9294834 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

昨夜急に冷蔵庫の冷… New! いしけい5915さん

最悪の梵習字講習会… New! 三人文殊さん

今日の収穫 (11… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

歯医者さんの定期検… New! らぶりーたわ子さん

コメント新着

くみ1@ 11/14 New! おはようございます。 いつもありがとうご…
megumi@ Re:嵐の二宮和也さん、結婚を発表♪(元女子アナ・伊藤綾子さんと)(11/13) New! 二宮和也さんが結婚を発表するのではない…
2019年07月10日
XML
カテゴリ:芸能
解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため、6月18日から入院中だったジャニーズ事務所代表取締役社長のジャニー喜多川さん(87歳)が、7月9日午後4時47分、亡くなったそうです。
先日、嵐が発表したので、入院中なのは知っていましたが…
遂にという感じですね。。。
通夜・告別式は、タレントたちとJr.のみで「家族葬」を行うそうです。

次期社長は、ジャニーさんの姉で、副社長のメリー喜多川さんかな?(^^;)
でも、92歳だから同じく副社長で彼女の娘の藤島ジュリー景子さん(52歳)になるかな?

SMAPの元マネージャー・飯島さんを追い出した(見かけ上、退社して独立)ので、後継者争いは起きないでしょう(^^;)
タッキー(滝沢さん)、以前、ジャニーさんの後継者とニュースになりましたが、それは舞台の事で、経営は無理では??
今後のジャニーズ事務所、どうなるのか、気になります。。。
純粋な少年愛で、この事務所を支えてきた核がなくなり、ダークな?女性2人が今後、新人を発掘・育てられるのか・・・
注目しています(^^)

ジャニーさん、謹んでお悔やみ申し上げます。

【追伸】
「どうなるジャニーズ事務所」という記事を見つけ、それにこの事務所の新体制が載っていました。
それによると、新社長はやはりメリーさんの娘のジュリー副社長で、ジュリー副社長&滝沢秀明氏“新体制”で世代交代するそうです。
滝沢秀明さんもこんなに中心のポジションになるとはびっくりでした(^^)
頑張って下さい(^^)


【参考ニュース】
・ジャニー喜多川さん死去 87歳 最愛の“子供”タレント達の愛に包まれ旅立つ
解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため先月18日から入院中だったジャニーズ事務所代表取締役社長のジャニー喜多川さんが9日午後4時47分、87歳で亡くなった。同事務所が書面を通じ発表した。通夜・告別式についてはタレントたちとJr.のみで「家族葬」を行う。後日、「これまでお世話になりました皆様にはお別れいただく機会をご用意する予定にしておりますので、決定次第、ご案内申し上げます」としている。

■ジャニー喜多川氏のプロフィール
 同事務所によると、ジャニーさんは先月18日の午前11時30分頃自宅で体調の異変を訴え、病院に向かおうとしたところ意識を失い、救急搬送された。搬送後は集中治療室で懸命な救命措置が行われた甲斐あって一般病棟に移り、タレントやJr.たちとの面会を果たすことができたという。
 入院中は毎日、新旧さまざまな楽曲の流れる病室で、長年のタレントたちからJr.までが同じ空間でジャニーさんとの思い出を語り合う、微笑ましく、和やかな時間が流れていったそう。片時もジャニーさんが寂しい思いをしないよう、仕事の合間を縫ってタレントたちが入れ替わり立ち替わり病室を訪れ、ジャニーさんの好物を皆で賑やかに食べることが日課に。ときに危険な状態に陥ったが、タレントたちが呼びかけ、危機を脱してきた。
 タレントたちと過ごすことでジャニーさんの容態が一時的に回復するという奇跡的な出来事が繰り返されたことに、事務所は「改めまして、ジャニーのタレントに対する育ての親としての深い愛情と子供達との絆の強さを感じました」とコメント。そして、最愛の子供達の愛に包まれながら、2019年7月9日午後4時47分、人生の幕を下ろした。

・どうなるジャニーズ事務所 ジュリー副社長&滝沢秀明氏“新体制”で世代交代へ​(19.7.9)
「たのきんトリオ」「少年隊」「SMAP」「嵐」などを発掘、育成し、男性アイドルブームをリードしたジャニーズ事務所社長の喜多川擴(きたがわ・ひろむ、本名ジョン・ヒロム・キタガワ)さんが9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血のため東京都内の病院で死去した。87歳。米カリフォルニア州ロサンゼルス出身。6月18日から入院していた。
 ジャニー氏の訃報を受けて、ジャニーズ事務所は今後どうなるのか。新社長には、姉の藤島メリー泰子副社長(92)ではなく、その長女でジャニーさんの姪にあたる藤島ジュリー景子副社長(52 )が就任する見通しで世代交代を加速させる。
 ジュリー副社長は、グループ企業で初のレコードレーベル「ジャニーズ・エンタテイメント」の初代社長として1997年にKinKi KidsをCDデビューさせた人物。その後、嵐のプライベートレーベル「ジェイ・ストーム」や、劇場「東京・新・グローブ座」など関連各社の社長を歴任している。東京都出身で、父は小説「孤獨の人」などで知られた作家の藤島泰輔氏(故人)。
 もともと、ジャニーズ事務所は稀代のプロデューサーぶりを発揮したジャニーさんと、カリスマ的マネージメントで経営を支えたメリー副社長の姉弟が中心となってアイドル帝国を築いた。90年代からはジュリー副社長も積極的に制作や運営面などに参画。TOKIOやV6、嵐などの活動に関わってきた。制作面は叔父のジャニーさんを、運営面は母親を間近に見て学び、事務所の新体制づくりを時間をかけて進めてきた。
 さらに、昨年末には所属アイドルとして人気も実力もあった滝沢秀明氏(37)が芸能活動から引退し、裏方に転身。年明けから、新関連会社「ジャニーズアイランド」の社長として、ジャニーズJr.のプロデュースや新人発掘に従事。同社会長でもあるジャニーさんの後継者として、ジャニーズ事務所の世代交代に尽力している。
 生前のジャニーさんは、「最も多くのチャート1位を獲得した歌手をプロデュースした人物」としてギネス・ワールド・レコーズに認定されるなど、世界的にも記録破りの制作能力を見せつけた。一般家庭から連日送られてくる膨大な量の履歴書類などに目を通し、10歳前後の少年の写真を一目見ただけで将来的に有望かどうかを見分けられると言われてきた。こうした少年たちをジャニーズJr.の一員として、先輩アイドルたちの公演などにバックダンサーとして起用。いきなり各地のアリーナやスタジアム級の大舞台に立たせるなどして経験を積ませながら才能を引き出し、芸能史に残るアイドルを多数手がけてきた。
 その背中を最も近くで熱心に見続けてきたのが滝沢氏。ジャニーズJr.時代の10代から頻繁に行動をともにし、コンサートの演出にも関わりながら、時には助言するなど、タレント活動の一方でジャニーさんの右腕となってきた。
 ジャニーズJr.は現在、「HiHi Jets」「美 少年」「7 MEN 侍」など有望なユニットがCDデビューを目指して切磋琢磨している活況。これまでジャニーさんが手掛けていた分野は滝沢氏が引き継ぎ、采配を振るっていくことになる。
 ジャニーさんの入院中には、「ステージをつくるのはこれまでもやってきたが、メンバーと向き合うことはずっとジャニーさんがやっていた。それは新しくやるようになった」と立場も変化。経営やタレントのマネジメントを担うジュリー副社長とは密に連携を取っており、「お互いに気になったことは常に連絡を取っている。ほぼ毎日会って話をしています」と双頭体制を固めつつある。
 一方、注目されるのが、近藤真彦(54)を筆頭とする「CDデビュー組」の所属タレントの扱いについて。2016年にはSMAP解散などをめぐり、事務所の運営問題が表明化している。ベテランや中堅のアイドルたちが一枚岩に結束できるのか、ジュリー藤島、滝沢の両氏の求心力が試される。


・ジャニーズ事務所、分裂阻止へカギはタッキー氏(19.7.10)
 ジャニー喜多川氏が一代で築き上げた、巨大な“ジャニーズ帝国”。あまりに大きな柱を失ったことで、今後の体制に大きな影響が及ぶことは必至だ。社長業は、TOKIO、嵐らを育てためいの藤島ジュリー景子副社長(52)が受け継ぐ。一方で、ジャニー氏を父のように慕ったタレントの一部が、事務所を退社する可能性も十分に考えられる。鍵を握るのは、昨年末にタレント業を引退してジャニー氏のサポート役に回り、関連会社ジャニーズアイランド社長に就任した滝沢秀明氏(37)だ。
 初代ジャニーズのために、当時30歳のジャニー氏が62年に設立した「ジャニーズ事務所」は、創業57年の歴史を誇る。姉・藤島メリー泰子副社長(92)と二人三脚で日本を代表する一大エンターテインメント企業を作り上げた。16年1月にSMAPの解散・分裂騒動時に女性チーフマネジャーとの“派閥争い”が明るみに出た際に取り沙汰されたように、メリー副社長の一人娘・ジュリー氏が社長業を引き継ぐことは既定路線だ。
 創業者のジャニー氏の存在は唯一無二。巨星不在となり、所属タレントが退社する可能性も大いに考えられる。SMAP解散後、たびたび退社のうわさがささやかれる中居正広(46)もその1人。ただ、世間を巻き込んだ独立・分裂騒動から解散後、事務所はより細やかにタレントをケアするべく組織改編と契約の見直しに踏み切った。この陣頭指揮を執ったのが副社長のメリー、ジュリー親子だ。
 ジャニー氏が生涯プロデューサーを貫いた一方、メリー氏は創業から一貫して経営を取り仕切った。ジュリー氏はTOKIOの初代マネジャーで、その後は嵐らを育てるなど、高いマネジメント能力を発揮し、今は経営の中枢を担う。ここにジャニー氏のイズムを最も受け継ぐ滝沢氏が加わったことで、創業者不在となっても盤石と言える。一部でジュリー氏と滝沢氏の「対立」が報じられることもあるが、2人で毎日のように直接打ち合わせをするなど、しっかり手を組み、一枚岩となって事務所の運営に当たっている。
 活動スタイルが多様化した昨今、ジャニー氏の不在にかかわらず退社するタレントも出るとみられるが、“帝国”の屋台骨を揺らがすほどの分裂劇が勃発する可能性は低い。中居についても、ソロ転向後も5本のテレビレギュラー番組を持つ。ジャニー氏を慕う思いは強いが、退社となれば、これらを“整理”する必要がある。事務所内外への影響が及ばないためにも、現状のスタイルを続けるとみられる。
 ジャニー氏の個人資産は、ゆうに100億円を超えるとも言われる。今後、ばく大な遺産は若手育成、エンタメ業界の発展、また慈善事業へ寄付などに充てられるとみられるものの、事務所の経営資金も盤石だ。
 来年末には嵐が活動休止するが、世代交代が進むのではという声もある。昨年デビューしたKing&Princeが成功。ジャニーズJr.の育成も東西で順調に進み、滝沢氏が所属した時以来のJr.ブームが到来しつつある。滝沢氏が6日の会見で「ジャニーイズムをみんなで守っていく」と宣言したように一丸となって新時代に進む。


異能の男 ジャニー喜多川 悲しき楽園の果て [ 小菅宏 ]


週刊文春が報じた ジャニーズ女帝メリー喜多川 怒りの独白5時間【文春e-Books】【電子書籍】


【中古】ジャニーズJr. カレンダー 2006.4-2007.3


【中古】生写真(ジャニーズ)/アイドル/タッキー&翼 /滝沢秀明/ライブフォト/公式生写真



 






最終更新日  2019年07月10日 18時24分24秒
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.