ネイティブに教えてもらった英語たち

フリーページ

カテゴリ

サイド自由欄

ランキングに参加してます
ポチっと応援お願いします!!
クリッククリック!
応援してもらえると
明日もがんばろう~~って思う
モチベーションになります
↓    ↓    ↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 英語学習者へ
英語学習者

ランキング

みんなの英会話奮闘記



2010.10.07
XML
カテゴリ:英単語
普通に 「座る」を表すのは sit down
とか、 have a seat

この前出てきたのは 動詞の seat
英語は よく名詞が動詞になったりする

で、同じ 座るって意味でも どう違うのか 聞いてみたら
seat
は、とてもフォーマルな言い方らしい

高級レストランとかに行くと
"Please be seated."
"Please seat yourself."

などと 言われるらしい

へ~ "Sit down please." じゃ ないんだね

"Waite be seated."
って言われたら、席に案内されるまで 待ってなきゃいけないよ 
とも、ご近所 言ってました

その他に、宴会とかで 大切なゲストの席を用意する時
You will seat him at Enkai.
って 使い方もするらしい

特別に席を用意するって感じね

ご近所 日本に来て 最初に覚えた言葉 「宴会」 かも(笑)


それでは例文 コピペ
The usher seated me in the back row.
意味:案内係は 私に特別に奥の列の席を 用意した

The ushers will seat the members of the bride's family.
意味:案内役が 花嫁の家族の人達を席へご案内する

結論、seat
私の人生の中では 使わない言葉かも(笑)
その上、使ってもらわない言葉かも アハハ


usher
(劇場・教会などの)案内係.
《主に米国で用いられる》 (結婚式での)案内役 《花婿・花嫁の男友だち》.
《主に英国で用いられる》 (高位の人の先に立って歩く)先導役.
発音は シャ





ブログランキングに参加しています
よかったらクリックしてね

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村








最終更新日  2010.10.07 06:26:18
コメント(0) | コメントを書く
[英単語] カテゴリの最新記事


PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.