1211045 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*種まきとガーデニング*

PR

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

庭づくり

2020.05.21
XML
カテゴリ:庭づくり
寒いです

昨日の昼の気温は4℃でした
酷すぎる…

寒いし冷たい風がピューピュー吹くのでホッケを買って干してしまった

開いてあるのを買ったので簡単!魚さばくのものすごい下手なんです


去年の庭です


腐葉土を買うと高いのでいつも入れていないのですが

作れたらなー

そう思って、調べて、一番簡単そうな雑草堆肥を去年作りました


作り方は

雑草と米ぬかと水を混ぜて袋に入れっぱなし

そこそこビチャビチャにするのがポイントです!


これが去年仕込んだ雑草堆肥。開けてみました!




茎や枝は少し残っているけど、ほぼ土に還っているよう


3ヶ月経った時点でも開けてみたけどまだまだだった。極寒地だから発酵熱が上がらないんです

一年後の今だとまあまあ。熱がなくとも時間を置けば分解されるようです

ほぼ成功?かな

枝や茎はあまり入れない方がいいかもしれませんね




色は腐葉土と同じくらいなので

庭土にすき込みましたよー

効果あるでしょうか?

前に生ゴミ堆肥(生ゴミ処理機の)を薔薇に撒いたら枯れた事があるので不安ですよー


簡単なのでまた作ります。雑草はいくらでも出るから


今日の日記
・とにかく寒い
・土起こし残りひと区画。もう少し!
・堆肥が足りない。買い出し
・越冬で宿根草消えまくる
・背の高い宿根草を前の方に移植






最終更新日  2020.05.21 16:33:44
コメント(0) | コメントを書く


2017.05.19
カテゴリ:庭づくり
毎年一度花壇に堆肥と肥料を入れて土を起こす。

今年もこの時期がやってきた。

重労働なので少しずつ・・・、と思ったけど、辛くて明日もやるのが嫌で仕方なくって昨日ほとんどをいっぺんに済ましてしまった。




ついでに薔薇の肥料と堆肥入れもやってしまった。

周りに穴掘って、堆肥と肥料入れるんだけど、これもしんどくて終わらせてしまいたかった。

やりすぎたので腰痛が怖い。
今は痛くないけど次の日か二日後に立てなくなる時がある。

ただ嫌な作業が終わったので、宿根の移動や種蒔き苗の世話などに専念できる。嬉しい。肥料袋も片付けられて見た目が少しよくなる。

ただやっぱり明日、腰が怖い。
今は左の肩と腕が痛いです。






最終更新日  2017.05.19 17:06:10
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.09
カテゴリ:庭づくり
腐って倒れたアーチの取替えで注文したアーチが届いた。

注文したのはこれ。

【アサヒペン ローズアーチ (ROA-220)】DIYツール[返品・交換・キャンセル不可]

届いたもの。
rblog-20170509204044-00.jpg


アーチの設置なんてそんなに大変じゃないと思ったら、そうでもなかった。

組み立てはともかく、腐ったアーチの土台を取り除くのが大変でした。
土台は全く腐りもせずしっかりしていた。

抑えにブロックを上に敷いていたのでどけたり戻したりもした。

完成後に写真撮ったけど隣家がはっきり写っていて載せられませんでした。


注文したのは黒い塗装がしてあったけど、白にしたかったので塗りました。

ホームセンターで買うと大きくて高くて余るのでダイソーのペンキを塗ってみた。
ダイソーのアイボリー、いい色でした。
rblog-20170509204044-01.jpg

黒の塗装があるからかノリが悪くてイマイチでしたが、近くで見ないとわからないからいいや。

1つで足りず2つ使いました。

今日はそのアーチに寝かせておいたバラの枝をくくりつけた。
これも古い枝やいらない枝をカットしながらで時間がかかった。

大した事ない作業だと甘く見ていたら大変でした。
DIYは苦手です。始めて5分でいやになります。







最終更新日  2017.05.09 20:40:47
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.17
カテゴリ:庭づくり
久しぶりの更新です。


今年は芝生をやめる事に決めた。

芝を張って10年が過ぎ、雑草が手に負えなくなったから。

芝刈りも負担でした。

手押しの芝刈り機を買ってかなり楽になったものの端は手刈りなので真夏が辛い。

雑草も芝生の間に根を張って、絶対に取りきれない。イライラする。

取りきれない根からクローバーがどこまでも広がる。花壇の真横なので除草剤も使いたくない。


疲れた。


芝生を張るのはやめた方が良いというけど、本当にそうだと思う。


何年も考えた末に、ようやく決めてレンガ敷きに替える事にした。


春から芝生を剥がし始めた。
  • IMG_7494.JPG


  • 甘く見ていたら、全然終わらない。広くもないのに。


    少しずつ剥がし6月の末にやっと終わった。


    それでやっとレンガを敷き終わった。

    レンガ代にもうびっくり。見込みが甘かった。もう少しかからないかと思ったけど意外に数が必要で、もう・・・。
  • IMG_7544.jpg


  • 家回りに防草シートを敷いて砂利を入れたりもして、先週やっと終わった。

    春に始めてこんなに時間がかかると思わなかった。お金も。
    あまり思い出さない様にしよう。お金の事は。はあ。
    ブログを更新する気力も無かった。


  • IMG_7562.JPG


  • 今年はそれで花壇の手入れがあまり出来なかった。

    今、やっと花の世話だけになってほっとしている。

    これで芝に疲れる事が無くなると思うと嬉しい。


    見た目で言うと芝生の方が好きだった。緑がある方がいい。レンガ敷きは人工的。

    でも、手入れの面で言うともう無理。疲れた。


    大きくなる木は植えるな、芝は大変だからおすすめしない。

    世間で言われている事をやっと理解できた。本当にその通りだと思います。

    人の言う事は聞くものだと反省です。









最終更新日  2018.04.18 13:34:01
コメント(0) | コメントを書く
2014.11.20
カテゴリ:庭づくり

増えすぎて困る植物の中でも色々なタイプがありますが、
こぼれ種で増えすぎるものがあります。

抜いても抜いてもあちこちから芽を出す。
いくら腹が立っても出まくるので面倒で仕方が無い。


私の庭だと、ジキタリスがひどいです。

10年も前に種蒔きして育てたジキタリスが、もう消えてしまったのに未だにこぼれ種がたくさん出てきます。

このジキタリスはアプリコットデライトという品種で、斑点のない美しい品種でした。

でも、こぼれ種で咲く花は斑点が出て、色も珍しくもないピンクになります。
はっきり言っていらない。なんで出てくるの。抜くの面倒。

芽が出たって、これは冬に保護しないと枯れてしまう。手間もかかるし、いらない。

見つけたそばから抜きます。でももう10年もたってるから勘弁してほしい。


このジキタリスは冬に枯れてしまうので、無限増殖とはならないのでまだいいのかもしれない。
枯れずに、冬越しできるジキタリス・グランディフローラは増えまくり、花を咲かせたらその近辺は何年もこぼれ種が出まくるのでこちらの方がやっかい。


こういうのってイライラして、本体も抜いてしまいたくなる。

グランディフローラは綺麗なので、思い切れなくてグズグズ残しています。


クリサンセマム・ノースポールもひどかった。
何年も出続けて、最近やっと出なくなった。10年かかった。

植えてみないとわからないので、困るんですよね。








最終更新日  2014.11.20 16:56:40
コメント(0) | コメントを書く
2014.11.14
カテゴリ:庭づくり

    木を切った後の、切り株の処理でいい方法がないかネットで探していたら、
    植えてはいけない
    という、2ちゃんねるのスレが出てきたので見てみた。

    2ちゃんねるはなんだか苦手なのであんまり見ないけど、園芸スレだとたまに有益な情報があり、何か情報を探している時にたまに見ます。

    植えてはいけない植物として、色んなものが挙げられていた。
    理由は増殖し過ぎや、虫を呼ぶなど様々です。

    ミント、ドクダミ、竹、笹、色々あるのだけど、面白いのは
    ラズベリー、キウイ、トケイソウなど。

    ラズベリーってガーデニング雑誌にも割と出てきて、
    収穫してジャムにしたりおしゃれなイメージだったのに。
    トゲは痛いし、増えまくるし、大変なのだそう。

    確かにトゲものは辛い。花でもトゲものは植えないようにしています。
    痛い目に何度もあったから、こりごり。
    アザミはトゲだらけで本当に痛かった。二度と植えたくない。

    キウイもよく伸びるみたいです。ノウゼンカズラは植えない方が良いと割と聞くけど同じような理由なのかな。
    私も先日伸びまくるハニーサックルを処理したから、つるもので生育旺盛だと疲れてくるのはわかる。

    うちで、虫を呼んで困るのは、ヒメリンゴの木です。
    花が物凄く綺麗な品種をBISESで見つけて植えたけど、アブラムシまみれになります。
    毎年びっしりついて気持ち悪いです。
    切りたくなるくらい。
    ツツジも一緒。

    私が植えてはいけなかったと思ったのは、
    ダントツにリシマキア・ファイヤークラッカー、斑入りイワミツバです。
    地下茎で増えまくり、駆逐するのが本当に大変だった。
    芍薬などの根元に出てきて抜きにくいのが困りました。
    減らそうと抜き始めたら、あちこちに張り巡らされた地下茎に腹が立って全部抜いてしまった。

    けど、これはまだまだ甘いみたいです。
    もっと駆逐が無理なものが他にたくさんあり、2ちゃんねるに挙げられていたものは抜ききれないものがほとんどで本当に大変みたいです。


    挙げられていた、植えてはいけない植物のほとんどはうちでは越冬できないものでした。
    植えたくても植えられないものが入っていたので、植えずに済んだようです。

    寒くて、植えられるものが限られてくるので暖地はいいなあと羨ましかったけど、それぞれに悩みがあるのですね。


    少し意味が違うけど、うちは寒くて越冬できないものは植えてはいけない。
    枯れるから。
    薔薇だと、植えてはいけないのはこれ。
  • IMG_7223.JPG


  • 厳重に保護しないとダメなER。

    植えてもいいのはこういうの。
    こっちはムシロさえ巻かなくて良い薔薇。
  • IMG_7329.JPG


  • 保護無しの薔薇を植えればいいけど、全く別のものだと思う。
    同じ薔薇というくくりだけど、全然違う。
    下の方を植えれば満足って訳ではないから困る。
    見た目から言えば、ERを植えたくなるんだよね。綺麗だもの。

    園芸は難しい。地域差でいちがいにこうだと言えないのが困る。







最終更新日  2017.05.08 16:20:27
コメント(2) | コメントを書く
2014.05.01
カテゴリ:庭づくり

    今日は雨。園芸は休みです。

    昨日は庭で落ち葉や枯葉を掃除しました。少し綺麗になってさっぱりです。

    抜こうと思っていた木や宿根草も整理しました。

    色が合わない、育ちが悪いなどの理由で、何年も悩んではそのままにして来たものを今年は思い切って処分します。

    ここの場所を色々変えようと思っています。
  • IMG_0515.JPG


  • 左側の紫のキャットミントは昨秋に抜きました。よく咲いて花も長くて、はじめの内は喜んでいました。ですが勢力拡大が激しく、周りに影を作り寄っかかり駆逐していくのです。しかも匂いがすごく苦手。「くさっ・・」と言いながら世話していました。

    抜いて、もう少しおとなしい宿根リナリアの紫を植えてみたいです。


    他に、手前のゲラニウムも抜きました。背の低いイエロー系の花をずっと植えたかったのです。ゲラニウムも勢力拡大が激しくて抜くのが面倒になっていました。

    右側に少しだけ見える木。白露錦も抜きました。耐寒性がギリギリみたいで、冬の度枝がほとんど枯れるし、ここの場所に植えたい色ではないのでずっと気になっていました。


    左側の黒葉の木も枝を切って減らしました。写真真ん中に背の高い花を植えているのに、この木が陰を作って育たないのです。



    今まで苗を買ったお金が勿体無い、可哀相、などの理由で処分しきれなかったのですが、私もいつまでも健康でいられるかわからないので、やれる内に好きな様にしてみたいと思うのです。

    ここ1年。口や手に変なしびれが数分出ては消えるので、いつまでも思い通りに動けないのかもしれないと思う様になりました。

    脳かと思って暗い気分で脳外科行ったけど原因もわからないしスッキリしない毎日です。

    この趣味は体が動かないと出来ないものですよね。






最終更新日  2014.05.01 14:29:37
コメント(0) | コメントを書く
2014.03.13
カテゴリ:庭づくり
今年の庭はどうしようか。

色々考えています。

今決めている事。今年は、いらないものは抜くのです。


好きだと思った花を植えても、周囲との色合わせが悪かったり、草丈が合って後方に日が当たらない、病気に弱いなど、色々問題が出て来ます。

それでもなんとなく、可哀相、勿体無い等でそのまんまにしていました。

ですが、今年こそ抜きたいと思っています。


昨秋から、抜いてしまった花もあります。このキャットミントがそうです。
  • IMG_6912.jpg


キャットミントは丈夫で花も長いし、始めの内は気に入っていたけど、大株になって他の花の生育を阻害する様になってきました。

匂いも苦手で!

春に植えたイエローのルピナスがどんどんキャットミントに寄りかかられて半分育ちが悪い状況です。低木のメギにも大きな陰を作り、刈っても刈ってもまた生えてきて、もう手に負えないのです。


他にも、色が合わない、病害虫で毎年花が見られない植物は抜いてしまうつもりです。

それで、新しい花少し入れたいと思っています。


木も少し気になっています。

大きくなって来て、根は張って花の栄養を奪うし、大きな陰を作って花に日光当たらなくなるし。剪定も面倒だし。

少し木も整理したいな。体力的に出来たら、やりたいです。







最終更新日  2014.03.13 12:29:51
コメント(0) | コメントを書く
2013.01.11
カテゴリ:庭づくり

年末からフォト蔵に保存したブログ写真を整理してまとめています。


2011の庭のページ、2回分だけ出来ました。


時間ある方、興味がありましたらご覧になってください。


2011*庭1へ
2011*庭2へ


2011年は写真が多くて、まだ続きがあります。


残りは出来次第アップします。



********************


子供の冬休みもあと少し。


塾の講習、児童館の行事など車での送迎が毎日です。


この路面凍結の時期に、怖くてしかたな〜い。


あとちょっと。


無事に終わってください。








最終更新日  2013.01.11 14:50:42
コメント(0) | コメントを書く
2012.12.14
カテゴリ:庭づくり
バラは美しい。

美しすぎて、惑わされて、

どんどん注文させられてしまう。


私が今いるのは北海道の右の方。

バラ栽培としては向かない寒い土地です。


なのに、なんとかなるかも・・とどんどん増やしてしまった。

今13種類。



そうして、しんどくなってきました。

冬は倒してムシロを掛けたり、株を堀上げて穴を掘って埋めたりと、

越冬が面倒。本当に面倒です。

春になったらそれを元に戻すのですが、バラは作業ごとに刺が痛いし、肥料代もバカにならないダッシュ



そうして育てたバラも、咲いたり咲かなかったりです。

良く咲くモノ以外、減らしたい・・・・・。


咲くものは本当に良く咲くんです。



ただ、咲かないものは本当に咲かない。

フレンチローズのアールドゥヴィーヴル。
イングリッシュローズのレディエマハミルトン、アブラハムダービー。
バタースコッチ。

以上が、特に!咲かない。

レディエマハミルトンは花がすごく好きですがあまり咲かないので、こういうひとつだけの写真ばかり。
IMG_6504



実は、昨年ロココを処分しました。

2本あって、アーチに使うつもりでしたが、寒さにも病気にも弱くてほとんど咲かないので、思い切って処分しました。


罪悪感あったけど、・・・・

すごく楽になりました。

ぐんぐん伸びといて、黒点で葉が丸坊主になり弱って咲かない年を繰り返すので、見る事自体がストレスになっていました。


もうあれを見る事も無いのが、助かりました。



アブラハムダービーも黒点に弱くて、毎年丸坊主になります。

良く咲くのはたいていこれに強いものばかり。

ピエールドゥロンサールは、寒さには弱いけど黒点に強くて少ないながらも毎年咲きます。

クラウンプリンセスマルガリータも黒点にも寒さにも比較的強いし・・・。

一昨年購入したアルバメイディランドとゴールドフィンチは保護なしで越冬できるし、良く咲きます。
ゴールドフィンチ↓
IMG_6692




アールドゥヴィーヴルに至っては、なんで咲かないのかよくわからない。

肥料も土も一緒のポールボキューズは多花性で良く咲くけど、アールドゥヴィーヴルは一本立ちなのか一つの枝にひとつだけ。

今年は花ひとつだけしか咲きませんでした。


咲かないものにバカ高い肥料を投入するのも勿体ない。



来シーズンまたまた咲かなかったら、本当に処分を考えてみよう。

気候に合わないものを選んで、残すものを考える時期に来たんだと思って。




昨日から寒いです。

家を建てて7〜8年頃から、窓が結露するようになってきました。

年々ひどくなってきて、がっかり。

周りの家を見ても、うちだけが特別ひどい気がする。

結露って、しない家は本当に全くしないらしい。

うちはそうじゃなかったって事で、ガッカリです。


毎朝起きてからの日課が、窓の結露拭き。

おかげで、夏の間よりも窓はピカピカです。



フリーページに2007年の庭写真をまとめました。

お時間あったら見てください。

こちらから。









最終更新日  2012.12.14 18:55:57
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.