2007.04.02

ライト兄弟よりも早い

(2)
カテゴリ:時事ネタ
世界初の飛行機は、朝鮮の“飛車”



世界初の飛行機は、ライト兄弟より300年先に作られた朝鮮時代の鄭平九による“飛車”だった。

朝鮮後期実学者シン・ギョンジュンの『旅庵全書』と、イ・ギュギョンの『五洲衍文長箋散稿』には、壬辰の乱の時、鄭平九と言う人物が飛車を作り、晋州城に閉じこめられた人々を城外に連れ出したが、その飛車は30里を飛んだ」と言う記録が残っている。しかし遺物や設計図のような証拠がないため、歴史的定説として認められることができない。


鄭平九の“飛車”を素材にした航空小説『忘れられた私達の飛車』を書いた大韓航空釜山気体整備工場課長コ・ウォンテ氏も当初、1590年代に我が国に飛行機が離陸したという記録を信じられなかったと言う。ところが長年の研究を経て、飛車の存在を確信、小説という形で考証に乗り出した。


この本は、飛行機の一般的な知識を自然に教えてくれることは勿論、400年間の忘れられた飛車の謎を解くと共に、世界初で空に飛行機を飛ばした韓国の航空歴史の根拠を捜し出す過程が記されている。飛車が世界に誇るに値する立派な科学文化遺産という自負心をも感じる。

(ソースinnolife.net)


スゴイ!朝鮮半島の科学力は世界一!!
そして、これが世界初の飛行機「飛車」だ!

飛車


えーと、この羽のついたハシゴが世界初の飛行機ですか?
どうやって飛ぶのだろう。無知な俺にぜひとも教えてください。
で、設計図とかどこに消えたんでしょうか?もしや秀吉に破壊・略奪された?

秀吉は悪い奴だ!




…ところで、中国は殷王朝の初代皇帝である湯王は、飛行機械を作って空を飛んだという伝説があるそうです。

さすが4000年の歴史を持つ中国。コ・ウォンテ氏の説が速攻で覆されてしまいますね。









TWITTER

Last updated  2007.04.02 20:34:20
コメント(2) | コメントを書く
[時事ネタ] カテゴリの最新記事