9839583 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

プロ>『エール』第4… New! ひじゅにさん

シャラの花が咲いて… New! いしけい5915さん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

坂本勇人選手、大城… New! らぶりーたわ子さん

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

コメント新着

くみ1@ 6/4 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
neko天使@ Re:東京都「東京アラート」発動。新規感染者34人(6月2日)(06/03) New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
2020年03月28日
XML
カテゴリ:朝ドラ
<4/7(火) 北海道の視聴率追記&修正><3/31(火)追記>
第24週(3/16~3/21)「小さな希望を集めて」の週間最高視聴率は、関東19.9%↓(3/17火)、関西20.8%↑(3/16月)、北海道16.1%↑(3/17火&3/20金)。
前週より、関東は少し下がりましたが、関西と北海道は上がりました(^^)

最終回(3/28)の視聴率は、関東20.5%、関西20.6%、北海道17.8%。
関西と北海道は、最終回が最終週の最高視聴率でした♪
関東の最終週の週間最高視聴率は、20.8%(3/24火)。
最終回より、火曜日の方が視聴率、高かったです(^^;)
さすがに最終週だけあって、関東は週平均も20.3%と、第7週(11/11~11/16)以来、久々に20%台に乗りました♪(^^)
最終週最高だった火曜の内容は、武志が魂を込めて作った大皿ができあがりました♪
大皿が小さな音を立てて、皿が生きていると喜びました♪(^^)
武志が死んでしまった最終回より、作品が完成したこの日の方が明るくて良かったかもしれません(^^)
全話の期間平均は、関東19.4%、関西18.6%。
後半は、関西の方が視聴率、高かったと思うのですが、全話平均は、関東の方が高かったです。
どちらも20%には届きませんでした(汗)

               * * * * *



殆ど、予想通りの最終回でした(汗)
武志の臨終シーンは入れずに、ハグして「幸せや」という会話をした後、2年後に飛び、語りで、「武志は26歳の誕生日を前にして旅立ちました。
武志は作品を残しました。武志の作品は生きています」と説明。
実際、モデルの人は29歳で発病、31歳になったばかりに亡くなったので、ドラマ内では、26歳直前ということで、5歳以上、若い死でした(汗)
ドラマ内では、喜美子45歳、武志22歳の時、発病。
ということは、48歳位で、息子が亡くなり、ラストシーンは喜美子50歳位かな??
何歳なのか、ずっと見た目では全然、分からなかったです(汗)

実際は、息子さん、骨髄移植をしましたが、ドラマでは合う骨髄がなくて移植せず、ヒロインのモデルの人は公的骨髄バンクを立ち上げましたが、それも描かれませんでした(汗)
この方の人生を描いたわけではなくて、参考にしただけなので、ドラマに入れなくてもいいですが、実際の人はもっと立派だったという事を知ってほしかったので、一言、書きました(^^)

終盤のハグが予想外で、ちょっと盛り上がったかな?(^^)
喜美子が武志に「ギューしてええ?」と聞いて、強く抱きしめました♪(^^)
武志、照れて、逃げようとしましたが「幸せや」と言いました。
これ、武志としては、真奈ちゃんの方が良かったのでは?(^^;)
真奈ちゃんとは、ハグやキスのようなドロドロしたシーンはなく、爽やかなシーンだけでした(^^)

2年後、大崎(稲垣吾郎)先生が来てくれて、武志の作品を見て「わあ♪ 綺麗ですね」と褒め、喜美子の手ほどきを受けて、釉薬を塗って作品を作りました(^^)
患者さんの家族から物を貰うのは禁止だと聞いて、「なら、一緒に作りましょう。私が教えるので」と言ったのが実現したのかな?
亡くなる3日前に、集中治療室で「大丈夫だよ」と握手をしたら、武志君、強く握り返したと、教えてくれました(^^)
でも、2年後とは…(^^;)

最後は、八郎が訪ねてきて、名古屋を引き払って、長崎に行くと伝えに来ました。
長崎で江戸時代の卵殻手を研究している人がいるので、それに挑戦したいとのこと。
卵の殻のように、軽くて薄い磁器だそうです。
陶芸家に戻るようです(^^)
「おれを産んでくれて、ありがとう」
武志にお母ちゃんに伝えてほしいと言われたけれど、すぐに言わんでいいと口止めされた言葉を喜美子に伝えました。
しかし、これも2年後とは…

ギューした時点から2年後であって、武志の死後1年後位なのかな??
死後どの位たったのか説明がなかったので、死後2年飛んだような気がしてしまいましたが、彼らの様子は死後1年後位に感じました(汗)

最後は、喜美子、いつものように作品を作って穴窯で焼きました。
ただ、2週間、焼き続けるのだから、1人じゃ無理だと思いますが、一人で焼いているようでした(^^;)
最初の穴窯で焼いてるシーンと合わせたかのような、いつもと変わらない特別な1日で、陶芸を作り続け、火を見つめる真剣な喜美子の表情で閉めました(^^)
最後に焼いてたの、何かな?
形が骨壺みたいに見えましたが、2年後に焼くはずないですよね(^^;)
骨壺、自分で焼いたのは『おしん』でしたね(^^;)
亡くなった奥さんの骨壺を、陶芸家だったおしんの息子が焼きました。

無難な終わり方だったかな?
最後の数週間は、武志が主人公かと思うような闘病ドラマでした(汗)
真奈ちゃんの存在が和みました♪(^^)
でも、それは置いといて、陶芸に命がけで打ち込む武志の姿は、カッコ良かったです♪(^^)
一度は別れた八郎も名古屋から通って、まるで単身赴任している3人家族のような雰囲気で、母子家庭で育った武志にとっては、何気ない家族生活が、かけがえのない1日だったかもしれません(^^)
​「いつもと変わらない1日は、特別な1日」​
武志のこの言葉は、この数週間を貫いていたような気がします(^^)

最終回の1話前に「みんなの陶芸展」で明るく盛り上げ、草間(佐藤隆太)さんや、ちや子(水野美紀)さんが来てくれて、ジョージ富士川(西川貴教)先生もきてくれました(^^)
皆、一体、何歳でしょう?(^^;)
西川さんは、年寄りっぽい動きをして、年寄りを演出していましたが…(^^)
草間さんとちや子さん、若く見えるので、お似合いな気がします♪(^^)

武志の作品のコーナー、皆、見てくれて、良かったですね(^^)
武志がジョージに、サインをしてほしいと差し出した「TODAY IS…」の本を見て、ジョージは、何か思いつきました。
皆に「今日が私の1日なら、私はどんな1日にしますか?」と聞き、ボードに書くよう促しました。
子供達とか、真奈ちゃんとか、いろいろな人が書いて・・・
武志は「いつもと変わらない1日は、特別な1日」と書きました。
真奈ちゃんはなんて書いたのでしょう?
そして、喜美子と武志たちは、仲間と共に、びわ湖へ行きました。
歩いて行ったように見えましたが、会場からそんなに近かったのでしょうか?(^^;)
皆で、写真を撮りました♪(^^)
武志、これが真奈ちゃんと一緒に映った最後の写真かな??

やはり最終回の1回前の方が盛り上がりますね♪(^^)
「みんなの陶芸展」と琵琶湖散策で、明るく盛り上がりました♪(^^)

最後は、武志の言葉通り、武志がいた頃と変わらない日常を送っているようで、喜美子の陶芸に対する熱意は一層、強くなったようで、最後の火を見つめる目力、凄かったです♪(^^)
 
このドラマ、戸田恵梨香さんの演技は素晴らしくて、照子(大島優子)と信作(林遣都)との幼馴染みの関係は最後まで続いて、心地よかったです(^^)
照子は社長夫人なのに、偉ぶってないし、信作は妹の百合子と結婚して親戚関係でもあり…

八郎とは、一度は離婚したものの、武志の病気で、また関係が戻ったみたいで、距離感はあるものの、友人よりは少し濃い同志みたいな関係みたいで、良かったです(^^)

実際は、モデルの神山清子さんは、もう一人、女性の子供がいたのですが、このドラマは一人息子で、途中と最後は、喜美子、一人暮らしで、孤独に一人、陶芸に向かうクールな女性で貫きました。

陶芸に対する熱い想いや、人気が出るかどうかなんて興味がない事を描きたかったので、あえて、穴窯が成功した直後も7年飛んだりしたとの、脚本家・水橋文美江さんのコメントをこちらの記事で読みましたが・・・

<< 抜粋 >>
『今月1日放送のNHK FM「岡田惠和 今宵、ロックバーで~ドラマな人々の音楽談議~」(隔週日曜後6・00)にゲスト出演した水橋氏は「7年バーンと飛ばしたんですが、あそこは意図的です。喜美子にとっての成功は、陶芸家として有名になることじゃなく、穴窯で自然釉の作品を作ること。ゴールは(窯焚きに初成功して)作品ができた瞬間なんです。その後(の陶芸家として有名になっていく姿)を描くと、ゴールが見えなくなっちゃうと思ったので、飛んだんです。その台本を渡すと、(チーフプロデューサーの)内田さんもOKしてくれて。プロデューサーによっては『もうちょっと、ここをやりましょう』と言う人もいると思うんですが」と説明。
 岡田氏が「考え方によっては(喜美子が陶芸家として有名になっていく姿は)いくらでもやりようはありますよね。楽しいことが書けたりもしますし」と挟むと、水橋氏は「喜美子にとっての成功は、そこじゃないんで。陶芸家として売れっ子になるかどうかは関係なく(穴窯で)作品ができるかどうか。『完成しました、終わり』という話。そこは潔く」と狙いを明かした。』

とのことですが、視聴者としては、切ないシーンや辛いシーンだけでは見ているのが辛くなります(汗)
「完成しました、終わり」で飛ばすのではなく、普通の成功ドラマのように、成功して嬉しい余韻など、明るいシーンももっと入れてほしかったです。
それで有名になって皆に持ち上げられても、そういう事に本人は興味がないように描けばいいだけのような気がします。
脚本が、子供の頃から切ないシーンや辛いシーンだらけで、気分が暗くなり、私は明るいドラマが好きなので、物足りなかったです(汗)
私の評価は「C」です。

次の朝ドラは『エール』です。
このドラマから土曜の放送がなくなって、月曜~金曜になります。
土曜は、バナナマンの日村勇紀さんの解説で、その週の総集編を放送予定。

『エール』は窪田正孝さん主演で、その妻役で、二階堂ふみさんがオーディションで選出されました。
​昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而氏と、歌手としても活躍したその妻・古関金子さんがモデル。昭和という激動の時代の中で、人々の心に寄り添う数々の曲を生み出した作曲家とその妻の波乱万丈の生涯の物語を、人物名や団体名を一部改称して再構成しフィクションとして制作するそうです。
主人公の一代記を夫婦の二人三脚で描くのは『マッサン』『あさが来た』『まんぷく』などNHK大阪放送局制作の作品に多く、東京制作では『ゲゲゲの女房』以来となるとのこと。
脚本は『コード・ブルー』シリーズ、『ハゲタカ』などを手掛けた林宏司氏の担当が予定されていましたが、収録開始に先立ち「制作上の都合」により清水友佳子氏、嶋田うれ葉氏の2人による共同脚本へ異例の変更となり、収録開始後の2019年11月5日付で交代が発表されました(汗)
林宏司さんは、今期、『トップナイフ』の脚本を書いているので、体調が悪かったわけではないようです(汗)
その上、出演予定で、もう撮影開始していた志村けんさんが、新型コロナウィルスで陽性反応が出て、入院し、重症とのこと(汗)
NHK関係者によると、「志村さんの初登場は4月下旬から5月上旬を予定。現時点では降板や代役を立てることは考えていない。大御所の音楽家役で何度か出演するが、物語にがっちり関わる役どころではないため、台本次第で出番を少なくすることは可能」とのこと。
早く元気になられますように☆(^^)
『エール』いろいろ大変な滑り出しとなりそうですが、期待しています♪(^^)

【あらすじ】 (Yahooテレビより)
・第149回[3/27(金)]
信作(林遣都)が企画した信楽のみんなの陶芸展が開催。喜美子(戸田恵梨香)と武志(伊藤健太郎)はそれぞれ作品を出品。八郎(松下洸平)も来て、家族で見に行くことに。会場には知らせを受けた草間(佐藤隆太)やちや子(水野美紀)の姿。ジョージ富士川(西川貴教)もやってくる。武志はジョージのワークショップに参加。喜美子は見守りながら、武志と過ごす日常をかみしめる。そして喜美子は武志や仲間を連れてびわ湖へ。

・最終回(第150回)[3/28(土)]
喜美子(戸田恵梨香)は武志(伊藤健太郎)と信楽の仲間とびわ湖に出かけ、すがすがしい思いに満たされる。武志は闘病しつつ作陶を続け、側で喜美子も陶芸に励む日々。喜美子は武志との時間を大切に過ごしながら、ふと武志に問いかける。喜美子に強く抱きしめられる武志。2人は幸せを胸に刻む。二年後、喜美子は武志の作品を大崎(稲垣吾郎)と共に見つめていた。作品作りに挑戦する大崎。そして八郎(松下洸平)が訪ねてきて…


<参考>
「スカーレット」最終回 武志、26歳の誕生日を前に…ロス広がる「『幸せや』で涙が」 (20.3.28)
NHK連続テレビ小説「エール」現時点では志村けん降板や代役なし (20.3.27)
志村けん 70歳で朝ドラ初挑戦!4月「エール」の目玉に起用 (20.1.14)

・朝ドラヒロイン“モデル”陶芸家・神山清子さんの壮絶半生
・朝ドラヒロイン“モデル”女性、長男の白血病で決めた覚悟
・女性陶芸家炎の生涯
・神山清子(WIKI)


【各地の週間最高視聴率】​ (ビデオリサーチ調べ)
                     関東              関西             北海道
​初回視聴率(9/30月)     ​       20.2%     19.4%          ?​
最高視聴率                22.4%(10/12土) 21.1%(3/7土)    19.1%(2/22土)
第1週(9/30~)[はじめまして信楽]    20.7%(10/3木)   19.4%(9/30月)   17.3%(10/5土)
第2週(10/7~)[意地と誇りの旅立ち] 22.4%(10/12土) 20.4%(10/12土) 15.1%(10/10木)
第3週(10/14~)[ビバ!大阪新生活]  20.4%(10/15火) 19.2%(10/18金) 17.8%(10/19土)
第4週(10/21~)[一人前になるまでは]21.3%(10/25金) 18.1%(木&金) 16.7%(10/25金)
第5週(10/28~)[ときめきは甘く苦く]20.0%(11/1金)  18.8%(10/28月) 17.3%(11/1金)
第6週(11/4~) [自分で決めた道]   21.4%(11/8金) 18.6%(11/6水)  14.9%(11/5火)
第7週(11/11~)[弟子にしてください!] 21.7(11/11月) 17.6%(月&木)  15.6%(11/13水)
第8週(11/18~)[心ゆれる夏]    20.3%(11/18月) 18.7(11/19火)   15.3%(11/23土)
第9週(11/25~)[火まつりの誓い]  20.5%(11/27水) 19.3(11/30土)   14.9%(11/29金)
第10週(12/2~)[好きという気持ち] 19.3%(12/4水)   19.5(12/7土)   15.9%(12/7土)
第11週(12/9~)[夢は一緒に]    20.0%(12/13金) 19.1(12/12木) 17.0%(12/13金)
第12週(12/16~)[幸せへの大きな一歩] 20.4(12/17火) 19.0(木&金)  15.4%(12/20金)
第13週(12/23~)[愛いっぱいの器]   19.9(12/27金) 20.0(12/28土) 15.4%(12/27金)
第14週(1/6~) [新しい風が吹いて]  19.3%(1/8水)  ?      16.0%(1/11土)
第15週(1/13~)[優しさが交差して]   19.2%(1/14火) 19.8(火&金)  14.8%(1/13月)
第16週(1/20~)[熱くなる瞬間]    20.2%(1/22水)  19.6(1/22水)   15.1%(1/22水)
第17週(1/27~)[涙のち晴れ]     19.6%(1/30木) 20.4(1/29水)   16.3%(1/31金)
第18週(2/3~) [炎を信じて]     20.6%(2/7金)  20.9(2/8土)   14.8%(2/4火)
第19週(2/10~)[春は出会いの季節]  19.9%(2/14金) 21.0(2/12水)  17.2%(2/14金)
第20週(2/17~)[もういちど家族に]  19.9%(2/17月) 21.0(2/19水)  19.1%(2/22土)
第21週(2/24~)[スペシャルサニーデイ] 19.7(2/26水) 20.9(2/26水)  16.8%(2/29金)
第22週(3/2~) [いとおしい時間]    20.1%(3/4水) 21.1(3/7土)   16.3%(3/6金)
第23週(3/9~) [揺るぎない強さ]   20.1%(3/10火)  19.4(3/13金)   15.7%(3/13金)
第24週(3/16~)[小さな希望を集めて]19.9%(3/17火) 20.8(3/16月)    16.1%(火&金)
最終週(第25週)(3/23~)[炎は消えない] 20.8(3/24火) 20.6(3/28土)  17.8%(3/28土)

最終回(3/28)             20.5%    20.6%      17.8%
​期間平均(9/30~3/28)          19.4%      18.6%​

*10/12(土)夜、台風19号が伊豆半島に上陸。関東はこの日、朝から計画運休。
 関東は、朝から台風情報や交通情報等、気になって、朝ドラも視聴率が上がったのでしょう。

*第20回(10/22火)は「即位の礼」中継のため、朝ドラは15分前倒しで、7:45~8:00に放送。
*北海道の視聴率情報、三連星さん、ありがとうございます。

【視聴率推移】 (関東地区。ビデオリサーチ調べ)
[第1回(9/30月)] 20.2%
[第2回(10/1火)] 19.2%
[第3回(10/2水)] 20.6%
[第4回(10/3木)] 20.7%
[第5回(10/4金)] 20.0%
[第6回(10/5土)] 18.1%

<第1週平均>19.8%
-
[第7回(10/7月)] 19.7%
[第8回(10/8火)] 18.3%
[第9回(10/9水)] 20.8%
[第10回(10/10木)] 19.9%
[第11回(10/11金)] 20.3%
[第12回(10/12土)] 22.4% (夜、台風19号が伊豆半島に上陸)

<第2週平均>20.2%
-
[第13回(10/14月)] 18.0%
[第14回(10/15火)] 20.4%
[第15回(10/16水)] 20.3%
[第16回(10/17木)] 19.7%
[第17回(10/18金)] 20.3%
[第18回(10/19土)] 19.2% 

<第3週平均>19.7%
-  ~~~~~
-  ~~~~~
-  ~~~~~
-
[第127回(3/2月)] 18.8%
[第128回(3/3火)] 19.2%
[第129回(3/4水)] 20.1%
[第130回(3/5木)] 20.0%
[第131回(3/6金)] 18.8%
[第132回(3/7土)] 18.9% 

<第22週平均>19.3%
-
[第133回(3/9月)] 19.6%
[第134回(3/10火)] 20.1%
[第135回(3/11水)] 19.5%
[第136回(3/12木)] 19.1%
[第137回(3/13金)] 19.3%
[第138回(3/14土)] 19.5% 

<第23週平均>19.5% 
-
[第139回(3/16月)] 19.8%
[第140回(3/17火)] 19.9%
[第141回(3/18水)] 18.5%
[第142回(3/19木)] 19.0%
[第143回(3/20金)] 18.7%
[第144回(3/21土)] 18.7% 

<第24週平均>19.1% 
-
[第145回(3/23月)] 20.7%
[第146回(3/24火)] 20.8%
[第147回(3/25水)] 20.0%
[第148回(3/26木)] 19.7%
[第149回(3/27金)] 20.1%
[第150回(3/28土)] 20.5% 

<第25週平均>20.3%
<期間平均>19.4% 




【原作・脚本】水橋文美江(第21週以外)
【音楽】冬野ユミ
【主題歌】Superfly「フレア」
【語り】中條誠子(NHKアナウンサー)



『スカーレット』公式HP・TOP
『スカーレット』公式HP・登場人物一覧表


最終週(第25週)ネタバレ(3/23~3/28)と感想&視聴率
第24週ネタバレ(3/16~3/21)と感想&視聴率
第23週ネタバレ(3/9~3/14)と感想&視聴率
第22週ネタバレ(3/2~3/7)と感想&視聴率
第21週ネタバレ(2/24~2/29)と感想&視聴率&中居正広さんJ退所
第19週ネタバレ(2/10~2/15)と感想&視聴率
第18週(2/3~2/8)ネタバレ「炎を信じて」と感想&視聴率
第17週(1/27~2/1)ネタバレ「涙のち晴れ」と感想&視聴率
第16週ネタバレ(1/20~1/25)「熱くなる瞬間」と感想&視聴率
第15週ネタバレ(1/13~1/18)「優しさが交差して」と感想&視聴率
第14週ネタバレ(1/6~1/11)と感想&視聴率
第13週ネタバレ(12/23~12/28)と感想&年末年始日程&視聴率
第12週ネタバレ(12/16~12/21)と感想&視聴率
第11週ネタバレ(12/9~12/14)「夢は一緒に」と感想&視聴率
第10週ネタバレ(12/2~12/7)「好きという気持ち」と感想&視聴率
第9週ネタバレ(11/25~11/30)「火まつりの誓い」と感想&視聴率&川口春奈さん帰蝶役決定♪
第8週ネタバレ(11/18~11/23)「心ゆれる夏」と感想・視聴率&沢尻エリカさん逮捕
第7週ネタバレ(11/11~11/16)「弟子にしてください!」&感想&視聴率
第6週ネタバレ(11/4~11/9)「自分で決めた道」&感想、視聴率
第5週ネタバレ(10/28~11/2)「ときめきは甘く苦く」&視聴率
第4週ネタバレ(10/21~10/26)「 一人前になるまでは」&視聴率
第3週ネタバレ(10/14~10/19)と第2週感想&視聴率
第2週ネタバレ(10/7~10/12)と第1週感想&視聴率
第1話~第2話感想と初回視聴率
『スカーレット』紹介&第1週ネタバレ(9/30~10/5)


『スカーレット』視聴率一覧(関東地区)
関東・週間視聴率ランキング​(ビデオリサーチ社)
関西の週間視聴率ランキング(3/16~3/22)


【2020年02月21日発売】 NHKエンタープライズ nep 連続テレビ小説 スカーレット 完全版 DVD-BOX1【DVD】​​

​​
神山 清子作信楽焼水指 おもてなしの器 お茶を愉しむ


緋色のマドンナ 陶芸家・神山清子物語 (一般書 251) [ 那須田 淳 ]


【2020年04月24日発売】 NHKエンタープライズ nep 連続テレビ小説 スカーレット 完全版 ブルーレイBOX2【ブルーレイ】




 
にほんブログ村
-

人気ブログランキング

できればクリック、お願いします♪(^^)

​ ​​​​​​​​​​​​​​ ​​​​​​







最終更新日  2020年04月07日 16時25分08秒
コメント(15) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.