4251981 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

さと式 子育て(昔ながらの育児法)

布おむつのあて方(方法)とハイハイ期

布おむつのあて方(方法)とハイハイ時期の替え方について
(2005年4月の日記より・・・・・・・)


****************************************************

先日の日記のコメントで
  「布オムツってどうやってつけるの?
   今度ぬいぐるみでやり方載せてほしいじょ。
  (興味しんしん)」
とご質問がありました。

・・・ということで我が家の布オムツの付け方をご紹介します。

10000477683.jpg
赤ちゃん本舗で買ってきたドビー織りの布オムツ(輪 縫い代あり)。
これを縦に3つに折ります。
折り方なんて人さまざまです。
布オムツのあて方も母それぞれです。

使い方も洗い方も正しい方法なんてありませんのでご参考にしてください。
ちなみに、この方法は姉から伝授されたものに、私がアレンジしたものです。

10000477675.jpg
縦に三つ折りしたところ。

10000477678.jpg
更に横に二つ折り。

10000477701.jpg
二つ折りにした輪がお尻側になるように(←これポイント)
オムツカバー(西松屋で2枚780円くらい)に置いて、

10000477704.jpg 
赤ちゃんのお尻の下に

10000477712.jpg
慣れるまではこの位置取りがうまくいかずにもたつくかも・・・

10000477715.jpg
このおむつカバーは先に腰をとめるタイプ。
後で腰のテープをとめるタイプもあります。←紙おむつと同じ手順のもの。

10000477717.jpg
最後に股をとめればできあがり。

*************************************************************************

ちなみに

10000477738.jpg
うんちが出たときは、(くまちゃんさっきからかなり脱力してます)

10000477736.jpg
まずうんちを見て(基本!)、「今日も健康!!」(花ちゃんのうんちはこんな色つやです。)

10000477743.jpg
最初にうんちを隠します。
二つ折りの上の方のおむつで隠します。

10000477748.jpg
こうすると、出たうんちでお尻を汚すことなく、落ち着いてゆっくり換えられます。

10000477755.jpg 
それから、二つ折りの下の方のおむつでお尻を拭きます。

おしっこで適度に湿ってるし、温かいし、最適です。
もしお尻の広い範囲が汚れてても、
三つ折りを広げつつ、畳みつつ(笑)拭けば、
他に「おしり拭き」を使わなくてもこの布おむつだけでとっても綺麗に拭けます。

紙おむつだと、うんちが肌からなかなか取れないけど、
布なら綺麗さっぱり取れます。

おしっこで拭いてかぶれないの?と思うかも知れませんが
花ちゃんはかぶれたことありません。
私自身も、市販のナプキンを当ててかぶれたことはあっても、
自分のおしっこ(尿漏れパンツ)でかぶれたことはありません。
(そんな告白しなくていいって?)

10000477761.jpg 
あとはくるくる丸めてトイレへ。

10000477758.jpg
月齢が進んで体が大きくなったら、二つ折りの折り方で長さを調節します。

ついでに
月齢が進むとコロンコロンとレスリング選手のように寝返りが上手になって
なかなかおむつをすんなり替えさせてくれません。
はずすのはいいけど、付けるのを拒むお年頃には

10000477767.jpg
一連の手順を「お尻あっち向き」でやるとちょっと楽です。

10000477774.jpg 
膝枕で寝返りがちょっとやりにくい・・・。

10000477780.jpg
そのすきに、しゃしゃしゃっと

10000477786.jpg
はいできた!


こうすると、
10000477790.jpg
待て待て待て~とやらずに済みます。

10000477791.jpg
トレパンやズボンをはかせるときも、こっちの向きの方が楽です。


ちなみに、わたしはズボンをよく
10000477793.jpg
花の頭にかぶせます。
いろんな帽子になって面白いです(*^_^*)。



10000477801.jpg
わかった??
脱力ももおばちゃん。

(えらそうですみません(^_^;))

ホタテ家ではこんな感じです。
ご参考になれば・・・・・・

それにしても布オムツのテーマもっともっと件数伸びていいと思うんですが、、、。

                             当初更新日時 2005年04月12日 19時06分48秒



☆★☆この日記のコメントにもいろんなあて方など参考になることが書かれてます。
ぜひぜひ↑ご参考になさって下さい。





Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.