10472696 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

X

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

連続テレビ小説『お… New! レベル999さん

プチプラ✰バックリボ… New! くみ1さん

嘘臭い顔>『おちょ… New! ひじゅにさん

今日の買い物、東北… New! いしけい5915さん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

コメント新着

三連星@ 遺留捜査&ちむどんどん New! (遺留捜査) 久しぶりに見たのは、東映京…
2020年12月01日
XML
カテゴリ:朝ドラ
​​『エール』の最終回(第120回)コンサートの視聴率は、関東21.8%♪
ドラマ再開後の最高視聴率で、有終の美を飾りました♪(^^)
ちなみに、全話での最高視聴率は、22.1%(5/19火)でした(^^)
関西の最終回(第120回)コンサートの視聴率は、19.0%でした♪
第1話~最終回まで全120回の期間平均は、関東20.1%。
『なつぞら』以来の20%超えでした♪(^^)
ちなみに、前作『スカーレット』は、19.4%でした。
『エール』は、新型コロナのため、途中で中断して初回から再放送したのに、よく20%台に乗せられたと思います♪(^^)
ちなみに、再放送の視聴率は集計に入っていません。
関西は、期間平均18.1%で、前作『スカーレット』の期間平均18.6%を下回りました(汗)
『スカーレット』は関西が舞台だったので、関西の視聴率が少し良かったのかもしれません(^^)

<最近の朝ドラの期間平均視聴率>(朝8時開始以降の朝ドラ)
2020年前期『エール』      (関東)20.1% (関西)18.1% (北海道) -
2019年後期『スカーレット』   (関東)19.4% (関西)18.6% (北海道) -
2019年前期『なつぞら』     (関東)21.0% (関西)18.3% (北海道)16.6%
2018年後期『まんぷく』     (関東)21.4% (関西)19.5% (北海道)13.8%
2018年前期『半分、青い。』   (関東)21.1% (関西)19.3%
2017年後期『わろてんか』    (関東)20.1% (関西)19.6%
2017年前期『ひよっこ』     (関東)20.4%   (関西)20.3%
2016年後期『べっぴんさん』   (関東)20.3%   (関西)20.2%
2016年前期『とと姉ちゃん』   (関東)22.8%   (関西)20.4%
2015年後期『あさが来た』    (関東)23.5%   (関西)21.4%
2015年前期『まれ』       (関東)19.4%   (関西)18.6%
2014年後期『マッサン』     (関東)21.1%   (関西)22.2%
2014年前期『花子とアン』    (関東)22.6% (関西)21.6%
2013年後期『ごちそうさん』 (関東)22.4% (関西)21.8%
2013年前期『あまちゃん』  (関東)20.6% (関西)16.9%
2012年後期『純と愛』      (関東)17.1% (関西)15.9%
2012年前期『梅ちゃん先生』   (関東)20.7% (関西)18.5%
2011年後期『カーネーション』(関東)19.1%   (関西)19.6%
2011年前期『おひさま』   (関東)18.8% (関西)16.5%
2010年後期『てっぱん』   (関東)17.2% (関西)16.2%
2010年前期『ゲゲゲの女房』   (関東)18.6% (関西)15.9%



朝ドラ『おちょやん』初回の視聴率は、関東18.8%、関西17.2%。
どちらも前作『エール』より低く、イマイチなスタートとなってしまいました(汗)
関東地区で20%を切ったのは、2017年前期『ひよっこ』(19.5%)以来7作ぶりです(汗)
関西地区で18%を切ったのは、2013年前期『あまちゃん』(14.6%)以来7年ぶりです(汗)
いつもの朝ドラと違う時期に始まったので、前作を見ていた人しか、新作スタートが分からなかったかもしれません(汗)
ただ、私は最初からあまり期待していなかったし、実際、第2話までみましたが、イマイチでした(汗)
ここまでの感じだと『わろてんか』と『おしん』と『スカーレット』を足したような感じかな?(汗)
初回のオープニングは『わろてんか』を思い出し、時代背景と貧乏は『おしん』、『スカーレット』以上に、どうしようもない父と貧乏でした(汗)
『スカーレット』と『おしん』は優しい母がいて救われましたが、今作は生母は亡くなり、父が連れて来た継母はどうしようもない嫌な女性で、これでは朝から気分が悪くなりそう(汗)
子役時代は2週間と、初回冒頭の挨拶で、千代役の毎田暖乃ちゃんが言いました(^^)
もうすぐ千代は道頓堀の芝居茶屋へ奉公に出されるので、そうしたら嫌な父も出なくなるでしょうし、大好きな篠原涼子さんも芝居茶屋「岡安」の女将役で登場するでしょう♪(^^)
その頃から本格的に見たいと思います(^^)

『わろてんか』と似ているという声が多いので、『おちょやん』とヒロインのモデルの女性を比較してみます。
『わろてんか』のヒロインのモデルで、夫婦で吉本興業を創始した吉本せいさんは、1889年(明治22年)12月5日生まれ。
『おちょやん』のヒロインのモデルで、松竹新喜劇の創始当初からの看板女優・浪花千栄子さんは、1907年(明治40年)11月19日生まれ。
浪花千栄子さんの方が、吉本せいさんより、18年後に生まれました(^^)
『おちょやん』では、大正5年(1917年)、竹井千代(毎田暖乃)は9歳で、道頓堀の芝居茶屋「岡安」へ女中奉公に出されるようです。
吉本せいさんも行儀見習いで女中奉公に出ましたが、『わろてんか』では女中奉公はせず、奉公先でのエピソードは結婚後の姑のいけずとして描かれました(汗)
吉本せいさんは、夫と死に別れていますが、
浪花千栄子さんは、松竹新喜劇の創始者である夫・二代目 渋谷 天外が浮気して、子供が生れたのをきっかけに、離婚し、松竹新喜劇を退団しました(汗)
「吉本をやったのだから、松竹新喜劇も朝ドラに…」という声があったのではないかと、勝手に想像しています(^^;)


<最近の朝ドラ初回視聴率一覧>(朝8時開始以降の朝ドラ)
2020年下期『おちょやん』    (関東) 18.8%   (関西)17.2%
2020年前期『エール』      (関東) 21.2%   (関西)19.9%
2019年後期『スカーレット』   (関東) 20.2%   (関西)19.4%
2019年前期『なつぞら』     (関東) 22.8%   (関西)18.5%
2018年後期『まんぷく』     (関東) 23.8%   (関西) 20.4%
2018年前期『半分、青い。』     (関東) 21.8%     (関西) 19.2%
2017年後期『わろてんか』    (関東) 20.8%   (関西) 21.5%
2017年前期『ひよっこ』     (関東)19.5% (関西)19.7%
2016年後期『べっぴんさん』   (関東)21.6% (関西)20.5%
2016年前期『とと姉ちゃん』   (関東)22.6% (関西)20.3%
2015年後期『あさが来た』    (関東)21.2% (関西)19.7%
2015年前期『まれ』     (関東)21.2% (関西)20.7%
2014年後期『マッサン』   (関東)21.8% (関西)19.8%
2014年前期『花子とアン』  (関東)21.8% (関西)18.1%
2013年後期『ごちそうさん』 (関東)22.0% (関西)18.2%
2013年前期『あまちゃん』  (関東)20.1% (関西)14.6%
2012年後期『純と愛』    (関東)19.8% (関西)16.2%
2012年前期『梅ちゃん先生』   (関東)18.5% (関西)16.7%
2011年後期『カーネーション』(関東)16.1% (関西)16.2%
2011年前期『おひさま』   (関東)18.4% (関西)15.6%
2010年後期『てっぱん』   (関東)18.2% (関西)13.1%
2010年前期『ゲゲゲの女房』   (関東)14.8% (関西)10.1%


過去の朝ドラ視聴率一覧(ビデオリサーチ)


朝ドラ・おちょやん初回視聴率、7作ぶりに大台割れ

【おちょやん】第1週「うちは、かわいそやない」ネタバレとドラマ紹介

【エール】最終回&コンサート(11/26~11/27)感想&総評&視聴率

『エール』視聴率一覧表(関東地区)

​​



連続テレビ小説 エール 完全版 DVD-BOX1 全5枚


連続テレビ小説 おちょやん Part1 (NHKドラマ・ガイド) [ 八津 弘幸 ]


[書籍のゆうメール同梱は2冊まで]/NHKウイークリーステラ[本/雑誌] 2020年12月4日号 【表紙】 連続テレビ小説『おちょやん』杉咲花 (雑誌) / NHKサービスセンター


大阪のお母さん浪花千栄子の生涯【電子書籍】[ 葉山由季 ]


浪花千栄子 昭和日本を笑顔にしたナニワのおかあちゃん大女優 (角川文庫) [ 青山 誠 ]


浪花千栄子の人生 苦難を乗り越え日本に笑顔を届けた名女優の知られざる生涯










 
にほんブログ村
-

人気ブログランキング

できればクリック、お願いします♪(^^)

​ ​​​​​​​​​​​​​​ ​​​​







最終更新日  2020年12月02日 12時28分40秒
コメント(17) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.