888494 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) tv props and reply cialisviagra and cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) pfizer viagra kaufen ohne rezept <a…
ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…

お気に入りブログ

秋の個展 New! サボテン_01さん

劇場鑑賞「ブライト… BROOKさん

マイクラ生物学 襲撃… めが姫さん

Guildの反撃!!! Guild26さん
MY HIDEOU… GATECRASHERさん
2009.01.18
XML
カテゴリ:数字で始まる映画
『007/慰めの報酬』を観ました目

イギリスの諜報部に属するスパイ、ジェームズ・ボンドの諜報活動を描く
人気スパイ・アクションのシリーズ第22弾ですかちんこ


>>『007 慰めの報酬』関連

原題: QUANTUM OF SOLACE
ジャンル: アクション/サスペンス
上映時間: 106分
製作国: 2008年・イギリス/アメリカ
監督: マーク・フォースター
出演: ダニエル・クレイグ オルガ・キュリレンコ マチュー・アマルリック ジュディ・デンチ


【ストーリー】
何者かの陰謀によって愛するヴェスパーを亡くし、復讐を誓ったボンドは、彼女を操っていた
ミスター・ホワイトを捕らえ、真相を究明すべく尋問する。
そして、彼の背後には世界中の有力者や諜報機関をも取り込む巨大な組織が存在していること
を知るのだった。
その調査のため、まずハイチに向かったボンドは、そこでカミーユという謎めいた女性と
出会う。
さらに彼女を通じ、組織の幹部ドミニク・グリーンを突き止めるボンド。
グリーンの表の顔は、環境保護のため土地を買収する慈善団体“グリーン・プラネット”のCEO。
だがその裏では、ボリビアの土地に眠る貴重な天然資源の独占を目論み、
それを機に世界支配を企んでいた。
上司Mから、グリーンの陰謀を阻止する任務を私情を挟まず遂行せよ、と念を押されるボンド。
ところが、カミーユも実はグリーンと共謀するボリビアの将校に愛する家族を殺され、
復讐の機会を窺っていると知ったボンドは、彼女と共にグリーン打倒へ奔走していく。



下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!


傷ついた心が、共鳴する。


ダニエル・グレイクが6代目ジェームズ・ボンドに抜擢された前作『007/カジノ・ロワイヤル』の
エンディングの1時間後からのストーリーってことだったので、しっかりと復習してから観に行きました。

シリーズ初の続編で、シリーズ中最も短い上映時間106分。
そして、『チョコレート』『ネバーランド』『主人公は僕だった』などの作品で
おなじみのマーク・フォースター監督の初アクション映画など、
いろいろと初めての事に挑戦した意欲作でございますぐー

冒頭のカーチェイス、工事中の建物内、ボート、海から空まで見せに見せまくったアクションの数々。
その目の回るような展開は前作の作風を引き継いでいるかのようでもあり、
速過ぎて何が何だかよく見えなかったりもありますが、非常にテンションが上がります上向き矢印
ボンドと敵の追走劇を競馬やら、何やらと絡めて描写したりしているのも面白いし、
舞台もロンドン、ハイチ、スペイン、砂漠・・・といろいろと変わっていくのが楽しいですね。

始終、あのストイックなまでのダニエル・グレイクのアクションが冴え渡り、
アパートのベランダから屋根からどこまでも追い掛け回すシーンに目が釘付け。
どんなに激しい闘いの後でもさっと身なりを整え、颯爽と次の目的に向け動き出すダンディーさ。
いや~、カッコよすぎますきらきら

ほとんどのアクションをダニエル・グレイク自らが演じたと聞いていたので、
何とも痛そうな迫力のシーンにもテンションが上がりまくりました。
そういえばどことなく、ジェイソン・ボーンを思い出すような映像もありました。

そして、アクションだけでなく任務と復讐との狭間で葛藤するジェームズ・ボンドの姿を描写する
人間ドラマの部分も見所だと言える本作ではダニエル・グレイク本来の演技力も光ってました。
チャーター機の中で、あのカクテルを6杯も飲み、愛した女性を忘れられず、
眠れない夜を絶えるボンドの姿が非常に切ないんですね涙ぽろり

そして、毎回どこから見つけてきたのかと思えるほど美しい女性が抜擢されるボンド・ガールですが、
本作では、ボリビアの諜報員カミーユをオルガ・キュリレンコが魅力的に演じてます。
知的な印象の財務省職員ヴェスパーのエヴァ・グリーンとは違って、ボンドと同じく復讐心を持つ
女諜報員役であるオルガ・キュリレンコは激しいアクションも見せてくれました
美しいのはもちろんですが、どこかボーイッシュな印象もあり、なんとも魅力的でありましたどきどきハート

それから、
白いシャツから覗く胸毛が印象的なドミニク・グリーンを演じたマチュー・アマルリックの悪役ぶりが
歩き方から、しゃべり方、りんごの食べ方まで怪しすぎて、
もう一人のキーパーソン メドラーノ将軍役のホアキン・コシオも笑っちゃうくらい憎憎しくて、
お二人とも忘れられない良い味を出してました上向き矢印

ダンディーでセクシーな魅力で女性の心を鷲掴みのジェームズ・ボンドが
唯一誘惑の対象としないであろう
ジュディ・デンチが演じるMとボンドとの関係が良いですね。
さながら母と息子のような信頼関係にも見えます。

ジェームズ・ボンドのウィットさがあまり感じられず、
スパイ道具が登場しない作風はちょっと寂しくもありますが、
復讐と任務との葛藤に悶える男 ジェームス・ボンドを演じた
ダニエル・クレイグの熱のこもった演技と体を張ったアクションを
充分に堪能できる映画で面白かったですかちんこ音符


下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ




ダニエル・クレイグ
/007/カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション



オルガ・キュリレンコ
/薬指の標本 SPECIAL EDITION










最終更新日  2009.01.18 17:12:47
コメント(12) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.