000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

X

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

SPECサーガ黎明… New! レベル999さん

嘘臭い顔>『おちょ… New! ひじゅにさん

今日の買い物、東北… New! いしけい5915さん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

コメント新着

三連星@ 遺留捜査&ちむどんどん New! (遺留捜査) 久しぶりに見たのは、東映京…
2021年01月16日
XML
カテゴリ:朝ドラ
<1/19(火)追記>
遅くなってしまって、すみません。
第6週(1/11~1/15)「楽しい冒険つづけよう!」の関東の日々の視聴率は、
​・第26回(1/11月) 16.9%
・第27回(1/12火) 18.1%
・第28回(1/13水) 18.5%
・第29回(1/14木) 17.7%
・第30回(1/15金) 18.1%
<第6週平均>17.9%↑
​<第6週最高>18.5%↑(1/13水) 


1/11(月)の16.9%は、最低視聴率でした(汗)
成人の日で、3連休だったとはいえ、苦しいスタートでした(汗)
ただ、1/13(水)は、『正ちゃんの冒険』で千代が主役をやることになって、猛特訓♪
視聴率も18.5%で、高かったです♪(^^)

               * * * * *

千代は、前週(第6週)の山村千鳥一座での初舞台『正ちゃんの冒険』、「ねずみ3」を演じる予定が、主役の薮内清子(映美くらら)さんが足をねん挫して、急きょ、千代が演じることに♪(^^)
セリフを全部覚えていたのは、千代だけで、1日しか時間がなかったので、いきなり主役でついていました♪
腹式発声ができず、声が後ろまで届かず、千鳥さんが徹夜で猛特訓してくれて、なんとか腹式発声が出せるように。
初日の舞台で、大事な小道具の短剣を忘れてしまいましたが、なんとか、機転を利かせて、セリフを変え、それが受けて、お客さんが段々増え、千鳥一座はこれからもこの舞台を使える事になりました。
でも、千鳥さんはそれが逆にショックで、自ら反省。一座を解散してしまいました(汗)
皆、千鳥さんから紹介された所に行くようです(^^)
千代は、その舞台が受けて、新聞に批評も載り、店長の好意で1分間だけ、岡安に電話をかけました♪
久々に岡安の皆さん、懐かしかったです♪(^^)
皆、心配してくれてたのに、1分は短すぎでした(^^;)
ただ、女優になったことと「新聞を読んで」という事は伝えられて良かったです♪(^^)
記事を読んで、女将さんも嬉しそうでした♪(^^)

千代は、千鳥さんが紹介状を書いてくれたお蔭で、鶴亀撮影所に入れて貰えました♪(^^)
今まで、何度も門前払いされていた撮影所です。
ようやく門番から丁重に入れて貰えて、喜びました(^^)
舞台は、鶴亀撮影所に移りました。
簡単な試験で、採用されて良かったですが、この登場人物たちも所長のカタキン(六角精児)を始め、アクが強そうですね(汗)
まずは、大部屋女優で先輩からのいじめも厳しそうでしたが・・・(汗)
次週も、昔の知り合いで、看板女優の高城百合子さんのお蔭で、この週中に重要な役に大抜擢されるようです(^^)
千代って、ついていますね♪(^^)
四葉のクローバーのお蔭かな?(^^)
この週は恋を絡めて、映画の世界を描きます♪♪
この頃はまだ無声映画で、弁士が映画館で喋っていたので、役者に腹式発声は必要ないですね(汗)
なんだかんだで、下積みは短く、トントン拍子です♪(^^)

地方の視聴率は、年末年始の発表、まだ遅れていて、第5週はまだ分かりません(汗)
分かり次第、追記します。
関東の第6週の日々の視聴率の詳細は、1/18(月)に追記予定です。


これは、第7週(1/18~1/22)「好きになれてよかった」の日別のあらすじです。

<< 日別あらすじ 第7週(1/18~1/22) >>(​Yahooテレビ​​より)​
第31回[1/18(月)]
鶴亀撮影所で、女優の卵として映画の世界に飛び込んだ千代(杉咲花)。癖の強い片金所長(六角精児)と監督の面談にも晴れて合格し、早速助監督の小暮(若葉竜也)に連れられ、初めての撮影現場に臨む。ところが映画の現場を知らない千代の振る舞いが監督を激怒させ、作品から外されてしまう。さらには、先輩の大部屋女優からの容赦の無い嫌がらせの日々。親切なのは小暮のみ。そんなある日、千代は憧れのあの人に偶然再会する…

第32回[1/19(火)]
鶴亀撮影所で女優の卵として再スタートを切った千代(杉咲花)だったが、大失敗の連続。千代の唯一の救いは、親切な助監督の小暮(若葉竜也)と撮影所で偶然再会した「太陽の女・カルメン」主演女優・高城百合子(井川遥)の存在だった。カフェーの仲間からの励ましもあり、前を向く千代だったが、先輩の大部屋女優たちから悪い噂を流され、撮影現場から干されてしまう。それでもめげない千代は、撮影所に新しい居場所を見つける…

第33回[1/20(水)]
大部屋女優で中心的な存在の弥生のピンチを救ったことで、撮影現場への復帰を果たした千代(杉咲花)。しかし、千代の恋人役の芝居のひどさに監督が激怒。女優を続けるなら、今すぐ恋をしろと忠告を受ける始末。千代は真理(吉川愛)の助言もあり、助監督の小暮(若葉竜也)に恋人のフリを頼むことを思いつく。勇気を出して伝えると、小暮は快諾。デートをする話にも発展するが、その一部始終を何故か一平(成田凌)が見ていた…

第34回[1/21(木)]
女優修業のため、助監督の小暮(若葉竜也)に恋人のフリを頼み、初デートをした千代(杉咲花)は、はからずも初めての恋を経験する。動揺を隠せない千代は翌朝、小暮と会うも普段通りに接することができない。しかし小暮の口から思いがけず、撮影所で見かけた一平(成田凌)の近況を知ることになる。一方、混乱を極める「太陽の女・カルメン」の撮影。現場から抜け出した高城百合子(井川遥)と再び、鉢合わせる千代だった…

第35回[1/22(金)]
監督と衝突していた高城百合子(井川遥)が、相手役と失踪する事件が起き、撮影所は大混乱に陥る。千代(杉咲花)は恋心を抱く相手・小暮(若葉竜也)が、百合子のことを本気で好きだったことを知り、胸が苦しくなるのだった。そんな折「太陽の女・カルメン」を新キャストで撮り直すことが決まり、千代が大抜擢(てき)される。それは百合子の置き土産だった。千代の役は、他の女性を好きになった夫に捨てられる妻という役柄だった。



【各地の週間最高視聴率一覧】
                     関東        関西      北海道
第1週(11/30~)[うちは、かわいそやない] 18.8%(11/30月)  17.3(12/1火) 14.1(12/1火)
第2週(12/7~)[道頓堀、ええとこや~] 18.5(12/9水&12/11金) 17.8(12/11金) 14.7(12/9水)
第3週(12/14~)[うちのやりたいことて,なんやろ] 18.7(12/17木) 18.2(12/16水) 13.8(12/18金)
第4週(12/21~)[どこにも行きとうない]  18.6%(12/25金) 17.9(火&水&金) 14.3(12/26土)
第5週(1/4~) [女優になります]      17.7%(1/8金)    ?       ?
第6週(1/11~)[楽しい冒険つづけよう!]   18.5%(1/13水)
★三連星さん、北海道の視聴率情報、ありがとうございます♪(^^)



【視聴率推移】(関東地区。ビデオリサーチ調べ)
第1週(11/30~12/4)「うちは、かわいそやない」
・​第1回(11/30月) 18.8% (関西 17.2%)
・第2回(12/1火) 17.2% (関西 17.3%)
・第3回(12/2水) 17.7%
・第4回(12/3木) 17.4%
・第5回(12/4金) 17.7%​ ​

<第1週平均>17.8%
<第1週最高>18.8%(11/30月) [関西] 17.3%(12/1火)

第2週(12/7~12/11)「道頓堀、ええとこや~」
​・第6回(12/7月) 17.9%
・第7回(12/8火) 18.3%
・第8回(12/9水) 18.5%
・第9回(12/10木) 18.0%
・第10回(12/11金) 18.5%​ (関西 17.8%) ​

<第2週平均>18.2%
<第2週最高>18.5%(12/9(水)&12/11(金)) [関西] 17.8%(12/11金)


第3週(12/14~12/18)「うちのやりたいことて、なんやろ」
​・第11回(12/14月) 18.4%
・第12回(12/15火) 18.2%
・第13回(12/16水) 17.9%
・第14回(12/17木) 18.7%
・第15回(12/18金) 17.8%​ ​

<第3週平均>18.2%
<第3週最高>18.4%(12/14月)


第4週(12/21~12/25)「どこにも行きとうない」
​・第16回(12/21月) 17.8%
・第17回(12/22火) 17.5%
・第18回(12/23水) 18.5%
・第19回(12/24木) 17.8%
・第20回(12/25金) 18.6%
<第4週平均>18.0%
​<第4週最高>18.6%(12/25金) 


第5週(1/4~1/8)「女優になります」
​・第21回(1/4月) 17.1%
・第22回(1/5火) 17.6%
・第23回(1/6水) 17.6%
・第24回(1/7木) 17.6%
・第25回(1/8金) 17.7%
<第5週平均>17.5%
​<第5週最高>17.7%(1/8金) 


第6週(1/11~1/15)「楽しい冒険つづけよう!」
​・第26回(1/11月) 16.9%
・第27回(1/12火) 18.1%
・第28回(1/13水) 18.5%
・第29回(1/14木) 17.7%
・第30回(1/15金) 18.1%
<第6週平均>17.9%
​<第6週最高>18.5%(1/13水) 




【原作・脚本】八津弘幸
【語り】桂 吉弥
【音楽】サキタ ハヂメ
【主題歌】泣き笑いのエピソード/秦 基博(はた もとひろ)

 
公式HP・登場人物一覧表
公式HP・特集&お知らせ


過去の朝ドラ視聴率一覧(ビデオリサーチ)


<参考>山村千鳥のモデル・村田栄子は本当に厳しい人だったの?


朝ドラ・おちょやん初回視聴率、7作ぶりに大台割れ

【エール】期間平均20%超え&【おちょやん】初回視聴率・低発進(汗)

【ネタバレ(あらすじ)と感想 まとめ】
第1週(11/30~12/4)「うちは、かわいそやない」ネタバレとドラマ紹介
第2週(12/7~12/11)「道頓堀、ええとこや~」ネタバレと視聴率&第1週感想
第3週(12/14~12/18)「うちのやりたいことて、なんやろ」ネタバレと視聴率&感想
第4週(12/21~12/25)「どこにも行きとうない」ネタバレと視聴率&感想
第5週(1/4~1/8)「女優になります」ネタバレと感想&緊急事態宣言発出へ
第6週(1/11~1/15)「楽しい冒険つづけよう!」ネタバレと感想&視聴率&山村千鳥のモデルは?


『おちょやん』視聴率一覧表(関東地区)​


関西の週間視聴率ランキング(12/21~12/27)





連続テレビ小説 おちょやん Part1 (NHKドラマ・ガイド) [ 八津 弘幸 ]


【中古】 カルメン /映画・ドラマ 【中古】afb


角川映画 KADOKAWA カルメン【DVD】


浪花千栄子の人生 苦難を乗り越え日本に笑顔を届けた名女優の知られざる生涯



 
にほんブログ村
-

人気ブログランキング

できればクリック、お願いします♪(^^)







最終更新日  2021年01月24日 10時05分22秒
コメント(17) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.