1471042 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

まったりな、急がず焦らず 参ろうか

PR

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

~仮面ライダー剣~

2014年04月13日
XML

【5月26日・その3】

2004年1月25日から2005年1月23日までに毎週日曜朝8時からテレビ朝日系列で放送されていた「仮面ライダー剣(ブレイド)」の第16話を見ました~!!




「仮面ライダー剣」


第16話 「運命の適合者」

ストーリーはこちら。。。
 伊坂(本宮泰風)を倒した橘(天野浩成)だが、愛した小夜子(粟田麗)は帰ってこない。自分が伊坂の言いなりになどならなければ…。後悔の念を消せない橘はギャレンのベルトを烏丸(山路和弘)に返却、剣崎(椿隆之)の制止を振り切り戦いから身を引いていく。
 剣崎らの前にはそのギャレンのベルトと伊坂のマインドコントロールで烏丸が作らされたというカテゴリーAのベルトが。無邪気な虎太郎(竹財輝之助)は新しいベルトで変身したいと言うが烏丸は即座に虎太郎を制止。ベルトにはスパイダーアンデッドの邪悪な意志が潜んでいると感じているからだ。邪悪な意志…。思わず身を固くする剣崎らだが、いつしか虎太郎はカードの中でうごめくクモに取り憑かれてしまう。
 ハカランダに戻った始(森本亮治)は遥香(山口香緒里)、天音(梶原ひかり)とかつての平穏な日々を取り戻す。が、その一方で常につきまとうアンデッドの影に気を緩めることができない。しかし、天音はそんな始の真意など知る由もなく無邪気に始にまとわりつく。
 深夜、眠っていた烏丸の脇に置かれたカテゴリーAのベルトとカードを盗む者が現れた。剣崎たちがベルトを探すと虎太郎が何者かに操られるようにカードをベルトに挿入してしまう。
 「虎太郎!」
 剣崎の声に我に返った虎太郎だがベルトから現れた青白い光に引きずり込まれそうになる。剣崎が身をていして虎太郎を守るが剣崎は光の圧倒的なパワーをまともに受け弾き飛ばされる。そしてベルトはどこかへと消えてしまった。
 一人悲しみに沈んでいた橘は街でひょんなことから睦月(北条隆博)がカテゴリーAのベルトを手にするのを目撃する。ベルトの力に胸騒ぎを覚える橘。だが、睦月はスパイダーアンデッドの邪悪な意志に操られて…。
 始からアンデッドの情報を得ようと剣崎、虎太郎、栞はハカランダへ。が、そのときアンデッド出現の知らせが。剣崎は現場に急行、ブレイドに変身する。始もカリスに変身、ドラゴンフライアンデッドに立ち向かうが周囲には一般市民が。このままでは戦いに巻き込まれてケガ人が出てしまう。ブレイドはカリスを止めようとするが遥香らを人質にとるなど卑怯なドラゴンフライに怒り心頭のカリスは攻撃をやめない。そんな凶暴なカリスにブレイドは「いっしょに戦えると思ったのに。」と失望する。
 「俺は誰とも組まない。」
 あえて単独での戦いを選んだカリスがドラゴンフライを封印すると新たなライダーが姿を現した。不穏な空気に身構えるブレイドとカリス。その不安が的中、新たなライダー・レンゲルはカリスに襲いかかってきた。その圧倒的なパワーに吹き飛ばされるカリス。そしてブレイドにも…。


4人目の仮面ライダーであるレンゲルがいよいよ登場しました~!!

でも、邪悪な意志に操られているようで、変身した睦月の意志ではなく勝手に戦いに入っていった形。

果たして、このまま睦月が仮面ライダーレンゲルの装着者に納まるのかな??

トランプを意識して作られたので、TVではこの4人のライダーしか登場しないけど、今後どうやって強化タイプに変わるのかが楽しみです。^^


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いしますーポチっとな!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


          


『仮面ライダーブレイド』関連 通販一覧










最終更新日  2014年05月26日 23時28分38秒
コメント(0) | コメントを書く


2014年04月08日

【4月18日・その6】

2004年1月25日から2005年1月23日までに毎週日曜朝8時からテレビ朝日系列で放送されていた「仮面ライダー剣(ブレイド)」の第15話を見ました~!!




「仮面ライダー剣」


第15話 「運命の適合者」

ストーリーはこちら。。。
 遥香(山口香緒里)と天音(梶原ひかり)を人質にドラゴンフライアンデッドは始(森本亮治)をとある地下道へと誘い出す。「その人たちに手を出したら許さない。」始はアンデッドの誘いに応じて地下道へ。剣崎(椿隆之)らもその後を追うと現場ではカリスとアンデッドが戦いの真っ最中。カリスの指示に従い剣崎は気を失っていた遥香母子を救い出す。遅れてやってきた虎太郎(竹財輝之助)と栞(江川有未)もホッと胸をなで下ろすが遥香らを窮地に陥れた始に虎太郎は怒りを隠せない。しかし、カリスが彼らを助けたと剣崎に知らされ、その言葉を飲み込む。
 遥香母子に知られまいと遠くから剣崎らを見ていた始は剣崎から「2人のそばにいて守ってやれ。」と意外な言葉を聞かされる。驚く始は複雑な思いに揺れる。
 小夜子(粟田麗)を殺したのが伊坂(本宮泰風)であることを確認した橘(天野浩成)はギャレンに変身。ピーコックアンデッドに変身した伊坂に怒りのすべてをぶつける。「お前に勝てるわけがない。」とタカをくくっていたピーコックだったがギャレンの怒りのパワーにタジタジ。なんとか攻撃をかわし逃走する。
 剣崎らに小夜子の死を報告した橘は改めて伊坂を倒す決意を固める。「例えこの身が滅びようとも。」と言い、ふっと自嘲気味に笑う橘。小夜子が死んだことで恐怖心がなくなった・・。そんな自分が情けないと嘆く。悲しみに沈む剣崎らだったが栞は橘の底知れぬ悲しみに触れ、「小夜子さん、橘さんを好きになったこと後悔してないと思う。」とやさしい言葉をかける。そんな栞に橘も笑顔を見せて・・。
 カテゴリーAに適合すると思われる人間が新たに集められた。伊坂はマインドコントロールで支配する烏丸(山路和弘)の言葉に従い、「一番適合数値が高い」睦月(北条隆博)をライダーに変身させようとする。が、カテゴリーAのパワーの凄まじさにまたも失敗に。改めて力強さを実感した伊坂は「俺は究極のライダーを手にできる。」と満足げな笑いを浮かべる。
 始がハカランダに帰ってきた。遥香と天音に温かく迎えられ始は戸惑いを隠せない。喜ぶ天音から連絡を受けた虎太郎は始の正体がアンデッドであることを遥香らに知らせようとするが剣崎に「それで2人を悲しませるのか。」と指摘され何も出来ないジレンマに苦しむ。
 栞がアンデッドサーチャーで伊坂と思われる影を発見した。連絡を受けた橘は現場へ急行。「剣崎に伝えてくれ。余計な手出しはするな、と。」
 やはり橘は自らの死を賭けて復讐しようとしているらしい。ブレイドに変身した剣崎は橘より早く伊坂らの前に到着。が、そこで伊坂と行動をともにする烏丸を見つけてしまう。「所長!?」マインドコントロールされた烏丸はブレイドの問いかけにも反応しない。
 やがてやってきた橘は烏丸の救出をブレイドに託すと自らはギャレンに変身。いよいよ伊坂=ピーコックアンデッドとの最終決戦に臨む。
 激しい戦いの中、小夜子の懐かしい笑顔を思い出すギャレン。その一つ一つの思いがギャレンにこれまでにないパワーを与えていった。
 「俺は君が好きだった!君のことを大切に思っていた――。」
 ギャレンの思いとともに強烈な攻撃がピーコックアンデッドに炸裂。ついに伊坂=ピーコックアンデッドは倒れ、ギャレンによって封印された。


伊坂は4人目の仮面ライダーになる資格となるカテゴリーAの人間を見つけ出しました。

しかし、それに選ばれた人物・睦月もベルトには適合せずに記憶を消されて、放置されました。

そして、伊坂によって小夜子を殺されたことを知った始がギャレンに変身して伊坂が変身していたピーコックアンデッドをやっつけましたね。

伊坂が死んでも、まだまだアンデッドは居るようなんですけど、最終的にボスって誰??


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いしますーポチっとな!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


          


『仮面ライダーブレイド』関連 通販一覧










最終更新日  2014年04月18日 22時47分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年04月02日

【4月17日・その1】

2004年1月25日から2005年1月23日までに毎週日曜朝8時からテレビ朝日系列で放送されていた「仮面ライダー剣(ブレイド)」の第14話を見ました~!!




「仮面ライダー剣」


第14話 「エース封印!」

ストーリーはこちら。。。
 サーチャーに現れたアンデッドを追って現場にやってきた剣崎(椿隆之)だったが、そこで見つけたのはギャレンとピーコックアンデッドに倒された始(森本亮治)だった。剣崎は近くの山小屋へ始を運ぶと、ケガの治療をしたりおかゆを作ってやったりと介抱する。意識を取り戻した始はそんな剣崎に素っ気無い態度をとりつづけるが素直におかゆなどを食べ始める。
 連絡がとれなくなった剣崎を心配して虎太郎(竹財輝之助)と栞(江川有未)が山小屋へとやってきた。アンデッドの始を助けたことがわかったら何を言われるかわからない。懸命に隠そうとする剣崎だったがあっさりバレてしまい虎太郎から責められる。「でも、あいつは何度も天音ちゃんを助けてくれたんだし。」懸命に説得する剣崎だが虎太郎は納得できない。
 カテゴリーAが現れた。橘(天野浩成)は小夜子(粟田麗)からギャレンを再生した植物の危険性を指摘されるが闘える自分に喜びを感じている橘は耳を貸そうとしない。そんな橘にかつての優しさを取り戻して欲しい小夜子は「道ばたの花みたいにひっそりとでいい、私はあなたとそんなふうに生きていきたい。」と思いを告げる。さすがに心を痛める橘だったが振り切るように首を振ると「君とは一緒に生きられない。」と伊坂(本宮泰風)に指示されるままに現場へ急行する。
 剣崎もブレイドに変身、途中ピーコックアンデッドに邪魔されながらも現場へ向おうとするが肝心のカテゴリーAが消えてしまった。そのカテゴリーAが現れた現場で小さなクモを見つけた剣崎は山小屋へ向うと始からカテゴリーAが蜘蛛の子を吐くのは単なる習性に過ぎないことを聞き出す。ということは伊坂が適合者を見つけているかどうかもわからない。剣崎はそう答える始に親しみを感じ去っていこうとする彼に「よかったら…」と声をかける。そんな剣崎に始も「ありがとう」と珍しく礼を言い2人の間に奇妙な友情が芽生える。
 カテゴリーAが出現した。栞からの連絡を受け現場へと向う剣崎だったが一足早くギャレンがカテゴリーAと戦いを。そしてついにスパイダーアンデッドを倒すことに成功、ギャレンは伊坂から預かったカードに封印、クラブのAのカードを手にする。
 「よくやった橘、そのカードを渡してもらおう。」
 これで伊坂は新たなライダーを作る。そして、そのライダーも自分のような過酷な運命が強いられる…。橘は伊坂の命令を拒否するが例の植物の効果が失われつつあるギャレンは伊坂の敵ではなかった。ピーコックアンデッドのすさまじい攻撃をまともに受けたギャレンは橘へと変身を解除、あっさりとクラブAのカードを奪われてしまう。
 ようやく駆けつけた剣崎は橘からすべてを聞かされ、これから現れるであろう新たなライダーを思い不安を抱く。
 カリスを狙うドラゴンフライアンデッドが出現、遥香(山口香緒里)と天音(梶原ひかり)を人質にとり始をおびき寄せようとする。「やめろ、その人達に手を出すな!」怒りを露に始はアンデッドの声に引き寄せられていく。
 敗北感を噛み締める橘は今さらながら小夜子の言葉を思い出していた。「道ばたの花みたいにひっそりでいい、私はあなたとそういういふうに生きていきたい。」無理だ、俺には…。そう思った瞬間、伊坂の攻撃で傷つき倒れている小夜子を発見する。「小夜子、しっかりしろ!」懸命に助け起そうとする橘だが小夜子は「ごめんね。」という言葉を遺すとそのまま息を引き取ってしまう。「小夜子、死ぬな、小夜子、小夜子―っ。」小夜子の遺体を抱きしめる橘の悲痛な叫びはむなしく空へと響き渡った。


伊坂がカテゴリーAのカードを獲得し、いよいよ4人目のライダーが現れる準備が整いました。

そして、その4人目のライダーになる相手が偶然に剣崎と出会い・・。

そんな中、秘密を知ってしまった小夜子が伊坂に殺されましたね。

これで橘は再び伊坂に復讐を果たす目的が出来ました。

果たして、伊坂を、そして現代に蘇ったアンデッドを全滅されられることができるんでしょうか??


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いしますーポチっとな!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


          


『仮面ライダーブレイド』関連 通販一覧










最終更新日  2014年04月17日 10時04分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年03月28日

【3月28日・その29】

2004年1月25日から2005年1月23日までに毎週日曜朝8時からテレビ朝日系列で放送されていた「仮面ライダー剣(ブレイド)」の第13話を見ました~!!




「仮面ライダー剣」


第13話 「金色の糸の罠」

ストーリーはこちら。。。
 伊坂(本宮泰風)がカテゴリーAのスパイダーアンデッドで新たなライダーを作ろうとしている。なぜギャレンはそんな伊坂の手下に成り下がっているのか。ブレイドは「目を覚ましてください。」と戦いながらもギャレンに訴えかける。
 橘(天野浩成)=ギャレンを再生している植物シュルトケスナー藻の効果が一時的なものでやがては細胞や神経を破壊する危険があることが判明した。小夜子(粟田麗)からの報告に危機感を募らせる剣崎(椿隆之)。しかし、どうやって橘に・・。その小夜子も実は伊坂から「橘の邪魔をするな。」という警告を受けていたが剣崎らは知る由もない。
 新たなアンデッドが出現した。現場へ急行した剣崎だったがすでにアンデッドは人間をさらって消えた後。アンデッドが人間を殺さずにさらっていく?虎太郎(竹財輝之助)によると最近その手の事件が多くなってきたらしいがアンデッドに新たな目的でもできたのか?
 そのとき剣崎の前に始(森本亮治)が現れた。まさかお前が・・。詰め寄った剣崎に始はカテゴリーAの適合者を探す伊坂の仕業だという。最後のカテゴリーA、スパイダーアンデッドは無数のクモを吐き出し適合する資質を持った人間にくっつくらしい。伊坂に使われているアンデッドはその蜘蛛の子を目印に人間をさらっているのだ。
 再びアンデッドが現れた。狙われた睦月(北条隆博)には例のクモが。「何でだよ。なんで僕を追っかけてくるんだよ。」とそこに剣崎が到着。ブレイドに変身するとアンデッドを撃退する。剣崎は睦月の肩についていた小さなクモを払い落とし、「これでもう君は。」睦月はそんな剣崎=ブレイドに憧れを抱く。
 ブレイドがまたも適合者集めの邪魔をした。これまで捕まえた人間の中にも適合者はいないと塚田(小野了)からの報告も芳しくない。「最強のアンデッドに適合する人間などいないのか・・。」伊坂は苛立ちを募らせる。
 今日は天音(梶原ひかり)の誕生日。ささやかなパーティーに出席した剣崎、虎太郎(竹財輝之助)、栞(江川有未)だが天音の思いはいまだ始に。しかし、そんなパーティーを外からこっそり見つめる始の姿に誰ひとり気付かない。
 カテゴリーAが現れた。伊坂の命令を受け橘は封印へと向う。そして剣崎もと思いきや、もう一体街中に別のアンデッドが現れた。カテゴリーAは人気のない山中。剣崎は襲われている人間を救うためカテゴリーAではなくもう一体のアンデッドのもとへ急行する。
 ギャレンの前にカテゴリーA出現を察知した始が現れた。「お前達にカテゴリーAは渡さない。」と始はカリスに変身。ギャレンの行く手をさえぎる。しかし、そんなカリスの前にピーコックアンデッドとなった伊坂が現れギャレンとともに攻撃を仕掛ける。たちまち窮地に追い込まれるカリス。「ここがお前の死に場所だ。」苦戦するカリスにギャレンのバーニングディバイドが炸裂。カリスは崖から転落する。「天、音、ちゃん・・。」
 一瞬、微笑みを浮かべた始は微動だにしなくなった・・。


今回のアンデッドは殺さずにさらって行くという謎の行動をしています。

どうやら、伊坂の命令でカテゴリーAになる人間を探しているらしいのですが、その実態は?

どうやら、4人目の資格者を探していると思われ、それに適合した人間が第4の仮面ライダーであるレンゲルに変身するんでしょうね。

果たして、レンゲルは伊坂のものとなってしまうのか?

それとも新たな仮面ライダーとしてアンデッド封印の手助けをしてくれることになるのか??


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いしますーポチっとな!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


          


『仮面ライダーブレイド』関連 通販一覧










最終更新日  2014年03月28日 22時25分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年03月26日

【3月28日・その21】

2004年1月25日から2005年1月23日までに毎週日曜朝8時からテレビ朝日系列で放送されていた「仮面ライダー剣(ブレイド)」の第12話を見ました~!!




「仮面ライダー剣」


第12話 「カテゴリーA」

ストーリーはこちら。。。
 蜘蛛型アンデッドと戦うギャレン。「カテゴリーA(エース)は俺が封印する。」何かにとりつかれたように戦うギャレンは助太刀しようとするブレイドを邪魔者扱いし攻撃を仕掛ける。
 カテゴリーA?確かに今までのアンデッドとは比べものにならないパワーを感じるがカテゴリーAとはどういう意味なのか。そんなブレイドの疑問をよそにギャレンは伊坂(本宮泰風)の指示を受け姿を消したアンデッドを追いかけていく。
 始(森本亮治)を一人探しにきた天音(梶原ひかり)。仁(藤間宇宙)の路上ライブをテレビで見たときの記憶を頼りに探し回るが始の手がかりすら得られない。そんな天音を心配する遥香(山口香緒里)を見た虎太郎(竹財輝之助)も天音探しに協力。もしも天音の身に何かあったら‥。虎太郎はアンデッドである始に改めて怒りを覚える。
 カテゴリーA?ブレイドやギャレンはカテゴリーAから作られていたはず。ということは‥。栞(江川有未)は伊坂が新たなライダーを作ろうとしているのでは、と推理する。ならば橘(天野浩成)もその片棒を担いでいるというのか。しかし、橘が戦うのはただ自分の力を証明したいがため。その力を与えてくれた伊坂の不気味な溶液に身体を沈ませるがその溶液には実は恐ろしい秘密が隠されていた‥。
 遥香・天音母娘に思いをはせ、ふと寂しくなる気持ちを懸命に振り切る始。そんな始を挑発するように彼の目の前で一組の母娘がアンデッドに襲われかけた。2人を安全なところに隠すとカリスに変身。なんとか撃退するが母娘はカリスをアンデッドと同じ化け物扱い。さしのべた手を払いのけ、逃げていってしまう。そんな一部始終を目撃した仁はカリスが始であることを知り驚愕する。
 小夜子(粟田麗)が橘と再会した。なんとか元のやさしかった橘に戻って欲しい。小夜子は懸命に説得するが橘の耳にカテゴリーA発見の報が。自分は変わってしまったと言わんばかりに橘は小夜子の制止を振り切ると再び現れたカテゴリーAのもとへと行ってしまう。
 自ら修理した船で始とともに旅に出ようとした仁。いよいよ船の試運転を、というときにアンデッドが現れた。カリスに変身した始だったがアンデッドの攻撃で大切な仁の船に火がついてしまった。
「ふ、船が‥、俺の船が!?」
 一方、カテゴリーAのスパイダーアンデッドを相手に苦戦していたブレイドだったがそこへギャレンが合流。「カテゴリーAは俺のものだ!」とブレイドを蹴散らすとスパイダーアンデッドに戦いを挑む。ブレイドはそんなギャレンとアンデッドの間に割って入ろうとするがギャレン、アンデッド双方から攻撃されてしまう。
 アンデッドを封印した始は船を失い呆然とする仁に近づくがその仁から意外な言葉が発せられる。「来るな!お前のせいで俺の夢が…。消えてくれ。」またも人間から拒絶された始。遥香や天音、すべての人間との関係を断ち切り孤独な戦いに臨む決意をする。
 小夜子は橘を変えてしまった植物の新たな分析結果を入手した。危険を察知した小夜子は橘の携帯に伝言を残そうとするがどこからか現れた伊坂に襲われてしまう。激しくスパイダーアンデッド、そしてブレイドと戦うギャレン。彼の耳に小夜子の悲鳴など聞こえるはずもなく‥。


始はカリスであることを仁には内緒にしていたんですが、結局はバレてしまい、アンデッドとの戦いで自分の船を台無しにされたことで始を退けます。

その前には、助けた母娘から化け物扱いされ、改めて自分がカリスであることの運命を恨みます。

そんな折、橘の異変の元になった植物を調査し、その分析に成功し橘を元に戻そうとした小夜子に伊坂が襲い掛かりました。

そして小夜子は・・。

意外にもあっさりと仮面ライダーの周りの人間が殺されてしまうのが、残酷ですね。

今後もこんな衝撃な展開が続くのか?

そして、新たなライダーの登場がそろそろ‥。


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いしますーポチっとな!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


          


『仮面ライダーブレイド』関連 通販一覧










最終更新日  2014年03月28日 21時27分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年03月08日

【3月28日・その1】

2004年1月25日から2005年1月23日までに毎週日曜朝8時からテレビ朝日系列で放送されていた「仮面ライダー剣(ブレイド)」の第11話を見ました~!!




「仮面ライダー剣」


第11話 「各々の居場所」

ストーリーはこちら。。。
 正体を現しピーコックアンデッドとなってブレイドに襲い掛かる伊坂(本宮泰風)。上級アンデッドの恐るべきパワーにブレイドも苦境に追い込まれる。そこへギャレンが合流。ブレイドとともにピーコックを攻撃するかと思いきや、ギャレンは伊坂の意のままにブレイドに攻撃を仕掛けてくる。「橘さん、まさかそいつの言いなりに!?」応戦せざるを得ないブレイドだが、ギャレンの圧倒的な力に反撃もままならない。
 遥香(山口香緒里)・天音(梶原ひかり)母娘を思いながらもストリートミュージシャンの仁(藤間宇宙)と行動をともにしていた始(森本亮治)はジャガーアンデッドの気配を感知。カリスに変身しアンデッドに戦いを挑む。そんなカリスの戦いを目の当たりにした仁だが、まさかカリスが始だとは知る由もない。
 止めに入った虎太郎(竹財輝之助)の声に動揺しながらもブレイドに攻撃を加えるギャレン。「変わった、俺は変わったんだ。」みなぎる力の感覚にギャレンは一人酔いしれていた。しかし、虎太郎に割っては入られては攻撃を止めるしかない。そんなギャレンとブレイドの共倒れを狙っていた伊坂の計画は失敗。苛立ちを露にし波動を投げつけるとギャレンとともに去っていく。
 橘(天野浩成)を探しにかつてのボード研究所へとやってきた剣崎(椿隆之)は橘の恋人・小夜子(粟田麗)と再会。橘の身体に地球上から絶滅した植物がついていたことを知らされる。その植物を使って伊坂は橘を再生し操っていたのか。小夜子は植物の効用など、さらに調査を進めるという。
 ジャガーアンデッドが小夜子の近くに現れた。現場に急行した剣崎はブレイドに変身し小夜子を救う。
 その頃、別の場所では蜘蛛型のアンデッドが出現。伊坂はそのアンデッドを「カテゴリーA(エース)」と察知すると「ブレイドよりも面白い相手だ。」と、橘に特別なカードを与え現場に向わせる。
 ミュージシャンになることを父親から反対されている仁は廃船を直しての船上ライブを計画。一緒に海へ出ようと始を誘う。「俺たちだけの世界を作るんだ。」という仁の言葉にわずかに心動かされる始だが、そんな始の姿をテレビで偶然見かけた天音は一人始を探しに家を出てしまう。
 ジャガーアンデッドをみごと封印、小夜子を救ったブレイドだが、そこにギャレンが別のアンデッドと戦っているという情報が。蜘蛛型アンデッドと戦うギャレン、その現場へ向おうとするブレイド、そして仁と新たな旅へ出ようとする始。3人の若者たちはそれぞれの場所でそれぞれの運命と戦っていた・・。


伊坂に操られていたギャレンでしたが、なんとかその伊坂計画を虎太郎が阻止しました。

そして、橘の恋人・小夜子がそれを見抜きます。

そのせいで小夜子が・・、ってまだそこまで進んでないので書けませんが。ww

カリスは何故かストリートミュージシャンと共にしています。

始がカリスであることを知らない天音は、偶然見ていたTVに映った始の映像を頼りにそのストリートミュージシャンを探しに出かけてしまいましたね。

果たして、それぞれのライダーはアンデッドを再び封印することが出来るのか??


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いしますーポチっとな!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


          


『仮面ライダーブレイド』関連 通販一覧










最終更新日  2014年03月28日 15時42分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年02月25日

【3月24日・その1】

2004年1月25日から2005年1月23日までに毎週日曜朝8時からテレビ朝日系列で放送されていた「仮面ライダー剣(ブレイド)」の第10話を見ました~!!




「仮面ライダー剣」


第10話 「操られた戦士」

ストーリーはこちら。。。
 ピーコックアンデッドとの戦闘中に消息がわからなくなったギャレンが現れた。サーチャーによるとゼブラアンデッドと戦っている。橘(天野浩成)を探していた剣崎(椿隆之)は現場へと急行する。
 その頃、ギャレンは伊坂(本宮泰風)の言葉のままにアンデッドと戦っていた。「読める。相手の動きが読める。身体が軽い」。ギャレンは自らの力強い復活を感じながら、その復活を演出した伊坂に疑問を投げかける。なんの為に自分を治したのか?が、伊坂はそれには答えずどこかへと去っていく。
 分身したゼブラアンデッドに惑わされ止めを刺すことが出来なかったギャレン。橘は戦いのデータを栞(江川有未)に分析してもらい分身の見分け方を掴む。自信満々に戦いに臨む橘を見るのは久しぶり。剣崎は「一緒にアンデッドを倒しましょう。」と完全復活を心から祝福するが橘はなぜか逃げるように去ってしまう。ピーコックアンデッドとの戦いの後、どこへ行ったのかと聞いても言葉を濁すだけだった橘。恐怖心をあっさり克服したことを不思議に思う虎太郎(竹財輝之助)はそんな橘の不自然な態度にも首をかしげる。
 再び現れたゼブラアンデッドに果敢に向っていくギャレン。ブレイドも合流し助太刀しようとするが自分の身体が治ったか確かめたい、というギャレンに手が出せない。結局、ギャレンは鮮やかな攻撃でアンデッドを撃破。ゼブラは封印される。かつての橘を思い起こさせるみごとな攻撃に剣崎は大喜び。改めてどうやって恐怖心を克服したのか尋ねるが、やはり橘は「自然に治った。」と答えるだけ。さすがの剣崎も不審を抱く。
 別れたままの遥香(山口香緒里)・天音(梶原ひかり)母娘が気になる始(森本亮治)はストリートミュージシャンの仁(藤間宇宙)を使って様子を見てきてもらうことに。元気だったと報告する仁から2人との関係を聞かれた始は遥香の夫が自らの戦いに巻き込まれて死んだことを告白する。その彼から2人の写真を託されていたが彼がなぜ死ぬ間際に家族のことを思うのか、始には理解ができなかった。始の正体がアンデッドだと知る由もない仁はそんな始を不思議がるだけだ。
 牛乳ビンを片付ける剣崎と栞の前に突如伊坂が現れた。「君、もっと強くなりたいと思わないか。」どうやら橘を復活させたのも伊坂の仕業らしい、いったい橘に何を?
 伊坂の話など聞くつもりなど毛頭ない剣崎はブレイドに変身。ピーコックアンデッドに変身した伊坂に立ち向かう。
 その頃、自信を取り戻した橘は小夜子(粟田麗)を誘い改めてデートすることに。しかし、小夜子を後ろに乗せバイクを走らせる橘の耳に伊坂の不気味な声が響いてきた。「さぁ来い。私の仕事を手伝うんだ。」その言葉に抵抗できない橘は人が変わったように小夜子をバイクからおろすと一人伊坂のもとへ。あまりに突然の変化に不審を抱いた小夜子は橘の身体に付着していた不気味な植物を改めて手にとって・・。


ギャレンこと橘が伊坂によって復活しましたが、どうやら伊坂の命令に従うようにプログラムされたようで、伊坂の助太刀に・・。

それがアンデッドが居た頃の絶滅した植物を浸した溶液の中に橘を入れてとか、なんか原始的なやり方ですね。ww

そして、その植物を見つけた小夜子が待っている運命が・・。

かなり古い作品ですが、色褪せないですね~。

ドコモのdビデオで特撮がたくさん配信されているので見逃したブレイドを見ているんですが、面白いです。^^

今後の展開が楽しみ!

そして劇場版はどんな感じなのかな??


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いしますーポチっとな!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


          


『仮面ライダーブレイド』関連 通販一覧










最終更新日  2014年03月24日 22時19分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年02月21日

【2月25日・その1】

2004年1月25日から2005年1月23日までに毎週日曜朝8時からテレビ朝日系列で放送されていた「仮面ライダー剣(ブレイド)」の第9話を見ました~!!




「仮面ライダー剣」


第9話 「戦う者の運命」

ストーリーはこちら。。。
 始=カリス(森本亮治)の正体はアンデッドだった。「お前だけは許せない。」と激しい怒りをカリスにぶつけるブレイド。受けるカリスもブレイドのパワーを自らの戦いの本能と結びつけ、「貴様のような奴をこの手でブチのめしたい。」と激しく攻撃する。
 と、そこへ栞(江川有未)からアンデッド出現の連絡が。しかし、今戦っているカリスもアンデッド。手が離せないというブレイドだったが、栞から一喝され人間を襲っているもう一体のアンデッドの現場へ向う。そんなやりとりの中、始の正体がアンデッドだと知った虎太郎(竹財輝之助)は激しく動揺する。
 戦うことを放棄し小夜子(粟田麗)とデートを楽しんでいた橘(天野浩成)の前にアンデッドが出現した。「逃げよう。」という小夜子だったが、母親を襲われ涙する少女を見た橘は意を決したようにギャレンに変身。驚く小夜子を残しアンデッドに立ち向かっていく。しかし、戦い始めると例によってパワーがダウンしていき…。
 苦戦するギャレンの前にブレイドが到着した。傷ついたギャレンを庇いつつアンデッドを攻撃するブレイド。しかしアンデッドはどこかへと消えてしまった。
 橘は小夜子に自分がギャレンになるまでのことなど、すべてを告白する。恐怖心のため戦えなくなったと肩を落とす橘に小夜子は自分も医者を辞めるから南の島へ行こうと提案する。しかし、小夜子にそんなことはさせられない。橘は寂しい笑顔で「自分で解決する。」と告げると立ち去っていく。
 始の秘密を知った虎太郎は遥香(山口香緒里)と天音(梶原ひかり)に始が危険人物であることを告げに行く。が、始の失踪を心から悲しむ天音とやさしくなぐさめる遥香を前にしては本当のことが言い出せない。もしかしたら本当はいいヤツなのかも…。かつて天音を2度も救ってくれたことを思い出し懸命にそう言い聞かせる虎太郎だった。
 そのころ始は街で仁(藤間宇宙)という青年と知り合いになる。死んだ兄と始が似ているという仁は始を兄貴と呼び始める。兄が死んだ?始は仁に「家族を失うってどういう気持ちなんだ?」と迫り仁を唖然とさせる。
 橘の前に再び伊坂が現れた。「私が君の体を治してあげよう。」そんな奇妙な提案する伊坂だったが橘は言葉をさえぎるようにギャレンに変身。伊坂もピーコック・アンデッドとして正体を現しその底知れぬパワーを容赦なくギャレンに見せつける。「これが俺の、最後の戦いになるかも知れない。」ギャレンは悲痛な思いとともにアンデッドに突っ込んで行く。
 ギャレンとアンデッドが戦う現場に駆けつけた剣崎(椿隆之)だったが2人はすでに姿を消していた。「橘さーん!」懸命に探す剣崎。だが、そのころ橘は伊坂らの手によって奇妙な液体の中いた。「これでギャレンは生まれ変わる。」伊坂はそんな橘を見ながら不気味な笑みを浮かべていた。


3人目の仮面ライダーの正体が敵のアンデッドってどういうこと?

容姿からして、仮面ライダーらしく名前も仮面ライダーカリスとなっているけど、これはボードが対アンデッド用に開発した仮面ライダーシステムから誕生した仮面ライダーではないってことなのかな?

そして、ギャレンは伊坂に捕まり人体実験にされようとしていました。

果たして無事にギャレンは戻ってくることが出来るのか??


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いしますーポチっとな!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


          


『仮面ライダーブレイド』関連 通販一覧








最終更新日  2014年02月25日 07時04分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年02月16日

【2月24日・その4】

2004年1月25日から2005年1月23日までに毎週日曜朝8時からテレビ朝日系列で放送されていた「仮面ライダー剣(ブレイド)」の第8話を見ました~!!




「仮面ライダー剣」


第8話 「甦った者たち」

ストーリーはこちら。。。
 駆けつけたギャレンを加えブレイド、カリス、そしてアンデッドの4体は伊坂(本宮泰風)が見守る中、すさまじい戦いを繰り広げる。しかし、栞(江川有未)はアンデッドサーチャーでブレイドとギャレン以外の3体はアンデッドであることを確認。いったいこれはどういうことなのか‥!?
 ブレイドがコンボでアンデッドを撃破した。次なる敵はカリス、お前だ。ブレイドの挑戦にカリスも受けて立とうとするが遥香(山口香緒里)と天音(梶原ひかり)の命が危ないことを思い出す。伊坂が仕掛けた時限爆弾を処理しなければ。カリスは身を翻しブレイドの前から去っていく。
 研究所に潜入した烏丸(山路和弘)を捕らえた伊坂は研究所を爆破して逃亡を企てる。が、そこへブレイドが現れ烏丸を奪還。橘(天野浩成)とともに爆破直前、研究所からの脱出に成功する。そのころ始も遥香の店に仕掛けられた爆弾の処理に成功。しかし、遥香も天音も驚きを隠せない。なぜウチに時限爆弾が? なぜ始がその処理を? 質問責めの天音に始は言葉を失う。
 剣崎(椿隆之)らは傷ついた橘を連れて剣崎の部屋へ。「所長、俺の体は‥。」と不安を口にする橘に烏丸は「恐怖心さえ取り除けば復活する。」と言い切る。しかし、その恐怖心を取り去るのは自らの力でやるしかない。烏丸から新たな課題を突きつけられた橘は悩みが尽きない。
 そして烏丸はアンデッドと人類の関係の秘密について語り始める。1万年前、地球を支配する生物を決めるバトルが行われ人類がアンデッドに勝利。破れたアンデッドはカードに封印されていたがボードはそのカードの中にこそ人類が永遠の命を得る秘密があるとして研究していたという。そのとき栞の父の提案もありカードの封印を解いてしまったらしい。やはり父さんが‥。栞は激しく動揺するが烏丸は栞の父だけの責任ではないと慰める。
 封印が解かれたアンデッドは1万年前と同じバトルを始めた。このままでは人類が滅ぼされるだけだが、橘は臆病風に吹かれた自分には戦えない、と去っていってしまう。
 烏丸によると伊坂らの狙いは新たなライダーシステムを作ることだとか。いったい何のために? また、研究所での戦いの際、アンデッドサーチャーが確認した3体のアンデッドとは? 烏丸は伊坂もアンデッドだと推測。人間の姿をし言葉を話す上級アンデッドも存在するらしいが、ということは残る1体は!? 始の姿を思い浮かべた剣崎は怒りを露にする。
 烏丸は伊坂らの組織を潰すと白井家を後にする。そのころ橘は「普通の生活がしたい。」と小夜子(粟田麗)とデートを。しかし、そんな2人の前に新たなアンデッドが現れた。「逃げよう。」という小夜子だったがバックルを見つめながら一人葛藤する橘‥。
 一方、始を許せない剣崎は彼を見つけ出すとブレイドに変身し怒りをぶつけていく。遥香・天音母子と決別し苛立つ始もカリスに変身、ついに2人のライダーの決戦が始まろうとしていた。


アンデッドの謎が明らかにされました。

1万年前に地球を支配する生物のバトルがあり、それに人類が勝利してアンデッドはカードに封印されたとか。

その時に地球に居た知的生命体が人類とアンデッドだけだったなら、その争いがあるのは分かるけど、今現われているアンデッドが人類と争ったほどの生物には見えないんですけどね~。

それに人類が勝利したからって、その時に居たアンデッドを全部カードに封印できたんでしょうか?

地球ってかなり大きいし、その数は膨大だと思うけど。ww


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いしますーポチっとな!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


          


『仮面ライダーブレイド』関連 通販一覧








最終更新日  2014年02月24日 02時04分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年12月09日

【12月24日・その1】

2004年1月25日から2005年1月23日までに毎週日曜朝8時からテレビ朝日系列で放送されていた「仮面ライダー剣(ブレイド)」の第7話を見ました~!!




「仮面ライダー剣」


第7話 「囚われた2号」

ストーリーはこちら。。。
 謎の男・伊坂(本宮泰風)の底知れぬパワーに圧倒されるギャレン。波動攻撃をまともに浴びてしまったギャレンは変身がとけ橘(天野浩成)に戻ってしまう。とどめを刺そうと近づく伊坂。が、橘はかろうじて逃れることに成功する。
 そんな伊坂の前に始(森本亮治)が現れた。「久しぶりだな。」そんな伊坂の言葉に身構える始だが伊坂は始と組んでライダーシステムを一掃しないかと提案する。伊坂は自分たちがライダーシステムによって封印されることを恐れていた。「研究材料を手に入れた。」という伊坂に始は誘われるままに研究所へと行くと研究材料とは剣崎(椿隆之)のことだったことがわかる。
 剣崎などどうなろうと知ったことではない。その場を去ろうとする始に伊坂は遥香(山口香緒里)と天音(梶原ひかり)の店に爆弾を仕掛けたと脅す。怒りを露にする始だがとりあえずは伊坂に従うしか手はない。
 どうやらボードとは違う組織が動いているらしい。行方不明になった剣崎を探す栞(江川有未)と虎太郎(竹財輝之助)はそう言う橘に助けを求めるが、それよりも烏丸を探し出したい橘は拒否。しかし虎太郎の「人間は恐怖心や心配があるからいとおしいんだ。」という言葉に心動かされ剣崎探しに力を貸すことにする。
 そのころ剣崎は伊坂らが見守る中、アンデッドと戦わされることに。その戦う様子からブレイドのデータを集める伊坂ら。そのときブレイドが始の姿を発見した。
 「あいつ、ふざけやがって。」
 怒りをパワーに変えたブレイドの猛反撃が始まる。その数値の上昇に驚きを隠せない伊坂。とそのとき、なぜか始まで感情を抑えきれないかのようにカリスに変身。戦いの輪に加わっていく。カリスもブレイドの数値の上昇に合わせて自らの戦いの数値を上昇させていた。
 3人の戦いをアンデッドサーチャーがキャッチした。現場へ急行した橘はギャレンに変身。戦いに参加する。
 「俺に恐怖心などない!」
 ブレイド、カリス、ギャレン。3人のライダーたちとアンデッドが入り乱れた、それぞれの思いを抱えた戦いは果てしなく続くかに見えた。
 しかし、戦いの数値が下がるギャレンはアンデッドから決定的な一撃を受け橘へと戻ってしまう。その橘にゆっくりと近づくアンデッド。追いつめられた橘は‥。


アンデッドの封印を解いてしまったことでライダーシステムを開発し、アンデッドを倒すことにした組織・ボードとは違う新たな組織が登場しました。

カリスに変身する始もその組織の一員のようですですが、カリスは確かにブレイドやギャレンとは違う仮面ライダーですよね~。

果たして、彼ら3人の仮面ライダーは今後協力することはあるのかな??


人気ブログランキングへ 応援よろしくお願いしますーポチっとな!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


          


『仮面ライダーブレイド』関連 通販一覧








最終更新日  2013年12月24日 11時59分51秒
コメント(0) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.