614049 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

tartaros  ―タルタロス―

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


こうず2608

Favorite Blog

暑いので New! せいやんせいやんさん

七夕ですね。 New! saruninkoさん

Japanisch Ahnener… バルザーヤさん
DESTINY アルト・アイゼンさん
あの三島由紀夫・大… sh3042さん

Comments

正体は狐ですなぁ~w@ Re:「仏陀再誕」を観てきたぞ(^q^)/ (※ネタバレ全開)(11/25) 個人的には荒井よりも覚念のほうがヤバイ…
村石太マン@ 宗教研究会(名前検討中 哲学的 心理学的 文章ですね。文系 理…
村石太マン@ 宗教研究会(名前検討中 村石太仮面 で 検索中です 一般の新聞は…
村石太仮面@ アルジェリアと フランス~ フランスの核ミサイル フランス カルト で 検索中です なぜ …
村石太仮面@ アルジェリアと フランス~ フランスの核ミサイル フランス カルト で 検索中です なぜ …

Freepage List

2009.09.11
XML
カテゴリ:日常の出来事
 学校帰りの丸善で「スターリングラード 運命の攻囲戦」という戦史ノンフィクションを買ってきた。この手のノンフィクションを買うのは初めてである。というか、何でまた独ソ戦なのかは自分でも判らない。
 もしかしたら「西部戦線異状なし」が面白かったせいかもしれない。あれもドイツの話だし。題材はWW1だけど。しかも西部戦線だから独仏戦だ。


 しかし、文学であれ絵画であれ音楽であれ映像であれ、どういった形であれ“記録”なるものが遺されるのは重要だと思わざるを得ない。人間の記憶が実にいい加減で都合の良いように改変され得、また忘れられやすいものである以上は。
 先日も、日韓の領土問題はおろか「竹島」という言葉すら知らない奴に直面してほとほと辟易してしまったばかりなのだ。あれだけマスコミでも騒がれており、ネットなんぞ使わずともある程度の情報が得られる状況を享受しているのに、である。
 情報化社会と俗諺の如き言われようをしている現代日本だが、いくら情報が氾濫しても、それをヒトが能動的に摂取しない限りは腐るに任せて死骸の山を積み上げるに等しい行為である。レイ・ブラッドベリ的なディストピアを、自ら進んで受け容れかねない現代日本の哀しさと言ったらない。
 という訳で、たとえ忘れ去られてしまっても、いつか日の目を見るために保存されるという事は必要だ。膨大な過去という財産は、ただ存在するだけでも価値がある。






Last updated  2009.09.11 22:54:21
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.