1061172 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2022.08
2022.07
2022.06
2022.05
2022.04

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) tv props and reply cialisviagra and cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) pfizer viagra kaufen ohne rezept <a…
ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…

お気に入りブログ

永遠の歌姫 サボテン_01さん

Guildの反撃!!! Guild26さん
MY HIDEOU… GATECRASHERさん
Cinema Collection ひろちゃん★510さん
masalaの辛口… マサラ0517さん
2010.01.13
XML
カテゴリ:映画 カ行
『クリムト』を観ました目

19世紀末のオーストリアに実在した天才画家クリムトの、時代を先取りした作品と
彼の人生を描いたファンタジーですかちんこ


>>『クリムト』関連

原題: KLIMT
ジャンル: ドラマ/伝記
上映時間: 97分
製作国: 2006年・オーストリア/フランス/ドイツ/イギリス
監督・脚本: ラウル・ルイス
出演: ジョン・マルコヴィッチ ヴェロニカ・フェレ サフロン・バロウズ


【ストーリー】
1900年、パリ万博に出品されたクリムトのスキャンダラスな絵画は、保守的なウィーンでの
酷評をよそに賞賛をもって迎えられる。
その会場で、美しい女性レアを目にして心奪われたクリムトは、恋人ミディの嫉妬にも
かかわらず、文化省の書記官の計らいで、レアとの密会を果たし、彼女の肖像画を描く
約束を取り付ける。
その後ウィーンに戻ったクリムトは、国からの助成金を打ち切られたことでますます反発を
強め先鋭的になっていく。
恋人ミディ、絵のモデルたち、そして“宿命の女(ファム・ファタール)”レア、
愛に奔放なクリムトの心は次第に現実世界を飛び越えていく…。


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!


私の自画像はない。自分自身に興味がない。
むしろ他人、特に女性に強く惹かれるのだ。



クリムトさんという画家をよく知らないのに、
ジョン・マルコヴィッチと”エロティック”という
言葉に惹かれて観てしまった作品であります。

19世紀末のウィーンでエロスを究極の美に昇華させた天才画家クリムトの病院での最期、
混濁した意識の中、自らの人生を回想していくわけでありますが、
鏡やら、ヌードの女性やら、猫、可笑しな書記官、謎の女性とその偽者、
さらにはマルコヴィッチの穴を垣間見たような偽者のクリムトとの殴り合いに爆笑、
という具合に実に掴みどころの無い、アーティスティックなストーリー展開に
単細胞の僕の脳みそは混乱し、ボーっと眺めるという手法に落ち着いていました。

クリムトを演じたジョン・マルコヴィッチが気だるさを漂わせて、
謎の女性を追い求める女たらしのクリムトを熱演し、
全裸の女性モデルに囲まれ、金箔が舞い落ち、雪の降る街並みに、
豪華絢爛なセレブパーティーに、エロティックな部屋に、
謎めいた19世紀の雰囲気にハマっておりました。

しかし、芸術というものには縁遠い僕の脳では消化しきれず、
なんとも表現し難い不思議な映画でありました。



下矢印ランキング参加中です。ウィンク
にほんブログ村 映画ブログへ TREview





ザッツ★マジックアワー ダメ男ハワードのステキな人生/ジョン・マルコヴィッチ


リプリーズ・ゲーム/ジョン・マルコヴィッチ


バンク・ジョブ デラックス版






最終更新日  2010.01.13 23:16:42
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:『クリムト』 2006年・オーストリア/フランス/ドイツ/イギリス(01/13)   猫人 さん
こんばんわ、tapoさん!

天才画家クリムトの映画ですか~。
エロスを強調した“女性の裸体”を描いた作品が多い画家のひとりだったかな?
ウィーンの美術館の装飾とかも手掛けてましたよね。

と、絵心があるフリをしてるあたくしですが…(^_^;

マルコヴィッチ出演なのでちょっと気になりますが、
tapoさんでも摩訶不思議ワールドだったのですね~。

(2010.01.14 00:53:01)

Re:『クリムト』 2006年・オーストリア/フランス/ドイツ/イギリス(01/13)   kinocochan さん
こんにちわ、tapoさん!

以前見た【ゴーギャン】が面白かったことと、クリムトの絵が好きなことと、主演がマルコヴィッチなので私も見たよ~。
と言うか、途中でやめてしまいました。
あまりにも解んなくて。
よっぽどクリムトに興味がある人しか無理かもネ@

マルコヴィッチは偉人役(あと変人役!)が似合うよね。

(2010.01.14 16:10:18)

Re[1]:猫人さんへ   tapomushi12 さん
こんばんは♪

>天才画家クリムトの映画ですか~。
>エロスを強調した“女性の裸体”を描いた作品が多い画家のひとりだったかな?
>ウィーンの美術館の装飾とかも手掛けてましたよね。
>と、絵心があるフリをしてるあたくしですが…(^_^;

よくご存じで!さすが猫人さん(^_^)
僕なんて全く知らない世界にエロとマルコヴィッチに惹かれて踏み入れてしまったので撃沈しました(^_^;)

>マルコヴィッチ出演なのでちょっと気になりますが、
>tapoさんでも摩訶不思議ワールドだったのですね~。

そうなんですよ~
マルコヴィッチは罪深い男ですよ、全く(^^ゞ

(2010.01.14 23:43:53)

Re[1]:kinoさんへ   tapomushi12 さん
こんばんは♪

>以前見た【ゴーギャン】が面白かったことと、クリムトの絵が好きなことと、主演がマルコヴィッチなので私も見たよ~。
>と言うか、途中でやめてしまいました。
>あまりにも解んなくて。
>よっぽどクリムトに興味がある人しか無理かもネ@

絵心のあるkinoさんでもダメでしたか…
ちょっと安心しました(^^ゞ
不思議なくらいにファンタジーしてましたね。

>マルコヴィッチは偉人役(あと変人役!)が似合うよね。

確かに♪
キレているマルコヴィッチが観れればそれで満足だったりする僕も
変人かも(^_^??

(2010.01.14 23:48:11)


© Rakuten Group, Inc.