689389 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

tartaros  ―タルタロス―

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


こうず2608

Favorite Blog

テレビ New! せいやんせいやんさん

次の巻で完結!! New! saruninkoさん

Japanisch Ahnener… バルザーヤさん
DESTINY アルト・アイゼンさん
あの三島由紀夫・大… sh3042さん

Comments

正体は狐ですなぁ~w@ Re:「仏陀再誕」を観てきたぞ(^q^)/ (※ネタバレ全開)(11/25) 個人的には荒井よりも覚念のほうがヤバイ…
村石太マン@ 宗教研究会(名前検討中 哲学的 心理学的 文章ですね。文系 理…
村石太マン@ 宗教研究会(名前検討中 村石太仮面 で 検索中です 一般の新聞は…
村石太仮面@ アルジェリアと フランス~ フランスの核ミサイル フランス カルト で 検索中です なぜ …
村石太仮面@ アルジェリアと フランス~ フランスの核ミサイル フランス カルト で 検索中です なぜ …

Freepage List

2007.09.28
XML
カテゴリ:映画
何年か前に日曜洋画劇場で放映された際、あまりに怖くて最後まで観るのを断念した「ザ・フライ2 二世誕生」を、この度改めて観ました。



前作「ザ・フライ」は、ヒトと蝿の遺伝子が融合してしまった男が少しずつ怪物に変容していく恐怖、人ならざる姿になってしまった悲哀を描いたホラー要素の強い映画でした。
が、続編となる今作からはそうしたホラー的要素が排されてしまい、個人的には不満。



物語後半で主人公・マーティンが怪物と化して、自分を実験体に使用していた研究所員を襲撃し始めるのはなかなか楽しめたのですが、これではもはやモンスター映画。
特撮のインパクト自体グレードがダウンしている感が否めません。怪物化後の姿の造形の素晴らしさと、どんなに醜く変身しても主人公を変わらず愛する恋人の存在が一応の救い。


ただ、テレポッド起動のパスワードが「DAD」なのは、マーティンの実の父に対する思いやら、父のように慕っていたバートックが、実は自分を実験動物並みにしか見ていなかった事実やらを連想させて哀しくなった。(結末は一応ハッピーエンドだけど)


しかし、全体通してみると、また別の理由で哀しくなってくる映画でした。やっぱり前作の方が……。
















Last updated  2007.09.28 22:54:19
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:制作費は増えているハズなのだが(09/28)   悠久刹那 さん
ああ・・・あれには己もがっかりさせられましたな。
一番突っ込みたかったのは・・・簡易エレベーター?の下敷きになった人間の頭がトマトのごとく潰れるシーン。
勢いつけておちてきたならともかく・・・あんなゆっくりに降りてきたエレベーターになぜ・・・
一応、人の頭、一トン近くまで原型維持できるはずなのに・・・(当然頭蓋骨砕けて脳挫傷だろうけど) (2007.09.29 01:24:40)

Re[1]:制作費は増えているハズなのだが(09/28)   こうず2608 さん
悠久刹那さん

確かにあれは観てて「ん?」と思いました。
途中から急加速でもしたんでしょうか…?

予算をかければ面白くなるワケではないのですね……。



(2007.09.29 21:48:57)


© Rakuten Group, Inc.