1992385 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

在宅翻訳者のゆる~い日常

April 21, 2012
XML
カテゴリ:英語のお勉強
6年前、ムスコが中1の時、学校からもらった
中学の英語の検定教科書を見たとき、
なんじゃこりゃ?と思いました。

文法的な説明がほとんど書かれておらず、
練習問題らしい練習問題も記載されてなくて、

ただひたすら、英文が書かれているだけ。

日本語と英語は言葉の並び方(語順)が違う、
という点に全く触れずに、
いきなり、肯定文だけでなく疑問文が入った会話文が
並んでいて、

人称代名詞の変化とか、単数形・複数形とか、
それによる動詞の変化とか、過去形とか

そういう点については、見逃してしまいそうなくらい
さらっとしか触れていない。



この教科書で、中学校の先生はどういう授業をしているんだろう?

副教材とかあるのかな?

と思っていたのですが、

塾をやっている母に当時聞いたらこんな答え。

「副教材なんて何もないわよ~。
この教科書で習ってみんな英語がわからなくなっていくのよ」

と・・・(ー"ー;)


塾を潤すシステムですか?みたいな。


6年前はそんな教科書でした。


ところが、中1になったムスメが学校からもらってきた
今年度の検定教科書を見てみてびっくり。

いわゆる、昔の通りの、文法を中心に据えたテキストに変身してました。

しかも、6年前の教科書と比べると、
ずいぶん説明が丁寧でわかりやすくなっていて、
ページ数が32ページも増えています。

日本語で書かれた英文法の説明がずいぶんと懇切丁寧になり、分量も大幅増。

各単元で学習する文法ポイントもきちんと絞られていて、
テキストのページの下部にその説明が記載されています。
テキストに書かれている会話文も、そのポイントにきちんと沿っていて
逸脱部分はなし。
単元の終わりに文法的な説明が日本語でまとめられていて、
日本語と英語の違いを明記。
ポイントに沿った練習問題も掲載されており、
学習したことを応用して復習できる体裁になっています。

巻末には”重要構文復習リスト”と”Word List”(abc順)が添付。

そして、いったん絶滅した(^^;)筆記体が復活。



とてもわかりやすい教科書に変化してました。


いつ変わったんでしょう?

やっぱり、脱ゆとりが始まった今年度から・・・?

だとしたら、前の教科書を使っていた学年の子どもたちの
なんと気の毒なことか・・・。


で。やっぱりラジオ基礎英語Iに疑問が残りました。

検定教科書が、いわゆる”旧来の”教育方式に戻って、
学校では基礎的な部分からきちんと積み重ねて教えているのに、
ラジオ基礎英語Iがそれを無視していきなりわけのわからない会話文から
始まってるわけで・・・。

実は、ムスメ、基礎英語Iが若干ギブアップ気味になってきました。
キーセンテンスが長すぎて聞き取れないことが多くなってきて(汗)。
最近、そんなムスメをキッチンからこっそり見守りながら、
やってることが怪しげになってくると口を出して、
煙たがられています・・・(^^;;;)







Last updated  April 21, 2012 02:26:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
[英語のお勉強] カテゴリの最新記事


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


英玲

Favorite Blog

ものぐさ父さんの子… ものぐさ父さん
海産物問屋「きママ… きママさん
Buen Provecho ぶえ… mamuniaさん
♪pekoととーちゃんと… pekoとスマイルさん
Luna y Flor susiemikaさん

Category

Comments

 英玲@ Re[1]:地下道の通学路、再び・・・(12/07) あややさんへ コメントありがとうござい…
 あやや@ Re:地下道の通学路、再び・・・(12/07) 通りすがりですが。 お気持ちよくわかりま…
 英玲@ Re[1]:子育てを振り返る~はじめに(10/22) satukiさんへ だいぶ前にコメントいただ…
 satuki@ Re:子育てを振り返る~はじめに(10/22) こんにちは。割と初期の頃からの読者です…
 英玲@ Re[1]:年を取るとこうなるのか・・・(08/13) うぃりあむ2017さんへ 剣道!生涯スポー…

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.