1717141 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

猫と財布に優しい生活

2006年01月31日
XML
カテゴリ: 〓 通年
ネコと暮らしていると、室内で吐かれてしまうこともあります。
医学的な話はよそのサイトに譲って、ここで書くのは吐いた物の後始末。

パックス 重曹

胃液は胃酸を含んでいるので、アルカリ性の重曹が相性が良さそうです。
スプーン山盛りの重曹を、吐いた物の上に撒きます。足りなかったら追加して。
ありあわせの紙を丸めて、バレンのようにグルグル動かし、汚れに重曹をまんべんなく行き渡らせます。

グルグルやっていると、ネコが寄ってきます。
「吐いたらスッキリしたにゃ~。にゃにしてんの? この白いのにゃ~に?」
「触っちゃダメっ! あっち行ってなさいっ!」
「あ~ん、掃除機きらいにゃ~」

掃除機でネコを追っ払いながら重曹を吸い取り、チョコッとお酢をスプレーして拭いて、おしまい。


「おばあちゃんの知恵」で、嘔吐には塩という方法も聞いたことがあります。
塩で汚れが固まるそうです。
でも、塩分はネコの身体によくないですよね。
掃除中のところをチョロチョロされたら身体に付くし、身体に付いたら舐めますから。

重曹だってむやみな摂取はNG。
でも同じ量の塩と重曹を比べたら、安全なのは重曹のほうだと思います。
吐き気止めの効用もあるそうですしね。






最終更新日  2006年01月31日 18時59分44秒
コメント(0) | コメントを書く
[ 〓 通年] カテゴリの最新記事

PR

サイド自由欄


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.