912815 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) tv props and reply cialisviagra and cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) pfizer viagra kaufen ohne rezept <a…
ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…

お気に入りブログ

LINEをフル活用 New! サボテン_01さん

劇場鑑賞「スマホを… BROOKさん

娘分析 めが姫さん

Guildの反撃!!! Guild26さん
MY HIDEOU… GATECRASHERさん
2009.08.29
XML
カテゴリ:映画 ア行
『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』を観ました目

「愛の讃歌」など、数々の名曲で世界中を魅了した伝説の歌姫エディット・ピアフの
生涯を描く伝記ドラマですかちんこ


>>『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』関連

原題: LA MOME
    THE PASSIONATE LIFE OF EDITH PIAF
    LA VIE EN ROSE [米]
ジャンル: ドラマ/音楽/伝記
製作: 2007年・フランス/イギリス/チェコ
上映時間: 140分
監督: オリヴィエ・ダアン
出演: マリオン・コティヤール シルヴィー・テステュー パスカル・グレゴリー


【ストーリー】
1915年、フランス・パリの貧しい家庭に生まれたエディット・ジョヴァンナ・ガション。
母は路上で歌を歌い、日銭を稼ぐ毎日だった。
その後、祖母が経営する娼館に預けられた彼女は、娼婦ティティーヌたちに可愛がられ
束の間の安らぎを得る。
やがて兵役から戻った父に引き取られると、路上で大道芸をする父の手伝いをする中で、
自らも人前で歌うことを覚えるのだった。
そして1935年、路上で歌を歌い日銭を稼いでいた彼女は、パリ市内の名門クラブのオーナー、
ルイ・ルプレにスカウトされ大きな転機を迎えた。
ルプレによってピアフと名付けられた彼女は、歌手としてデビューするや、瞬く間に
スターダムへと駆け上っていくのだったが…。


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!


そして「愛」は歌い継がれる──

愛を生きた世界の歌姫 涙と喝采の物語



音楽に疎い上、ましてやシャンソンなんて何が何だか分からないという
初心者マークの僕でもなんとなく耳にしたことあるくらい有名な
伝説のシャンソン歌手エディット・ピアフの生涯が描かれていく本作。
貧しい家庭に生まれ、幼き頃に娼館に預けられ、大道芸人の父の傍らで
人前で歌うことを覚え、パリ市内の名門クラブのオーナー ルイ・ルプレ見出され、
華々しくデビューしたピアフ。
聞く人々を魅了する歌声で成功を手にしたかに見えたのに、
彼女の人生は一筋縄ではいかない波乱に満ちたものだったのですね。

貧しいが故の両親とのままならない関係、
娼館で娼婦ティティーヌたちに可愛がられて得た初めての安息の日々、
信仰心で失明を克服、歌手しての成功と挫折、
ボクサーのマルセル・セルダンとの純愛と愛する人々を亡くしていく悲劇、
それでも失われなかった歌う喜びと情熱などなどが、
時系列をバラバラにしてパズルをはめ込むかのように描写され、
魅惑的な彼女の歌声とリンクして、
ピアフの人生がどっと押し寄せてくる力強さがありました。

1963年、47歳で静かに息を引き取るまでのピアフを演じたのは、マリオン・コティヤール。
長身で美しい彼女が、決して上品とは言えないし、我がままし放題で、
複雑な環境で育ったためなのか掴みどころのない
難しい女性であるピアフを背中を丸めて、眉毛もへんてこにして、
美人のマリオン・コティヤールの面影を消しての好演です。

人生の痛み、愛、全てを込めて見事に歌い上げるシーンは、
言葉を失うほどすばらしいのであります。
そして、愛に歌に直球で挑む彼女の姿は羨ましいほど正直で、情熱的で、
そんなピアフにいつのまにか魅了されていく、そんな不思議な魅力を放っていました。

そして、ピアフの才能を見出すクラブオーナー ルイ・ルプレには、ジェラール・ドパルデュー、
愛情を傾けてくれる娼婦ティティーヌには、エマニュエル・セニエ、
空気が変わるほどの上品さを醸し出すマレーネ・デートリッヒには、カロリーヌ・シロルなどなど、
豪華なスターたちが脇を固め、マリオン・コティヤール版ピアフの人生を彩ります。

エディット・ピアフの歌声が今もなお色あせず、人々に愛される理由が
美しい歌声共に垣間見られたような秀逸な作品でした。



下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





エディット・ピアフ


プロヴァンスの贈りもの


あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション






最終更新日  2009.08.29 22:59:54
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.