222894 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おいしい生活

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Archives

2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

コース

2007.08.20
XML
カテゴリ:コース
翌朝は、今回の宿泊メインのビュッフェ朝食!(笑)
しかし、こちらも息子には不評。不発でした。。

 297.jpg

私は、その場で作っていただくオムレツにお料理、フルーツ、ヨーグルト・・
と、すっかり堪能しましたが・・
ミニサイズとはいえ、メゾンカイザーのパンを12個くらい食べてしまい、
(クロワッサン、レザン×2、キャラメルザマンド×2、ティオレ×2、ブリオッシュ、プチ、ひまわり・・)
さすがにお腹がいっぱい!
早々に気がすんでしまい、引き上げ、
先に食事をすませ、息子と朝のお散歩に出かけた夫のところへ行くと、
「意外と早かったね」と、驚かれました(笑)
昨晩のカクテルタイムは、お呼びがかかるまで戻らなかったこともあり・・(笑)

結局いつも息子に振り回されてはいるものの・・
昨年と比べると、本当に大きくなった息子。
毎年の夏の恒例行事にしようかと検討中です。

色々ありましたが、思い出、たくさんできました。






Last updated  2007.08.27 00:22:34
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.16
カテゴリ:コース
昨晩は、本日最終日の東北物産展へ、
いかにして確実に出かけようかと言うことで頭がいっぱいで、
何だかあまりぐっすり眠れませんでした。(笑)

とりあえず、大まかなスケジュールはこうでした。
10時前後に家を出発→ずんだアイテムGET→伊勢丹内、短くウインドーショッピング
→早めに帰宅→王子寝かせつけ→そのうちに雨が降り始める。

しかし、計画はガラガラと音を立てて崩れ始めます。
まず、王子。朝からとても眠たそう。何だか不機嫌。
伊勢丹が開店する時間に外出をするのはちょうど難しそう。
しかも、降り始めの予定は午後からだったはずの雨が、9時の時点でもうすでにパラパラ。

(´Д`;)

ここでへこたれてはなりません。。
王子を何とかごまかし、もう結構な降りとなってしまった雨の中、
ベビーカーの王子に傘を差し、自分はずぶ濡れになりながら、開店前に伊勢丹着。
(ベビーカーに装着できるレインカバーがNGな王子・・)
開店を待ち、本当は苦手な店内スタッフ全員による「いらっしゃいませ。」攻撃にあいながら、
催事場へ一目散。

GETしましたよ・・。+゚( *´艸)( 艸`*)。+゚

・・と言いますか、馬鹿ですよね。。

この情熱。もっと別なところへ向かえば良いのに・・
王子ごめんね。あなたの母は、結構くだらない人です。。

さらに強くなってきた雨にうたれながらも、10時半には帰宅。
大ぐずりの王子を寝かしつけ、
とっても早めのランチをたらふく食べ、今に至ります。

GETしたずんだアイテムたちは、明日以降に、
ゆっくり時間をかけて大切にいただきたいと思っています。






Last updated  2007.04.16 12:05:51
コメント(0) | コメントを書く
2007.02.11
カテゴリ:コース
バレンタイン企画第二段(笑)
ピエールエルメのマカロンをお取り寄せしてみました。

 066.jpg 094.jpg

 104.jpg  102.jpg  101.jpg

エグランティーヌ&マロン   エグランティーヌ(野バラの実)のコンポート入り、
                  ガナッシュ、マロンクリーム、マロンポワレ片
ローズ   ローズ風味のクリーム
ミュティーン   ココナッツ入りマカロン生地、ミルクチョコレートとココナッツのガナッシュ

100.jpg 097.jpg  096.jpg

マロン テ ベール   マロングラッセ入りクリーム、抹茶のガナッシュ
シトロン   レモン風味のクリーム
ショコラ   ビターチョコレートガナッシュ

もちろん、全て仲良く半分こです(笑)

 010.jpg  106.jpg

マカロンがこんなに美味しいものだったとは!
そしてそして、意外にも、シトロンやローズと言ったような、
カラフルなものが特に気に入りました。
だけどそうです、それもそのはずです!
エルメのタルトオゥシトロン。
私の衝撃ケーキのひとつだったのでした。。








Last updated  2007.02.11 23:07:09
コメント(0) | コメントを書く
2006.12.29
カテゴリ:コース
先日、一緒に食べたい友人がいたからと言って
「禁断のチーズケーキ」を食べていましたが、
今度は、夫に食べてもらいたいからと言って、
「禁断の生チョコケーキ」です。
どちらも自分もしっかりと、
むしろメインとなり参加しているところがミソ。。



やはりパクパクと食べ進んでしまう危険な美味しさ。
ただ、チーズケーキを食べて、想像していたよりも、軽さはありませんでした。
しっかり生チョコ。
意外にも、こっちの方が好みかも!?
けっこう濃厚好きなのかもしれません。

ちなみに、半分ずつだなんて、夫には到底食し切ることができず、
でも今日でゴミ収集最終日!ゴミは探してでも出す!
と、言うことで、私が
長さ約17.5cm、横幅約6cm、高さ約4cm
の、こちらのケーキ。
5/6、一気に完食してしまいました。Σ(=゚ω゚=;ノ)ノ!!

何をどれだけ食べても太らず、むしろ痩せていく今だけの特権と言うことで・・
でも、おっぱいやめても、すっかり習慣化してしまったこの食生活は、
中々変えられませんよね。
あ~怖い!!
ちゃんとお腹空かなくなるんでしょうか??






Last updated  2006.12.29 07:28:12
コメント(0) | コメントを書く
2006.09.04
カテゴリ:コース
朝7時のオープンと同時に、
三人で朝食を頂きにラウンジへ向かいました。
ビュッフェ形式なのですが、驚きの豪華さにただただ感動です(笑)

ベビが一緒のため、ソファーの席に通していただき、さっそくお食事です。
昨晩からお腹が空いていたので、日頃の早食いの成果を発揮し、
もりもりてきぱき頂きました(笑)

 249.jpg  251.jpg  253.jpg

新鮮なお野菜は、美味しいキャロットのドレッシングで。
スモークサーモンはかなり気に入ってしまい、
クリームチーズをたっぷりと添えて、2度もおかわりを頂いてしまいました。
スクランブルエッグの他に、シェフがその場で作ってくれるオムレツもお願いしました。

少し小ぶりのパンは、感動の美味しさ!
あまりの美味しさに、ついついこんなに頂いてしまったのですが・・

 250.jpg  252.jpg  256.jpg

オ・レザン   キャラメルアーモンド

クロワッサン   さつまいも   ブリオッシュ

ピーカンホワイトショコラ

帰りに、メゾンカイザーのパンが下のレストランで購入できると言うことで、
いそいそと買いに出かけると、なんと朝ラウンジで頂いたパンがそのまま並んでいました。
もちろん、「それならば・・」「朝いただいたので・・」と、購入は見送らせていただきましたが、
さすがカイザーのパン!カイザーのものとは知らずに食べてもあんなにも美味しいのですね。。
あんなに小ぶりのパンも作っているとは知らなかったと言うものの、
「カイザーのパンだと知っていたら、もっとパンを中心に食べたのに・・」
と、2つしか頂いていなかった夫は残念そうでした。
これだけ種類を楽しんだ私でさえも、特に気に入った「キャラメルアーモンド」は、
もう1個食べておけば良かったなぁ・・などと思ってしまいました。

 255.jpg         254.jpg

最後にフルーツとヨーグルト、そしてトマトジュースをいただき、
大満足でご馳走さまです。
コーヒーは気づくと注ぎに来てくださるので、たくさんおかわりをしてしまいました。

ベビの様子ですが、こちらのラウンジは、ラグジュアリーフロアのため、大変静かなのです。。
どうしてもフロア中にベビのご機嫌な声が響いてしまい、
かなり良い子で頑張ってくれていたのに、「し~」と言われ、ちょっぴり可哀想でした。

お部屋で寝かせつけてから、ベビを夫に任せ、
このラウンジへもう一度独りで訪れ、一時間ぐらい、くつろがせて貰いました。
まだ朝食の時間でしたので、お料理もしっかり並んでいましたが、さすがに満腹。
コーヒーだけを何杯かいただき、優雅な時間を過ごしました。






Last updated  2006.09.10 11:05:05
コメント(0) | コメントを書く
2006.09.03
カテゴリ:コース
時間になると、スタッフの方が、簡易テーブルをセットしに来てくださり、
お料理もそこでいっぺんに持ってきてくれました。
温蔵庫に入った温かいお料理を、自分たちのペースで食べることができます。

 164.jpg         165.jpg

頂いたお料理です。

● トゥーランドット色々チャイナオードブル盛り合わせ ●
しっとりと柔らかい鶏むね、甘いほたての燻製・・と、
ほんの一口ずつですが、どれも全て本格的なお料理。
可愛らしく添えられたジェノベーゼソースとコチュジャンソースも、
そのままでいただけてしまう味わいです。

● 蟹肉入りふかひれスープ ●
こんなにもしっかりと「ふかひれ」を感じる「ふかひれスープ」を頂いたのは初めて(笑)
本当に素晴らしい香りと風味でした。

 166.jpg         170.jpg

● オマール海老の四川風ピリ辛チリソース ●
立派なオマール海老は食べやすいようにちゃんと殻からスグにはがれるようになっていました。
プリップリでオオブリの身には感激!そしてこのチリソースの素晴らしいお味!!
・・この辺で確かベビが少し怪しくなってきていましたが、
このソースは残さずゆっくり堪能してしまいました。

 173.jpg

● 牛ヒレ肉の煎り焼き黒胡椒ソース 季節の温野菜を添えて ●
メインですが、中盤にさしかかるほど怪しくなるのがベビ。
急かされているプレッシャーからナイフもフォークも使わずに頂きましたが・・
それでもこの牛ヒレのお肉。モチロンお箸で切れる、とろける柔らかさ!
驚くほど太くて立派なアスパラガスやパプリカ、カボチャも、
それだけで充分メインになるほどの存在感でした。
お皿の隅に、何だか可愛らしいお人形さんを発見。

 178.jpg         190.jpg

● 海の幸入り玉子チャーハン ●
海鮮の旨みをいっぱい閉じ込めたパラッパラの玉子チャーハン。
その分、味付けはシンプルでかなり控えめです。
思わずメインの黒胡椒ソースの残りと合わせて頂いてしまいました。
更に夫が残したチリソースまでも。。
ただ、最近近所の昌龍飯店さんで頂いたチャーハンよりも油っこく感じてしまいました。
それにしても、かなり濃い味付け好きの舌にすっかり戻ってしまいました。。

 192.jpg

● フレッシュマンゴープリンととろとろ杏仁豆腐盛り合わせ ●
お楽しみのデザートですが、もうすでにチャーハンの時点で交互に抱っこは始まっています(笑)
何だか落ち着かない・・(-_-;)・・と思いつつも・・何と言うか、とっても癒されるお味!
杏仁豆腐は文字通り本当にとろとろ、ふるんふるんです!
どちらも甘さ控えめでさっぱり!
でも、このコースのお料理を頂いた後でなくても、充分満足のいくスイーツでした。

● 特選烏龍の極上茶葉あまい香り ●
甘くまろやかで上品な凍頂烏龍茶です。
秘かに「ルピシア」ヘビーユーザーで、いろいろなお茶を頂いていますが、
お料理を邪魔しない、ちょうど良いチョイスだと思いました。

 193.jpg         172.jpg


このお泊まり自体のメインの夕食でしたが、結局ナイフとフォークも使えず、
やはりバタバタとしてしまい、どうもゆっくり味わうことができなかった感は残りますが、
周りの目を気にすることなく美味しく頂くことができ、とりあえずは満足することができました。
中華のお料理ですが胃にもたれることもありません。
ただ、私には、量的にかなり物足りませんでした。
夫はそうでもなかったようなので、授乳中だからなんだと思いますが・・






Last updated  2006.09.10 08:31:04
コメント(1) | コメントを書く
2005.12.11
カテゴリ:コース
昨日の検診で、このまま安静生活が解けることはもうないのだと言うことを悟りました。
哀しみに暮れていると、夫が外食に誘ってくれました。
・・とは言うものの、この体調ですので、
あらゆる面で身体に負担のかからないことが第一条件です。

最後の晩餐・・と言うことで、KIHACHIで食事を楽しむことにしました。
家を出てからお店に入るまで、車を使ってたったの15分。
ここへわざわざ車を使って来るとは・・
まさかこの距離をこんなにも遠く感じる日が来るとは思いもしませんでした。

久しぶりのKIHACHIは、もうそれだけで新鮮でした。
お店のメニューも変わっていたのですが、それがちょっと困ったことに、

いつも頼んでいる(9月6日と5月22日の日記に記載してあります)
前菜・パスタ・フォカッチャパン・デザート・コーヒーのコース(¥2625)が、
平日のみとなってしまったようで、土日は頼めなくなっていました。

今回お願いしたのは、前菜・パスタ・主菜・フォカッチャパン・デザート・コーヒーのコース(¥3675)
・・今の私が、こんなに食べられるのかどうか、大変不安でしたが・・・
それにしても、今日は全てにおいて、とても待たされました。
フォカッチャパンも前菜も中々運ばれてきません。
それでも、今の私にはこの雰囲気の中にいられるだけで幸せだったのですが。。

2005-12-12 21:59:20       2005-12-12 21:58:44

やっと運ばれてきた前菜は
●「秋サバのシンプルなタルト 濃縮トマトフォンデュと共に」
とても好みの味です。フォカッチャパンと頂くのに大変良く合い、すっかり気に入りました。

パスタはどちらもプラス料金のもの。

2005-12-12 21:58:44       2005-12-12 21:58:44

●「フランス産ホロホロ鶏と根野菜の柔らか煮込みの自家製手打ちタリアテッレ」(\525プラス)
タリアテッレ好きの私は迷わずにこちら。
お味噌のような、甘辛な、どこか和な、とてもしっかりとした濃い味つけでしたが、
さっぱりとした野性味のある鶏ともベストバランス。止まらない一品でした。

●「九州真鯛と自家製ドライトマト、ルッコラのスパゲッティ カラスミ掛け」(\525プラス)

主菜はもちろん、仔羊を(笑) こちらもプラス料金のメニューです。

2005-12-12 21:59:20       2005-12-12 21:59:20

●「骨付き仔羊の網焼き 茄子と黒オリーブ、ドライトマトのソース パルミジャーノチーズ掛け」(\525プラス)
あの柔らかい食感は、今もよみがえってくるほどです。
とても食べやすいのですが、しっかり独特の香りもしていて、羊大好きの私でも大満足。
茄子がかなり炭臭く、また、かなりオイルたっぷりだったことだけは気になりましたが、
ラタトゥイユのようなソースも大変良いお味で、一皿でたくさん楽しめました。

●「南昌豚フィレ肉のパン粉焼き アーモンドとカレーの香り」
メインの小さな豚フィレの上に、大きなカレー風味のさつま芋のスティックが
4本くらいのっていたので、1本貰ってしまいました。
表面がカリッと揚げ焼きにされ、中はホクホクに甘いのです。
カレーの香り、風味も相まって、抜群の美味しさ。すっかり気に入りました。

もうお腹はいっぱいなのですが、デザートはこちらです。

2005-12-12 21:59:37      2005-12-12 21:59:37 

●「フルーツと白胡麻のブランマンジェ あずき添え」
ブランマンジェは思っていたよりもかなり甘いものでしたが、フルーツもまた美味しく、
不思議とさっぱりするすると入っていきます。

「コーヒーと紅茶とエスプレッソがありますが・・」と言われた飲み物でしたが、
カプチーノを頂きました(笑)

時間は2時間くらいでしたが、ゆったりと食事ができ、とても良い時間を過ごすことができました。
・・数時間経ったのち、消化のできなかった部分は大変でしたけど。。
やはりフルコースは量とオイルが多すぎたようです。
と言いますか、そう言えばフォカッチャパンも3個頂いてしまいましたし(笑)

それでも、本当に素敵な時間でした。
だけど、こんなに豪華なお夕飯なのでしたら、今日のおやつのモンブランは、
確実に食べないほうが良かったですよね(~_~;)・・夫ったら。(*^_^*)
しかし、きっともう本当に最後になるのだろうと言うことで、
後悔していませんし、むしろ満足ではあります。
コースのお食事は、お料理の美味しさももちろん重要なのですが、
運ばれてくるまでのゆったりとした間もとても心地よいものです。
話が弾んで、とても楽しいですよね。






Last updated  2005.12.13 07:45:10
コメント(4) | コメントを書く
2005.09.25
テーマ:旅先にて(706)
カテゴリ:コース
今回は前回から決めていた通り、以前頂いたコースに2000円をプラスして、
もうワンランク上のセレクトコース(\8000)をお願いしました。 ~5月6日の日記~

2005-09-28 11:01:14 2005-09-28 11:01:15 2005-09-28 11:01:15

・突き出し

 前菜の盛り合わせ
・マグロのタルタル、コンソメジュレ添え  甲州地鶏胸肉のサラダ仕立て
 八ヶ岳の清流で育った岩魚のエスカベッシュ  さんまのマリネ フレッシュトマトソース

・自家製パン(ライ麦、くるみ、バゲット)

まず運ばれてきたのは突き出し。
高原野菜のミディートマトに、からすみとオリーブオイルをかけたものです。

そして前菜の盛り合わせですが、相変わらずのボリューム!
どれもそれぞれ、お肉もお魚も本当に新鮮で良いお味です。
特に高原野菜はやはり抜群の美味しさでした。

前回足りなくなってしまった自家製パンでしたが(笑)
今回は普段、美味しいパンばかりを求めて食べ過ぎてしまっていたせいか、
どうもバターが足りないだのパサパサしているだの・・と、美味しく頂くことができず、
くるみのパンは比較的しっとりとしていて甘くて美味しかったので食べることができたのですが、
他はほとんど残してしまいました。

2005-09-28 11:01:47 2005-09-28 11:01:47 2005-09-28 11:01:47

・山梨県産フジザクラポークとアスパラガス、さくっとしたパイのミルフィーユ
 クアトロフォルマッジョの香り高いクリームソース

・海老とじゃがいものジェノバ風スパゲッティ

・本日の白身魚の網焼き 魚介のあらを使ったトマトとサフラン風味のスープ仕立て

豚のミルフィーユは本当に感動のお味でした。
脂身までをも美味しく頂けると言うことは、私にとっては普段あり得ないことです。
気づくと、全く臭みもなかったため、残さず頂いてしまっていました。
パイもサクサク。濃厚なチーズのソースとのバランスも、それはそれは素晴らしいものでした。
そしてホワイトアスパラガスの美味しいこと!大満足の一皿でありました。

パスタは3種類の中から選ぶことができました。
平たい麺が好きなので、そば粉のパッパルデッレを使ったものと随分迷ったのですが、
ソースの内容を聞き、やはり本日のパスタを。
本日のパスタは海老とじゃがいものジェノバ風スパゲッティでした。
その、散々悩んでチョイスしたパスタでしたが、これが大正解。
こちらのパスタは本当にモチモチとしていてニョッキのようで、大変好みです。
海老もじゃがいもも、ジェノベーゼにとても良く合い、癖になる美味しさでした。

本日の白身魚はスズキでした。あらを使ったスープの香りは少しクセがありましたが、
濃厚なのに優しい、上品な仕上がり。

2005-09-28 11:02:11 2005-09-28 11:02:11 2005-09-28 11:02:12

・さっとグリルした鴨の胸肉 鴨のフォアグラ添え 豆と野菜を煮込んだソースで

・牛フィレ肉のステーキ グリルした具だくさんの野菜添え
 カルチョーフィの入ったサルサペルデ添え

 パティシエおすすめデザート4種
・山梨の笛吹市でとれたさつまいもを使ったモンブラン  地元勝沼ブドウのぷるぷるゼリースープ 
 パリッとした濃厚なバナナのクリームブリュレ  地元のさっぱりとしたフルーツとソルベ

メインも3種類の中から選ぶことが出来ます。
私はもちろん「さっとグリルした鴨の胸肉 鴨のフォアグラ添え 豆と野菜を煮込んだソースで」
もう、フォアグラ命の私は迷わずこれです!
口の中で溶ろける素晴らしい味わい。本当にうっとりとしてしまいました・・
鴨の胸肉は大変さっぱりしていて、少し物足りないくらいでしたが、
フォアグラの素晴らしさに気を取れ、全く気になりませんでした。
お豆は花豆。こちらの名産なのでしょうか?
お隣は牛フィレ肉のステーキ。何だかんだ言いつつもやはり鴨肉では物足りず、少しトレード。
こちらも口の中で柔らかく溶けていきました。
赤ワインのソースで丹念に煮込まれた柔らかなほほ肉、堪能させてもらいました。

もうすっかりお腹はいっぱいでしたが、デザートのプレートも残さずしっかり頂いてしまいました。
新鮮なイチジクとソルベがさっぱりとしていて美味しかったです。
ブリュレ好きなので、こちらも美味しく頂きました。
食後の飲み物は、以前カフェラテをお願いし、あまりの美味しさに感動したはずだったのですが、
しばらくコーヒー断ちをしていたせいで味覚が変ったのでしょうか?
至って普通。しかも今回はコーヒーかエスプレッソのどちらかしか選ぶことが出来ませんでした。

美味しいお食事に話しも弾み、気づくと2時間もの時間が過ぎていました。
この、夢のような時間は、本当にいつまでもいつまでも大切にしたい宝物となりました。






Last updated  2005.10.01 00:10:30
コメント(0) | コメントを書く
2005.09.06
カテゴリ:コース
実は、明日、9月7日は私の誕生日。
前日のお祝いとも兼ねて、日曜日に、KIHACHI でディナーを頂いてきました。
この日はおやつにリリエンベルグのモンブランも頂いていたので、ちょっと食べすぎ?
とも思ったのですが、なにしろ、記念日ですとかお祝いごとが大好きなもので。。。(笑)

急に思い立ったので、念のため電話を入れてみると、けっこう混んでいたようで、
夕方6時半の時点で、もう30分後の7時にしか席が取れませんでした。
このお店は一番リピート率の高い、お気に入りのレストランです。
ちょっとした特別な日に、気軽に行くことが出来るので、とても重宝しています。
前回の訪問(5月22日の日記)からちょうど3~4ヶ月。
だいたい、これくらいのサイクルで通っています。

今回も前菜・パスタ・フォカッチャパン・デザート・コーヒーのコース(¥2625)を。

まず運ばれてきた、大好きなフォカッチャパン。
本当に大好きで、今まではついいっぱい食べ過ぎてしまっていたのですが、
周りが揚げられていて塩もふってあるので、今回はかなりの塩気を感じました。

2005-09-06 18:45:29 2005-09-06 18:47:12

前菜の「最上級スペインイベリコ生ハムとパルミジャーノチーズのサラダ仕立て」
も大変しっかりとしたお味。
お店の味が変わったわけではないと言うことも分かりますので、
最近、かなり過激な塩分制限をしていたせいなのでしょう(笑)
少し気にはなりましたが、久しぶりの美味しいお食事に感動でした。

2005-09-06 18:45:29 2005-09-06 18:45:29

パスタは
「北海水タコのスモークとドライマッシュルームの手打ちタリアテッレ」を。
もともとタリアテッレ好きでなのすが、特にこちらで頂くものは大変もちもちとしていて、
パスタの美味しさがダイレクトに感じられます。
マッシュルームの香りも素晴らしく、大当たりのチョイスでした。

お隣は「ボローニャ風ボロネーゼのスパゲッティ温泉卵とパルミジャーノチーズ添え」
イタリアン好きなのに、トマト系が苦手だと言うのは大変なネックです。
どこへお食事に行っても、こう言うメニューを私がチョイスすることはありませんが、
こちらは見た目にもお肉たっぷり、お肉だらけで圧巻でした。

2005-09-06 18:47:12

デザートは「オレンジのクープ オレンジのグラニテと桂花陳酒のジュレと共に」
新鮮なオレンジとさっぱりとしたグラニテがお口をすっきりとしてくれます。
しかし、ジュレが少し甘く、後味に残りました。

久しぶりにコースのお料理を頂きましたが、
一番軽いコースでしたのに、もうお腹はいっぱい。
前菜の時点でお腹自体は満足だった程です。
フォカッチャのおかわりも、今回は私にしては驚きの1回(笑)
コーヒーにいたっては、一口も口をつけることができませんでした。

でも、ゆったりとした気持ちでゆっくりとお食事を頂くのは大好き。
また3~4ヵ月後のお楽しみです。
今度は主菜も組み込まれたコースをお願い出来てしまうほどの
食欲かもしれませんね。。

余談ですが、やはり、翌日、月曜の朝は大変なムクみようでした。(~_~;)






Last updated  2005.09.06 18:49:30
コメント(4) | コメントを書く
2005.08.15
カテゴリ:コース
憧れの「ガストロノミー フランセーズ タテル ヨシノ」でランチを頂いてきました。
パークホテル25階に位置する店内は、一面の窓から光が差し込む、明るく眺めの良い空間。
席に案内してもらい、しばらくすると、メニューより先に、スナックが運ばれてきました。

2005-08-17 16:54:04

●プランダートのクロケット仕立て
タラのすり身の風味とジャガイモの味が爽やかにマッチした一口サイズのコロッケです。

お料理は、Menu C (\6300)をお願いしました。

まず運ばれてきたのは自家製のパン。美味しいバターをたっぷりつけて、美味しく頂きました。
食べ終わると、お替りのパンを持ってきてくださいます。
今日は3種類のパンが用意されていましたが、
最後に持って来てくださった画像右端の天然酵母を使用したプチバゲットが特に気に入りました。
チクテのパンを思わせるような香りで美味しく、最後にもう一度同じものを頂いてしまいました。

2005-08-17 16:54:04 2005-08-17 16:54:33 2005-08-17 16:56:04

【二種類のアミューズ ブーシュ】

2005-08-17 16:54:05       2005-08-17 21:57:08

●サバのタルト
臭みはありませんが、サバそのものがダイレクトに味わえる、上品なタルト。
タルト地はサクサクで、ミルフィーユのようでした。

●喜界島の仔ヤギのカルパッチョ
シェフの出身地、喜界島産のヤギ肉にガーリックの隠し味が効いたインパクトのある味わい。
ここで仔ヤギを頂けるとは思いませんでした。臭みもなく、大変に美味!

【前菜】

2005-08-17 16:55:00 2005-08-17 16:56:04     2005-08-17 16:54:33

●フォアグラのポアレ ナスのコンフィー エピス風味のカカオソース
フォアグラは、とろける柔らかさと言った感じではなく、しっかりとしていました。
ナスにかかったチョコレートのソースは、ブリオッシュのトーストにつけても良く合います。

●マグロとナスのミルフィーユ タップナードソース
吉野シェフのスペシャリティ。マグロとナスの絶妙な組み合わせに、
バスク地方の香辛料の隠し味を効かせてあります。

【お魚料理又はお肉料理】

2005-08-17 16:55:00       2005-08-17 16:55:00

●仔羊のロースト ペルシャード風 マルシェからの野菜添え
羊好きの私には大満足の一皿。肉質は柔らかく、独特の香りも上品に味わえ、
ボリュームもたっぷり。付け合せながら、ポテトは、大変インパクトのある美味しさでした。

●仔鴨の胸肉のロースト ボルドー風
身の締まった鴨肉は大変上品な味わいとサイズです。

【プレ デセール】               【グラン デセール】

2005-08-17 16:56:15  2005-08-17 16:55:30 2005-08-17 22:55:06

●シャーベットとゼリー
ヴェルウェイと言うハーブのシャーベットとレモングラスのゼリーは、大変さっぱりとしていました。

●デザートの盛り合わせ
3種類のケーキにアイスクリーム、季節のフルーツを添えたデザート。
チョコレートタルトはしっかり濃厚で奥深い味わい。
マンゴームースのケーキは、しっかりとしたコクと甘さも味わえながらも後味はさっぱり。
パウンドケーキは素朴な味わいでソースと絡めて頂きました。

【コーヒーと小菓子】

2005-08-17 16:55:30       2005-08-17 16:56:04

●ミニャルディーズ
5種類のオシャレな小菓子の中から好きなものを好きなだけチョイスできます。
アーモンドチョコレート、オランジェット、マカロン(ミント、レモン、ストロベリー)
大好きなオランジェットは、あまりの美味しさにもうひとつ頂いてしまいました。
柔らかいタイプのマカロンは、濃厚なクリームやジャムが各々入っていました。
大好きなカプチーノと共に、ゆっくりと味合わせて頂きました。

気づくと入店から2時間。
時間をたっぷりかけて、ゆっくりと美味しいお食事を頂き、
大変優雅で贅沢な時間を過ごすことができました。






Last updated  2005.08.17 22:44:40
コメント(2) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.