000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) tv props and reply cialisviagra and cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) pfizer viagra kaufen ohne rezept <a…
ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…

お気に入りブログ

今日の収穫 (6月… New! BROOKさん

断捨離 サボテン_01さん

焦りから現実逃避 めが姫さん

Guildの反撃!!! Guild26さん
MY HIDEOU… GATECRASHERさん
2008.06.22
XML
カテゴリ:映画 ア行
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観ました目

ハリソン・フォード、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカスの
黄金トリオで19年ぶりに復活した人気シリーズ第4弾のアクション・アドベンチャーですかちんこ



>>『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』関連

原題:INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL
ジャンル:アドベンチャー/アクション
上映時間:122分
製作国:2008年・米
監督: スティーヴン・スピルバーグ
製作総指揮: ジョージ・ルーカス
出演: ハリソン・フォードシャイア・ラブーフケイト・ブランシェット


【ストーリー】
1957年、大学で学生たちに考古学を教えているジョーンズ博士(ハリソン・フォード)は、
超常現象的なパワーが宿っているという秘宝“クリスタル・スカル”を求め、
相棒の若者マット・ウィリアムズ(シャイア・ラブーフ)とともに再び冒険の旅へと出る。
しかし、インディたちの前に、秘宝を付け狙うロシア軍が立ちはだかり……。



下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!


全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!


いや~、インディ、19年ぶりでも変わらず、パワフルでかっこよすぎ
冒頭の帽子コロコロシーンから、倉庫内の抗争、トラック横取りシーンなどなど
テンション上がりまくりでした上向き矢印

今回は、伝説の神殿に納めることで神秘のパワーを得られるという
幻の秘宝“クリスタル・スカル”を巡って、インディたちと
ケイト・ブランシェットが演じるおかっぱ頭のソ連工作員スパルコたちとの
激しい争奪戦が繰り広げられていますきらきら

ほとんどのアクションをスタントなしで頑張っちゃったハリソン・フォード。
19年経ってもやっぱりインディの魂は彼の中に健在で、
彼にしか演じ切れないだろうなっと思わせる
ウィットに富んだセリフ回し、鞭、帽子のインディスタイル、ヘビ嫌いなところも
冒険にワクワクしている様子も昔のまま、やんちゃなままで嬉しくなりましたうっしっし音符

インディ・シリーズの大ファンだったというケイト・ブランシェットが今回のインディの敵。
スマートな身のこなしのおかっぱ頭でクールなスパルコを怪演していました上向き矢印
カーチェイス中の車上でのフェンシングがかっこいいし、
膝でアリを潰しちゃうなんてシーンでもクールさは光ってますきらきら

そのフェンシングの相手だったのがスピルバーグ監督の
お気に入りの若手俳優シャイア・ラブーフが演じるマット。

なんとこのマット『レイダース~』のマリオンの息子だそうで、
『乱暴者 あばれもの』のマーロン・ブランドが演じたジョニーが
モデルになっているというだけあり、皮ジャンをはおり、バイクにまたがって、
髪の毛をなでつける不良風なスタイルが60年代の雰囲気たっぷり上向き矢印
昔のインディを思い起こさせるようなアクション・シーンでもかなり魅せてくれてました上向き矢印

マットさん、学校で習って役に立たないとぼやいていたフェンシングなのに、非常に上手いし、
髪型が縁で一瞬にして仲間意識が芽生えた(?)お猿さんたちとの共同作戦は
実に愉快で楽しそう音符
いや~、
一見無駄そうな知識でも、どこで何が役に立つかなんて分からないものですねスマイル

若々しいマットの登場は、次世代のインディが誕生したのかと
嬉しいような悲しいような複雑な気分になりました。

そして、19年経ってまたヒロインに返り咲いたマリオンも
昔のままの怖い物知らずぶりを発揮していて嬉しい限り音符

この二人、知らない間に随分といろいろとあったんですね~びっくり
そんな知られざる過去が明かされる今作品はヘビ以外での
インディのパニックぶりにも注目です目

しかし、みんな揃って3回も滝落ちをして、みんな無事!
スカルも離さずって本当に運の良い人たちです上向き矢印

インディってここまで不死身だったのかってほど、
今回は特にインディの強さ(運の良さ?)が
光っていた作品のような気がしますグッド

そうそう、忘れてはいけない今回の気持ち悪い攻撃は、軍隊アリの集団でしたショック
集団で襲い掛かり、人間さえもひとたまりないっていう不気味さが凄かった雫
観ているだけでこっちまで体のいたるところがかゆくなりそうなド迫力のゾワゾワ感です。
あとは、すばしっこい原住民も怖かったですね雫

そして、スカルの伝説の神殿は圧巻でしたきらきら
あのスカルの形からして予想はしてましたが、
あの『未知との遭遇』しちゃったみたいな終わり方は
インディ・シリーズには求めてないオチだったので衝撃的でしたびっくり
スパルコさんと仲間たちはどうなってしまったのでしょうか?

一件落着、ハッピーエンドなラストもコロコロっと転がる帽子でしたが、
この意味深なシーンは、何を予期しているのでしょうか?
う~ん、気になるうっしっし音符

寺院の壁画にR2-D2とC-3PO、タイルにE.T.がいるって情報を予習して行ったのに、
観ているうちにストーリーにのめり込んでしまって探すのをすっかり忘れてしまってました雫
う~ん、残念失敗
DVDがでたらすかさずチェックしてみますDVD

しかし、どうでもいいんですが、
レストランでのインディとマットの作戦会議の際に、追っ手から逃げるためにとった
ジェット団とシャークス団みたいなノリの乱闘シーンが
『ウエスト・サイド・ストーリー』っぽくって妙にウケてしまいましたうっしっし上向き矢印



下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ













最終更新日  2008.06.22 18:55:39
コメント(12) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.