000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

*non*の育児+通常日記(妊娠記録)

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

不妊治療

2015/05/19
XML
カテゴリ:不妊治療
久しぶりの更新です。
やはり治療に関わって無いときは
更新したいと思わないみたいで・・・。


まず、治療に関してですが。


前回のダメだったあとは
やはり気持ちが不安定だったらしく
悔しい思いや、納得出来ない気持ちが
強く働いていたため
「なるべく早く治療を!」
という焦りがあったようです。


仕事が終わり、GWをゆっくり過ごし
心境に変化があって、病院での治療は
一度、気持ちが変わらなければ
秋頃まで行わないことにします。


だからといって、何もしないわけではなく
懇意にしている薬膳のお店や気功の先生
また自分が使っているアロマやハーブなど
自然療法をメインとして
今までやってこなかったタイミングや
基礎体温のチェックなどもやっていきます。


まずは基礎体温とタイミング。
アロマとハーブは毎日使っているので
そこに薬膳や気功の知識を取り入れます。


具体的に使うものや方法が確定したら
またこちらでご案内させて頂きますね。






Last updated  2015/05/19 03:04:21 PM
コメント(0) | コメントを書く


2015/04/21
カテゴリ:不妊治療
2週間も待たずに、というか
自分がモヤモヤしたまま行動できないので
検査薬を購入し我が目で確かめました。

気持ち的にふっきれたかは分かりませんが
目で見て納得して落ち込みました。

先生の予想より一日早く18日夕方に生理開始。
落ち込んでストレスかかっただろうから
生理が遅れると思っていたのにビックリ。


今後をどうしようかと迷っていたけれど
紹介状を頂いて、2軒話しに行ってみることにします。

案としては・・・
・医大では癒着を剥離する手術が内視鏡で出来るらしい。
・有名産婦人科では採卵が出来る。


結果が出て落ち込んで、すぐに色々調べて
(これを息子の時にやっておけば良かったのに・・・)
医大に電話カウンセリングがあると知り電話したところ
「内視鏡でやる場合、癒着の場所で成功率が変わる」
「年齢的には手術よりも治療を勧める」
と言われました。

その時は「やはり採卵の一択しかないのか・・・」
とガックリきていましたが
やはり考え直して、可能性がもしあるのなら手術。


どちらにしても、一度受診してこなければ
出来るか出来ないかの確認も出来ません。
確認してもらって、出来るなら手術。
出来ないなら、すぐに採卵準備。


過去にこの可能性を考えなかったために
年齢がネックになってしまったのは残念だけど
知った情報の可能性を試さずに終わるのは
やっぱり後悔するからイヤだ。

そういう結論に達しました。


とりあえず月末は仕事がいっぱいなので
GW前に受診出来るかどうか? せめて医大は行きたい。
有名産婦人科はGW明けになるだろうか?
出来ることなら採卵をせずに手術に臨みたい。


まだ私の結論を旦那には話してないので
早く帰ってきたら気持ちを話してみようと思います。






Last updated  2015/04/21 12:28:27 PM
コメント(1) | コメントを書く
2015/04/14
カテゴリ:不妊治療
2015/04/11 ルトラール2mg 朝2錠、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。
エストラーナテープ0.72mg 2枚 おへその下に貼る。

2015/04/12 ルトラール2mg 朝2錠、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。

2015/04/13 ルトラール2mg 朝2錠、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。
エストラーナテープ0.72mg 2枚 おへその下に貼る。

2015/04/14 ルトラール2mg 朝2錠(先週6日に飲み忘れたため残っていた)
受診日。 尿検査があるため、来院したら採尿するように言われていた。
しばらく待って診察室へ。「残念ながら、結果は見られない」とのこと。

どちらに転んだとしても覚悟はしていたが
反応がなかったと聞くとショックを隠せない。
特に取り乱したりもせず、理解はしているけれど
泣きたい気持ちになるわけでもなく。
実感が沸かないというのが正直なところ。

息子の時には卵を戻す時に「絶対にこの子は来る!」
という確信が得られていたので、全然心配してなかったけど
今回はよく分からないまま戻され、終わったので・・・。


凍結卵が破棄になったため、採卵からやり直し。
現在通っている病院での採卵が9月まで再開しないため
もしすぐ再開するなら別な病院に移ることになる。
(市内でも有名な産婦人科・・・)

まさか採卵からやり直しになるとは思っていなくて
またあの大変な思いと金額がかかってくるのかと思うと
治療に二の足を踏んでしまう自分がいる。


先生の話では4~5日後に生理が来るそう。
もしも来なかったら、2週間くらいしても来なかったら。
万に一つの可能性ではあるけど妊娠の可能性も否定出来ない。
生理来てリセットだ~、と嘆く可能性が高いけど。

生理が来るまでの数日間、どうしたいか考えてみようと思う。

治療に入るまでは
「もし戻したのがダメだったり、凍結卵がダメなら諦める」
という考えだったのに、息子も「豆たん」と言って
「妹が欲しいなぁ」とか話してるのを聞いていたら
あと2年くらいしか時間はないけれど頑張ってみようかなという気持ちに。


実際のところ、治療に踏み切る覚悟が必要なのは
気持ちよりもお金の問題が大きい。

息子の時でトータル55万くらいだった気がするのです。
今は内壁の厚みとか、ホルモンバランスとか、7年前に比べて
かなり健康的な生活を送っているので、そこまで必要なくても
最低限必要な薬の摂取があるから、金額は変わらないか
むしろ、税金などの絡みもあって上がっているのではないかと・・・。

これから小学校に上がる息子を控えているのに
ここで50万以上も、結果がどうなるか分からないことに費やして
精神的にも肉体的にも経済的にも疲弊するのはどうなのか?

ただ、頑張れるとしたら年齢的にあと2年。
(あくまでも私の中で決めてるだけです)
これまでの年齢で避けてきた問題を、ここでまたスルーするのか?
それとも本腰入れて向き合ってみるのか??


今日の今日なので、感情的になっていることが否めません。
今日はなるべく他のことを考えるようにして
明日以降にもう少し真剣に考えてみようと思います。






Last updated  2015/04/14 11:59:18 AM
コメント(0) | コメントを書く
2015/04/11
カテゴリ:不妊治療
PCに触らずにいたら、あっという間に過ぎてました。
簡単に経過報告します。

2015/04/01 ルトラール2mg 朝2錠、フロモックス100mg 毎食1錠。
ルフレン配合顆粒 0.5mg 毎食1包、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。
エストラーナテープ0.72mg 2枚 おへその下に貼る。

2015/04/02 ルトラール2mg 朝2錠、フロモックス100mg 毎食1錠。
ルフレン配合顆粒 0.5mg 毎食1包、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。

2015/04/03 ルトラール2mg 朝2錠、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。
エストラーナテープ0.72mg 2枚 おへその下に貼る。

2015/04/04 ルトラール2mg 朝2錠、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。

2015/04/05 ルトラール2mg 朝2錠、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。
エストラーナテープ0.72mg 2枚 おへその下に貼る。

2015/04/06 ルトラール2mg 朝2錠、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。
4/3の夕方に残り1個の凍結卵が分裂したかの確認連絡を忘れたため
この日、午前中に電話を入れた。
残念ながらラスト1個は破棄になってしまった。
もともとグレードが2個より低かったので覚悟はしていたが残念。

2015/04/07 ルトラール2mg 朝2錠、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。
エストラーナテープ0.72mg 2枚 おへその下に貼る。

同日、通院日。
息子を送った後にすぐ病院に着いたが、結構な人数。
採血が必要だったため、30分後くらいに採血&筋肉注射。
その後しばし診察を待つ。
診察では血液検査の結果「ホルモンの状態は良いね」とのこと。
追加の薬などは出されず、これまでに出されたものを引き続きで
様子を見ていくとのこと。
とりあえずは落ち着いているのか? 安心・・・はまだ出来ない。

2015/04/08 ルトラール2mg 朝2錠、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。

2015/04/09 ルトラール2mg 朝2錠、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。
エストラーナテープ0.72mg 2枚 おへその下に貼る。

2015/04/10 ルトラール2mg 朝2錠、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。

2015/04/11 ルトラール2mg 朝2錠、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。(予定)
エストラーナテープ0.72mg 2枚 おへその下に貼る。(予定)


次の診察は4/14。
着床していたとしても、まだ何も出来ず。
とりあえず、お腹にいると信じて過ごすしかない。
アルコールはやめ、カフェインを除き、禁忌アロマのチェック。
あとは葉酸摂取と鉄分補給にいそしむかな?

アルコールを摂取しないからか?
甘いものが好きではないのに欲しくなる。
産後もずっと甘いものを欲していたので
これが妊娠の合図だったとしたら嬉しい。


あ、そうそう。
これが本当だったらスゴイなという話をひとつ。

息子に「豆たんの生まれるのはいつかな~?」と聞いたら
あまりカレンダーを覚えていない(時間の観念がまだ)のに
「12月」とものすごくアッサリ答えた。
私の計算上でも、卵を戻した時期から計算すると12月。
あまりにビンゴで驚いたので、一応日付も聞いてみた。
2015/12/21 20:56 だそうです。

もし、これが本当になったらスゴイなぁ。






Last updated  2015/04/11 04:51:44 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/04/03
カテゴリ:不妊治療
前回の記事はざっくりだったので
思い返しながら移植の詳細を書いてみます。

15:00に来院指示が出ていたため少し前に到着。
てっきり午前診療だと勘違いしていた私は
受診待ちの人数の多さにビックリ。
(勝手に午後からは手術と思い込んでました)

診察で呼ばれ、先生とお話。
と言っても「うん、これから戻すからね。」だけ。
念のため、前回気になっていた内膜の厚みなど
「大丈夫でしょうか?」と聞いてみたら
「まぁ大丈夫だから戻すんだよね。」とバッサリ。
なんか前回は初めてだったのもあるのか
もっと親身で丁寧だった気がするんだけど・・・(苦笑

ま、前回の頃は喫煙者でしたし生活リズム不規則。
飲酒ももちろんで昼夜逆転したりしてましたから・・・
そう考えると7年経った今のほうがずっと
体にいい生活してますね~。

どういい生活なのか簡単に書いてみると。

・布ナプキン愛用歴2年超
(期間4日、周期30日。前回は期間7日、周期37~60日)
・メディカルアロマ愛用歴3年超
・メディカルハーブ愛用歴3年超
・非喫煙歴6年超(前回移植日から禁煙)
・生活リズム安定(朝起きて夜寝る、普通。)
・白砂糖、甘味料をほぼ摂取しない
・食生活の変化(油脂の摂取減、加工品摂取減)

単純に体に良いのはもちろんのこと。
女性ホルモンのバランスが整うような
エッセンシャルオイルやハーブを利用したり
(オイルやハーブの事は別ブログを参照ください)
布ナプキンに替えることで大幅に変化していたり。
以前なら体に気を遣おうと考えてませんでしたが
今は少なからず、体に良いものを選ぶようになりました。


話を本筋に戻しますね。

診察まで結構待ちましたが移植時間は15:40頃でした。
診察後に看護師さんに案内されて階上へ。
移植にあたり、術着を着て下着を脱ぎ待つようにとのこと。
持ち物にショーツとナプキンと書かれてましたが
「出血なかったはず」とショーツを持たずにナプキンだけ。
が、間違いでした・・・。
術後にその場でナプキンを当てたショーツを履かされるのです。
持ってこなかった私は履いてたショーツを渡すハメに・・・(T T
「大丈夫ですよ~。」と言われましたが恥ずかしかった。

個室にはロッカーがあり、鍵がかかるようになっていて
かばんや服など、貴重品を置いておけるので安心。
着脱がラクなように当日ワンピで行ったのですが正解。
タイツとショーツを脱いだだけで、ワンピを着たまま術着着用。
手術室はかなり暖かかったですがワンピのおかげで
かなり暖かいまま移植に臨むことが出来ました。

事前に移植前はエコーで中を見るため
尿をためるように言われていました。
そのため、冷えるとピンチなのです。


いざ移植。
手術室に入る前に髪の毛をカバーします。
スリッパを履き替えて手術台へ。
両足を上げて台に乗せて寝転んだ状態で先生を待つこと数分。
「いよいよか」と思うと緊張もピーク。
足を乗せて移動する際、右腿がツりそうになったのは内緒。

先生が入ってきて「戻すからね~。」と言いつつ
お湯をかけて局部を念入りに洗浄。
(何故かというと膣錠を入れてるためカスが残るのです)
「やや痛いな・・・」と思うくらいまんべんなく洗浄される。
「終わったかな?」と思ったら一言もなく
(覚えていたので心構えがありましたが)
子宮口をつかまれました。(戻すためにね)
「えー、前は教えてくれたのに・・・」と思いつつ
久しぶりの痛みにしばし耐える。

アナウンスで「○○○○さんの移植卵(←ここ覚えてません)1個戻します。」
直後、卵を持った女性が入ってきて先生に渡す。

前回は戻す時にエコー画面がちらっと見えたんですが
今回は全然こちらに向けていなかったので分からず・・・。
(息子の時はこの画面で「着床した!」と確信したんです)

少しして「はい、終わったよ~。戻したからね。」
と言われて気が抜けました。
先生が退室すると看護師さんに拭かれショーツを履かされ
寝た姿勢のままストレッチャーに横移動するよう言われる。
そのまま個室へ運ばれベッドへ移動。
30分程度、動かず横になるように言われる。
個室に放送が入るので、その合図で着替えて降りるように言われる。

前回は30分でも寝た気がするけれど今回は眠れず。
呼ばれて着替えて待合室で待つ。
結構すぐに呼ばれて今後の指導を受ける。
4/3の16:30-17:00に残りの卵が分割出来たか
電話で確認をするように言われる。(←書いてて気づいた。忘れてた。)

4/7、4/14に通院指示。おそらく経過観察と注射。
先生との話のあと筋肉注射を肩に打たれる。
久々の採血や注射は痛い・・・。


そして前回の記事に至る、という感じでしょうか?
まとまりない文章になってしまいましたが
これからの方の参考になれば幸いです。
そして見返した時の記録になっていればいいなぁ。






Last updated  2015/04/03 08:28:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/04/01
カテゴリ:不妊治療
忘れないように記録しておきます。

2015/03/22 
エストラーナテープ0.72mg 2枚 おへその下に貼る。

2015/03/24 指示通り、同テープを2枚 貼り換え。

2015/03/26 指示通り、同テープを2枚 貼り換え。

2015/03/28 
来院するよう指示があったので病院へ。

内診し、子宮内膜の厚みをチェック。多分8.3mm。
「うん、大丈夫だね。じゃあ31日に戻すから」
「はい、31日・・・31? 3日後ですか??(焦」
というわけで戻すことに。
確か採血と注射もあった気がする。

同日 指示通り、同テープを2枚 貼り換え。
ルトラール2mg 朝2錠、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。

2015/03/29 ルトラール2mg 朝2錠、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。

2015/03/30 指示通り、同テープを2枚 貼り換え。
ルトラール2mg 朝2錠、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。

2015/03/31 ルトラール2mg 朝2錠。
15:00 病院へ。血液検査後、診察。
15:40 凍結卵を1個移植。
凍結卵が残り1個あるため、卵が分裂していくか確認し
再凍結するか、破棄するか?が4/3に分かるとのこと。

同日 フロモックス100mg 毎食1錠、ルフレン配合顆粒 0.5mg 毎食1包。
プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。
抗生物質は移植したため、2日分。

2015/04/01 ルトラール2mg 朝2錠、フロモックス100mg 毎食1錠。
ルフレン配合顆粒 0.5mg 毎食1包、プロゲステロン膣錠500mg 夜1回。(予定)
エストラーナテープ0.72mg 2枚 おへその下に貼る。(予定)


とりあえず、妊娠してるか分かるまで
ややしばらくかかることが分かっているので
妊娠したていで、アルコール、カフェインを避ける。

今まで毎日飲酒して寝ていたため
昨晩は全く寝付けず、今日はかなり寝不足です。
経過報告のみになってしまいそうですが
随時、報告していきたいと思います。






Last updated  2015/04/01 05:34:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/03/22
カテゴリ:不妊治療
2年以上ぶりの記事です。
久々すぎて楽天ブログの書き方を忘れてます(汗

過去に書き続けた長男ももう5歳。
今春、年長さんになり来年には小学生。
出産後、本当にあっという間の5年間でした。

その間に自分の仕事を始め、がむしゃらに走り
なんとか軌道に乗ってきた現在。
ずっとどうしようかと迷いつつ
延び延びにしてきた治療を再開します。

息子の時には妊娠してからの記事しか載せてなくて
肝心の治療に関してを残してませんでした。
そのため、7年?ぶりの治療再開にあたり
全くもって覚えていなくて若干のとまどいが・・・。

この経験を生かし、今回は治療から書いていきます。
(とはいえ、頻繁に更新は出来ないかも)

始まったばかりなので、時系列で書いていきますね。

2015/02下旬 凍結卵の保管期限が来たため病院に行く。
治療再開希望の旨を伝え、前回との変更点などの説明を受ける。
年齢も高齢にあたるため、戻せる卵の個数を増やせることや
市の助成内容や金額の変更などについても話を聞く。
次回、生理2日目に来院するように言われる。

2015/03/16 治療再開 ~投薬開始~ 
エストラーナテープ0.72mg 2枚 おへその下に貼る。

2015/03/18 指示通り、同テープを2枚 貼り換え。

2015/03/20 指示通り、同テープを2枚 貼り換え。

2015/03/22 指示通り、同テープを2枚 貼り換え。(予定)


とまぁ。特に変わったことはありませんね。
変わったといえば、助成の内容などの変更でしょうか?

私の地域では体外受+精などの場合
1回の治療につき(採卵から始める場合)150,000円の助成
(凍結卵からの場合)75,000円の助成があります。

前回の治療時は採卵からで100,000円の助成だったのが
途中で助成金が上がり、差額の50,000円も頂くことが出来ました。
当時は凍結卵からの場合でも同額だったと思います。

それが2年ほど前に市からの案内が届き
上記のように凍結卵からの場合は半額に減額されました。
その頃にも戻そうかと迷った時期があったのですが
仕事のこともあり、息子も3歳で大変だったことも重なって
治療を見送ることになりました。


また、前回は年齢が30歳そこそこだったので
受+精卵を戻すのも1個からだったのですが
今回は高齢にあたるので2個から戻せるとのこと。
(逆算すれば分かりますが、あえて伏せますw)
いくつ戻すかは、次回受診までに決めておいて欲しいとのこと。

奇跡的にとはいえ、息子が一度で妊娠に繋がったので
今回も1個で戻そうと考えています。
万が一、2個戻して双子ちゃんになったことを考えると
高齢母の体力的に厳しいかなと思いました。
(あとは一人でも持て余しているのに乳児2人は・・・)

今度は息子もいるので、妊娠出来たとして
入院や産後などの環境も変わってくるので
まずは妊娠してからかなと思い考えていません。

正直なところ、一人育てているけれど
妊娠中のことや当時の不安などは
記録を読み返さないと覚えていません。
しかも、当時は身一つだったのでかなり楽観的でした。
今度は息子がいて、自分の仕事もしているので
どこまで心穏やかに過ごせるか・・・?

ま、それもまず妊娠しなければ始まりませんが。


と言うわけで、治療再開の報告でした。






Last updated  2015/03/22 01:02:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/10/15
カテゴリ:不妊治療
タイトル通り、不妊治療について書きます。
私があまり楽天ブログをよくわかってないからなのか
不妊治療についてのカテゴリを検索出来ませんでした雫
あったらテーマ違いで申し訳ないのですがこちらのテーマ
で投稿させてもらいます。

『不妊治療』私の場合

一口に不妊治療と言っても個人の理由によって治療内容は
変わります。
まずは、何が原因なのかを突き止める必要があります。
私の場合はまず「排卵してるか」「筋腫とかないか」
「性+病ないか」「詰まってないか」などの検査をしました。
これらの検査は、普通の産婦人科病院でも調べることが出来ます。
私は当初(現在もですが)出産希望の病院で調べることにしました。

星「排卵してるか」
これは基礎体温と血液検査(多分)で調べます。
内診もありますね。内壁が厚くなってきてるか調べるはず。
生理が来てても「無排卵月経」とかもあるのでまずは基礎体温を
つけてグラフを確認しておいたほうがいいです。
受診するときに持っていくとその後わかりやすくていいかも。でも面倒。

星「筋腫とかないか」
これも内診するはず。私は全然なかったので覚えてません。
性+行為あるなしに関わらず、生理痛が酷い人や出血が多い人は
婦人科で見てもらった方がいいです。私の周りでもいっぱいいます。
(例:1ヶ月に2回3日程度の生理で量がハンパなく多い)
早めに治療しておかないと将来子供を望めなくなる可能性もあるので
怖がらずに受診してもらいたいです。
年齢も関係ないので若い人も30代以降の人も早めの受診を。

星「性+病ないか」
これは妊娠希望の場合、子供に影響ある病気もあるので調べます。
また、クラミジア等不妊になる可能性のある病気もあります。
まぁ、性+交渉がなくてもなる性+病もあるので調べて損はないです。
(女性は抵抗力が落ちたりするとカンジダとかなりやすいです)

星「詰まってないか」
上記のことの他に女性は卵管が詰まってないか確認します。
方法としては「通水テスト」「卵管造影検査」の2種類あります。
通水はそのまま水を通すことで簡単な詰まりなら取れます。
造影はバリウムのようなものを水と同じように通してX線(?)で
詳しく調べます。両方かなり痛いです失敗子宮口掴まれます。

私が治療してみようと思ったのは友人から
「友達が水通してすぐ妊娠した」という言葉を聞いたからです。
年齢が年齢なのでぐずぐずしてられないってのもあったかな。
その時点で結婚して半年過ぎたくらい。

と、まぁ上記の産婦人科での検査をして「詰まってないか」で
引っかかりました。
「非常に卵管が狭い」そうで「ピックアップ障害」らしいです。
簡単に言うと「卵管狭すぎて受精できないよ」ってなカンジです。
(多分。間違ってるかも・・・雫
「卵管造影検査」までは普通の産婦人科で出来ますが、そこから先と
なると、地域によっても違うと思いますがこちらでは専門医に通う必要
がありました。ちなみに私の地域では有名なトコが2ヶ所。


で、紹介状をもらって専門病院に行った所「体外受精だね」
と言われました下向き矢印
治療でよく聞くのが「人工授精」と「体外受精」だと思います。
やってないことに関してはわからないので「体外受精」について
だけ書いていきたいと思います。


『体外受精』の簡単な流れは

卵子を作る→卵子を採取→精+子を採取→受精→胚移植→着床

星「卵子を作る」
これが一番大変でした。何が大変って卵子をいっぱい採るために
生理4日目(多分)以降から毎日点鼻薬を使用するのと、途中からは
毎日筋肉注射を打っていきます。あの痛いのを毎日ですよ。

星「卵子を採取」
痛い注射の最終日あたりに(採取の前日というか薬の範囲内の時間)
排卵を強制する別の注射をします。採卵の時間に合わせて注射を打つ
ので、私は午後イチの採卵で前日の夜10時くらいに打ちました。
卵子の採取前はエコーでよく見えるように尿を貯めておきます。
前日の夕飯(だったかな?)あたりから絶食になります。
静脈麻酔して、卵巣に針を刺して卵胞ごと卵子を採取します。
私の場合、右の卵巣を内臓が邪魔して左側からしか採れません
でした涙ぽろり
ちなみに終了後も1hほど動けず(動いたらダメ)空腹すぎて吐きました。

星「精+子を採取」
卵子の採取の少し前に採取します。当日の朝に自宅で採精しても
いいし、病院で採精してもいいです。
うちは旦那に病院で採ってもらいました雫

星「受精」
採卵、採精して何日かして電話で受精したか確認します。

星「胚移植」
受精卵を子宮に戻します。
これにはいくつか方法がありますが、うちは一度凍結して内膜の
厚みを見て戻しました。すぐ戻す人もいます。
この時も毎日注射して(内膜を厚くするため)毎日薬を飲んでました。
この注射も痛い注射で筋肉注射な上に液がどろっとしてます。
打った側の腕がしばらくあげられないくらいの痛みでした。
戻すときも尿を貯めておきます。食事は忘れました。
戻す際は痛みは全くありませんので麻酔はないです。
戻した後も動かないように1hほど横になっています。

星「着床」
着床したかどうか4週間後くらいに検査します。多分尿検査?
着床を確認するまでの間も薬の内服と膣座薬をしてます。
着床確認後、胎のうを確認したら元の産婦人科に戻りました。

以上の期間で、採卵→凍結→肺移植までの流れで大体350k。
その間の注射、投薬は1回につき大体6k~10k程度。期間は約半年。
トータルで約500k~600kになります。終了までの期間は約1年。
地域と病院によっても違うかと思いますが、大体流れだけの金額の倍
くらいかかると思ってもらったらいいと思います。
それに病院まで行くのにお金がかかる場合もあるので・・・雫


ちなみに、長くなるので省略してしまいましたが、もちろん男性側にも
問題がないかどうかは確認します。
まず「精+液検査」を行って、異常がある場合はさらに進んで検査する
というカンジです。
私が通っていた病院では、男性だけが来てる方もいっぱいいました。
女性だけの問題で出来ないわけじゃないのがよくわかりましたね。

自然に妊娠できるのが一番ですが改めて子供は授かりものだな~と。
私は運良く1回で妊娠出来ましたが、長く通ってる方もたくさんいます。
出来るまでも大変だし、生まれてくるまで安心できません涙ぽろり

以上のような経緯があったので、今回の妊娠に関してはやっぱり
とても気を使ったり、たくさん調べたりする部分が多いです。
今は順調だと言われているので、自分が不妊であったことや辛い
治療を受けてきたことを忘れかけてることもあります。
でも、次の子を授かりたい時にはまた同じ治療を受けなければ
授かることが出来ないのが事実です下向き矢印

今回このように書き留めることで、自分自身もう一度思い出すと
ともに、同じように不妊で悩んでる方の励みになればと思います。

注意:はじかれるため、はじかれるだろう言葉は+がついています下向き矢印






Last updated  2009/10/16 12:34:28 AM
コメント(0) | コメントを書く
2009/10/02
カテゴリ:不妊治療
今でこそ妊婦として生活できてますが、うちは不妊治療してました。

結婚自体も二人とも遅くて、出来ることならすぐにでも子供が欲しい
と思っていましたが、なかなか恵まれず検査に行くには少し早いかな
とは思いましたが、結婚して1年経つ前に普通の産婦人科に検査に行
きました。

通常は結婚して2年くらい様子を見るのですが、私の年齢も考慮して
簡単な検査を今通ってる産婦人科でお願いしました。
『通水テスト』と『卵管造影検査』です。
私の友人の友人も「通水して詰まりが取れてすぐ妊娠できた」という話
を聞いて、私もやってみようという気になりました。

実際検査をしたら、どうにもならないことがわかりましたが・・・。

とにかく、その後不妊治療に入らざるを得なくなり、転院して治療に
入ることになりました。
転院先で、すぐに「体外受精だね」と言われ、それ以外の選択肢は
ありませんでした。 ただ、ステップアップされる方よりかは方法が決まっ
ていたので自分の中での葛藤はなく、覚悟が決まるのも早かった。
それに何より、早くしないと高齢出産になってしまうのが心配でした。

一概に『体外受精』とは言ってもやったからといってすぐに妊娠につな
がるワケじゃなく、妊娠の確率そのものは通常妊娠と変わりません。
そのため、1度で出来なければまた時間をおいてもう一度となるので
余計に「急がないと!」という気持ちでいっぱいでした。

幸い、私の場合は1度の体外受精できちんと着床し現在に至ります。
ただ、この子を無事出産出来たとしても、次の子を望むにはまた体外
受精しないとなりません。
前回採った受精卵は最大2年間の保存となるので、次の子を早く望ん
でもう一度体外受精して1度で妊娠して卵が残ったとしても、残りの卵
は破棄されてしまいます。
次の子もすぐ妊娠出来ればいいですが、出来なければ卵が尽きたら
またイチからやり直し。
すぐ出来たとしても期限の関係上、残りの受精卵は破棄。
と、どちらも自分の中で葛藤することになってしまいます。

まぁ、まずは今お腹にいるこの子を無事出産することだけを考えて
次の子のことは少し落ち着いてから様子をみようと思います。






Last updated  2009/10/02 11:10:39 PM
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.