000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

X

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2021.08
2021.07
2021.06
2021.05
2021.04

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) tv props and reply cialisviagra and cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) pfizer viagra kaufen ohne rezept <a…
ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…

お気に入りブログ

集中する事により脳… New! めが姫さん

腹筋 サボテン_01さん

Guildの反撃!!! Guild26さん
MY HIDEOU… GATECRASHERさん
Cinema Collection ひろちゃん★510さん
2009.07.24
XML
カテゴリ:映画 サ行
『スパニッシュ・アパートメント』を観ました目

バルセロナのアパートでヨーロッパ各国の若者たちと共同生活を送ることになった
フランス人留学生が、様々な経験を通して成長していく姿を描いた
群像青春コメディですかちんこ


>>『スパニッシュ・アパートメント』関連

原題: L' AUBERGE ESPAGNOLE
    THE SPANISH APARTMENT
ジャンル: コメディ/青春/ドラマ
製作年・製作国: 2002年・フランス/スペイン
上映時間: 122分
監督・脚本: セドリック・クラピッシュ
出演: ロマン・デュリス ジュディット・ゴドレーシュ オドレイ・トトゥ


【ストーリー】
パリで暮らす25歳のエリート学生グザヴィエ。
将来への不安を感じつつも確たる意志も持てず漫然と日々を過ごしていた。
そんな彼は、親に紹介されたエリート官僚から就職に有利になると勧められ
1年間バルセロナへ留学することに。
そして間もなく、恋人マルティーヌとのしばしの別れを惜しみながらも現地へ旅立った。
やがて、バルセロナに着いたグザヴィエは、苦労の末に新しい留学生活の住まいとなる
アパートを見つける。
そこにはスペイン、イギリス、ドイツ、イタリア、デンマーク、ベルギーという
いずれも国籍の違う男女6人の学生が暮らしていた。
こうしてグザヴィエの騒々しくも楽しい共同生活の日々が始まった。


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!


ひとつのアパートに七つの国の青春


将来の希望を見出せず、就職に有利になるからと勧められるままに
バルセロナへ留学することになった大学生のグザヴィエの
青春と成長がコメディちっくに描かれていて面白い映画でありました。

グザヴィエが住む事になるバルセロナのアパートには、スペイン、
イギリス、ドイツ、イタリア、デンマーク、ベルギーと
お国の違う男女がごちゃまぜになりながら共同生活をしているわけでありまして、
電話の周りには何カ国もの言語でメモ書きが張ってあったり、
冷蔵庫戦争が勃発したり、
このアパートならではの風景が楽しいわけであります。

そんな言語や文化の違いだけでなく、性格の違いや、男女の違いなどで
6人の若者が幾度となく喧嘩したり、スペイン語に苦労したり、
ホームシックになっても同じ境遇の仲間が近くにいるので
飲んで歌って、笑って、しばらくたったら立ち直っているわけであります。
そんな苦楽を共にしている仲間との描写が微笑ましいんですね。
僕もこんなアパートで青春を謳歌したかったと思わせてくれました。

スペインの街の人々も陽気で温かく、サンサンと輝く太陽がまぶしく、
バルセロナの街並みも非常に美しく、
女性たちもとびきりの美人ばかりで心惹かれるものがありました。

さらに、6人だけでもごちゃごちゃなのに、
それぞれが恋愛の問題を抱えさらにゴタゴタし、
空気の読めないトラブルメーカーの弟が借り住まいしてきたり、
突然訪ねてい来る各国の恋人たちから浮気中のルームメイトを守ろうと一致団結したりと、
大奮闘する仲間の姿がいちいち可笑しかったりもします。

グザヴィエを演じたロマン・デュリスが将来に不安を持つ
ふわふわした時期の青年を、上手く演じております。
他のルームメイトと共に、若々しいパワーを最大限に発揮し、
初々しく見える青春ストーリーに仕上げているのがお見事であります。

グサヴィエの恋人マルティーヌ役のオドレイ・トトゥが
あの可愛らしい印象とは全く違ったトゲトゲした性格の女性だったのにはビックリ。
出演シーンもとても少なくて彼女目当てで観るとガッカリするかも。
まあ、それでもやっぱり可愛いのでありますが。

一年の留学で様々な国の若者とかえがえのない時間を共有し、かけがえのない経験が
グザヴィエの人生を豊かなものに彩っていくのではないかと思わせる
彼の決断は、現実的ではないかもしれないけど、
応援したい気持ちになる、後味の良い映画でありました。



下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ




真夜中のピアニスト DTS SPECIAL EDITION


オドレイ・トトゥ/ロシアン・ドールズ スパニッシュ・アパートメント2


 【DVD】ルパン コレクターズ・エディション <初回限定版>洋画






最終更新日  2009.07.24 21:02:02
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.