これで一通り、初回が終わり、初回視聴率としては、「特捜9」16.0%、「未解決の女」14.7%に次ぐ、今期第3位でした。
ネットのニュースには好発進と出ていましたが、この枠としては、どうでしょう?
前作「99.9(2)」初回15.1%、その前の「陸王」初回14.7%、「下町ロケット」初回16.1%。それらに比べてもイマイチでした(汗)
ただ、関西では19.8%、北海道では14.2%と、地方の方が良かったのかも?
それにしても、関西、20%近くて、すごいですね♪(^^)
「花のち晴れ」第1話も関東7.4%、関西地区12.4%で、「シグナル」第1話も関東9.7%、関西12.9%で、関西の方が高く、関西の方が関東よりテレビ離れが進んでいないのかもしれませんね?(^^;)
「シグナル」第2話なんて、関東8.4%↓、関西14.3%↑ で、関東だけで視聴率評価していいものかどうか、疑問に思う事もあります(^^;)
視聴率はともかく、私が見た感想は「ブラックペアン」は、「ブラックジャック」と「ドクターX」を足した感じでした(^^;)
“ブラックペアン”とは手術用の特製の黒い止血用鉗子(かんし)の事です。
これは「チーム・バチスタ」シリーズなどで知られる海堂尊氏の同名小説シリーズが原作で、舞台は東海地方の大学病院。
二宮和也さんは、手術成功率100%を誇る天才ですが、役職はなく、医者から高額なお金を貰って失敗を揉み消して、途中で手術を代わって成功に導いているよう。
「患者は生かすが医者は殺す」とか「オペ室の悪魔」と言われているダークヒーローでした。
主役は二宮和也さんですが、原作は新人研修医の竹内涼真さんが主役のようで、ドラマの初回も彼が進行役でした(^^)
新人が進行役という形は、「Missデビル」と、「家政夫のミタゾノ」と同じですね♪
それに、今期は「Missデビル」の菜々緒さんや、「家政夫のミタゾノ(2)」の松岡昌宏さん、「コンフィデンスマンJP」の長澤まさみさんなど、ダークヒーローが流行りのようです(^^)
初回のストーリーは「ドクターX」で見たような話でした(^^;)
葵わかなさん、朝ドラ後、初のドラマ出演でしたが、あまりセリフ、ありませんでした(^^;)
私の期待度は「B」継続です。

日曜10時の「崖っぷちホテル!」第2話6.1%。
初回の10.6%より急落して、視聴率が崖っぷちとなってしまいました(^^;)
第2話は、ホテル「グランデ・インヴルサ」の副支配人に就任した宇海直哉(岩田剛典)が、ホテルの大改革を断行。新人パティシエの鳳来ハル(浜辺美波)を料理長に任命。ホテルを一時休業して古びた設備を改修。プレオープンのイベントにケーキフェスを開催する事になり、ハルは「幻のケーキ」の復活を提案。この「幻のケーキ」を巡って、女子高生の客との感動的な思い出話がありました。
よくも悪くもなく、期待度は「C」継続です。

「西郷どん」第15回「殿の死」13.4%。
今回は、将軍・家定だけでなく、斉彬も亡くなってしまいました(汗)
井伊直弼、嫌な人ですね!
この人は、逆の立場の「八重のさくら」でも嫌な人だったような?(^^;)
直弼の策略で、次期将軍・慶喜にならなくて、紀伊藩主・慶福になってしまい、残念でした。
その上、大老になって、やりたい放題(汗)
斉彬はがっかりして、西郷を罷免して薩摩に帰しました。
西郷も落ち込みましたが、正助(瑛太)に「『万策尽きた』は、やっせんぼの言い訳」となじられ、策を考えました。
西郷の策を斉彬が採用して、京へ薩摩軍を進める事にしました。
でも、直前に斉彬が急に病死(汗)
ドラマ的には、これからだという時に、最後にあっさりナレ死してしまい、唖然でした(^^;)
斉彬役の渡辺謙さんが良かっただけに、今後の視聴率がまた下がってしまわないか、気になります(^^;)

土曜の「Missデビル」第2話8.1%↓
視聴率は初回より下がってしまいましたが、私は第1話より良かったです(^^)
期待度「B」継続です。

金曜11:15からの「家政夫のミタゾノ(2)」第1話7.2%。
これ、「下町ロケット」のパロディーみたいで、面白かったです♪(^^)
期待度「B」です♪(^^)

金曜10時の「あなたには帰る家がある」第2話8.1%↓
これも初回より下がりました。
夫の不倫に気づくかどうかが主だったので、私はイマイチでした(^^;)
期待度「C」継続です。

-<4/20(金)>
「警視庁・捜査一課長」第2話12.8%↑
僅かですが、初回12.7%を超えて、高視聴率でした♪(^^)
「未解決の女 警視庁文書捜査官」第1話(15分拡大)14.7%
「特捜9」に次ぐ高視聴率で、好スタートを切りました♪(^^)
この2本はコラボしていて、「捜査一課長」に波瑠さんが出演♪
「未解決の女」に、一課長として、内藤剛志さんが出演しました♪
一課長が捜査で負傷した波瑠さんを捜査一課強行犯係から「特命捜査対策室」第6係へ移動させました。
「特捜9」の「特別捜査班」とちょっと似てますね(^^;)
それは未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」で、実態は、捜査資料の倉庫番、「おみやさん」みたいな地味な部署でした(^^;)
「おみやさん」と違うのは、一人ではなくて、数人メンバーがいたことかな?(^^;)
波瑠さんと鈴木京香さんのキャラは良かったです♪
ただ、事件はアラだらけでした(^^;)
密室と言っても、刺された人が自分でチェ-ンをかけに行ったら、出血の跡ですぐ分かると思いますが(^^;)
これ、コナンみたいな机上のトリックでした(^^;)
そして、コナンみたいに、波瑠さんが鈴木京香さんからイヤホンで話を聞いた通りに犯人に喋りました(^^;)
それに、隠し子がいた事とか、ゴーストライターがいた事とか、よく昔の捜査で分かりませんでしたね(^^;)
突っ込みだらけでしたが、キャラは良かったので、次回も楽しみです♪(^^)
期待度は「B」継続です♪(^^)

「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」第1話5.1%。
イマイチなスタートでした(^^;)
有名な「岩窟王」の日本版ですが、ちょっと暗くて、見るの切なすぎかも?(^^;)
期待度は「C」継続です。

深夜の「ラブリラン」、第3話の視聴率はまだ分かりませんが、第1話3.9%、第2話2.7%です。
皆、片思いですが、この回、ヒロインが記憶を少しずつ思い出してきて、面白かったです(^^)
期待度、「C」から「B」へ上げます(^^)

​-<4/19(木)>
「特捜9」第2話15.4%↓
いつもの「9係」に比べると、初回(16.0%)が高過ぎたので、もう少し下がるかと思いましたが、少し下げただけで、15%台をキープしました♪(^^)
今のところ、今期このドラマが視聴率トップです♪(^^)
新しく「特捜班」に配属された新人の新藤(山田裕貴)、勝手に自殺と決めつけて突っ走って、うざかったです(^^;)
ただ、それ以外は、以前の「9係」と同じようでした♪(^^)
期待度は「B」継続です(^^)

「正義のセ」第2話9.9%↓
初回(11.0%)より1.1%下がってしまいました(汗)
でも、私は今回も面白かったです♪(^^)
今回は、凜々子(吉高由里子)が初めて、殺人事件を担当した話。
殺すつもりじゃなかったけれど殺してしまったのと(傷害致死)、最初から殺すつもりだったのと(殺人罪)、刑の重さ、全然、違うんですね(^^;)
家族で取り調べのリハーサルをしての、その説明、分かりやすかったです(^^)
豆腐屋、父(生瀬勝久)は妹(広瀬アリス)が継ぐのに反対しましたが、結局、妹が継ぐ事になりました♪
明るくて、分かりやすくて、私は好きなので、期待度、「B」から「A」に上げます♪(^^)

​-<4/18(水)>
火曜10時のドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」第1話7.4%。
関東はイマイチのスタートでしたが、地方では、静岡地区14.3%、新潟地区13.8%、関西地区12.4%、名古屋地区12.0%、札幌地区11.0%など、好発進でした♪(^^)
関東がなぜ低かったのか、よく分かりません(^^;)
これは、「花より男子」(05年、07年)の10年後を描いていて道明寺達と同じ英徳学園が舞台ですが、登場人物は全然違う続編ドラマです。
これ、道明寺(松本潤)が登場すると、事前に公表されていましたが、声は確かに松潤でしたが、映像は殆ど後ろ姿か横顔だけで「本当に松潤?」と何度も録画、見直してしまいました(^^;)
そっくりさんが悪い人達と戦って、声だけ本物を被せ、最後の「頼んだぜ、英徳を」の横顔だけ本物に感じましたが…
皆さん、どうでしょう?(^^)
ストーリーは、「花より男子」に似ていましたが、ヒロインが普通の庶民ではなくて、元々はお金持ちのお嬢様で、父の会社が倒産して、今は隠れ庶民という設定で、少し違っていました(^^)
この元お嬢様という設定、良かったと思います(^^)
原作未読ですが、江戸川 音(杉咲花)は、原作コミックではコンビニ『DOWSON』(LAWSON)でバイトしている事になっていたようですが、ドラマは『ファミリーマート』でした(^^;)
ファミマ、いい宣伝になっていいですね(^^)
杉咲花さんは良かったですが、C5がちょっと地味というか、F4より小粒な感じで…(^^;)
F4は、松本潤さん、小栗旬さん、松田翔太さん、阿部力さんで、今、思うと豪華メンバーでした♪
C5の神楽木 晴役の平野紫耀さんなど、皆、有名になれるでしょうか?(^^)
私の期待度は「C」継続です(^^)

「シグナル 長期未解決事件捜査班」第2話8.4%↓
関東では初回9.7%より下がりましたが、関西地区では14.3%の高視聴率をマークし、初回の12.9%を超えました♪
このドラマを制作している関西テレビでは、ドラマを見ていれば分かるクイズ企画を実施。
ドラマ内容からのクエスチョンを出題し、放送終了後に同局の特設サイトで視聴者が答える形となっているとの事ですが、それはよくやる企画なので、それだけで関西が高視聴率だったとも思えないです。
なぜ関西で高いのか分からないです(^^;)
初回の2010年の時効撤廃直前の話の続きは、冒頭で終わり、途中、8年飛んで、現在の2018年になりました。
前回の話が2010年だと気づかずに、殺人の時効は撤廃されたのにおかしいと思われた視聴者も多いでしょう(^^;)
それに時効があったとしても、一度でも海外旅行をしていれば時効が止まるし、それを確認もしなかったし、アラだらけ(汗)
長谷川京子さんの取調べ、時効寸前の20分前に取調べを始めて、DNA鑑定とか時効までに間に合わないので、自白させて時効に間に合わせようなんて、無理ありすぎ(^^;)
起訴は、検察庁に送検されて起訴されなければなりません。
以前「HERO」では、検事のキムタクが時効ギリギリに起訴して、小日向文世さんがその起訴状を持って走っていって、ギリギリ提出に間に合うという話がありました。
実際、公訴時効の成立する21日前(3週間前)に逮捕された松山ホステス殺害事件の犯人、福田和子が起訴されたのは公訴時効完成の11時間前と、ぎりぎりの状態だったそうです。
現実は、21日前に逮捕されてもその位で…(^^;)
さすがは韓国ドラマのリメイクですね(^^;)
少女の殺人の方は、DNA鑑定が間に合わず、証拠不十分で本人の自白もとれず、時効になってしまいました(汗)
でも、もう1人の殺人の方は時効が翌日でDNA鑑定が間に合い、そちらで起訴できました(^^)
そのオチがあって、良かったです(^^)
それにしても殺された少女のお母さん、よく警察署内に入れましたね(汗)
あんな所で看板?を持って、待機しているなんて(^^;)
それは真犯人を殺そうとして当然でしょう(^^;)
その後、吉瀬美智子さん達は新設された長期未解決捜査班に移動させられました。
そして、8年飛んで、坂口健太郎さんが米国の研修を終えて警部補となり、プロファイラーとして、長期未解決捜査班に配属されました。
そこでの初担当事件が連続女性殺人事件で…
また過去との無線が繋がり、1997年の北村一輝さんと会話し、殺されるはずだった5人めの女性を助ける事ができ、殺人事件は未遂に替わりました。
「過去は変えられる」と分かった瞬間でした。
ただ、連続女性殺人事件が出てきて、過去は変えられるとの事なので、やはり私は「オーロラの彼方へ」を思い出してしまいます(^^;)
なのに、よく韓国でいろいろな賞を受賞できましたね(^^;)
時間がいったり来たりして、その上、途中、8年飛んで、ちょっと時間が分かりにくかったです(^^;)
ながら見の人も多いので、もう少し時間のテロップを頻繁に入れた方がいいかも?(^^;)
時効寸前の話を入れたかったので、初回、現在ではなく、2010年から始まったのでしょう(^^;) 少女誘拐事件発生の1995年と5年後の北村一輝さんのいる2000年といったりきたり…
今回はもっといろいろな時間が出てきて…
少女誘拐殺人発生の1995年と北村さんの無線の繋がった2000年と、少女誘拐殺人犯が捕まった2010年と、8年後の2018年と連続女性殺害事件発生の1997年といろいろへ…(汗)
ちょっといったりきたりしすぎて、分かりにくかった気もします(^^;)
現在、行方不明の大山(北村一輝)さんは多分、殺されていると思いますが、過去は変えられるので、きっと生き返らせられるでしょう(^^)
でも、「オーロラの彼方へ」だと、過去を変える事は、いい事ばかりではないでしょう(^^;)
「オーロラの彼方へ」は好きだったので、パクリでもそういう展開になる事は歓迎します(^^)
私の期待度は「C」継続です(^^)

月曜9時の「コンフィデンスマンJP」第2話7.7%↓
早くも厳しい視聴率になってしまいました(汗)
長澤まさみさんが温泉に入る姿が写りましたが、頑張りましたね(^^)
それが視聴率アップに繋がらず、残念でした(^^;)
いつも仲間に騙されて、ぼくちゃん、気の毒に思えてきました(^^;)
1億5千万も寄付しても、元女将、誰からか送り主を捜しもせず、ぼくちゃん、感謝されなくて、一層お気の毒でした(^^;)
こういう冷たい笑いは苦手です(^^;)
この期待度は「B」から「C」へ戻します(^^;)

月曜10時のテレビ東京の新ドラマ枠「ヘッドハンター」第1話4.5%。
江口洋介さんが主演ですが、5%以下の厳しいスタートとなってしまいました(汗)
これ、期待していましたが、江口さんを始め、キャラがイマイチ魅力的な人がいなくて、内容もまじめすぎて、昔ながらの敵対キャラを作り、昔風なドラマで、イマイチでした(^^;)
同じ怖い人でも、土曜の「Missデビル」の菜々緒さんのキャラの方が好感が持てます♪(^^)
最近は、就職売り手市場と言っても、リストラも進んでいるらしく、お仕事ドラマとしても「Missデビル」の方が今時な感じがして私は好きです♪(^^)
「ヘッドハンター」の期待度は「C」へ下げます(^^;)
逆に、これを見て「Missデビル」がよく感じてきたので、「Missデビル」の期待度を「C」から「B」へ上げました(^^)
「ヘッドハンター」と内容的に繋がりそうで、どうしても比べてしまいます(^^;)
夫は「Missデビル」がとても好きと言っていました♪
足の綺麗な菜々緒さんのミニスカ姿が沢山出てきて、男性はいいかも?(^^;)
それにしても、人を切るリストラ専門部署は辛いでしょう(^^;)
-
-
Yahooテレビ・春ドラマ紹介(18年4~6月期)


春ドラマ視聴率一覧と感想(2) ​​(2018年4~6月期)
春ドラマ視聴率一覧と感想(1) ​(2018年4~6月期)

私の春ドラマ紹介一覧(2018年4~6月期)



正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い! (角川文庫) [ 阿川 佐和子 ]


ブラックペアン1988新装版 (講談社文庫) [ 海堂尊 ]


花のち晴れ〜花男 Next Season〜 (1-9巻 最新刊) 全巻セット

 ​
家政夫のミタゾノ DVD BOX [ 松岡昌宏 ]

 ​
イ・ジェフン、キム・ヘス 「シグナル」 DVD-BOX1 <シンプルBOX 5,000円シリーズ>​ ​ ​
​​

 
-


にほんブログ村
-

人気ブログランキング
-
できればクリック、お願いします♪(^^)
​    ​​​​​​​ 
​​​​​​​​​   ​​​​​​​​​​​    

​​​​​​






最終更新日  2018年05月04日 22時07分26秒
コメント(5) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.