1060103 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2022.08
2022.07
2022.06
2022.05
2022.04

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) tv props and reply cialisviagra and cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) pfizer viagra kaufen ohne rezept <a…
ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…

お気に入りブログ

楽しみを見つけて・… New! サボテン_01さん

Guildの反撃!!! Guild26さん
MY HIDEOU… GATECRASHERさん
Cinema Collection ひろちゃん★510さん
masalaの辛口… マサラ0517さん
2009.04.23
XML
カテゴリ:映画 ラ行
『ルワンダの涙』を観ました目

1994年にルワンダで起きた凄惨な虐殺と、この悲劇を黙殺した西欧諸国の対応を、
当時BBCの報道記者として現地にいたデビッド・ベルトンが共同執筆し、
実話をもとに西側の視点から描いた衝撃のドラマですかちんこ


>>ルワンダの涙』関連

原題: SHOOTING DOGS
    BEYOND THE GATES
ジャンル: ドラマ
製作年・製作国: 2005年・イギリス/ドイツ
上映時間: 115分
監督: マイケル・ケイトン=ジョーンズ
出演: ジョン・ハート ヒュー・ダンシー クレア=ホープ・アシティ


【ストーリー】
海外青年協力隊の英語教師としてルワンダにやってきた英国人青年
ジョー・コナーは、英国ローマン・カトリック教会のクリストファー神父が
運営する公立技術専門学校(ETO)に赴任する。
ルワンダではフツ族とツチ族の緊張が高まっており、国連治安維持軍が
監視に当たっているほか、学校にもベルギー国連軍兵士が駐留していた。
やがてフツ族出身の大統領が乗る飛行機が撃墜されたのをきっかけに
フツ族によるツチ族への虐殺が始まる。
学校は生徒たちを守るために国連兵士によって取り囲まれ、いつしか
虐殺を逃れた何千人という難民の避難所となっていくのだったが…。


下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!


その悲しみは
心を濡らした



ルワンダの内戦による大量虐殺を描いた映画では、『ルワンダ 流血の4月』、
『ホテル・ルワンダ』に続けて3作目の鑑賞ですが、
描かれている虐殺の真実は何度観ても胸が苦しくなります。

『ルワンダ 流血の4月』、『ホテル・ルワンダ』
ルワンダ人の主人公の目線から描かれているのに対して、
こちらの『ルワンダの涙』は海外青年協力隊の英語教師として
ルワンダにやってきた英国人青年と、
英国ローマン・カトリック教会のクリストファー神父の
目線から描かれているのが興味深い点でありました。

避難所となった学校のすぐ前の道路では踊り歌いながらナタを振り回し、
ツチ族を狙っているフツ族の民兵。
彼らと相対しながらも、命令を受けていないからと学校に駐留している
ベルギー国連軍兵士は静観するのみ。
国連治安維持軍、国際社会も、凄惨な虐殺を目の当たりにしながらも
それをくい止めるために行動を起こすことも出来ずただ静観するのみだったわけです。

1994年の4月、アフリカで起こった虐殺を西欧諸国は黙殺し、
国連さえも治安維持軍を撤退させ、
多くのツチ族の人々を見殺しにしたという信じられない真実。
深く胸に刻み込んでおかなけばいけないと思いました。

そんな国際社会に対する欺瞞を鋭く突くクリストファー神父の言葉が印象的です。
演じているジョン・ハートの穏やかな笑顔と、絶望の表情、
それでも信念を基に自らの正義と信じる道を突き進む勇気ある行動には
壮絶すぎて言葉が浮かびませんでした。

撤退を決めたベルギー国連軍大尉に対して、ツチ族の父親が
「ナタで殺されたくない。子供たちだけでも銃殺してくれ」
と懇願するシーンなど、
人間が人間を苦しめている壮絶な現実が心に重くのしかかります。

そしてエンドクレジットに現れる笑顔の写真。
虐殺を逃れたツチ族のスタッフがこの映画の製作に携わっていたのですね。
笑顔の写真と共にどのような悲惨な状況を生き抜いたのかが書かれていて
彼らの笑顔の裏に隠された壮絶な真実に涙が流れました。
何も出来なかった国際社会、知らなかった自分を申し訳なく思いながらも、
今彼らが笑顔でいることが嬉しくも思えたり、複雑な思いでした。



下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ




ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション


エレファント・マン/ジョン・ハート[DVD]


ラブ&クライム■レイチェル・リー・クック/ヒュー・ダンシー







最終更新日  2009.04.23 22:40:10
コメント(6) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.