000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

まったりな、急がず焦らず 参ろうか

PR

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

~仮面ライダーキバ~

2011年01月28日
XML

【1月28日・その1】

レンタルしてきた、2008年公開の映画「仮面ライダーキバ 魔界城の王」を見ました~!


  
劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王
【送料無料】劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王 ディレクターズカット版
【送料無料】劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王【Blu-rayDisc Video】


ストーリーはこちら。。。
 人間を守る為にファンガイアと戦う紅渡=仮面ライダーキバは、文部科学省から依頼された該当地区民生委員の勧めで、高校生活を始める事となる。そんな時、ファンガイアを凌ぐ強敵レジェンドルガが現れた。
 窮地の中、渡は謎の戦士白峰天斗=仮面ライダーレイに助けられ、難を逃れる。「素晴らしき青空の会」の調査により、レジェンドルガたちが活動を開始したのは22年前に彼らのロードが復活したことが原因と判明し、渡はそれを阻止すべく過去へ飛ぶ。1986年へ辿り着いた先に、偶然自身の父紅音也と出会う。自分が息子であることを音也に信じてもらえないながらも、何とか協力してアークの復活を阻止する。しかし、渡が修正されたはずの2008年に戻ると、レジェンドルガと化した人間が襲い掛かってきた。


2008年に放送されていたTV「仮面ライダーキバ」の劇場公開版ですね。

お遊びとして前作の仮面ライダー電王からイマジンの声優さんが登場していて、それぞれ特有のおしゃべりがあって楽しめました。^^

こういうのって仮面ライダーを通しで見ている側からして楽しいのでどんどんやって欲しいですね。

ストーリーはレジェンドルガと呼ばれる新種族モンスターが敵として登場して、その総大将として仮面ライダーアークが登場しましたね。

3mを超える設定ということでどういうことなんだろうと思ってたんですが、それほど深い意味もなく・・・。

他に劇場版オリジナルの仮面ライダーレイも登場。

こちらも最後は敵となってキバにやっつけられちゃいましたね。

TV放送よりも早く、過去と現在をくっつけて音也と渡、ゆりと恵の親子どうしの共闘が見られて良かったですね。

ゆりと恵が揃ってイクサに変身するシーンとかもう最高でした。^^

最後、現在から過去に帰っていく音也とゆりがなんだか切なげでなんともいえなかったですね。


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いしますーポチっとな!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


          


『仮面ライダーキバ』関連 通販一覧








最終更新日  2011年01月28日 17時51分37秒
コメント(0) | コメントを書く


2009年08月02日

【8月2日・その1】

    

仮面ライダーディケイド VOL.1
仮面ライダーディケイド VOL.2
仮面ライダーディケイド VOL.3
仮面ライダーディケイド VOL.4


今回は響鬼の世界。

アスムがど頭から半分鬼の姿で登場してましたね~。

オリジナルの響鬼では明日夢は響鬼の弟子にはなったけど鬼には変身しなかったので、アスム変身体がとっても気になってしまいました。

ザンキさん、トドロキさんがオリジナル人物で登場でとっても嬉しかったですよ。

ディケイドは響鬼流、斬鬼流、威吹鬼流とそれぞれの流派に別れているといった設定で、それぞれ弟子がいてその弟子に鬼を引き継ぐといったストーリ展開はかなり良かったです。

ただ、魔化魍が擬人化していて迫力がなくて正直萎えてしまいました・・・。

でも最後、鳴滝が召喚した仮面ライダー王蛇が復活させた魔化魍がフルCGで登場!

その魔化魍を、アスムが変身した響鬼、轟鬼、天鬼、それに師匠たちも半分鬼になって、ディケイド、ディエンドも共演で、総勢7人のライダーで倒すのが良かったですね~。

すごい迫力~!!

ストーリー的には、牛鬼となったヒビキをアスムとディケイドが倒して、アスムは響鬼として生きていくことになって終了。

めでたく9つの世界を巡ったので、このあとのストーリーがとっても気になります。^^


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いしますーポチっとな!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


            


『仮面ライダーディケイド』関連 通販一覧








最終更新日  2009年08月03日 00時32分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年11月25日

【11月26日・その1】

アフィリを見ていたら、こちらの商品がものすごく気になりました~!!


   

『HDM創絶 仮面ライダーキバ&電王』


リアルフィギュアの食玩ですね。

前回はキバのシリーズとして、キバフォーム・ガルルフォーム・バッシャーフォーム・ドッガフォームとイクサの5種類で発売していました。

残念ながら購入していませんが、イクサだけ気になるのでそのうち近所のスーパーにでも探しに行って来ます。

今回は、キバからエンペラーフォームとライジングイクサ、電王からライナーフォームとゼロノス・ベガフォームがラインナップ。

ここでも電王人気を繁栄しているとは驚きです。

ゼロノス・ベガフォームはちょっと欲しいかも?^^

キバの2種は購入してみようと思ってますが、ゼロノスはどうしようかな・・。

来年の1月発売なのでそれまでじっくり悩もうっと。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


        


『仮面ライダーキバ』関連 通販一覧








最終更新日  2008年11月26日 01時06分52秒
コメント(0) | コメントを書く

【11月25日・その18】

キバのレビュー記事を書いたので続いてもキバの話題で・・・。

今日、出先でキバのカードダスがあったのでちょっと気になりました。

女性キャラのカードが出たらなぁ~。と思って1回だけやってみたよ。

1回100円で4枚出てくるようです。

ということで、出たカードはこちらです~。


仮面ライダーキバ

※写真がボケボケですがご容赦を・・。


レアカードで写真で一番上に写っている“紅 渡”が出ました。

あとはあんまり写ってないけど、“2008年の音也”“ライオンファンガイア”“仮面ライダーアーク”でした。

まずまずかな。^^

付属のカードリストを見ると、女性人物関連だと“麻生 恵”と“麻生 ゆり”があるのでどちらかが出てくれれば良かったですが・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


        


『仮面ライダーキバ』関連 通販一覧








最終更新日  2008年11月25日 22時53分28秒
コメント(0) | コメントを書く

【11月25日・その17】

『仮面ライダーキバ』第41話を見ました。


ストーリーはこちら。。。
 2008年。恵(柳沢なな)を襲ったショックから立ち直れない渡(瀬戸康史)。ファンガイアでも人間でもない自分に居場所はない、と引きこもりを続ける。
一方、健吾(熊井幸平)を解雇した嶋(金山一彦)は、名護(加藤慶祐)にキバの抹殺を命令。が、名護はなんとか渡を救ってやりたいと嶋に言い放つ。
 1986年。キング(新納慎也)から生き延びるには音也(武田航平)を殺せ、という命令に従うほかない。次狼(松田賢二)、力(滝川英治)、ラモン(小越勇輝)は心を鬼にして音也を殺そうとするのだが、どうしても出来ない。もはや逃げるしかない、と3人それぞれに逃げ出すが、あっさりキングに捕まってしまい、ラモンと力は彫像にされてしまう。
 2008年。すっかり以前の心を取り戻した健吾が渡を訪ねてきた。健吾はこれまでの非礼を渡に詫びると、ファンガイアの邪悪な力に負けたりしない、と説得する。が、渡はまた友達になろうという健吾をも突き放してしまう。
そして、ファンガイアとして一緒に生きようという太牙(山本匠馬)の言葉にも素直に従えない渡。ますます心は深い闇へと沈んでいき…。
 1986年。相変わらず真夜(加賀美早紀)に戦えと迫るゆり(高橋優)。イクサに変身すると、真夜もパールシェルファンガイアに変身。ついに攻撃を加える。が、そこへキングが現れ、イクサに強力な一撃を。変身を解除したゆりは逃走する。
が、今度は音也が現れた。
「おれは真夜に惚れている」。
決定的な告白をする音也。人間もファンガイアも関係ない、大事なのは真夜が自分の音楽=魂を理解したこと、自分も真夜の魂の音楽を聴いた、と魂のつながりを強調する。
 2008年。深い悩みの淵にあった渡は、母・真夜の幻影からかつての音也の言葉を聞かされていた。
「自分を信じなさい。そうすればお前の音楽が聞こえてくる…」。
そんな言葉に目が覚めた渡。久々にキバに変身、怒った太牙=サガが放ったサガの眷属(マザーサガーク)をザンバットソードでことごとく粉砕する。
 1986年。音也を殺せ、というキングの命令にも微動だにしない真夜。怒りを露にしたキングは音也の攻撃をあっさりと跳ね返し、痛手を負わせる。涙を流し音也にすがる真夜。怒りを増幅させたキングがさらに攻撃を仕掛けようとすると、次狼が捨て身でキングに襲い掛かった。「音也、逃げろ」という言葉もむなしく彫像にされてしまうガルル。
そんなキングに今度は音也の怒りが爆発した。音也は真夜の制止を振り切り、イクサに変身。キングに突進していく…。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


            


『仮面ライダーキバ』関連 通販一覧








最終更新日  2008年11月25日 22時14分52秒
コメント(0) | コメントを書く

【11月25日・その16】

『仮面ライダーキバ』第40話を見ました。


ストーリーはこちら。。。
 2008年。ビショップ(村田充)にファンガイアの力を引き出され、恵(柳沢なな)に襲い掛かったキバ。名護(加藤慶祐)の必死の呼びかけに、なんとか元の姿を取り戻した渡(瀬戸康史)だったが、人間を、恵を襲った事実を受け入れられず、再び自宅に引きこもってしまう。ショックを受けたのは恵も同様。しかし、名護はなんとか渡を心の闇から救い出そうと決意する。
 1986年。真夜(加賀美早紀)がファンガイアとわかった今、話し合うことなどない。ゆり(高橋優)は真夜に襲い掛かるが、音也(武田航平)が割って入り、なんとかその場をしのぐことに成功する。
ゆりを見逃してくれ、という音也に「あの子の命は奪わない…命よりも大切なものを奪ったから」という真夜。音也にはそんな真夜の言葉が理解できず…。
しかし、そんな2人の様子をキング(新納慎也)がしっかりと見つめていた。
そんなキングから命を狙われる次狼(松田賢二)、力(滝川英治)、ラモン(小越勇輝)。なんとか生き残ろうとする彼ら3人にキングは恐るべき条件を提示する。
「紅音也を殺せ」。
 2008年。嶋(金山一彦)から「青空の会」を解雇された健吾(熊井幸平)は処分が納得できない。
「自分は強い!」。
イクサに変身しシームーンファンガイアを圧倒するが、突如現れたビショップがスワローテイルファンガイアに変身。一気に形勢は逆転する。このままでは健吾が危ない。駆けつけた名護は携帯電話で渡に助けを求めるが、ショックから立ち直れない渡は動こうとしない。
健吾は変身を解除、素手で立ち向かった名護も打ち倒され、ついにスワローテイルファンガイアは健吾に止めを刺そうとする。
が、その一撃から救ったのはキバだった。名護と健吾の窮地を救ったキバは変身を解除、改めて名護と健吾に別れを告げる。
このままでは埒が明かない。名護は恵、静香(小池里奈)と強引に渡の自宅の中へと入るが、次々と襲い掛かる渡が仕掛けたトラップに引っ掛かり結局何も出来ないまま追い出されてしまう。
 1986年。再び真夜と顔を合わせたゆりは、背後から真夜に斬り掛かる。それをかわされたゆりはイクサに変身、激しく攻撃を加えるが、真夜は笑いを浮かべながらかわすだけ。
「あなたを殺したくないの」。
そんな真夜の言葉に怒りを増幅させるゆり=イクサだが…。
 2008年。暴れるシームーンファンガイアの前に現れた名護は満を持してイクサに変身。ファンガイアを圧倒するが、再びビショップが現れスワローテイルファンガイアに変身。イクサとの間で激しい戦いが始まる。互角に渡り合うイクサだったが、ついに太牙(山本匠馬)が現れサガに変身。一気にイクサは窮地に追い込まれる。
そんなピンチを知らせるように鳴り響くブラッディローズ。それでも渡は耳を塞いで…。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


            


『仮面ライダーキバ』関連 通販一覧








最終更新日  2008年11月25日 22時12分25秒
コメント(0) | コメントを書く

【11月25日・その15】

『仮面ライダーキバ』第39話を見ました。


ストーリーはこちら。。。
 2008年。渡(瀬戸康史)の母はかつてのクイーンの真夜(加賀美早紀)、太牙(山本匠馬)と渡は兄弟ということに。そして、渡は人間とファンガイアのハーフであることもわかった。
「これからどうやって生きていけばいいの?」。
自らの複雑な生い立ちを知り思い悩む渡の前に、突如真夜が現れた。
「お前の中には紅音也の血が流れている。それだけは忘れないで」。
ファンガイアも人間も関係ない、そんな真夜の言葉に渡はある決意を…。
 1986年。ゆり(高橋優)は真夜(加賀美早紀)を見つけると「お前に聞きたいことがある」と迫る。が、ゆりが質問をする前に次狼(松田賢二)、力(滝川英治)、ラモン(小越勇輝)が現れた。キング(新納慎也)に狙われ後がない3人はクイーンである真夜を人質にしようとしたのだ。が、真夜はパールシェルファンガイアに変身すると、あっさり3人を撃破。真夜はファンガイアだったのか…。初めて真実を知ったゆりは愕然とする。
帰宅したゆりは音也が真夜をファンガイアとわかっていながら付き合っていたことを知り大ショック。音也の頬を叩くと部屋を出て行ってしまう。
 2008年。母の言葉に決意を固めた渡は、名護(加藤慶祐)ら「青空の会」のメンバーに自分がキバであることを明らかにする。自分は人間とファンガイアの架け橋になりたい、と嶋(金山一彦)に訴えかける渡。嶋もそんな渡の意見に賛同、協力を申し出る。
しかし、嶋の真意は違っていた。
「人間とファンガイアの共存などあり得ない」。
嶋は名護らにキバの排除を命じる。キバの排除?ということは渡を…。名護も恵も納得できないが、命令には従うしかない…。
太牙からファンガイアになれ、と言われる渡。が、渡には人間を餌だという太牙の気持ちが理解できない。
「人間とファンガイアが仲良くなれば…」。
そんな渡の理想を聞いた太牙は笑いながら、絶対に無理だと否定する。
一方、深央(芳賀優里亜)は渡のもとへやってくると、太牙を倒してキングになって欲しいという。驚く渡は拒否するのだが…。
力を失った真夜に襲い掛かるファンガイアが現れた。渡はキバに変身して現場に急行。母を逃がすとザンバットソードで次々とファンガイアを倒していく。
すべてのファンガイアを消し去ったそのとき、健吾(熊井幸平)が現れイクサに変身。キバに襲い掛かると、名護、恵も特殊なライフルの照準をキバに合わせる。反撃できないキバはただやられるだけ。が、そこにスワローテイルファンガイアが現れイクサを一蹴。太牙の命令でキバのファンガイアの魂に火をつけてしまう。
たちまち邪悪なファンガイアと化してしまったキバ。そのまま恵に襲い掛かり…。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


            


『仮面ライダーキバ』関連 通販一覧








最終更新日  2008年11月25日 22時09分20秒
コメント(0) | コメントを書く

【11月25日・その14】

『仮面ライダーキバ』第38話を見ました。


ストーリーはこちら。。。
 2008年。深央(芳賀優里亜)はファンガイア、太牙(山本匠馬)もサガだったとは…。渡(瀬戸康史)がキバだったとは、とショックを受ける深央と太牙を残し、渡は走り去るとあまりの衝撃から気を失ってしまう。
次狼(松田賢二)に助けられた渡は部屋で目を覚ますが、現実から目をそらそうとして次狼に平手打ちをくらってしまう。
「現実から目をそらすな。何も問題は解決しないぞ」。
次狼は父親の魂と一緒に見ている、と言い残して去っていく。
 1986年。真夜(加賀美早紀)に惹かれていく音也(武田航平)をゆり(高橋優)は激しく責める。
「本当は望んでいるんじゃないのか?あんたの才能を愛してくれる女を!」。
ゆりは音也が止めるのもきかず、真夜と会って話をつけようとする。
 2008年。なぜ人間であるはずの渡がキバなのか。疑問を解決するため、太牙はビショップ(村田充)に勧められるまま、真夜に会いに行く。ファンガイア、しかもクイーンでありながら人間を愛した真夜を憎む太牙。
「キバを受け継いだのは誰だ!」。
激しく詰め寄る息子・太牙に真夜は父親のキング(新納慎也)の姿を重ね合わせる。
 1986年。音也の居場所を教えろと詰め寄るキングを「私の獲物だから」とかわす真夜。このときもビショップはキングに不安を口にする。そして、音也を愛してしまったクイーンは、やがては力を失い、ファンガイアに命を狙われることになると真夜に警告する。
 2008年。太牙は渡と深央を連れて真夜のもとへ。
「母さん!母さん!」。
久々の再会を喜ぶ渡。かつてクイーンとしての力を失ってしまった真夜は、渡に危険が及んではならないと一人残してどこかへと姿を消していた。
そんな過去を思い出した真夜は、ここにいてはダメ、と渡を突き放す。
ワケがわからない渡だったが、太牙の言葉で一つはっきりした。太牙も真夜の子供、ということは渡と太牙は兄弟だった…。
そして、母・真夜がファンガイアのクイーンだったことを知らされ、渡は自分もファンガイアであることをついに認識する。
「そんな…まさか…母さん…」。
「渡さんが…ファンガイア…」。
冷静な太牙とは対照的に渡も深央もショックを隠せない。
そこへ真夜の命を狙うファンガイアが現れた。真夜を守るため、渡はキバに、太牙はサガに変身。それぞれの必殺技でマンティスファンガイアが蘇らせたファンガイアたちを撃破する。
 1986年。キングは次狼の前に現れるとダークキバに変身。
「絶滅せよ」と圧倒的なパワーでガルルを追いつめていく…。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


            


『仮面ライダーキバ』関連 通販一覧








最終更新日  2008年11月25日 22時06分29秒
コメント(0) | コメントを書く

【11月25日・その13】

『仮面ライダーキバ』第37話を見ました。


ストーリーはこちら。。。
 2008年。深央(芳賀優里亜)から「私が好きなのは渡さんなんです」と告白された渡(瀬戸康史)は思わず有頂天に。が、親友の太牙(山本匠馬)のことを思うと浮かれてばかりもいられない。太牙はそんな渡に深央との結婚式の招待状を手渡し、なんとか渡をあきらめさせようとする。しかし、渡も簡単にはあきらめるわけにはいかない。珍しく強気の渡を太牙は殴りつけ、渡が無力であることを思い知らせる。
 1986年。真夜(加賀美早紀)に惹かれていく音也(武田航平)への思いを断ち切ろうとするかのように、ラットファンガイアへ強引な戦いを挑むゆり(高橋優)。音也の手からイクサナックルを奪うと、自らイクサに変身。しかし、活動限界のため変身を解除。そのまま意識を失ってしまう。ゆっくりと止めを刺そうとするラットファンガイアだったが、現れた真夜が阻止する。
「私はその女から命よりも大切なものを奪おうとしている。だから命まで奪う必要はない」。
そんなクイーン=真夜の言いつけに逆らおうとしたラットファンガイアだが、簡単にねじ伏せられてしまう。なぜクイーンが…。ラットファンガイアは怒りに震える。
 2008年。一人渡を待つ深央の前に太牙が現れた。渡=人間を愛することは破滅を意味する。太牙は深央になんとか思い直すよう説得するが…。
そのころ渡はクイーンである深央を狙うラットファンガイアと戦っていた。3体のラットの攻撃に変身を解除させられた渡。太牙と深央の目の前で、愛する深央を守るため渡として懸命に戦う。しかし、3体のラットファンガイアに一方的にやられてしまう渡。今度は太牙がサガに変身、深央を守るため3体のラットファンガイアと戦う。
ボロボロになりながらも意識を取り戻した渡の前に次狼(松田賢二)が現れた。
「もう一度チャンスをやる」。
次狼は渡を壁に刺さったザンバットソードの前に連れて行くと、力が欲しいと願いを込めて引くように命じる。
深央を守る力が欲しい。そんな思いを込めて渡がソードを引くと、なんと壁から引き抜かれた。しかし、ザンバットソードのパワーに操られる渡は、次狼らに切りかかってきた。そんな渡をおさえるため、次狼、ラモン(小越勇輝)、力(滝川英治)はガルル、バッシャー、ドッガに変身。ザンバットバットとなりソードに取りつくと、渡もソードの力を自らのものにする。
ザンバットソードを手に戦いの場に戻った渡はキバに変身、エンペラーフォームでザンバットソードを駆使し大量に発生したラットファンガイアを全滅させる。
そんなキバに戦いを挑んできたサガだが、ザンバットソードを手にしたキバのパワーに圧倒される。サガのピンチに深央が割って入った。思わずひるむキバの前で深央はパールシェルファンガイアに変身。キバに攻撃を加えると、思わずキバは変身を解除、渡に戻ってしまう。
「わ、渡さん」。
「まさか…君が…キバだったのか…」。
深央がファンガイア、それに太牙がサガ…。それぞれの正体を知ってしまった3人は声を失い、その場に立ち尽くすだけだった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


            


『仮面ライダーキバ』関連 通販一覧








最終更新日  2008年11月25日 22時03分56秒
コメント(0) | コメントを書く

【11月25日・その12】

『仮面ライダーキバ』第36話を見ました。


ストーリーはこちら。。。
 2008年。キャッスルドランに現れた謎の剣。次狼(松田賢二)によると、ファンガイアのキングが代々受け継いできた魔剣、ザンバットソードだという。ラモン(小越勇輝)と力(滝川英治)が壁に刺さったままのザンバットソードを引き抜こうとするが、うまくいかない。どうやら剣は持つ者を選ぶらしい。
クイーン・深央(芳賀優里亜)との結婚の準備を進める太牙(山本匠馬)だが、深央は太牙ではない別の男性に心惹かれていることを告白する。キングである自分ではない誰のことを好きだというのか!男の名前も告げずに深央が立ち去ると、太牙は怒りを露にする。
落ちぶれた先代のクイーン・真夜(加賀美早紀)のもとにビショップ(村田充)がやってきた。
「紅渡なる者をご存知か?」。
キバに変身できる渡を真夜と人間との間の子供ではないかと疑うビショップ。あくまでも冷静な真夜だが…。
 1986年。音也(武田航平)は完成したブラッディ・ローズを手に真夜と祝杯をあげる。真夜に言われるままに、真夜のために作った曲を演奏する音也。そんな2人をこっそり見ていたゆり(高橋優)は、怒りと悲しみをラットファンガイアにぶつける。
 2008年。太牙から相談を受けた渡は2人で深央が誰を好きなのか、探ることに。こっそり2人が様子をうかがう先には、なんと健吾(熊井幸平)と話す深央の姿が。まさか健吾が…!? 深央を前に一触即発となる太牙と健吾の間に割って入る渡。逆に渡は「友達づらをするな」と健吾に殴られてしまう。
落ち込む渡の前に次狼が現れ、ザンバットソードを引き抜けという。次狼は渡を次のキングと勘違いしたのか?必死にソードを壁から引き抜こうとする渡だが、やはりビクともしない。渡でも使いこなせないものなのか…。
深央がラットファンガイアに襲われた。深央が気を失ったことを確認すると、渡はキバに変身。ラットファンガイアを打ち倒すが、さらに2体のラットファンガイアが襲ってきた。さらに太牙が変身したサガが。
「俺は機嫌が悪い」。
互いの正体もわからず、激しく戦うキバとサガ。が、サガに押され気味のキバは巧みに戦いから逃れていく。
変身を解除し深央のもとに駆け寄った渡は、その深央から意外な言葉を聞く。
「私が好きなのは太牙さんじゃありません。私が好きなのは渡さんなんです」。
驚く渡だったが、そんな2人の様子を太牙がこっそりうかがっていて…。
 1986年。赤ん坊の太牙を抱き上げる真夜の前に、当時のキング(新納慎也)が現れた。その腰にはあのザンバットソードが…。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


            


『仮面ライダーキバ』関連 通販一覧








最終更新日  2008年11月25日 22時00分29秒
コメント(0) | コメントを書く

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.