1215704 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*種まきとガーデニング*

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

2018年の庭

2018.05.31
XML
カテゴリ:2018年の庭
今年もどんどん育っている。
ずらっと並ぶ苗。
この光景が好き。
満開期より好きかもしれない。
"これから"感がまんまんでいい。

rblog-20180531170625-00.jpg


rblog-20180531170625-01.jpg


今年もオーリキュラが開花してきた。
今年は少ないとやきもきしたけど、
結果的にはいつもと同じくらいの開花。

なんかこう、房咲きにならないんですよね。
せいぜい花2つまで。
どうしてなんだろう。
オーリキュラの育て方の情報があまりにも少ないので上達しないわ。
rblog-20180531170625-02.jpg

いや、それでも十分可愛いけど。

また後日写真を載せます。


面白いガーデニングブログを探しています。
ここに載せるために。
ガーデニングブログ100選

なかなか100は遠い。
ランキングに入るような人気ブログよりも、
地味でも参考になるような
ひっそりとした良いブログを!
と思ったけど
結局ランキング上位のブログは
更新頻度も内容もさすがです。
あまり拘らずに探そう。

ひとつ良いブログ見つけたけど、
イギリス在住で内容も濃くて、
おお!と喜んで何ページも読んだ。

しかし、
イングリッシュガーデンのまねっこをするのが大好きな日本人うんぬん〜
の下りでムッとする。

上から目線で少々馬鹿にした文章です。

植物が好きな人は世界中にいて
何を取り入れるかは自由なはず。

それを真似と取るか尊敬と取るのか
その人の人間性が出るのではないでしょうか。

イギリスにも盆栽を好む人がいて
それをまねっこだとは言わない。思わない。
好きになってくれて嬉しい。
そういう風に考えられないのだろうか。

それに環境が違うので
全て同じに真似るのは無理。
そこに多様性が出て独自の世界が広がるのに。






最終更新日  2018.05.31 18:57:27
コメント(0) | コメントを書く


2018.05.11
カテゴリ:2018年の庭
ちょっと晴れたから外に出てみたら強風です。

おととい庭仕事したら
愛用の小さめスコップが折れました。

ショック。ものすごいがっくり。
rblog-20180511161610-00.jpg

千円くらいの安いのだけど
小さめで使いやすくかなり気に入っていました。

なんだかすごくやる気をなくして家に逃げた。

買い直そう。それしかない。

そもそもなぜ折れたのか?
それは大きくなりすぎたギボウシを減らすため。

これは削った後。
毎年大きくなって隣のデルフィニウムが消えてしまいそうなものだから。
rblog-20180511161610-01.jpg

その前にロジャーシアも周り掘って減らした。これも増える。
まだ多いかも。
rblog-20180511161610-02.jpg


庭を作って何年か経つので
昨年秋に宿根草を整理した。
場所を取る割りにあまり咲かないもの、
好きでもないもの。

なので今年はちょっとスカスカかもしれない。

デルフィニウムが綺麗だし丈夫なのでこればっかり増やしている。
ちょっとワンパターンでつまらないかな。

こうやって色々と考えているような
考えていないような。


今日は強風でした。肥料まいても風で飛んでいきそう。何もできない。
rblog-20180511161610-03.jpg






最終更新日  2018.05.11 16:53:20
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.09
カテゴリ:2018年の庭
この前買ったフリフリのパンジー
名前もフリフリパンジー

rblog-20180509171502-00.jpg

フリフリのブリブリ。たまりません。

rblog-20180509171502-01.jpg

ちょっとお高い300円。でも買う。

パンジービオラは300円までが私の基準です。
一年草だし。
サフィニアみたいな大きく広がるものはまた少し違うけど。

これは寄せ植えに入れました。


金魚草も。こんな明るい色なかなか他にありません。金魚草は私の中だけで流行っています。
ありふれた花だけど可愛い。
rblog-20180509171502-02.jpg

rblog-20180509171502-03.jpg


パンジービオラの苗も大きくなってます。
rblog-20180509171502-04.jpg

蕾も出てる。
rblog-20180509171502-05.jpg


嬉しかった事。
タマクルマバソウがこぼれ種で出てきた。
やったー!
rblog-20180509171502-06.jpg


これは全部昨日撮ったもの。
今日は曇って気温が低くて気分が乗らないのに
愛用のスコップが折れて愕然。

やる気をなくして早々に家に入った。








最終更新日  2018.05.09 17:17:42
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.07
カテゴリ:2018年の庭
今日もそこそこ寒いです。
ちょっとだけ土起こし、施肥。

やっている間に体が暖かくなった。

ティフォシーアンティークを鉢に植え付けました。
rblog-20180506122522-00.jpg

セダムと一緒に。
あまりごちゃごちゃ植えずにティフォシーだけを楽しみたかったので、セダムだけ。


庭にはこぼれ種もあちこちで出ています。

種蒔きしていると何の芽かが判別できるのが良いです。もちろん分からないのもあるけど。

これはアストランティアの芽です。
発芽は大量にしますが、この後が難しく成長して苗にまでなる事はありません。
rblog-20180506122522-02.jpg


これはギリアネモフィラの混合。
rblog-20180506122522-03.jpg


これはデルフィニウムの芽。
rblog-20180506122522-01.jpg

昨年これを採取して苗にして育てたのがこれ。
rblog-20180506122522-04.jpg

そしてタネを飛ばした親株がこれ。デルフィニウムの中でも高性で白や紫の花を咲かせます。
rblog-20180506122522-05.jpg

背丈の高い花が欲しい時に重宝します。


こぼれ種も必要なものは苗にします。

全部こぼれ種で出たら種蒔きしなくても良いのにと思ったりします。






最終更新日  2018.05.07 16:23:02
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.25
カテゴリ:2018年の庭
越冬したジャーマンアイリス
四種くらい持っています。

これは去年も咲いて元気いっぱい。
ステアウェイトゥヘブン
rblog-20180425134610-00.jpg

昨年の写真。フリフリでした。
rblog-20180425134610-04.jpg



他のはどれも小さくて花もあまり咲きません。
咲かないから名前がわからなくなりました。
rblog-20180425134610-01.jpg


こっちは昨年一本だけ咲きました。
コナウェイブスだったかな?
rblog-20180425134610-02.jpg

花はこれです。これもフリフリ。
rblog-20180425134610-03.jpg


ウインターワルツというのもあるのですが、これは一度咲いたけど翌年咲きません。
これが一番好きなので残念でなりません。

ジャーマンアイリス水はけの良い日当たりの良いところを好みますが、
どうも植え場所が定まりません。

日当たりの差はあっても土質はどこも同じなのでそれが良くないのかな。

品種自体の強さも違う気がします。
隣に植えても片方ばかり大きくなってしまったりします。


寒さに強くて丈夫ですが
気難しい。

どうすれば良くなるのかが掴めません。
好きなのでなんとかしたい。








最終更新日  2018.04.25 17:32:18
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.24
カテゴリ:2018年の庭
今日は外に出てゴミを拾ったり
薔薇の冬囲いを外したり
少し作業しました。

薔薇がまずいことに。
たった1つのイングリッシュローズ
クラウンプリンセスマルガリータ

枝が枯れまくっている。
rblog-20180424163916-00.jpg

まずい。まずい。
枝が枯れると全然花が咲かない。

ダメなのはこうやってシワシワになっている。
回復不可能。すでに死んでいる。
rblog-20180424163916-01.jpg


2本だけなんとか生き残っているけど
あまり太くない。

今年はダメだこりゃ。


掛けたムシロがボロボロだったせいだと思います。
失敗した!
だめかなと思いつつ使ってしまった。


もうこのムシロはゴミ箱へ。

ビニール巻いてた薔薇のが元気なんですよね。
あまりよくないはずなのに。
もうビニールでいいんじゃないの。

今度はきちんとしたのを使おう。
減りに減り残ったER
これまで枯れたらもう庭が悲惨です!

秋は作業が雑になりがちだけど
本当は重要なんですよね。結果が春にくっきり現れてしまう。






最終更新日  2018.04.24 16:47:43
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.