913023 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) tv props and reply cialisviagra and cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) pfizer viagra kaufen ohne rezept <a…
ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…

お気に入りブログ

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

LINEをフル活用 サボテン_01さん

娘分析 めが姫さん

Guildの反撃!!! Guild26さん
MY HIDEOU… GATECRASHERさん
2009.11.23
XML
カテゴリ:数字で始まる映画
『1408号室』を観ました目

ホラー小説の巨匠スティーヴン・キングの同名小説を基に
とあるホテルの1408号室で連続する騒動を軸に描かれたサスペンスホラーですかちんこ



>>『1408号室』関連

原題: 1408
ジャンル: ホラー/サスペンス
上映時間: 104分
製作国: 2007年・アメリカ
監督: ミカエル・ハフストローム
原作: スティーヴン・キング 『一四〇八号室』(『幸運の25セント硬貨』所収)
出演: ジョン・キューザック サミュエル・L・ジャクソン


【ストーリー】
超常現象を一切信じないマイク・エンズリンは、幽霊や怪奇現象が噂されるスポットを
訪ね歩いては、その体験を文章にまとめるオカルト作家。
ある日、そんな彼のもとに“1408号室には入るな”と書かれた謎めいたポストカードが届く。
絵柄はニューヨークにあるドルフィン・ホテルのものだった。
興味をそそられたエンズリンだったが、ホテル側は1408号室の宿泊に異常な拒絶反応を示す。
支配人はエンズリンに、1408号室の宿泊客で1時間以上もった者がいないこと、
その犠牲者は56人にものぼるという驚愕の事実を明かして、宿泊を思い留まるよう説得する。
しかしそれを聞きますます興味をかき立てられたエンズリンは、支配人の再三の忠告を無視して、
ついに1408号室へと足を踏み入れるのだったが…。


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!


この部屋はあなたのココロを破壊する


スティーヴン・キングの短編集「幸運の25セント硬貨」の7つの中の
1篇「1408号室」の映画化だそうでございます。

“1408号室には入るな”と書かれた謎めいたポストカードを受け取った
幽霊なんて信じないオカルト作家エンズリンが
オカルト作家魂を発揮し、何とか阻止しようとする支配人の猛攻撃も跳ね除け、
念願叶って宿泊する事になったドルフィン・ホテル 呪われた1408号室。
はてさて何が起こるのかをじっと見届けるストーリーに期待感は高まります。

1+4+0+8=13 になる基礎的なホラー要素と、
支配人サミュエル・L・ジャクソンの語る1408号室の悪意の数々。
あの強面サミュエル・L・ジャクソンがホラーの雰囲気を漂わせて
56人を死に至らしめたおぞましいファイルまで見せ付け説得したのに、
オカルト作家エンズリンの好奇心というか、仕事への熱意は凄すぎます。

どんな事にも屈しなかったジョン・キューザックと
悔しさ満点&ガッカリ気味の支配人サミュエル・L・ジャクソンの掛け合いは、
なぜかコントみたいで笑えてしまう
どこか可笑しいのに緊迫した状況がいいんですね。

意気揚々と入った部屋の中、何事も起こらない普通の部屋に
余裕綽々な主人公をビックリさせる
突然鳴り出す音楽、使ったはずなのに三角折りされているトイレットペーパー、
クーラーの故障で蒸し風呂状態やら、窓ガラスが突然落下し、
傷口に熱湯などなどのお化け屋敷バージョンの驚かせは、まだほんの序の口。

部屋が本気を出してきたあたりからが、実に壮絶でありました。
完全に閉じ込められた主人公の心の奥底を鋭い刃で切り裂くような
悶絶の苦悩を味わわせる恐怖に継ぐ、恐怖。

外の壁を伝って隣の部屋に逃げ込もう大作戦も、手に汗握る恐怖。
部屋事態が監獄のようになり、ジョン・キューザックもずぶぬれになったり、
凍りついたり、もうボロボロであります。
そんな呪いの部屋 対 ジョン・キューザックの攻防は、
ジョン・キューザックの一人芝居みたいなので、
冷静に見ると笑えたりもしますが、何とも表現できない壮絶さでありました。

自信満々だったジョン・キューザックの恐怖の弱みをあっさりと見つけ、
そこを執拗に攻撃した呪いの部屋は、見事ドクロ10個獲得であります。
そんな恐怖体験映画は、観ている僕ももう勘弁してくれと言いたくなる執拗さで
すっかりグッタリしてしまい、
呪いの部屋の謎の解明なんてどうでもよくなってしまうほどでありました。

そんなこんなで、
自らの心の中に潜んでいる恐怖が最もダメージが大きい事を痛感させられ、
サミュエル・L・ジャクソンの助言には素直に従おうと思わせられた映画でありました。



下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログへ




ジョン・キューザック/さよなら。いつかわかること


サミュエル・L・ジャクソン/ブラック・スネーク・モーン スペシャル・コレクターズ


クライシス






最終更新日  2009.11.23 20:56:06
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.