294854 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

けん玉blogs

PR

X

全619件 (619件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 62 >

2017年01月22日
XML
カテゴリ:けん玉学校
新しい年を迎えた。
けん玉学校は今年で12年目になると思う。

29-1-21-1.jpg

新年初のけん玉学校。
今日は東京から吉村泰先生をお招きして5段昇段試験でした。

29-1-21-2.jpg

7名中4名が合格!!!!

練習では何ともなかったのに、本番で手が震えた。
経験ある人いるでしょう。私は緊張しないので無いですが。

リバース

という練習法があるようです。これをすると本番で緊張しないらしい。
私にはわかりませんが・・。


けん玉学校新企画!けん玉障害物競争!!!

29-1-21-3.jpg

第3コーナーを周ったあと、
漢字の書き取りと計算ドリルをやってもらいます。

29-1-21-4.jpg

勉強きらい!つまんない!!

こう言う子どもさんいますね。これは大人のせい。
学ぶことが楽しい、と思うように育てないといけない。


29-1-21-5.jpg


毎年のこと、
今年も楽しく、熱く、けん玉したいですね。
皆さま、本年もどうぞよろしく。






最終更新日  2017年01月23日 01時50分50秒
コメント(0) | コメントを書く


2016年12月18日
カテゴリ:けん玉学校
昨日今日と、今年最後のけん玉学校でした。

attachment1

来年1月のけん玉学校は、年に一度の5段昇段試験。
なので4段の子2人と、徹底的に練習をした。

attachment3

「2回転灯台」が回りすぎてしまう・・
この原因は何か?

回転をかけ過ぎている
乗せるときのけんの角度が悪い
中皿の近くに玉を持っていくことができていない
そもそも乗せるタイミングが掴めていない

このあたりかと思う。

attachment2


「けん玉道・合格率判定表」
こういうものを作りました。

<やり方>
(1)それぞれの技を100本ずつおこない、何本できたかを記録する。
(2)エクセルデータ(私のPCにあります)にその数字を入力する。

例えば、次のようになります。

attachment4

合格率、案外低いですね。
「はねけん」で撃沈しそうだ・・。


今年のけん玉が、すべて終了。
何かと課題の残った1年だった。来年はより精進したい。

では。






最終更新日  2016年12月18日 23時21分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年11月15日
カテゴリ:けん玉の話
11月、もしかめの季節ですね。
長野県のもしかめ大会は計3か所。今日は第1弾です。
諏訪湖のほとり、諏訪大社の近くにある下諏訪小学校にて。

諏訪地区初のもしかめ大会!!

と新聞にうたっていたのだけど、過去に1度あったようです。

attachment1

参加者は小学生と保護者合わせて30名ほど。
沢山集まってくれてありがとうございます。

皆さんけん玉を始めたばかりのような初々しい感じでした。

attachment2


「三石さん、私だれかわかりますか?」
「え~~と南こうせつさん?」

以前活動されていた先生でした。15年ぶりくらいだった。

attachment3

むかし話に花開く、と言った感。

「今の子は、ツラいことをしたがらない」
てなこと、言ってましたな。

attachment4

挑戦すること
失敗すること

もっともっと体験すべきですな。そう思う。
また次回ぜひ。








最終更新日  2016年11月15日 20時17分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年11月06日
カテゴリ:けん玉の話
市内のスポーツ大会で、このなわとび大会は毎年行われている様子。
小中学、あと高校生の参加もあった。クラスや部活の単位でチームを作って
参加申し込みをするらしい。場内、ざっと見積もって300人は超えていた。

attachment1

私の仕事は、なわとびが終わったチームの暇つぶし。
選手300人が入れ替わりで小体育館にどんどん入って来るので、
いつものゲームをして遊んだ。

attachment2

この飯田市まだまだけん玉が根付いていない。そう感じていたのだけど、
何人かうまい子がいましたね。もっと普及をせねば・・。


閉会式。けん玉の時間を作ってくれた。
左で立っているのが私で、静かに体育座りで見ている選手たち。

attachment3

いつもの通り、つまらない話をしながら技を繰り出していった。

「英語でダウンスパイク!!日本語ではそのまんま、玉突きさし・・」
こう言ってけん玉を叩きつけようとしたら、

「ブチっ!!」

ひもが切れた・・。


悪夢だ~~~!!

また来年に。















最終更新日  2016年11月06日 23時47分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年10月30日
カテゴリ:けん玉学校
毎年10月におこなっているこの大会は、たぶん他では無い
全選手総当たり戦!!!

28-10-29-0.jpg

1回戦で負けて終わり。これではつまらないわけで、
沢山試合ができるようにと考案してきた。

三石家代々に伝わる「三六オセロ」と言うものの駒を使用。
準備中に子どもたちが遊び出してしまった・・。

28-10-29-1.jpg

今年のルールは、

ドラを使用!!

三六オセロの駒がドラとなり、技が成功するとイーハン増えます。

28-10-29-3.jpg

「ドラって何?」
「リーチ一発ドラドラ、のドラだよ」

皆、知らないようでした。

「お互いに礼!!」
「ではドラをセットしてください」

という掛け声で、試合開始。

28-10-29-4.jpg

対戦相手を変えて、どんどん試合を進めていきました。

以前までは、対戦カードのアルゴリズムを事前に決めておいて、
それに沿って進めていったのだけど、複雑すぎてやめた。

28-10-29-5.jpg

上位4人が決勝トーナメントに進めます。
6番を引くと、これは運であって3択の問題になります。

28-10-29-6.jpg

「6番を、無くしてほしい」

決勝戦の前に選手から抗議があったのだけど、却下。

優勝  松山瑞希4段(けん玉学校)
準優勝 柴平旭陽4段(けん玉学校)


28-10-29-8.jpg

前代未聞ですな。賞品用意したのに、

「ボク、いらない」

なので質に流れることになりました・・。


皆に楽しんでもらおうと企画してきたのだけど、どうでしたか。

遊びの中に学びあり
苦労の後に喜びあり

子どもたちに伝えたいことはこの辺ですね。
また来年。






最終更新日  2016年10月30日 20時09分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年10月03日
カテゴリ:けん玉の話
日曜日。気持ちの良い朝を迎えた。

クラス別選手権の参加者は、およそ100名。
去年から全選手が決勝トーナメントに進めるルールになった。

attachment1

私はAクラス(5段格)の審判をせよ、との指令だった。
Aクラスは32名、全32試合。通常の2倍ですね・・。

attachment2

時間が押していて、昼食休憩もなく始まった。

いま何選技目で、どちらが何本勝っているか?
これを示すものが何もない状態で主審をすることになった。

attachment3

こういうのは記憶が飛んでしまうと困る。というか、必ずわからなくなる。
なので、後ろにトランプのカードを並べながらジャッジした。

今日は蒸し暑い日。館内の室温は30度を越えたでしょうね。
老体、体力的にキツかったです・・。


次は、パフォーマンス大会。私は審査員に選ばれてしまった。
全10組。試技は3分間。

attachment5

こちらの6人組が、構想、演出とも一番よかったと思った。
欲言うと、6人いるのだから全員で1つの技になるものをすれば、6人の意味が示せた。また
司会役を一人つけておけば、何をするのか客にわかりやすいのと、失敗してもフォローがきく。
このあたりを入れた方がよかったかなと個人的に思った。

審査基準は、図の3つの観点で15点満点。

attachment4

何点付けようか迷っていると、

「回収しま~す」

と急かされた。この採点やりにくい。特に2番目の採点に困った。
芸なのか?品評会なのか?このあたり考えさせられた感。


2日間、協会スタッフでお手伝いしてきましたが、反省点多かったです。
スタッフ不足に、仕切り役不在。事前打ち合わせも無かったし。

しかし初の四国の旅、有意義な2日間だった。






最終更新日  2016年10月04日 11時53分07秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:けん玉の話
土曜日、東京羽田発ANAで、四国の松山へ向かった。
上空何千メートルでしょうかね?良い景色です。

attachment1

私は久々の大会出場で先月まで気合入っていたのだけど、
「審判が足りないのよねぇ」
と言われ、裏方に回された・・。

会場に到着。四国松山は、まだ夏だった。

attachment2

1日目は指導者講習会が行われた。
2級指導員と普及員、計30名ほど。

私、用が無ければ、松山観光でもしようと思っていたが、

attachment3

「審判の概要と実践」
という名の講義を30分おこなうようにと言われた。
人をさばくことの重要性と心構えを伝えた、つもり・・。


終了後、夜の街に繰り出した。
松山市は予想以上に都会だった。

attachment4


「いい娘、いますよ」

ポン引きに2度遭った。

とあるスナックにて。
↓は「みきゃん」というご当地のゆるキャラ。

attachment5

けん玉やって見せてほしい!とホステスに言われ、
うまくできなくて客に「ヘタだねぇ」とか言われたのは覚えている。

そのあと、どうホテルに帰ってきたのか?わからぬ・・。
目が覚めたら朝だった・・。

つづく。






最終更新日  2016年10月03日 11時15分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年09月26日
カテゴリ:けん玉学校
いろいろと野暮用が多く、更新遅れました。
9月のけん玉学校は、2回おこなった。



この公民館が来年取り壊しになるため、新しい場所を探している。

「どこか、無いですか?」

役所に聞こうとしたが、逆にどうする予定ですか?と聞いてきた。
不親切なもんですね・・。



10年前に作った「三石5段のけん玉しよう!!DVD」
これを見て勉強しなさい、と言った。

「この人、おとーと?」



第5回けん玉学校王座戦は、10/29(土)
今日はその練習をした。副審いないので児童に頼んだ。



写真右図は「サークルK」と言う、重複しない対戦を組む方法の図。
Kはけん玉のKです。是非ご活用ください。

また来月。






最終更新日  2016年09月26日 21時56分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月29日
カテゴリ:けん玉学校
ここ長野県地方、すでに夏休みは終わっていて、
先週から2学期が始まっている。

日曜日、東御市芸術村公園にて。
毎年恒例となりました。

attachment1

青空のもと、思いっきりけん玉を楽しむ。
何と素晴らしいことでしょう。


世界初!!けん玉・巨大すごろく大会。

attachment2

NO.1~10の10箇所のポイントを通ってゴールを目指します。

「チャンスカード」

これが出ると下剋上になる。
トップだった私は、このせいでビリになってしまった・・。

attachment3

皆でワイワイやりながらのBBQは、最高ですね。
食後はスイカ割り大会。

attachment4


子どもの頃の楽しかった思い出は、大人になっても覚えているもの。
これが、どれだけ豊かな心を持てるか?ということにつながるものと私は思う。

今日の回が、そうであってくれればいい。
また来年。








最終更新日  2016年08月29日 22時11分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月23日
カテゴリ:けん玉の話
8/20(土)
ここは池袋文化会館。前日の事前説明会があった。

attachment1

選手のけん玉検査があったのだけど、下図を見られたし。

attachment2

左はセーフで、右がアウトだった。
この程度ならいつもはOKだと思うけど、他のけん玉が皆新品だったので、
割を食ってしまった。毎年不透明で、選手の皆さん気の毒に思う・・。



8/21(日)
大会当日。

attachment3

全26試合のうち、私は半分ほど副審が入っていた。

「タイム競技でズルする子は厳しく取り締まること!!」
ゆうべ遅くまで審判団の会議が行われ、どういうときに青旗を挙げるのか、
ジャッジの仕方を延々と続けた。

嫌なもんですよ、タイム競技のジャッジって。

attachment4

けん玉学校・小山颯斗、依田凜夏両選手。
敗れてしまったけど堂々とけん玉ができたと思う。

終わったのでなく、これから始まるのだと思ってさらに精進してほしい。
また。







最終更新日  2016年08月23日 20時42分07秒
コメント(0) | コメントを書く

全619件 (619件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 62 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.