861595 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) tv props and reply cialisviagra and cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) pfizer viagra kaufen ohne rezept <a…
ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…

お気に入りブログ

劇場鑑賞「東京喰種 … New! BROOKさん

うつ伏せのポーズ サボテン_01さん

怒りを抑える術を身… めが姫さん

Guildの反撃!!! Guild26さん
MY HIDEOU… GATECRASHERさん
2009.08.09
XML
『REC/レック』を観ました目

封鎖されたアパートで起こった伝染病の惨劇を、テレビ番組クルーの手持ちカメラ視点で
とらえた、ドキュメンタリー調の臨場感あふれるパニック・ホラーですかちんこ


>>『REC/レック』関連

原題: [REC]
ジャンル: ホラー/サスペンス/パニック
製作: 2007年・スペイン
上映時間: 77分
監督・脚本: ジャウマ・バラゲロ パコ・プラサ
出演: マヌエラ・ベラスコ フェラン・テラッサ ホルヘ・ヤマン・セラーノ


【ストーリー】
プロフェッショナルな人々の仕事に密着するドキュメンタリー番組のため毎晩取材に励む
ローカルテレビ局のレポーター、アンヘラ。
彼女はカメラマンのパブロと共に、今夜は消防士の同行取材を行なっていた。
深夜、アパートの住人から“隣に住む老婆の叫びや殺してやるという声を聞いた”との
通報が入り、さっそく現場へ向かう。
警官たちも駆けつけたそのアパートには、怯える住人たちを横目に朦朧と立つ血まみれの
老婆の姿があった。
すると突然、彼女は手を差し伸べてきた警官に襲いかかる。
そして消防士たちは重傷を負った警官を運び出そうとするが、警察によって外から封鎖され
隔離状態となってしまう。
やがてアンヘラたちは、このアパートの住人に未知の病原菌が感染拡散していることを
知るのだが…。


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!


何が起こっても撮り続ける──

P.O.V. リアルパニック・ムービー



『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』や『クローバーフィールド/HAKAISH』と同じ
P.O.V.(ポイント・オブ・ビュー/主観撮影)に
よって撮られた映像に絶叫&絶句の連続でありました。

消防士の仕事に密着したドキュメント番組の撮影のため取材に来ていた
ローカルテレビ局のレポーター アンヘラとプロカメラマン パブロ。
平和で少々退屈な夜が過ぎようとしていた時に、とあるアパートの住人から
叫び声を聞いたと出動命令が来るわけでございます。
急いで現場へ向う消防士とアンヘラとパブロのご両人。
全てを録画するぞという勇ましい意気込みと共に、
問題の部屋へと乗り込むとただならぬ雰囲気の中で、現れた老婆は血まみれ。
しかも手を差し伸べようとした警官に噛みつき、食いちぎる。
えらいこっちゃって状態なのに、
最大のスクープをモノにしたとプロ意識で取材をし続けるアンヘラ&パブロ。
プロ魂ですね。

やがて、警察によってアパートは閉鎖。
原因不明の不安に押しつぶされそうなった住民同士の憶測が始まり、いがみ合いに展開。
人間の黒い部分もリアルに見せられ、まさかの日本人も登場し居心地の悪さも感じたり、
後半は、未知の病原菌の感染スピードもアップし、次々襲いかかってくる感染者たちに
予想外の攻撃を食らわしながら生々しく描かれていくので、
恐ろしいけど目が放せないわけでございます。

そんなこんなの衝撃とおぞましい光景がTVリポーター アンヘラの絶叫と
プロカメラマン パブロのカメラを通して、映し出されるわけでありまして、
閉鎖されたアパートの密室感、救助に来た警官に噛みつく血まみれの老婆、
臨場感たっぷりの手持ちカメラの映像、お約束の停電に暗視カメラの映像、
未知の病原菌の恐怖、住人不在の不気味な部屋などなど、
そこはもうリアルなお化け屋敷状態。
心臓に悪すぎで、凄いんです。

キャスト、スタッフ共に撮影が始まるまで何が起こるか分からない状態だったそうで、
即興での演技と音楽を使わない演出で創り出された本作。
この徹底した監督のこだわりがものすごい臨場感を呼び、
僕の中では上記P.O.V.の2作品よりもリアルな恐怖を体感させてくれ、
グッタリと疲れちゃいました。
最近、スペイン映画が侮れませんね。



下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログへ





REC/レック:ザ・クアランティン


ダークネス/ジャウマ・バラゲロアンナ・パキン


機械じかけの小児病棟






最終更新日  2009.10.09 23:30:02
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.