2007年02月10日

続々、保育園めぐり

カテゴリ:けん玉の話
ここ飯田市では、天竜川から東側を「竜東」と言います。

街はずれであり、山村で過疎であるためか、あるいは古いしきたりが根強いためか、

若者が離れてしまい、高齢化が進んでいるようです。

橋を渡るか渡らぬか。これは大きな違いなのですよ。

今日は家から、天竜川を渡って車で10分。肉屋の下にあるM保育園に行きました。

ここM地区には「竜東」から移ってきた核家族が増えて、活気のある街になりつつあります。


年長さんおよそ30名、まずは教室にて技を見てもらう時間を取りました。

なかなか元気がよく、何か技をすると

すぐにヤジが飛んでくる!!!

そのたび、先生から注意を受け、

シ~~~~~~~ン

となるのです。


後半は、リズム室にて。

2.5.JPG

ピョン吉という練習。

「かえるの唄」を輪唱しながら「大皿ジャンプ」を行う、というやつです。

今年度の保育園めぐりで、初めて、歌を唄いながらの

もしかめ練習ができました!!!!

いやいや、やっとけん玉教室っぽい授業ができた感。


途中で、玉を振り回す子や、けんを引っこ抜いてしまう子、どこかに行ってしまう子とかが、

いなくて、クラスがまとまっていましたよ。


いいクラスでした。



でも、後ろにいた笑わぬ男性保育士、無言の威圧感がありました・・・。





TWITTER

最終更新日  2007年02月10日 17時48分53秒
コメント(0) | コメントを書く
[けん玉の話] カテゴリの最新記事