1160143 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

多肉植物とサボテンの日々

綴化と石化

綴化と石化について

スーパー初心者(最近は初心者に位上げしました)の私なので「綴化と石化」について調べたことを自分なりに書きます。

□まず、綴化について。

本に寄ると園芸では、「成長点」が線になって育ったものを綴化(セッカ)と呼ぶのですが、初心者の私には「成長点」が理解できません。
それで家にあるサボテンを参考に書いてみようと思います。

玉翁綴化

これはマミラリアの玉翁です。成長点がずーーーっと続いています。
このようにグニャグニャっとした帯状になったものを綴化といいます。

玉翁綴化の花

 ↑
花が咲いた時の写真です。本来だったら頭の部分ですがこんな所にあるのです。
普通のサボテンなら直立してますよね♪

マミラリア属 玉翁 綴化のページはこちらにまとめています。


サボテンマニアになると通常形とは違ったこんな形の種類に観賞価値を感じるのですね。
私は初心者ですから手が出せません。
(この玉翁は夫の所有物で、いつ買ったんでしょうね?ずっと前から我が家にありますよ~~)


※手元にある本に寄ると、栽培は普通のサボテンと同じです。⇒多肉植物とサボテンの水やり 

 接ぎ木で増やすそうです。成長の途中で普通のサボテンになることもあるそうですよ。
 まれに花の綴化もあるそうで見たことがありません。



□次に、石化について。

石化と書いて(イシカ)と読みます。石化した状態を獅子化(シシカ)とも呼ぶそうです。
私はまだ石化を見たことがありません。本に寄ると、成長点が植物体の随所にあって不定形(コブ状、団塊状)に育ったものを石化と呼ぶそうです。
見たことがないので家にもありません。もしかしたら植物園で見ているかも?ですね。




このブログのカテゴリー「サボテン」はこちら。

「サボテン」の目次はこちら。

楽天市場で売っているサボテンはこちら。



多肉・サボテンの豆知識

多肉・サボテンの困ったときの対処法

多肉植物とサボテンの日々・TOPページ






ブログランキングに参加しております。宜しかったらポチッとお願いします。

   

有難うございました。














Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.