731254 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2017.11
2017.10
2017.09
2017.08
2017.07

コメント新着

ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…
紀平 光太@ 「映画ベース」のご案内 おきらく楽天 映画生活 管理人様 はじ…
hoshiochi@ Re:『ドクター・ドリトル3』を観たぞ~!(08/13) 私は4まで見ました。聞くところによると5…

お気に入りブログ

劇場鑑賞「ローガン… New! BROOKさん

毎日の習慣 サボテン_01さん

Guildの反撃!!! Guild26さん
MY HIDEOU… GATECRASHERさん
Cinema Collection ひろちゃん★510さん
2009.04.26
XML
カテゴリ:映画 ハ行
『バーン・アフター・リーディング』を観ました目

『ノーカントリー』でアカデミー賞作品賞ほか主要3部門などを受賞したジョエル、
イーサン・コーエン兄弟が放つクライム・コメディーですかちんこ


>>バーン・アフター・リーディング』関連

原題: BURN AFTER READING
ジャンル: コメディ/犯罪
製作年・製作国: 2008年・アメリカ
上映時間: 93分
監督・製作・脚本・編集: イーサン・コーエン ジョエル・コーエン
出演: ブラッド・ピット ジョージ・クルーニー ジョン・マルコヴィッチ
    フランシス・マクドーマンド ティルダ・スウィントン

【ストーリー】
アル中が原因でCIAを辞めさせられたオズボーンは、意趣返しにと暴露本を執筆中。
一方、エロオヤジの財務省連邦保安官ハリーと不倫中の妻ケイティは、秘かに計画している
離婚を有利に進めるべく、オズボーンのパソコンをまるまるCD-ROMにコピーする。
ところが、ひょんなことからそのCD-ROMがフィットネスセンターで働く
iPod中毒の能天気男チャドの手に。
彼は整形費用が欲しくてたまらない同僚のリンダと共謀し、CD-ROMをネタに
オズボーンを脅迫しようと浅はかな計画を立てるのだが…。


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!


それはCIAにも予測不可能な、国家をも巻きこむ仰天計画。


『ノーカントリー』
でオスカーを獲ったコーエン兄弟の待ちに待った新作です。

始終込められたブラックな笑い、ハッとするほど悲惨な暴力描写、
狭い世界の個性的な登場人物たちが己の欲求を叶えるために右往左往して
浅はかな行動に出るあまりに国家を巻き込むとんでもないことに展開していく様子は、
痛々しい事の連続で、目が放せないわけですね。
やっぱり今作も独特のコーエン兄弟らしさが出てます。

頭空っぽのiPod中毒の筋肉バカ男チャドをブラッド・ピット、
出会い系にハマリ重複不倫続行中のエロ男ハリーにジョージ・クルーニー、
アル中でCIAをクビになった男オズボーンにジョン・マルコヴィッチ、
出会い系で理想の男をゲットすべく、全身整形願望で頭がいっぱいのリンダに
コーエン兄弟の兄ジョエルの妻フランシス・マクドーマンド、
泥沼不倫と離婚調停に勝ちたい女医ケイティにはティルダ・スウィントンと
オスカー常連の演技派で豪華なスター軍団が
それぞれを想定して描かれたらしい強烈な個性を放つキャラクターを演じていて
見応えたっぷりなわけでございます。

宇宙から見る地球からCIA本部へずいずいっとズームインしていき、中では、
早速こんな仕事辞めてやるとキレまくるジョン・マルコビッチ。
ずっと観たかったジョン・マルコヴィッチのブチギレの演技にもう目は釘付け。
なぜか嬉しくてニンマリになっていました。

そんなアルコール依存症でCIAをクビになった元CIA諜報員オズボーンが
グラスを片手に怒りにまかせて書きなぐった
CIA在籍中の国家の機密情報入りの暴露本の原稿を収めたCD‐ROMを
勤め先のフィットネス・ジムで拾ってしまったiPod中毒で筋肉バカなジム従業員チャド。
頭が空っぽなばっかりに悪気のない脅迫の仕方、見張り中でさえiPodでご機嫌な様子、
絶体絶命の時でさえ人懐っこい笑顔ですよ。
見た事もないブラット・ピットのおバカ演技には笑わずにはいられないってもんです。

そしてもう一方では、財務省連邦捜査官のハリーが絵本作家の妻がいるのに、
出会い系サイトで複数の女性と同時進行で不倫を楽しんでいるという乱れ模様。
そのお相手の中には、女医でオズボーンとの離婚を計画中の妻ケイティと
リンダがいるという海外ドラマ並みの狭い世界でのドロドロ加減。
地下室でコソコソと作成中だったものが、ゆらゆらと揺れながら衝撃的に登場した時は、
唖然としながらも自信満々顔のハリーに笑いを堪えるのに必死でした。
そんなジョージ・クルーニーが追い詰められ、疑心暗鬼になっていく様子が
哀しくも最高に可笑しかったり。

それぞれに痛々しく、もがき苦しむ良い年した大人の男女が、
関係なさそうに見えながらも、不思議と繋がり、
国家を揺るがす脅迫事件の一旦を担っていくんですから、
鋭く切り込んだ人間観察力、その意地悪なまでのギリギリの人間心理の描写、
相変わらず完全には理解不能ですが、とても心惹かれる映画でした。
コーエン兄弟の頭の中はどうなっているんでしょうかね。

そんなこんなでスピード感たっぷりなのかどうなのかも分からないほど、
不思議に見入ってしまうスピードで展開される心地よい93分間。
このご時世、やっぱり女性が強いのか。
はたまた巨大な組織の前では僕ら一般人は手のひらで転がされているようなものなのか。
愛すべき残念な男たちの哀しい行く末、CIA様の圧巻の仕事ぶりで
ビックリするほどあっさりと終わってしまうラスト、
エンディングの歌にまでしっかりとブラックな笑いが満ち溢れた今作は、
仕事終わりのレイトショーで若干疲れ気味でも
楽しめる豪華なブラック・コメディでございました。


下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログへ




『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』


ジョージ・クルーニー/フィクサー








最終更新日  2009.09.18 23:13:18
コメント(8) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.