8718541 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

劇場鑑賞「バンブル… New! BROOKさん

萬平印のコント劇場… New! ひじゅにさん

イチロー引退 New! 三人文殊さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

イチローさん。昨夜… New! らぶりーたわ子さん

コメント新着

2018年12月25日
XML
カテゴリ:ドラマ
​​​​​​​​最終回(第11話)の関東の視聴率は、16.6%↑​
最高視聴率で、有終の美を飾りました♪(^^)
全話平均は、13.48%
『リーガルV』(平均15.61%)、『相棒17』(平均15.32%)に次いで、今期3位でした(^^)
それにしても、全然、終わった感がなく、これが最終回?というような最終回っぽくない感じでした(汗)
最終回と宣伝して盛り上げていましたが、実質、1/2(水)の新春スペシャルが最終回ですね(汗)
1/2(水)夜9:00~11:15新春ドラマ特別編『下町ロケット』
-
私の評価は、第1シーズンは「A」でしたが、今シーズンは「C」です(^^;)
今回も引き伸ばし感、たっぷりでした(汗)
今シーズンは、すっきり見られる回が少なくて、切ない回ばかりでした(汗)
最終回、印象に残った事は、佃製作所と帝国重工の無人トラクターの名前が「アルファ1」から「ランドクロウ」に変わった事と、エンストしてしまう件に対する佃の対応と伊丹チームの対応の違いかな?
佃の方は、試運転で1回異音がしてエンストしそうになったのを島津さんが重視して解決するために、皆で頑張りました。
そしてそれは、周辺のシャフトが悪いのでは?と皆でアイディアを出し合って解決。
特許申請する事に。

その途中に、帝国重工がまた無理を言って、佃を外そうとしましたが、佃と帝国重工でトランスミッションの勝負をする事に。
帝国重工、的場が悪のラスボスかと思いましたが、彼の上がいたんですね(汗)
上が考えを改めないとダメかな?(^^;)

第3者の検査機関の評価は、佃は「A」、帝国重工「C」の圧勝で、勝ちました♪
お陰で、そのまま、ロケットにも無人トラクターにも佃の製品を使ってくれる事になりました。
今シーズン、ロケットはおまけみたいでしたね(^^;)

ギアゴーストは、島津の後を継いだ開発主任の氷室が「ダーウィン」が止まってしまう事を軽視。
いえ、きっと彼も気づいているけれど、修正できないからごまかしているのかも??(^^;)
こちらもかつて島津さんが開発したトランスミッションを使っています。
とにかく、人のせいにして、何も対策を立てなかったので、きっと商品化されてから大問題になってしまうでしょう(汗)
今回は、「ダーウィン」と「ランドクロウ」の対決で、「ランドクロウ」がタイムで勝ったのですが、首相も観客も皆、帰ったあとで、誰も勝った事に気づいてくれませんでした(^^;)

新春スペシャル、「ダーウィン」と「ランドクロウ」が商品化されるようです。
最初は売れ行き、「ダーウィン」が勝っていても、きっと修正しなかったミスが響いて、最終的には「ランドクロウ」が勝ってくれるのでは?(^^)
さすがに新春スペシャルは、復讐グループが負けて、下請けいじめの的場が失脚して、佃と財前が勝って、すっきり気持ちよく終わってくれるだろうと期待しています(^^)

-
【最終回あらすじ】(公式HPより)
佃(阿部寛)と財前(吉川晃司)から、日本の農業の未来を救いたいという熱い想いを聞いた正弘(山本學)は、300年続いた自身の田んぼを、「アルファ1」の実験農場として貸し出すことを決意する。その甲斐もあって、より精度の高い走行テストができるようになり、佃たちは製品化を急ぐ。
そして時間はあっという間に過ぎ、首相視察のデモンストレーションイベント当日。佃製作所のメンバーはじめ、前回のリベンジに燃える的場(神田正輝)は首相の到着を待つが、なかなか現れず、到着が大幅に遅れてしまう。それにより、首相は敵方のダーウィンのデモを見たら帰ると言い、反論する的場や財前だったが・・・。
果たして再対決の勝負の行方は・・・!?
-
-
【新春特別編あらすじ】(公式HPより)
全員の力を結集し、ようやく完成した佃製作所と帝国重工の無人トラクター「ランドクロウ」。しかし、発売から数週間経ったあとも売り上げが伸びずにいた。一方、ギアゴースト&ダイダロスが手掛ける「ダーウィン」は好調そのもので、差は開くばかり。形勢逆転を狙う帝国重工の次期社?候補・的場(神田正輝)は、ある手段に出る。それは、ダーウィンチームに力を貸し、なおかつ帝国重工の取引先である下請け企業に圧力をかけるというものだった。それにより、徐々にダーウィンチームから離脱企業が増え、ついにはダーウィンの在庫が底をつく。思わぬ形でライバルの勢いを止めた佃(阿部寛)ら佃製作所のメンバーだったが、自分たちの技術力による正当な評価ではないため、心境は複雑なものだった。逆に、窮地に立たされた重田(古舘伊知郎)と伊丹(尾上菊之助)は思わぬ一手を放ち・・・。
-

【視聴率推移】 (関東)
[第1話]13.9%   [第2話]12.4%   [第3話]14.7%
[第4話]13.3%   [第5話]12.7%   [第6話]13.1%
[第7話]12.0%   [第8話]11.5%   [第9話]12.6%
[第10話]15.5%   [第11話]16.6%
[平均視聴率] 13.48% (単純平均)
-

【原作】池井戸潤(「下町ロケット ゴースト」「下町ロケット ヤタガラス」)

【脚本】丑尾健太郎

【劇中歌】LIBERA(リベラ)​「ヘッドライト・テールライト」


公式HP・TOP
-
公式HP・人物相関図(ヤタガラス編)

-

-

下町ロケット -ディレクターズカット版ー DVD-BOX [ 阿部寛 ]
​​​​​​​

下町ロケット -ゴーストー/-ヤタガラスー 完全版 DVD-BOX [ 阿部寛 ]




楽天ブログは、TBがかけられません。
TBは、ミラーブログ『​​ショコラの日記帳・別館』へお願いします。
<TB URL> http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/67521453 



にほんブログ村
-

人気ブログランキング
-
できればクリック、お願いします♪(^^)

​    ​​​​​​​ 







最終更新日  2018年12月26日 22時43分57秒
コメント(8) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.