1015898 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

X

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2021.10
2021.09
2021.08
2021.07
2021.06

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) tv props and reply cialisviagra and cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) pfizer viagra kaufen ohne rezept <a…
ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…

お気に入りブログ

胃腸を元気に・・・ サボテン_01さん

30年前は生活費の足… めが姫さん

Guildの反撃!!! Guild26さん
MY HIDEOU… GATECRASHERさん
Cinema Collection ひろちゃん★510さん
2009.12.05
XML
カテゴリ:映画 ハ行
『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』を観ました目

地獄生まれの心優しき異形のヒーロー“ヘルボーイ”が活躍する
アメコミ原作ファンタジー・アクションの続編ですかちんこ



>>『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』関連

原題: HELLBOY II: THE GOLDEN ARMY
ジャンル: アクション/アドベンチャー/コメディ
上映時間: 119分
製作国: 2008年・アメリカ
監督・原案・脚本・撮影: ギレルモ・デル・トロ
出演: ロン・パールマン セルマ・ブレア


【ストーリー】
遥か昔、エルフ族と人間は地球の支配を巡って壮絶な戦いを繰り広げていた。
やがてエルフの王は最強の鋼鉄兵団“ゴールデン・アーミー”を生み出すが、
そのあまりの戦闘力に心を痛めた王みずからがそれを封印、人間と休戦協定を結ぶ。
以来、ゴールデン・アーミー復活の魔力を持つ王冠は3つに分散され、
決して1つになることはなかった──。
超常現象捜査防衛局(BPRD)の凄腕エージェントとして人間のために
魔物退治にあたっているヘルボーイ。
目下、同僚であり恋人でもあるリズとの関係に頭を悩ませる日々。
そんなある夜、マンハッタンの古美術オークション会場が何者かに襲撃される事件が発生、
さっそくヘルボーイは相棒のエイブ、そしてリズと共に現場に急行する。
そして、そこにいた凶暴なトゥース・フェアリーの群れを何とか退治した一行は、
事件の手がかりを求めて妖精や魔物たちが跋扈するニューヨークの地下世界
“トロール市場”に潜入する。
やがて、エルフのヌアダ王子がゴールデン・アーミーの復活を目論んでいることを知った
ヘルボーイたちは、人類を守るためその恐るべき計画の阻止に立ち上がるのだったが…。


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!


地獄生まれの正義のヒーロー
魔界最強の敵に挑む!!



地獄からやってきたちょんまげ姿の赤いおっさん ヘルボーイが魔物退治で活躍する、
姿はカッコ良くないのに、なぜかカッコ良いヒーロー映画であります。

遥か昔のエルフ族とのなんやかんやで、エルフ族の王子が
最強軍団ゴールデン・アーミーを復活させて人類滅亡を企んでいるのを知った
超常現象捜査防衛局凄腕エージェントのヘルボーイが、
半魚人みたいな水棲人間エイブと念動発火の能力をもつリズと共に
人類のために頑張ってくれちゃうわけでございますね。

歯の妖精、森の妖精、トロール市場などのファンタジーな世界で登場する
肉厚で滑らかで自然な動きで、顔の表情さえも豊かに表現された
クリーチャーたちの完成度の高さ、
ワンサカでてくるゴールデン・アーミー軍団には圧巻であります。
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ監督らしい
魅惑的なファンタジーの世界が繰り広げられ、魅了されまくりでありました。

アクションシーンにも手抜きは一切無いのであります。
ヘルボーイとマッチョな怪物ウィンクとの戦いは、
ボクシングのような荒々しい激しさでのぶつかり合い。
ヘルボーイとヌアダ王子との戦いは、舞踏のように華麗で美しくなど、
キャラクターに合わせたバトルシーンの数々で楽しませてくれました。

ヘルボーイを演じるのは、もうこの人しかいないロン・パールマンであります。
相変わらず、特殊メイクなのに、ロン・パールマンそのもの。
やる気があるのかないのか分からないオヤジヒーローぶり、
ジョークを飛ばしまくりのダルイ仕事ぶりと、
猫好き&赤ちゃん好きの心優しい一面、
恋人リズとの関係に頭を悩ませ、人間に好かれようとするおちゃめさ、
人間臭さがなんとも魅力的であります。

そんなヘルボーイが、初ロマンスが訪れた水棲人間エイブと共に、
バリー・マニロウの「涙色の微笑」を不器用な男心と共に、
ほろ酔い気分で歌い上げる姿には吹き出しました。
こんな風に所々で懐かしかったり、カッコよかったりする
音楽が絶妙に使われているのも最高であります。

赤ちゃん片手のヘルボーイと豆っころだったはずの森の精霊とのド迫力の戦いの後、
もののけ姫を連想させるような美しい描写と
人間たちに化け物扱いされるヘルボーイと仲間たちのシーンや、
ヘルボーイを想うリズに、恋したエイブの思いに、
悪役のはずのヌアダ王子の思いにまでも
なんだかか切なくなってしまったりもして侮れない演出が光ります。

そんなこんなで、
前作よりもスケールが格段に大きくなって帰ってきたヘルボーイは、
ヒーロー映画としても、アクション映画としても、ヒューマンドラマやコメディ、
不気味で美しいファンタジーの世界、
ヘルボーイ&エイブのほろ酔い歌劇場まであったりして
さまざまな要素でこれでもかと楽しませてくれる満足度の高い映画でありました。



下矢印ランキング参加中です。ポチっとしてくれたら感激ですウィンク
にほんブログ村 映画ブログへ




ロン・パールマン/ヘルボーイ


パンズ・ラビリンス


ヘルボーイ アニメイテッド ブラッド・アンド・アイアン






最終更新日  2009.12.05 22:03:50
コメント(6) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.