1779842 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「taraの憩いの部屋」のブログ

全1110件 (1110件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2020/05/27
XML
カテゴリ:
まずはお詫びから。
 以前の日記で「WRX S4とレヴォーグの受注を終了するらしい」と書いたのですが、これは誤りだったようです。
 申し訳ありません。
 確かにレヴォーグについてはスバルのHP上でも注文受け付け終了のアナウンスが表示されるようになりました。
 しかしWRX S4に関してはそのような表示はされません。
 それどころか新商品がアナウンスされました。
 それが今回のタイトルに書いた「WRX S4 STI Sport#」です。



 「WRX S4 STI Sport」と言うモデルもあるのですが、それとは異なるようです。
 外装ではS208と同じ大型のフロントアンダースポイラーとリヤバンパーのサイドダクトが目立ちますね。
 チューニングでは例によってフレキシブル系の補強パーツが装着されているのですが、今回新たに「フレキシブルドロースティフナーリヤ&ガードバー」が設定されました。
 トランクスルー機能のためにセダンでありながらリヤの開口部が大きく取られていますからね、これは効果があるのかも知れません。
 それと、フロントのタワーバーは専用設計だそうです。
 これらの補強は分かる人には分かるのかな。
 僕には体感出来る自信がありません。

  「Sport#」と言えば、


 SI-DRIVEのモード名なんですけど。
 どうしてモード名をグレード名に使うかな。 
 チューニング内容を見ると「シャープ」と名付けたかった理由は分からないでもないけど。

 「EJ20 Final Edition」ほどのインパクトはないけど、スポーツモデルが姿を消していく中ではカンフル剤にはなるのかな。
 受注期間は10/22までの500台限定。
 果たして受注期間以内に500台を売り切ることは出来るのか!?






最終更新日  2020/05/27 07:07:09 PM
コメント(2) | コメントを書く


2020/05/26
カテゴリ:


 こんな所では絶対に入れたくない!
 上がるのが早すぎるよ~。
 備蓄タンクに入りきらない程の原油が有るんじゃなかったのぉ?






最終更新日  2020/05/26 08:44:31 AM
コメント(4) | コメントを書く
2020/05/13
カテゴリ:


 時すでに遅し。
 とは言いませんよ。
 新規感染者の報告数が減っているとは言え疑い症例を含め患者さんがゼロになったわけではないし、この手の支援はまだまだ必要だろうと思います。
 でもね、この時期にフェイスシールドだけと言うのが残念でならない。
 後発も後発、最後発なんだから、時間を掛けて練った支援策をドドン!と発表して欲しかった。
 素人が考えるような簡単な話ではないのかなぁ。

 さて、スバルはついにBRZとB4に続いてWRX S4とレヴォーグの受注を終了するそうです。
 スバルのHPを見てもまだその情報は出ていないのですが、5月中に終了という噂です。
 それが本当ならば、先に発表されたBRZやB4よりも早く終了になってしまうと言う事です。
 急にどうしたんだろ?



 寂しいラインナップだなぁ。
 新型レヴォーグが投入されれば華やかになるか?






最終更新日  2020/05/13 06:37:39 PM
コメント(6) | コメントを書く
2020/05/09
カテゴリ:
その存在が噂されていたWRX S4の覆面パトを捕捉する事に成功しました!



 ドライブレコーダーの画像を拡大しているため見にくくてスミマセン。
 見極めポイントは、矢印で示したようにリヤワイパーが外されている事と、トランクの右端にアンテナと思われる物体が装着されているところです。
 しばらくの間、真後ろをビタッと貼り付いて走行していたので、知らない人はWRXが連んで走っていると思ったのではないかな。
 因みに、この写真でパトライトが屋根に出ているのは僕を誘導しているのではなく、速度違反のレヴォーグを誘導しているためです。
 まさかWRブルーのWRXが覆面パトだとは思わなかったのでしょうね。
 埼玉県内の関越道を走る際は気を付けましょう!






最終更新日  2020/05/09 08:04:41 PM
コメント(4) | コメントを書く
2020/05/01
カテゴリ:
緊急事態宣言が延長されるようです。
 「当たり前じゃん。」と言う他ありません。
 そもそも、感染症を相手にして期限が決められるワケがありません。
 期限を設定するのではなく、感染者数や重傷者数、治療法の確立など疾患の面から宣言の解除基準を考えなければならないでしょうに。
 専門家会議の先生方はこの事は分かっているハズ。
 「専門家の意見を伺いながら・・・」と言いながら話を聞いてくれないのかなぁ。

 政治家の動きがイマイチでも、自動車業界は支援に向けて徐々に動き始めていますね。

トヨタ
日産
ホンダ
マツダ
三菱

 会社の規模から考えればもっとダイナミックな活動が出来るのでは?と思ってしまいますが、先ずは出来る事から始めると言う事も大事ですよね。
 日本の場合は医療関係の規制がキツいし、お役所の頭はカタいし。
 それに比べて海外のメーカーはダイナミックにスピーディーに支援を行っています。
 羨ましい。
 メルセデスのCPAPはさぞかし高性能なんだろうなぁ。
 個人的にはランボルギーニのマスクが欲しいです。

 と言ったところで、スバルの活動は?
 今日、SUBARUメールマガジンで下の記事が届きました。



 患者搬送用の車両提供を開始したのかと思ったら以前からあるドクターカーの話でした。
 何処を探してもCOVID-19に関わる新しい取り組みが見付かりません。
 マジで?
 まさか何も支援活動をしていないなんて事はないよね。
 僕の探し方が不十分で、本当はコッソリと支援を行っているの?
 ご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい。

 本当に何もしていないのなら、次にスバル車を選ぶ事はないかも。
 当分はSTIを降りる事はないけどね。






最終更新日  2020/05/01 09:33:20 PM
コメント(4) | コメントを書く
2020/04/28
カテゴリ:日々の出来事
「ステイホーム!」が叫ばれている中、皆様如何お過ごしでしょうか。
 僕の職種はエッセンシャルワーカーの一つに数えられるため、通常通りの仕事をこなしています。
 当然ながら新型コロナの影響はありますけどね。
 今日のニュースで興味深いものがありました。

 「入学、始業を9月に」

 学校の始業を9月に変更しようという議論は以前からあります。
 世界を見渡すと4月入学という国は数える程しかなく、多くの国が9月入学です。
 留学や海外赴任などの事を考えると4月入学を貫くメリットがあるとは思えません。

 9月入学で予想されるメリット(素人考え)。
 1. 世界各国と足並みを揃える事で受け入れも含めて留学しやすくなる。
 2. 夏休みを膨大な宿題に追われることなく自己研鑽に当てることが出来る。
 3. 受験生はインフルエンザ等に怯えることなく健康管理が楽になる。
 4. 甲子園大会が夏から秋に変更され、炎天下で苦しむことなく観客も安心。

 専門家からすればもっと理論的で学術的なメリットが提唱されているのだと思います。
 デメリットは? この際それは考えません。
 3月から授業がストップしてしまっている今こそ、日本国内が大混乱の今こそ、どさくさ紛れと言われようと大変革を敢行するチャンスでしょう!

 「これを機に」と言えば。
 海外で生産している物品の供給が不安定になっている事を鑑みれば、多少のコスト高は覚悟して国内生産を復活させませんか?(国内生産品がなくて本当に困ってます)
 食料品や家畜の餌も海外に頼り過ぎていて貿易が停滞すれば食糧危機を迎えてしまう危険性があるんだし、食料自給率をアップさせませんか?(一歩間違えると日本人は餓死してしまいます)
 テレワークで通信網の重要性が改めて認識されているんだし、5Gの展開を加速させませんか?(mineoユーザーの僕にとっては当分先の話だろうけど)
 テレワークが可能なら、東京に一極集中するのはやめませんか?(東京は人が多すぎる!)
 国難、有事に適切な危機管理が出来ないトップはさっさと退陣してくれませんか?(有能な海外のトップが羨ましいです)

 収束に向けて一筋の光も見えませんが、一人ひとりが出来る事をして国難に立ち向かっていきましょう。


 追記


 帰宅したら太田市からマスクが届いていました。
 勿論、髪の毛や虫の混入もなければカビもなし。
 役に立たない洗濯再利用可能な布マスク2枚か、役に立つ使い切りサージカルマスク5枚か。
 その価値は人によって異なると思いますが、僕は迷わず後者に軍配を上げます。
 太田市長、ありがとう!






最終更新日  2020/04/28 08:16:36 PM
コメント(6) | コメントを書く
2020/04/21
カテゴリ:
1. 注文受付が終了






 BRZとB4の注文受付が終了するそうです。
 画像は東京スバルから拝借しました。
 3/23の日記で紹介したようにトヨタとの共同開発は進んでいるようだから、いよいよ次期BRZを発表か!
 と思って情報を探っても予想の域を超えた記事は見付かりません。
 レガシィに関しては北米では既に7代目となるBW型が投入されているため、やっと7代目にスイッチかと思ったらそうでもないみたいです。
 アウトバックの終了はアナウンスされていないのでレガシィの血筋が途絶えるわけではありませんが、僕にしてみればあれはレガシィではありません。
 レガシィと言えばスポーツカー並みに走れるワゴンやセダンであって、SUVではないのです。
 インプレッサも然り。
 今のインプレッサは僕らが憧れたインプレッサではありません。
 それらの役目をレヴォーグとS4が担っているとは言えますが・・・。

 スバルはSTIを失い、BRZを失い、レガシィを失い、WRX S4も存続が危ぶまれています。
 次々にスバルのスピリットが失われていきます。
 新型WRXや新型BRZの噂は流れ続けてはいますが、出たとしてもヘタをすると7代目レガシィのように北米専用車になってしまうかも知れません。

 BRZとB4の件はやっぱり企業別平均燃費規制(CAFE)対策なのかなぁ。
 そして、今般のCOVID-19の打撃。
 スバル自体の存続がヤバい?

2. ガソリン価格














 これは2004年から記録を取り始めたハイオク・ガソリンの価格の推移です。
 遂に120円/L台に突入しました。
 BPに乗り始めた頃は122円/Lだったんですねぇ。
 189円/Lなんて時もあれば105円/Lなんて時もありました。
 そして今また、ガソリン価格急降下の兆しが見えています。
 なんと「原油価格がマイナス化」という素人にはよく分からない事態になっています。
 僕らも給油したらお金をくれるのかなぁ。←アホか。
 そう言えば、「5年3組魔法組」で買い物をするとお金が貰えると言うエピソードがありましたね。←古い!覚えている人いるかな?
 原油価格マイナス化もCOVID-19の影響です。
 ただし、このガソリン価格に関しては取り敢えず喜んでおきます。

3. キリ番を逃したので


 「33333」を逃したため意地になってゲットした「34567」。
 「だから何?」なんて言わないでね。
 そろそろエンジン・オイル交換の時期だけど、ディーラーはCOVID-19対策で営業時間が短縮されて、整備の受付は16:00までになってしまいました。
 5/10までらしいけど、それまでに感染が収束するとは思えないしなぁ。
 エンジン・オイル交換は不要不急の範疇かな。

 ここにもCOVID-19の影響が出ています。
 あ~、イヤだ、イヤだ。






最終更新日  2020/04/21 08:26:54 PM
コメント(8) | コメントを書く
2020/04/18


 しつこいようですが、ミレニアム・ファルコンの両舷のエアロックです。
 ハッチと思われる部分に使われているパーツが左右で異なります。
 左舷に対して右舷はパーツが少ないのですが、よく見ると右舷はグレーが濃いところや表面が荒れている部分があり、パーツが外れてしまった痕の様にも見えます。
 アントマンさんが指摘された「ロストパーツが数点ある」とはこの部分の事を指しているのだと思います。
 そうだとすると、ロストパーツは左舷と同じパーツだったのかと言う事が次の論点になるのですが、痕の位置や大きさが一致しそうにありません。
 一方、ネットで出回っているこの手の写真は展示会で撮影されてもののため、どれもパーツが失われた後の写真ばかりです。
 ならばと、撮影時の写真をあさってみました。







 それで引っかかったのがこの二枚。
 雰囲気が似ているから同じタイミングで撮影されたものかな?
 それぞれのエアロックを拡大してみましょう。



 まずは右舷のエアロックから・・・あれ?
 ①と②の部分に特徴的なものが写っているのがお分かりになりますか。
 これは先の写真で左舷として紹介したものの特徴(サビやパーツ)を持っています。
 では、左舷はどうなっているのか。



 ③から⑥の部分に先の左舷とも右舷とも異なる特徴があります。
 ん????
 どうなってんの?

 仮説その1:撮影時には右舷で使用されていたハッチがその後に左舷に取り付けられた。
 仮説その2:取り外し出来るようにしていたハッチは破損しやすいため何個か作られていた。
 仮説その3:現在右舷に取り付けられているハッチは予備パーツ、あるいは後から作られた。

 真実はいかに!
 ご存じの方いらっしゃいますか?






最終更新日  2020/04/18 08:27:23 PM
コメント(4) | コメントを書く
2020/04/12
「怒られるような事」とは。



 これはプロップの右舷エアロックです。



 これは僕の右舷エアロック。
 もう分かりましたよね。



 ①のパーツは「ハセガワ 1/450スケールシリーズ No.8 旧日本海軍大型航空母艦 赤城」のパーツです。
 左舷では「赤城」が使用されているのですが、右舷で使用されているのは「Revell 1/547 ミッドウェイ」のパーツなのです。
 でも、僕は「ミッドウェイ」を持っていません。
 「赤城」にはこのパーツが沢山入っているので、右舷でも使っちゃいました!(ますます拘り度が低下しているなぁ)
 似たようなパーツなのに、ILMのスタッフは何故左右で違うパーツを使用したのでしょうか。
 ついでに言うと、一緒に写っている②の板状パーツも左右で違います。
 左舷は「タミヤ 1/700 ウォーターラインシリーズ No.24 航空母艦 信濃」で、右舷は「ハセガワ 1/72 ミニボックスシリーズ No.32 ドイツ 600m/m 自走臼砲 カール 貨車付」。
 「信濃」のパーツの方が格好良いんだよなぁ。
 周辺の細かいパーツも右舷の方が少ないし。
 左右で製作者が違ったのかな?






最終更新日  2020/04/12 07:48:22 AM
コメント(6) | コメントを書く
2020/04/09


 デアゴ・ファルコンの右舷エアロックです。
 左舷と同じように全体に甘い感じですが、僕がディテールアップした物よりも正確な部分があります。



 こちがディテールアップした物。
 パーツ解析している人からすると、「おい、コラ!」と怒られるような事をしています。
 間違い探しのようですが、パーツ解析している人でないと分からないかも。



 これで側面は一段落。
 次からは遂にミレニアム・ファルコンのメインイベントに入ります。
 楽しみだった部分ですが、準備に時間と労力が必要そうで心が折れかねません。
 拘りは程ほどに~。と自分に言い聞かせています。






最終更新日  2020/04/09 11:35:33 PM
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1110件 (1110件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.