951680 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) tv props and reply cialisviagra and cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) pfizer viagra kaufen ohne rezept <a…
ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…

お気に入りブログ

Blu-ray「search/サ… BROOKさん

1日1食主義 サボテン_01さん

もうYVは観ないしこ… めが姫さん

Guildの反撃!!! Guild26さん
MY HIDEOU… GATECRASHERさん
2008.04.03
XML
カテゴリ:映画 ハ行
『バタフライ・エフェクト』を観ました目

初期のごく小さな差違が、将来的に予測不能な大きな違いを生じるというカオス理論を
元に愛する者を救うため、過去を書き換えようとした男が体験する想像を超えた出来事を
スリリングに描く異色サスペンスですかちんこ


>>『バタフライ・エフェクト』関連

原題:THE BUTTERFLY EFFECT
ジャンル:サスペンス/SF/ドラマ
上映時間:114分
製作国:2004年・アメリカ
監督: エリック・ブレス
出演:アシュトン・カッチャーエイミー・スマートウィリアム・リー・スコット


【ストーリー】
少年時代、エヴァンは記憶を喪失する“ブラックアウト”を起こすことがしばしばあった。
そこで、精神科の医師の勧めに従い日記をつけるようになるエヴァン。
そんなある日、エヴァンが13歳の時、ひとつの出来事が原因で幼なじみケイリーとの仲が
引き裂かれてしまう。
しかしその時にも彼にはブラックアウトが起きていた。
やがて大学生となり、ブラックアウトもなくなり平穏な日々を送っていたエヴァンは、
ふと幼い頃の日記を手にとる。すると突然13歳のあの時の記憶が鮮明に蘇った。
やがてケイリーのその後の運命を知ったエヴァンは、彼女への想いのあまり、
ある行動に出るのだが…。



下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!



きみを救うため、ぼくは何度でも過去に戻る。

それは、神にも許されない行為。


“バタフライ・エフェクト”とは、カオス理論を“一匹の蝶が羽ばたいた結果、
地球の裏側で竜巻が起きる”という喩えで表した有名な言葉。
初期条件の些細な違いが将来の結果に大きな差を生むという意味ですね。

タイムトリップもので先日観た『ジャケット』に似ている部分もありますが、
僕はこちらの作品の方が好みでした。
冷静に考えてみるとなんてことはない単純な設定なのに、パズルに観たシーンが
ピッタリと当てはまっていく爽快感と、タイムスリップの構造とか難しい事考える暇を与えない、
スピーディーなストーリー展開に引き込まれました上向き矢印

「もしも・・・だったら。。。」誰しも思う過去の出来事を変える能力を使って
愛するケイリーと自分、友人たちの幸せを願って鼻血を出しながらも
何度も何度も過去に舞い戻るエヴァン。
だけど、ひとつの出来事を変えるとまた違った不幸な出来事が…
悲惨な未来を何度も体験し、結果彼が選んだ未来は、愛するケイリーを
遠ざける事だったというのがなんとも切ない涙ぽろり

主人公のエヴァンを演じたのは『ジャスト・マリッジ』のアシュトン・カッチャー。
製作にも携わったみたいですね。
アシュトンを始めてみたのは、TVドラマ『That '70s Show』だったので
勝手に面白い人だと思っていましたが、シリアスで頭のいい心理学を学ぶ学生を
好演していて、意外に才能溢れる俳優さんだったんだとビックリでしたびっくり
完全に見方が変わりましたきらきら

犬も助かって、ケイリーも友達も、母も幸せ、
でも、愛する人と出会う事の出来ない未来を自分なら選ぶ事が出来るのか?
う~ん、犬は絶対に助けるけど、他をちょっと考えてしまう僕は…まだまだ未熟ですしょんぼり



下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ









最終更新日  2008.04.03 22:40:40
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.