1088699 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

『 こー 』は冗長系なん?

07.08/25 ウルフルズ ヤッサ07



ウルフルズ ヤッサ’07 な、な、なんと!
2007.08/25 万博記念公園(大阪府吹田市) もみじ川芝生広場


間もなく開演と言う時間に係員が慌しく動き出し、
通路を完全にフリーにする(お客さんが通路に居ない状態にする)様な誘導と規制をし始めます。
それがほぼ完了するのと同時に、可動式の「お立ち台らしきもの(イントレ1段分)」が用意されました。

開演は30分遅れて17:00、
「ヤッサ」では、会場の万博公園にちなんだ「世界の国からこんにちは」が流れると開演です☆
これも毎年定番になりました♪
今年はどんなOPになるのか・・・と思っていたら、視界の右に数人の集団・・・
良く見るとサンコンJrが歩いてくる(驚
目の前2mもない所を、客席からの歓声を受けながら通路を歩いて行き、
先ほど『こー』の左側に用意されたお立ち台に上り、客席に挨拶。
前の通路ではケーヤン(ウルフルケイスケ)が上って挨拶してるのが見えました。
そのまましばらく待っていると、向こう(通路の奥、下手の方)から歓声が聞こえてきます・・・
続いてジョン・B・チョッパー登場♪
同じくお立ち台に上がり挨拶をすると、『こー』の前を左から右へ照れくさそうに歩いていきました。
トータスはどこに居ったんやろ・・・と探してみたけど、お立ち台近辺では見つからずでした。
1つ前の通路、先ほどケーヤンが上がった所で挨拶をしてたとも、
センターステージに登場してたとも(汗


『こー』の位置から見た限りでは・・・

 
イメージ.JPG 

この様に各ブロックを前後に分ける通路、その上手・下手にそれぞれお立ち台が用意されていたらしく、
前の通路では、ケーヤンが上手→下手へ。
後ろの通路では、ジョン・Bが下手→上手へ、サンコンが上手→下手へと、それぞれ移動して挨拶してた様でした。

それぞれのお立ち台での挨拶も終わり、メンバーがステージに揃います。
お立ち台が片付けられた所で、いよいよスタートです!


情熱 A Go-Go
 OPで「Yeahー--!!」トータスが叫べば、それだけで客席はフルスロットルです☆
 今年はレーベル移籍などがあって、いつも春先から夏前までやってるツアーがありませんでした。
 アチコチのイベントなどには出てたけど、単独ではこの日が今年最初!!そして1年ぶりの「ヤッサ」!!
 溜まった気持ちをぶつける想いで最初っから盛り上がってました♪
 間奏では、トータスが「大阪ー--!!」と叫びます、それだけでも大盛り上がり☆

愛撫ガッチュー
 ノリノリな曲が続きます♪
 間奏でのメンバーソロもみんな楽しそうに弾いてました。
 曲の最後は「♪~ 愛してるぜー!大阪!愛撫ガッチュー!」で締め☆

あそぼう
 ややクールダウンを兼ねた、楽しい曲に移ります♪
 この曲を「ヤッサ」で聞くのも好きやし、サビで振り付けするのも好き。
 この日の「鼻歌」は、やや上ずった感じか(笑

1年ぶりの「ヤッサ」・・・『やっぱいいぞ~☆』ある種の安堵感♪
て何やろ?・・・年に一度と言う事で『帰って来た!!』て気持ちもあるけど、
定番曲の目白押しと言う「大きく変わらないリスト」と、これまた「大きく変わらない・・・ノリ?」
いい意味で妙な安心感があります。


MC
 「どうもありがとう、あらためましてウルフルズです。」とトータスが挨拶。
 今年もたくさんお客さんが入った事へのお礼を言い、
 連日35度越えの大阪のクソ暑い天気を「腹立つくらい良い天気で(笑」そして「ヤッサでは雨が降らない」と紹介。
 昼の炎天下から列に並んでいたお客さんを気にかけ

 ト 「言いたい事はあると思うけど、これからの何時間かは忘れて頂いて・・・
    3日後くらいに(長時間並ばされた事などを?)何かハラ立つわぁくらいに思い出して頂いて(笑」

 と笑いを誘った後に「夏の終わりを楽しみまくろう」と締めます。


花さかフィーバー
 浴衣を着たダンサーの方々が、上手・下手の花道脇から盆踊りをイメージした振り付けと共に登場、
 なかなか可愛らしい振り付けで、ちょっと見とれてました(笑

笑えれば
 野外の広い所でこの曲を聞くのが好き、ちょっと泣けてきます(涙

MC

 ト 「やっぱね、この場所は特別で・・・ここで歌うのは最高に気持ちがいいね♪」

 そして改めて客席をグルリと見渡して・・・

 ト 「後ろが書き割り(コントや舞台で使う観客の様子を絵に描いたパネルや幕)やったらイヤやなぁ(笑」
 大丈夫!『こー』も後ろの方やったけど、ちゃんと動いてるから(笑

メンバー紹介
 ト 「ギター!From高槻、ウルフルズのギター~~~・・・Mrスマイル!笑うギタリスト!ウルフルケイスケ!!」
 ケ 「ありがとう!」

 客席からは「ケーヤン(愛称)」の掛け声が飛びます。が、
 それを聞いたトータスは「やんけーやんけー(関西弁で○○やんけ)」にしか聞こえヘンな」
 と、そこで昔歌っていたと言う歌を・・・

 「♪~ おぅ!よぅ来たなワレ! まぁ、上がってかんかい!
  て、言うても飲んでいかんかいワレ~ 久しぶりやんけワレ~
  何しとったんじゃワ~レ~ 早よ上がらんけ、おんどれ何さらしとんぞ。
  やんけやんけやんけやんけ せやんけワーレー・・・ 」

 と言う「河内のおっちゃんの歌」があったらしい(おぼろげながら聞いた事あるような多分ないと思うけど・・・)
 ケ 「今日はケーヤンでもヤンケーでもいいです、ただ水分補給だけしっかりと!」

 ト 「ドラマー、Mrノースリーブ・・・今年ツアー無かったから初めて言うたな(汗)
    イベントとかで言うてもポッカーン(唖然と)されるだけやしな(笑)サンコンJr、From茨木。」
 サ 「ありがとう!今年も暑苦しい衣装で似合ってるかどうか分んないけど(笑)
    最後までゆっくり楽しんでいって下さい!」

 ト 「ベース、From吹田、超地元。問題のベーシスト(過去に脱退歴あり)ジョン・B・チョッパー。
    えと、ヤッサは5回目?4回目?」
 ジ 「5回目(ボソッと)」(ちなみにヤッサは今年で8回目になります)
 ト 「お前がサンバで入場してからそんなか!?」」
   (復帰後、最初の「ヤッサ」で地味なジョン・Bはサンバチームと一緒に入場・・・させられたんかな/笑)
   この後、話下手のジョン・Bに話を広げる様に促しますが・・・うまくいかずに強制終了でした(汗

 ト 「キーボード!熊本が生んだ偉大なキーボーディスト、伊東ミキオミッキーFrom熊本」
 ミ 「毎年出てますけど、今日も気持ちいいです!世界陸上に負けない様に頑張ります!」
  (※ この日は大阪の長居陸上競技場で世界陸上2007が開幕した日でした)

 ケ 「そしてボーカルは!、Mrソウルマン!、Mrエイエイピー!、魂揺さぶるオトコ!、トータス松本!」
 ト・客 「ティー!(右手と左手でアルファベットのTを作ります)」

そのまま曲へ・・・

 トータス(EG)→ サンコン(Dr)→ ジョンB(B)→ ミッキー(Key)→ ケーヤン(EG)と
 順番にソロを持ちまわった後で・・・


ツギハギブギウギ
 うんうん♪盛り上がる曲好き(笑

SUN SUN SUN’95
 まだまだ陽も出てたけど、そんなん関係なく声出せ!手振れ!て感じです♪
 間奏後に「海が好きだー!」のセリフを「ヤッサが好きだー!!」と叫んだトータスでした☆

 トータスが拳銃の形をしたマイクを持ってます(笑
 そしてDrがリズムを刻み、
 ト 「歌ってくれよー!大阪の大阪による大阪のための!」と言えば・・・

大阪ストラット
 この曲しかありません(笑

 曲の中盤、「♪大阪!大阪!」から続くC&Rが変わるんですけど・・・
 「♪~ 大阪!大阪!」「♪~ 万博!万博!」までは毎年お決まり、
 その後に続いたのは・・・「♪~ かき氷!かき氷!」
 去年の「♪~ ヤキソバ!ヤキソバ!」に続き、今年も食べ物でした(笑

 その後に、もう一度メンバー紹介。
 ケーヤン(EG)→ サンコン(Dr)→ ジョン・B(B)→ ミッキー(Key)
 と紹介した所で、トータスが袖に下がります。
 ここからはケーヤンが音頭を取って
 ケ 「あと1人!ウルフルズのVoを忘れてヘンかー!!」
 トータスをステージに呼び戻す為にC&Rが続きます☆
 6回目のC&Rでステージに戻ってきたトータスは、
 白のスラックス、黄色のジャケット・・・帽子かネクタイが黒のタイガースカラーの服装で登場☆

 ここでのメンバー紹介は、名前のC&R+ソロ演奏のいつもの形でしたが・・・
 10分やってた・・・長かったけど、やっぱし面白かった(笑


 ここでトータスだけがAG1本持ってセンターステージへ、
 他の3人&1人は下手側の袖へ引き上げます。


トータスの弾き語りコーナー

サムライソウル
 ハープとAGのOPに、思わず『おぉ~♪』と客席から声が漏れます。
 AGでのサムライソウル・・・カッコ良かった☆

あの娘に会いたい
 この曲も野外で歌ってもらいたい曲です。
 そして最後は、思いっきり叫んでほしい♪

ワンダフルワールド
 ちょうど夕暮れに染まる頃の万博の空、そして8月の終わり・・・トンボがたくさん飛んでる、
 毎年思うけど、何とも言えずいい光景です。
 そんなぴったりのタイミングでトータスの弾き語りコーナー、今年もちょっと感激でした☆


 ト 「どうもありがとう」
 と言う事で、トータスがセンターステージからステージ下手袖に下がるのと入れ替わり、
 今度はでミッキーがステージ上の定位置(Key)に座り「伊東ミキオです!」と挨拶、
 センターステージの転換・・・と言うか、Dr・G・Bのセッティングをしてる間の生BGMをやってしまおう♪
 という事で、時間にして4分ほど、軽やかでR&RなKeyプレイを見せてくれました☆


 ミッキーが下手袖に帰るのと入れ替えに、
 黒のスラックス+黒のドレスシャツ+白のネクタイの3人組がセンターステージに立ちます。
 見覚えがありそうな・・・いつも横と後ろに居る3人組やないんかな?

 センターステージのそれぞれのポジションに付くと・・・

テキーラ(演奏のみ)
 ノリノリの演奏で掴みはOKです!

 右のEGを弾いてる人が 「Yeahー!!3人で行きまーす!用意はいいかー!!」
 客席を煽って・・・

いっさいがっさい
 おぉ!いつもより音が厚い(笑
 そして・・・いつもより客席が盛り上がってる(汗

ニャーホホ
 途中で声が裏返ったのはご愛嬌♪

MC
 Drを叩いている人がMCをします・・・
 「こんにちはー!!ンルフルズです!!」(←「ン」を、やや声を裏返し気味に。)
 と共に、スクリーンにバンド名が大写しになると、客席は脱力&大爆笑(笑
 「皆さんの目の前で演奏できてとても光栄です。」と続きメンバー紹介へ・・・
 イチバン最初に歌ってた人で、右に居るEGを弾く人は「ンルフルケイスケ
 あくまでも、さっきまでステージに居た「ウルフルケイスケ」とは違うらしい(笑
 2番目に歌ってた人で、左に居るBを弾く人は「ヨン・B・チョッパー
 くどい様ですが、さっきまでステージに居た「ジョン・B・チョッパー」とは違うらしい(笑)
 そして後ろでDrを叩いているのは、ンルフルズのリーダー「ンコンJr
 念を押しますが、さっきまでステージに居た「サンコンJr」とは違うらしい(笑)

 メンバー紹介を終え
 「アッと言う間にンルフルズの最後の曲になっていまいました、最後は・・・あ、えと、歌ってもいいかー!!(笑」
 勢いに任せた感じで・・・

サマータイム・ブルース(Vo:ンコンJr)
 『お~・・・オトコらしい(笑』
 メチャクチャ、パワフルにDr叩きながらこの曲歌うか・・・

 歌い終わって、ンコンJrが「ありがとうございました!ンルフルズでした!」と挨拶しステージへ、
 下手袖へ下がるかと思えば、歩きながら変身してそのまま定位置に納まります(笑
 挨拶と同時にトータス・ミッキーがステージへ戻り、ステージ上には「いつもの顔ぶれ」が並びます。

MC
 「ンルフルズ」を袖から見ていてトータスが・・・
 ト 「いやぁ~・・・盛り上がってたねぇ・・・出づらかったわぁ・・・3人でエエんちゃうのん(笑」
 そしてミッキーのKeyソロでの生BGMについては
 ト 「転がす転がす(軽やかに早く弾くコトを言いたい)それにせっつかれる様に(スタッフがテキパキ)セッティングしてたわ(笑)」

 そしてここから後半です。
 ト 「毎年言うけど、この(ちょうど陽が沈みかける頃)が好きなんよ」
 客席が「シン・・・」と静まり返るのを待って歌われたのは・・・


泣けてくる
 ここで、この曲か・・・
 後ろを見れば、木々の上に少しだけ夕暮れ空の赤色、
 上の半分は星空になりかけていている。
 そして心地いい風も吹いてる・・・そんな状況、
 周りに誰も知ってる人が居なけりゃボロ泣きでしょう(泣

まいどハッピー
 前の曲の雰囲気を吹き払う様に、元気な曲☆
 サビでの「Hey!」に合せて飛ぶのも楽しい♪

 サビ後ではトータスの独唱になりました・・・
 トータスのソロにミッキーのSynが重なると、いい雰囲気になるんです。
 この日は
 「もしも辿りついたなら・・・この俺を、ウルフルケイスケを、サンコンJrを、ジョン・B・チョッパーを、ミッキーも、
  みんなを、大阪・・・導いてくれ~」
 と歌い、大きな拍手☆

 そして、このままいい雰囲気のまま終わるかな・・・と思ったら、トータスがもう1度独唱に入ります。
 「まいどハッピー~・・・まいどハッピー~~イィ~~~イィ~~~イィ~~イィ~~イイイ・・・」と
 マイクスタンドの前で顔を左右に動かし、ドップラー効果を狙っていろいろ遊んでます(笑
 すると・・・ジェット風船を膨らます様に催促。

 客席では次々とジェット風船が膨らまされていきます (ジェット風船は入場時に入口で配られます)
 ジェット風船が膨らみきるのを見計らって・・・


六甲おろし(Vo:ウルフルケイスケ = 大のタイガースファン)
 「♪~ オゥ、オゥ、オゥ、オゥ、はーんしーんタイガース!フレーフレフレフレー!!」
 で2万人分のジェット風船が飛びあがります☆
 この光景、ぜひ下から見てほしい・・・感動しますし、病み付きになります。

バンザイ
 定番中の定番曲です♪

 ト 「次は愛の歌です!歌ってくれよ大阪!! ベイベー!!アイラヴュー!!」と来れば・・・

愛がなくちゃ
 この曲です☆ C&Rがメッチャ楽しい♪
 去年に初めて[ウルフルズ]のライブに連れてった子も
 「メッチャ楽しい☆」て言うてくれた曲です(笑

ジンセイ・イン・ザ・ストリート
 この曲、久しぶりに聴きたかったー!!メッチャ嬉しいー(泣
 サビでのノリや振り付けが好き♪
 『こー』はずっとノリノリでした♪

 次の曲への繋ぎでDrがリズムを刻んでいる時に
 ト 「サンキュ!サンキュ!サンキュ!大阪!!まだまだ歌えるかー!!歌ってくれよ大阪ー!!」

サンキュー・フォー・ザ・ミュージック
 年に1度の機会には、絶対にこの曲がないと!
 こちらこそ、ありがとう音楽です。

 途中でトータスが後ろに向いて顔を拭いてる様な感じやったけど、
 ちょっと泣いてたのかな。
 他にもアチコチでちょっとだけ涙目になってるトータスやメンバーの顔が見られたのは
 間違いやないと思う。

 ト 「大阪弁の歌だ!歌ってくれ!!」

ええねん
 メチャクチャ盛り上がります、これもお目当ての曲☆
 『こー』の中では[ウルフルズ]の曲の中でTOP5に入る曲です。
 東京弁しか聞いたことがない環境で育った『こー』にとって、
 「ええねん」という大阪言葉は、
 どこか『ほっ』とする様な、『ふっ』とチカラが抜ける様な・・・
 とても不思議な響きを持った言葉です。

 この曲の最後では「ええねん!」をエンドレスでリピートするけど、
 ホンマに終わらないでずっと歌っていたいて思う。

 メチャクチャかき回した後、クールダウンする様にKeyの音が静かに流れます・・・
 ト 「ありがとう!・・・どうもありがとう!感無量です!・・・言葉が全然思いつかん。ホンマありがとう!!」

 さらに言葉が続きます・・・

 ト 「毎年毎年ここでみんなに会える事をいつも楽しみにしている、
    そして1年がアッという間に過ぎて、今日も、今日もこんなに大勢の人がウルフルズを観に来てくれて・・・
    まだまだ人気があって良かった(笑)
    どうもありがとう、最後にこの曲をみんなで歌おうぜ!!」

 ここからは続いてKeyに合せて語る感じで・・・

 ト 「決して答えはそこらじゅうにゴロゴロと落ちてはいない!
    ただ真っ直ぐ×8・・・ひたすらにひたすらに、
    走って歩いて、時には立ち止まって休んで、そしてまた走るひたすらに真っ直ぐずっと。
    答えを探して見つかった様な気になって、また違って、
    それでも真っ直ぐ×4走り続ける、そうそれがジンセイ。」

 ト 「歌ってくれるか!」
 客 「Yeah!」
 ト 「そんな気持ちを歌った俺らの歌を歌ってくれるか!!」
 客 「Yeah!」
 ト 「Oh!Yeah!」
 客 「Yeah!!」
 ト 「オーサカー!!」
 客 「Yeah!!」
 ト 「一緒に歌ってくれー!!」
 客 「Yeah!!!」

それが答えだ!
 この曲は振りが楽しい♪一緒になって踊ってると面白いし(笑
 ぜひぜひ振り付けをマスターしてライブへ来てもらいたいです☆


 最後は「オオサカー!!」とトータスが連呼し「ウルフルズでしたー!」
 ステージ下手袖に下がって行きました。

 時間は19:30頃、もみじ川で音を出す事が出来る時間は・・・あと30分です。


アンコール 1

すっとばす
 OPの「すーっとばす、すーっとばす。」のコールを聞いて
 ト 「ずっとこれだけでもエエわ(笑」
 確かに、それだけでもトランス状態で気持ちいいかも知れんけど(笑

 この曲を聴いて新快速とか特急に乗りたなるのは『こー』・・・だけか(汗

ガッツだぜ!
 そう!そうそう!!この曲がまだやった!!

 この日のトータスはステージ左右には動くものの、センターにはなかなか近づかず・・・
 なぜかジョン・Bがステージのセンターにやってきたと思ったら・・・どこからか撃たれ倒れます(笑
 そのままリフトアップ、客席の「ガッツだぜ!」の声に応えるかの様に、
 ちょこっと上半身だけ起こして蘇生、そしてガッツポーズで復活しました☆
 (詳しくは[ガッツだぜ!]のPVを見てみよう)
 盛り上げるだけ盛り上げて、下手袖へ。

アンコール 2

MC
 ト 「ありがとう!今日は長い・・・時間ありがとう!」

 そして今年はメジャーデビュー15年周年、節目の年と言う事を話し始め、

 ト 「今年もヤッサが盛大に出来て・・・本当に信じられない。」

 チケットがいつも売り切れるのを聞くと身震いするけど、それに絶対応えられる様なコンサートをしようと考えてる事。
 そして、例年以上に暑かった大阪に集まった客席に向けて、再度のお礼と

 ト 「ヤッサが(デビュー)15周年のいい締めになった」

 そしてアルバム発売を・・・する様なしない様な話をしたけど(汗

 ト 「それよりもツアーが決まってます!」

 客席からは大歓声が上がります。
 今年はツアーが無かった分、待ちに待ったツアー決定の知らせでした(嬉

 ト 「(照れ笑いしながら)嬉しい、その反応は嬉しい♪」

 そして次のシングルが出る告知と続き、次の曲へ。

 ト 「ロマンチックな気分で聞いてくれ、そして歌ってくれ!!」

いい女
 この曲もライブでは定番中の定番曲☆
 盛り上がってかき回しの演奏が続く中、トータスが下手袖に戻って行きます。

 そしてケーヤンがリードをする中、トータスを呼び戻すための「トータス」コール。
 トータスが後ろ向きになって客席からのコールに引っ張られる様にステージ真ん中に戻り
 最後を決め!

間髪入れず、Perが響きます、そしてダンサーさん再登場(今度は原始人の格好)

両方 For You
 つい2・3日前までやってた夏の甲子園のテーマでした♪
 PVを見て『サビでは同じ振り付けするのかな・・・』て思うてたら、
 ダンサーさんみんなでPVと同じ振りをリードしてました、
 大勢でやるとメッチャ楽しい(笑

 曲が終わり、最後にはお決まりのC&Rが必要です!

 ト 「俺たちはぁ~----!!」
 客 「ウルフルズー---!!」
 ト 「君たちはー---?」
 客 「お客~~~~~~!!」
 ト 「ここはー---!!」
 客・ト 「万博ー----!!」
 ト 「あーいことば(合言葉)はー!? カモーン!!」
 客 「エイ!エイ!ピー!!(A・A・P)」(←もちろん振り付きです)

 そしてウルフルズ&ミッキー+ダンサー全員がセンターステージの周りに集まりステージを見上げれば、
 花火が上がり、ヤッサは終了です。

 ダンサーさんが足早に立ち去り、ステージ上にはウルフルズ&ミッキー・・・
 よく見てみればケーヤンがボロ泣きしてる・・・だけでなく、サンコンに支えられながらじゃないと歩けないくらい。
 ちょっと心配になったけど、これは後日オフィシャルでの本人からの書き込みで

 「最高の盛り上がりに本当真っ白になって、恥ずかしながら思わず涙・・・」

 の様に書かれてました。

 そして・・・最後のセリフは??
 トータスがちょっと慌てた感じでマイクに向かい

 ト 「また見てねー---!!」

 そうそう、これがないと次に繋がりませんから♪


終演は 20:00 ピッタリでした。
丸々3時間、柵にもたれながらも立ち放しでも・・・不思議と疲れた感じがないのがヤッサのすごい所♪
それくらいノンストップなんですけどね(汗
今年はMCが短く、ほぼ全編を「歌い通した」感じがあります。
去年のも良かったけど、今年のはそれと同等か上回るか・・・と言うくらい良かったです☆

気づいた事や思い出した事があれば、ボチボチと追記するかも知れません。

『こー』


前のページ(親記事)に戻る(感想などは親記事のコメント欄などをご利用下さい。)



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.