904909 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきらく楽天 映画生活

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) tv props and reply cialisviagra and cia…
http://viagrayosale.com/@ Re:『ターミネーター』を観たぞ~!(06/12) pfizer viagra kaufen ohne rezept <a…
ETCマンツーマン英会話@ Re:『レールズ&タイズ』を観たぞ~!(12/12) 『レールズ&タイズ』を調べていてこちら…
hoshiochi@ Re:『ノウイング』を観たぞ~!(07/13) はじめまして。私もこの映画をテレビで見…

お気に入りブログ

骨盤の矯正 New! サボテン_01さん

劇場鑑賞「記憶屋 あ… New! BROOKさん

金曜は・・・ めが姫さん

2019年初鑑賞映画ベ… takusyunさん

Guildの反撃!!! Guild26さん
2010.01.28
XML
カテゴリ:映画 ア行
『インクレディブル・ハルク』を観ました目

怒りや恐怖の感情が高まると、緑色の巨人“ハルク”に変身する青年の苦悩と活躍を描く
ヒーロー・アクションですかちんこ


>>『インクレディブル・ハルク』関連

原題: THE INCREDIBLE HULK
ジャンル: アクション/SF/アドベンチャー
製作: 2008年・アメリカ
上映時間: 112分
監督: ルイ・レテリエ
出演: エドワード・ノートン リヴ・タイラー ティム・ロス


【ストーリー】
科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の命令を受けて人体への
放射線抵抗を研究していた。
ところがその研究実験中に事故が発生、多量のガンマ線を浴びたブルースは、
怒りを感じて心拍数が200を越えると約2.7メートルもの巨大な緑色のモンスター=ハルクに
変身する特殊体質となってしまう。
それ以来、彼を利用しようとする軍の追跡を逃れ、ブラジルに身を隠して治療薬開発と
細胞の解明に専念するブルース。
しかし、ふとした出来事からブルースの居場所が割れてしまい、ロス将軍によって
送り込まれた特殊部隊員ブロンスキーらに包囲されてしまう。
だがその時ブルースはハルクへと変身、部隊を一蹴し、間一髪のとこで逃亡に成功するのだったが…。


下矢印ここから先はネタバレを含みます。!ご注意を!!!


その「力」、ためらうな。


2003年にアン・リー監督がエリック・バナ主演で実写映画化したハルク。
まだまだ記憶に新しいのに、リメイク。
おや、アン・リー版は無かったことになのか(?)
なんていう疑問を抱えての鑑賞であります。

そうは言っても、原作を読んでいない僕にとっては、
2003年版で学習したハルク誕生秘話と、
冒頭部分のサラサラッと流される思い出映像で、
ブルースの隠遁生活の意味、精神鍛錬の意味、
治療薬の開発の意味が分かるわけでありまして、
アン・リー版も観ておいて良かったとなるのであります。
その効果もあってか、こちらの作品の方がギュギューッと濃縮された感じがして、
数段面白く感じられました。

隠遁生活が一転して軍から追われるブルースさんが逃げ回る姿は、
まるでボーン・シリーズのような生身のアクションが繰り広げられ、
真昼間の大学構内ではハルクの暴れっぷりを迫力のCGで描き出し、
さらには、ライバルも必要だねってことで、
いかにも極悪そうなアボミネーションを投入し、
NYの街をグチャグチャにしてガチンコのバトルを繰り広げてくれちゃうわけで、
アクション映画大好き&アメコミ映画大好きの僕の心を
しっかりと鷲掴みされてしまうわけであります。

ブルースを演じたエドワード・ノートンが科学者らしく知的で、
どう見たって肉体派ではなく、ヒーローっぽくないというのが
ブルースというキャラクターにピッタリとハマっております。
ハルクに変身したくない、平穏な暮らしを求める姿に哀愁と苦悩を感じさせるのは
流石演技派であります。

ブルースが愛するベティには、リヴ・タイラー。
見るからに愛らしく美しいリヴ・タイラーは、
ブルースの痛みや悲しみを感じ取れる唯一の理解者としてのベティのキャラクターに
これまたハマっております。
ハルクと洞窟で並んで座る姿もキング・コングを髣髴させ、なんか良い感じだったし、
タクシーの暴走にはブチギレし、ブルースをドギマギさせてしまうなんて
お転婆度も兼ね備えていて、ことさら可愛らしいのであります。

そして、最強の兵士になりたいブロンスキーを演じたティム・ロスの怪演、
愛する娘と軍の兵器であるハルク捕獲に頭を悩ます
ロス将軍を演じたウィリアム・ハートの安心感のある演技に支えられ、
人間ドラマとしても楽しめるのでありました。

一番伸びるパンツを調達するブルースとか、
心拍数の上がってしまう素敵な運動は出来ない残念さとか、
コミカルな描写も絶妙に組み込まれ飽きさせることのない楽しませ方も良いんですね。

さすがに、ハルクスマーーーーシュが炸裂した時には、
コミカルどころではなく爆笑してしまいましたが・・・。

ラストには、超リッチでダンディなあの方が登場するなんて、
最後まで憎い演出が光る作品でありました。



下矢印ランキング参加中です。ウィンク
にほんブログ村 映画ブログへ  TREview





[枚数限定][限定版]ハルク/エリック・バナ


幻影師アイゼンハイム


ストレンジャーズ/戦慄の訪問者/リヴ・タイラー






最終更新日  2010.01.28 22:28:38
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.