004572 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

スタッフが作った野菜をお客様へ 1から始めるホテル菜園日誌

PR

Profile


塾生1号

Calendar

Archives

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

2019.06.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​​​​​​​​​2019.06.09 

今日は、別件で早朝作業があり、7:30と遅れての到着。

すでに5:00から行っていた塾長や塾生たちと挨拶を交わし、



いつものように作業風景を影。


今日も、鎌で刈り取った雑草は捨てずに、

『支え草』(本ブログ参照/2018.06.02 かくれんぼ)



として、苗の周りに置いている。



​​田塾の循環型農業ともいえるひとつの方法。

ナスの花にづき




きれいな花を撮影。

​​


じゃがいもの白い花。



そしてキュウリの花を撮影していると




塾長から、声をかけられた。










​​(´。​✪​ω。`)​​










数は少ないものの、令和元年初収穫の丸ナス。




昨年よりも早い収穫に




塾長からは、暑い日が続いたからとのコメント。



畑をよく見ると、



長ナスもそろそろ収穫できそうだ。






苗に与える液肥づくりの調合の際に、よく話題にのぼる



プロもご用達、愛用者も多いという「HB-101」



当塾生達、そしてこのブログを見たという


家庭菜園家にも


評価は高いようだ。







しかし、







この大きさで







   





   
​​18,000​​円(1リットル)





















​(゚∇゚ ;)エッ!​?​​














そんなにする​の​​?








1000倍に希釈するとはい​​​​.......。






に2種類を調合しての液肥。









『液肥は、大切な赤ちゃんのミルク!!』






という塾長の言葉にも​納​得。






『早く大きくなれよ!!』と



心の中で、キュウリの苗に語りかける。










うやく、作業も終了。




解き放たれた鳥たちのように笑顔?も。





帰り際に塾長から、



新しく追加したというジャガイモ畑へ誘われる。


思い起こせば、都合が悪く欠席となった作業初日。





最初はこんな状態からのスタートだった。(2019.05.03撮影 塾長撮影)




耕運機で土を耕し、水糸に従って溝を掘る。



その傍らで、
あやしい妖刀を持ちながら、





​​( 」`Д´)」​​
​​​​​​​アッ!!​​​​​​​


と、豪快な掛け声とともに種イモを切る総料理長。







そして、その種イモをカット面を上に等間隔でおいていく。



その理由は(本ブログ参照/2018.05.01 写真撮影が..........)



みんなで土をかぶせた後は、



植えた場所の目印として、もみ殻を撒いた最初の日。





そして、順調に育っているジャガイモ畑が......これ。





キタアカリや男爵のほかに
​今年新しく『うや』という品種のジャガイモを植えたという。



菊芋畑は周りを刈り取らないと外へ外へと増えていくとのこと。


根絶しようとするなら1~2回耕すだけでは、また芽が出てくるため
間隔を置いて5~6回ほど必要らしい。
なんとも、強い​生​命力には驚かされる。





写真ではわかりにくいが、菊芋畑の中腹の葉の色がやや​薄​い。



「土壌がよくない。」



​​そして、それは






「菊芋に限らず人も。」と塾長が言う。​​








​​​​『​​​に交まじわれば​赤​​くなる』​​​​










良くも悪くも使われることわざだが、








​せめ、​








​​
塚田るもの





​​



厳しい環境の中では






​​「​​泥​​中の蓮」​​







​​​​​​​​​のような気持ちを











​忘​れずに持ち続けていたい........。​


​​​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2019.06.26 16:20:27
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.