957485 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020.09
2020.08
2020.07
2020.06
2020.05

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) tv props and reply cialisviagra and cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) pfizer viagra kaufen ohne rezept <a…
ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…

お気に入りブログ

WANIMA「Cheddar Fla… New! BROOKさん

世の中様変わり サボテン_01さん

よく観てるのはゲー… めが姫さん

Guildの反撃!!! Guild26さん
MY HIDEOU… GATECRASHERさん
2007.07.18
XML
カテゴリ:映画 ア行
『アレキサンダー』を観ました目

英雄・アレキサンダー王の生涯を描いた、オリヴァー・ストーン監督による
大スペクタクル映画ですかちんこ


>>『アレキサンダー』関連

原題:ALEXANDER
ジャンル:ドラマ・アクション
製作:2004年・米
上映時間:173分
監督:オリヴァー・ストーン
出演:コリン・ファレルアンジェリーナ・ジョリーヴァル・キルマー
   アンソニー・ホプキンスジャレッド・レトーロザリオ・ドーソン


【ストーリー】
紀元前356年、マケドニア王フィリッポスと妻オリンピアスの間に生まれたアレキサンダーは、
両親の確執に晒されながら、文武に長けた青年へ成長する。
アレキサンダーが20歳になった年、フィリッポスが暗殺された。
王位を継いだアレキサンダーは、西アジアとエジプトを制覇し、
宿敵ペルシアとの戦いに勝利する。
さらに東へ進もうとするアレキサンダーだが、この遠征は、臣下や友人、
そして母オリンピアスとの関係を揺るがせていく。


下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!


巨匠オリヴァー・ストーンと豪華出演陣が英雄アレキサンダーを映画に…というのにも関わらず、
なぜか世界史の授業を受けているかのような感覚に陥り、何度も眠気と戦いながら
鑑賞したので観終わるまでに時間がかかってしまった雫

この映画一言で言うと、2300年前に20歳の若さで王になり、わずか10年で世界制服を果たした
マケドニアの大王アレキサンダーが32歳で亡くなるまでの生涯を
等身大の人間として描いた映画でしたかちんこ

始めの方はまだ感情移入できたので、憎しみ合う両親、後継者という重圧、
自分が何者なのか分からず悩む少年アレキサンダーが、
恐怖を感じ暴れる馬に共感し、手なずけて乗りこなす姿は印象的でした。

セットも衣装もさすがお金が200億円かけられているだけあってスゴイ豪華絢爛きらきら
特にバビロンが良かったうっしっし

そして、戦闘シーンもスゴイ迫力上向き矢印

砂煙でよく観えなかったけど(リアルさの追求ですかね?)、ガウガメラの戦闘シーンは圧巻ですきらきら
すでに精根尽き果てて狂気といった感じのインドでの象に乗った敵との戦闘も迫力満点上向き矢印

なぜか僕は、アレキサンダーが倒れたときよりも、
愛馬ブーケファラスが矢に射抜かれ倒れるシーンに胸が痛みました涙ぽろり
この場面での赤と黒を基調とした色彩も印象的パレット

オリヴァー・ストーン監督はこの映画を制作するまでに10年以上の時間をかけて
アレキサンダーについて勉強したらしいけど、この年のラジー賞最多ノミネートだったし、
なんでこんな結果になっちゃったんだか…雫
僕なりに考えてみました台風

やっぱり、3時間が長い時計下向き矢印
3時間もの時間、英雄的なアレキサンダーが皆無で、始終描写されているのは
アイデンティティを探し求める等身大の青年アレキサンダーのみ。

残念な事に、怖い母親から逃げたくて家に帰りたくないという単なるワガママ坊やに見えるのですショック
よって僕も東方遠征について行って段々と帰りたくなる兵士と同じ気分にしょんぼり

そして、要所要所で登場するエジプト王になったプトレマイオス役の
アンソニー・ホプキンスの語りでうまくまとめようとしているあたりも
ある部分は分かりやすくなるけど、あんまり頻繁だと世界史の授業風でいただけないです下向き矢印

父王フィリッポスが暗殺され、アレキサンダーが王位についたシーンを
映画の後半に持ってきているのもよく分からないわからん
別に時系列に並べても良かったんではないのかな?

父王役のヴァル・キルマーは良かったけど、アレキサンダー役コリン・ファレルと
オリンピア役アンジェリーナ・ジョリーの母子という設定は無理がありますよ下向き矢印

アンジェリーナなんて途中までぜんぜん老いていなかったし、最後の方では
ちょっと老け込んだメイクになってましたが雫

アレキサンダー役のコリン・ファレルは金髪が似合わない!
これが致命的なんです泣き笑い
しかも、金髪なのに眉毛が真っ黒で変に目立ってしまって滑稽な感じにうっしっし

ああ、監督…
キャスティングは大事ですよ!

なんかいろいろと問題になったアレキサンダーのバイセクシャリティは、
ジャレッド・レト演じるヘファイスティオンとの性愛を超えた友情、
絆という感じで別に問題視するほどでもないのではという印象です。

むしろ、アレキサンダーの英雄的な部分を描かず、マザコン(ファザコン?)的な坊やに
描いてしまった部分をもっと問題視した方がいいのではないかな?

時間があってアレキサンダーに興味がある人は一度観てもいいかもしれないけど、
残念ながらあまりオススメできません…下向き矢印


下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ






















最終更新日  2007.07.18 22:43:01
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.