933704 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) tv props and reply cialisviagra and cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) pfizer viagra kaufen ohne rezept <a…
ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…

お気に入りブログ

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

赤しその香り サボテン_01さん

もうどっちが子供か… めが姫さん

Guildの反撃!!! Guild26さん
MY HIDEOU… GATECRASHERさん
2009.06.17
XML
カテゴリ:映画 マ行
『ミスト』を観ました目

『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、
原作スティーヴン・キングと監督フランク・ダラボンが描くパニック・ミステリーですかちんこ


>>『ミスト』関連

原題: THE MIST
ジャンル: ホラー/ミステリー/ドラマ
上映時間: 125分
製作国: 2007年・アメリカ
監督・製作・脚本: フランク・ダラボン
原作: スティーヴン・キング
   『霧』(扶桑社刊『スケルトン・クルー1 骸骨乗組員』所収)
出演: トーマス・ジェーン マーシャ・ゲイ・ハーデン ローリー・ホールデン


【ストーリー】
のどかな田舎町を襲った激しい嵐の翌日、デヴィッドは湖の向こう岸に発生した
異様に深い霧に懸念を抱きながら息子と共にスーパーマーケットへ買い出しに出掛けた。
するとやはり、その濃い霧は間もなく買い物客でごった返すマーケットに迫り、
ついには町全体を飲み込むように覆っていく。
人々がマーケットに缶詰状態となる中、霧の中に潜む不気味な触手生物を発見するデヴィッド。
彼を信じた者たちはただちに店のバリケードを作り始め、武器になる物もかき集める。
その一方、骨董品店の女主人カーモディは狂信めいた発言で人々の不安を煽ってしまう。
そして夜、突如として霧の中の生物たちが襲撃を開始、店内は大混乱となるのだが…。


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!

この子と約束した
必ず守ると──

霧(ミスト)の中には“何”が待っていたのか──
映画史上かつてない、震撼のラスト15分



何にも見えませんって状態がこれほど恐ろしいとは。
確かに霧の中を運転するときは普段、お気楽な僕にも緊張感が走ります。
だから、そんな霧が消えると何とも言えない爽快な気分になるってものです。

が、この作品は最後の最後まで気分が晴れる事はなく、
霧に潜む想像を絶する奇怪な生物祭りのホラー映画としても、
人間の心理に深く切り込んだパニック・ムービーとしても
とても興味深い映画でありました。

平和な田舎町を襲った激しい嵐の翌日、異常に濃い霧の中を訝しがりながらも、
スーパーマーケットに買い出しに集った人々が、
まずは濃い霧の中から襲ってきた触手生物と格闘し、
何だか分からない巨大昆虫や、巨大な鳥に襲われ、
そうこうしているうちにカルト教団の教祖のように
人々の不安を煽りまくるおばちゃんが登場し、
他のこの手の映画ではおなじみの
この危機を力を合わせて乗り切ろうと頑張るはずの人々は見事に分裂し、
スーパーマーケット内は一触即発の緊迫した状況に追いやられる
なんて恐い状況なもので、
外でも、内でも、生きた心地がしないってものなのですね。

火傷を負った仲間のために隣の薬局に行こうぜってなっても、
そこにはこれまた巨大クモがワンサカいて、僕も失神寸前でございます。
恥ずかしながら、始終、あ゛ーとかう゛ーとか声にならない声を発して
手に汗握る緊張感は持続。
次に起こる展開が読めないのであります。

そして衝撃のラストにはその声さえ失う、なんとも言えない物悲しさ。
何もかもがあと少しだったのにとモヤモヤ感が残ります。

『パニッシャー』のトーマス・ジェーンが主人公のデヴィッドを演じ、
頼りになるパパぶりは非常にお似合いです。
それ故に、彼に待ちうける運命が悲惨すぎて言葉を失います。

しかし、どんな登場人物よりも、奇怪生物たちよりも恐ろしかったのは、
マーシャ・ゲイ・ハーデンの不安を煽るカルトおばさんぶりでした。
ずっとしゃべくり倒している様子には、強烈過ぎてお近づきになりたくないお人でした。

蟲に弱い僕にはちょっとした拷問のような描写もあり、仰け反りましたが、
そんなものよりも恐怖に囚われた人間の心理の描写が恐ろしいと思わせられる
一筋縄ではいかない作品でした。



下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ




ショーシャンクの空に 公開10周年メモリアル・ボックス


トム・ハンクス/グリーンマイル


パニッシャー






最終更新日  2009.06.17 07:30:55
コメント(16) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.