004870 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

スタッフが作った野菜をお客様へ 1から始めるホテル菜園日誌

PR

Profile


塾生1号

Calendar

Archives

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

全5件 (5件中 1-5件目)

1

植え付け・種まき

2019.06.03
XML
カテゴリ:植え付け・種まき
​​​​​​​2019.05.19 ​​☀​​
​​​​​​​​​​​​昨年9月26日の更新を最後に、尻​切れトンボとなったブログ。

塾長とも公私多忙が重なり、菜園作業で一緒になる機会がなくなり

​​


指南なしでの塾生たちによる収穫作業。



順調に育った



大根、カブなど



成長した野菜は無事収穫し



​​
寒い中での、解体回収作業となった。



レンディ状態​な​の​​​で​................一部自主​規​制中。



あんなに大きな枝を広げていたナス畑も......。












​​​​​​​​​​そ​​し​................................​​​​​









年越し​​​年目​​​​












​修行の​春​。​









​​記念すべき​令​​和​元年 第1回目の植付作業は​​


5月3日




すでに、塾長と他の塾生たちの手で行われていた。




自分は諸事情により参加できず。






​​​​​ざ​!​​?
(^◇^;)




さて、昨年ジャガイモを収穫してから3日ほどで使い切ってしまった


​という反​省​から、​



今年は60kgの種イモ(男爵・ユキアカリ)を植えたという。

​​そして、日は令和元年

2回目の作日。
​​



​約6か月りの菜園だ。



畑に近づいていくと、


塾長のほかに








​ひ​とり.......................。​


​(☉ε ⊙ノ)ノ​













すでに、塾長の​指​示を受けた支配人が、

うねった後に生えてきた菊芋の葉の除草作業を始めていた。



昨年は、初めての菜園手伝いが新聞取材日と重なり

写真にしっかりと取り上げられた「​持​ってる人」........。.




いや、






なんちゃって塾長曰く​​​​



​​​お​​しいところを持っ​
った人?




か-----------------し

今年は、​意​気込みが​違​う!!





​​​​
(๑˃̵ᴗ˂̵)و ​ヨシ!​​​


塾長がうねっただけなのに、菊芋の葉が植えたかのように生えている。

​​


鎌で引き抜くと、葉の根元には去年の取り残しや耕運機で割れた菊芋が。



生命力の強さを持ったDNAの​​​​​



茄子やピーマンの苗を植えるために

植える畝の間をもう一度、耕運機をかける。
​​​​​​​​​​​​​​​​​​


そうしているうちに、他の塾生たちも​集​まってきた。





雑草を取り終えた後は、昨年使用した支柱を等間隔で立てていく
なんちゃって塾長................................。



んだ............................。







後姿、格好が................



















ちゃん。







って






確かに​​​​もいるおじいちゃんには






​間​違いなし。





塾生たちの平均年齢は50歳を






​優​に超える。





























立てた支柱の美観を入念にチェックする塾長。



そして、塾生たちを集め



自根と接木の茄子苗、ピーマン、しし唐の植え方の説明を行う。



すると


​​​​バ​​​​ァ​​​ン!! 


​ぁ​ん!! 

​​​v​​​N!​!​







頭上で花火が鳴り響く。







ホテル裏の土手を見ると、カラフルなスポーツウェアをまとった方々。

​​​​​​​​​​​​​​​​​​
​​​

ああ、そういえば今日は

長井市5月恒例の、ながい白つつじまつりイベントのひとつ

「第41回 全国つつじマラソン大会」

その中のウォーキング部門のスタートのようだ。




再び菜園に目を向けると、


すでに作業が始まっている。
支柱のすぐ隣にナスの苗を植え、




雨水がたまりやすくするために、苗の周りに丸く溝をつくる。



しっかりと​8​の字​​​​びで苗を支柱に括り付けることも忘れない。

​​​


去年やったことだけに、スムーズに仕事が進む。
٩( ᐛ )و​

隣では、塾長がきゅうり用の支柱を作り始め



無事、完了!!




そして最後は



塾長からの



命の恵みが........。



​​​​​​
土手の上では、



ぞくぞくと

マラソン終了間近のゴールに向かうたち。

残り300m、!!

​​​​​​


本日の作付けは以下のとおり。
長ナス、丸ナス、米ナスと

​​

この時期はナスが中心の

​​

​​​​​

​ウ​ォーキングのゴール手前でりかかった○○さん。




土手の上から、我れら菜園を眺めて開口一番。










「これが​​​​​?
か?​」









​​(。≧ω≦)ノ​​​​










修行僧一同、​笑​いとともに









「山田君、​座​​布​​​​​3枚!!」




の声が​飛​ぶ。







​​​​​​​​​​
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2019.06.07 09:57:25
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.28
カテゴリ:植え付け・種まき

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​2018.08.21 ☀

盆前にジャガイモの収穫が終わり、今日は収穫した後を利用しての

大根のまき。早朝の5:30前に畑に到着。

前回マサニィがウネウネとうねった畑の列は、

再度塾長が補正し、まっすぐでらかなベットになっていた。



精鋭の塾生が集まり、本日の作業工程を聞く。



大根だけでも6種類と2種類のかぶ。いろいろあるんだ



​​​ダイコンは、
①一般的な「青首大根」
②味がしみやすい「おでん大根」
③酢漬けやサラダに向く「赤大根」
④中が緑の「ビタミン大根」
⑤中が鮮やかな紅色をした「北京紅芯大根」
⑥カブのような丸い形をした「聖護院大根」の計6種類。

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
カブは
①庄内に伝わる伝統野菜の「温海かぶ」
②首の部分が紫色をした「すみれかぶ」の2種類。




まずは、水​糸​​を張り、


水糸に沿って​​​​を入れていく。



機械堀りのような均等な深さで一直線。これぞ塚田塾の学。



さっそく手本を​ま​ねてみる。



なんとか塾長にの出来。



見た目やりにくそうな持ち方だが、



耕運機とは違い、なんとかまっすぐに。



水糸のおかげで
















さて、鍬を入れたあとは、種まきの前に十分に水をかけてやる。



そして大根の種袋をョキ、ョキチョキと



種類ごとに分け



袋から種を出す。



袋に記載してある植え方は、30cm間隔で一か所に3~4粒。



しかし、塾長の植え方は10cm間隔で1粒ずつ。

これが塚田塾のこ​だ​わり。30cm間隔に植え、

もしそこから発芽しないと、間隔が大きく空いてしまう。



そこで、10cm間隔なら全部発芽しても、いずれ間引きし30cm間隔で
1本にすることを考えれば、より収穫率が上がる。

種まきをしたら土をかけ、まいた場所がわかるように

もみ殻をまき、すぐに水をかけていく。



各列とに違う種類の種をまく。



ようやく日が昇る中、


それぞれ指南に従い、



種をまいてい



徐々に暑くなる日差しと、塾長の視線を感じながら




『ていね​いに.....』を心がけ。



種をまいた後は,手の​甲​で土が厚くならないように、やさしく

種の上に土をかけていく。



人数が多いと仕事も​​​​い。心にも余裕ができ


畑では、時折飛ばす​冗​談に笑顔や大きない声も。
​​(^∇^)​アハハハハ!​​


雨風関係なく、毎日欠かさず収穫してくれるマドンナ。
お疲れ様です。



大きな米ナスがあちらこちらに。

この日の朝もぎで米なす合計4.7kg、1個当たり、なんと350g​​​​​​



種まきが終わり、菊芋畑から顔を出すと長く伸びるホース。



その先には







器が。




そう、これが新兵器。



















​w(゚o゚)w ​オ​オー!​





(イメージです)















しかし、実際の勢いは









​相​応に。







持つの(??)が違えば若いだけに勢いと角度が違う。



これがあるだけでも、

水やりの苦労は半分下に。



水まき姿を見ながら、塾長の車に目をやると



なんと、


テレビ&カーナビ?付。





​さ​らに








後付のメーター。


やはり『​農​道の​ポ​ルシェ』に

嘘偽り​​​​し。






軽トラでリアエンジン、​​リア​のサスペンション形式が


独立懸架なのは


スバルけ。

​​​


そう、その昔スカイラインが

羊の皮をかぶった狼と言われたように、


​峠​で頭文字​T​(イニシャル/塚田)にレースを挑むなら、

心したほうがいい。



後ろ姿、ただ​の​​〇ィと思ったら









大​間違い!!











黄​門様のように


















​​​(▼▼メ オラオラ









​​​​痛い目に合う!!​









たぶん




だけど................................。

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​







Last updated  2018.08.29 12:36:14
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.22
カテゴリ:植え付け・種まき
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​2018.05.16 ​☀​

【春のなが~い真夏日/その1】からの続き。

さて、休憩も終え「よい苗がある」という市内の

某青果店へ塾長と一緒に訪問。


塾長運転の​愛車​を降り、





「バァン!!」​










無造作にドアを閉める。






すると




すかさず





「ドアは​​や​​​さ​​し..........。」と手ほどきを受けた。






そう、​我が​ ​塚田塾​ は無農薬・無化学肥料の農法・ノウハウを

学ぶ場だけでなく、








礼儀作法も重んじる教育の場でもある........。









心暖かい手ほどきに、心の中で塾長に向かい











​​( ー人ー)|||~~~ .......................合掌。 ​​ 







気を取り直し、

すでに塾長が吟味していた苗を愛車に積み込む。





苗の名前の前にある「自根」や「自」の字。

意味がわからないので調べてみた。

漢字で書くとおり「自根=自分の根」つまり、自分の根で育ったもの。

市場に出まわっている多くが、他の野菜を台木に「接ぎ木」したもので

病気などにも強く、収穫期間や量など生産者にとってメリットが

多いのに対し、逆に「自根」は病気などに弱いなどのデメリットが

あるという。


ならば、どうして塾長は、あえて「自根」を選んだのか?





​( ̄ヘ ̄)ウーン​.....................。​





​​​​​​​​​​答えは塾長本人に聞いてみないとわからないが
自分なりに仮説を立ててみた。
①あえて病気に弱いと言われる「自根」を購入し、推奨する
 無農薬・無化学肥料でも育つということを広めたい。
②​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​「接ぎ木」より「自根」がおいしいから。
そして..........................。





​​③理由はわからないが、「自根」に​こだわりたい​​だけ。​
まあ、悩むだけ無駄なので今度聞いてみよう。
と言うことで、残りの苗を積み込む。これはピーマン。





途中、苗のケースにつまづくと
​「​​​​ガラガラ​​​​」​しないで、愛情こめて........​

と、



また天の声が聞こえてきた。​
※「ガラガラ」とは方言で「急ぐ」という意味。この状況を通訳すると
   「急いでやると、仕事が雑になる」という解釈が正解!!







帰り際に、某青果店の奥様に

お駄賃をいただく。





そこは、礼儀作法を重んじる塚田塾。




頂き物をして何もしないわけにいかない。





ので、ちょっとだけ............













​お店のPR>「良い苗のある」某青果店の名前は........​




​「●な●゛●●」​




あとは、想像力とボキャブラリーにお任せ。










余談だが、赤塚不二夫の漫画に出てくるキャラクターではない。



さて、バカ話はこれぐらいにしないと塾長に削除されるため、

畑に戻ろう。



購入した苗を、支柱の脇に掘ったポット分ほどの大きさの穴に入れ、



その上から土をかける。かけた後は上から押し固めないようにする。



その後、苗の周りでまるい円を作りながら溝(水鉢)を作る。

こうすることで、雨水が溝にたまり根を張りやすくするという。



塾生の慣れた手つきを見ながら




周りを眺めると、

この時期の風物詩、田植えも始まっている。



さぁ、残すところあとわずか。すでに昼も過ぎラストスパート!!



苗が倒れないように、苗を支柱に​​​8の字​​​に結ぶ​。​


​この時に、固結びをすると苗の茎を傷めてしまうとのこと。

8の字なら余裕をもたせることができる。
※ここでのポイントは、支柱の近くに苗を植えること。

 離れすぎるのは良くない。



この後、所用で一旦中抜けすることとなったが、戻ってみると



すでに、長ネギとだだちゃ豆は植え付けが終り業務終了5分前。



長ネギ、だだちゃ豆はジャガイモ同様に水糸を張り、

糸に沿って溝を掘る。
①長ネギは等間隔に置いて根が隠れるように土をかけるだけ。
②だだちゃ豆は、種を
​​​​​2粒ずつ ​​​​​20cm間隔で置いたら土をかけるとのこと。​​


しかし植えた「だだちゃ豆3号」の袋の裏には、





2粒​​​などと書いていない。 ​




​いったい何故?​​





​​​​2粒​​​なのか。​
塾長曰く、
2粒ずつ植えることで、お互いが栄養を吸収するために
生存競争しあい、より丈夫に育つらしい.....。
 
 ん~、経験からくる生のノウハウには説得力がある。
 ちなみにこの「だだちゃ」意味は
​​​​ 「​​おやじ​​​」「おとうさん」とのこと。​​​
   世の中、マダマダシラナイコトガオオスギル。





そして、待ちに待った




​「業務終了!!」​​​


の声に、



安堵感からくるのであろう。






唯一無二の境地に至り昇天したような.....






​( ̄▽ ̄) ニヤ​







笑みを浮かべる塾生。
 



ホテルに戻ると
山形市内の街頭温度が
なんと
​​​34℃​​超え!!​​​

長井市内も​31℃​の、今年初めての真夏日を記録。






炎天下の中、





昼食をとることも忘れ




修行​​
のような、なが_______________い​



5時間を畑で過ごした新塾生は、


この後、



残った菊芋とだだちゃ豆の種を買い、



自宅に帰ったその日のうちに、

自宅の畑に、指南どおりに植えたとのこと。





ん~...............................。





夜勤明け
の疲れも感じさせないほど




新塾生にここまでさせてしまうあたり.................





まさに





















塚田信教​..................

















恐るべし!!​。​



​​​​
​​






Last updated  2018.08.28 16:16:04
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.16
カテゴリ:植え付け・種まき
​​​​​​​2018.05.16 ☀

前日に特命室?に呼ばれ、16日の撮影任務を受けた。

17日から3日間ほど雨の予報もあり、菜園から水場が遠いことや

作付け後の水撒きの手間などを考えると、

作業は明日がベストとの判断。


なるほど、


天気がいいからという理由だけ植えてしまっては

あとあと余計な仕事が増えるなと感心しつつ、

「愛情はかけても、できるだけ手間をかけない。」という

一貫したスタイルに納得。




さて、今日は作業3日目。


今回も、あたらしい優秀な塾生が加わり



塚田塾業務心得とともに、本日の作業工程を聞く。


ナスやピーマン、トマト、だだちゃ豆、ネギ。





そして我が塾長が虜になってやまない​菊芋​


菊芋を語らしたら、話が止まらない。 いや。右に出る者はいない。




早速、植え付けの開始。

まずは事前に塾長が立てておいた苗の支柱を参考にしながら


盛り上がった畝の中央に、支柱を打ち付ける。



厳しい視線に、新塾生も緊張気味。​....​( ̄_ ̄ i)タラー​リ​​


​​
90cm間隔に立てていく。





支柱は150cmと120cmの2本を使用。米茄子は他のナスより
高く育つため150cmがよいとのこと。



塾長より、支柱を立てるのも「​美観が大事!!」と教えられ
1本1本を中央配置に修正していく塾生。







おう、わしらの塾長はのぉ~、









やっぱり












こだわりのクセすごいんじゃあ~。(▼へ▼メ)!!






隣には何もしない畑に、ひと冬を越した生命力旺盛な
菊芋の芽がびっしり。


その畑を、次の植え付けのために耕運機で耕す。



前回植え付けしたジャガイモの畝を見てみると



しっかりと、あちらこちらから生命を感じさせる芽が出ている。




美観にもこだわった支柱立ても終わり、
今度は苗の前に菊芋の植え付け作業。



70cm間隔で5~6cmの穴を掘り、菊芋を入れ


土をかぶせるだけ。




炎天下の作業に



滴り落ちる汗。

さすがに、水分補給なしの作業はキツイ







と、



塾長からのうれしい差し入れ。​​​​O(≧▽≦)O​​





乾いた喉を潤し、カラダに染み込む水分を感じながら

人間も水がなくては生きていけないことを実感。



休憩中、塾長が語る。


自分が営む農園の「無農薬・無化学肥料」の農業スタイルは

実話で映画にもなった「奇跡のリンゴ」の主人公、

青森のリンゴ農家・木村秋則 氏から影響を受け

師と仰いでいる人とのこと。


6年もの間、無農薬でリンゴをつくるという夢にとりつかれて、財産を潰し

家族を貧乏のどん底に突き落としてまで頑張ってきたが、

ついにその夢は実らず
​​​​​​​自殺をするために2時間ほど夜の山を登り、

ちょうど具合のよい木で




​首を吊ったものの枝が折れた。​




その落ちた場所には、月明かりに照らされた

1本のリンゴの木が立っており、



誰も農薬をかけているわけではないのに


のびのびと枝を伸ばし、そのすべての枝に
みっしりと葉を茂らせ

思わず見惚れてしまうほど美しい木だった。


森の木々はそもそも農薬など必要としていない。

求めていた答えを目の前にして、
雑草などの草刈りもしない

無農薬・無化学肥料農法を生み出したパイオニアの感動ストーリー


を刻々と語る。



赤字下線の部分など、どこぞのバラエティー番組で見たような

話の展開に興味を持ち、









良く調べてみると.......................





首を吊ったものの​​枝が折れた。 → ロープを枝に投げると、

ロープの端が指をするりと抜け、あらぬ方向に飛んでいったロープを

拾おうして木を見つけたというのが事実のようだ。







ん~。多少、話を盛った感はあるが




そこは、塾長





うまく話に興味を持たせつつ、自分の世界に引き込もうとする









言葉巧みな心理作戦に









まんまと、はまってしまったようだ。





続きは、【春の真夏日/その2】に続く............................。





​​​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2018.08.28 16:15:41
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.03
カテゴリ:植え付け・種まき
​​​2018.05.01 ☀~☁

家業で農園もこなす塚田塾長(ホテル総支配人)。

今日は長年のノウハウをもとに、かねてより『無農薬・無化学肥料の
安全安心な野菜をホテルのお客様へ』という塾長の熱い信念が実る
第一歩。「タスパークホテル 菜園日誌」の記念すべき初日。

夕方17:30頃、塾長から「本日より芋植え作業を始めるので写真を
撮ってほしい。」という電話が入った。

以前から「これから始める日々の作業風景をホテルのホームページに
アップしてほしい」ということを今年度のミッションの一つとして
与えられ、二つ返事でホテル施設課から借りた長靴にスーツ姿で
ホテル裏の借地畑に集合時間の18:00に到着した。

昼の作業より夕方の作業のほうがよいと塾長が話す。

その理由は
昼の暑い時にやるより、夕方の涼しい時間にやる方が
 作業効率が良い。

夕方になると、少しだが土が湿りがちになり土埃もたたない。

そう話しながら手馴れた手つきで軽トラックの荷台から
2台の耕運機をおろす塾長。

イロハのイも知らないながらも何か手伝おうとするが、
「手が汚れるから」と神対応のようなお言葉をいただく。

テキパキと準備をこなし、手始めの作業。

植え付けを始めようとしている畑は、すでに休日に大型トラクターで
塾長が一度耕し済み。

まずは、米ぬかをバケツに移し


手撒きの作業。米ぬかを撒くことで土が柔らかくなるという。


そして、今度は小型の耕運機でさらに土を砕き細かくする作業。


何度も往復を繰り返す。


途中、耕運機をかけている間、芽の出たジャガイモ「キタアカリ」と
「男爵イモ」をそれぞれ芽の出ている数が半々ぐらいになるようにと
指示を受け、半分に切り落とす作業を行った。


ようやく耕運機の作業が終了。


耕した畑の中からは、一昨年から植え付けしていた菊芋の残りが。

菊芋を収穫した後の畑に他の作物を植えることで、
より病害が少なく生き生き育つと塾長が教えてくれる。

いつのまにか畑の上や周りに、今までいなかったカラスが寄ってきた。


塾長曰く、「耕した土の中から出てくる虫たちを食べるために
近づいてくる。」と教えられた。

ん~習性とはいえ、カラスは頭がいいんだとあらためて感心。






さぁ、今度は種芋の植え付けかと思うと w( ̄o ̄)w!?




またエンジン音が鳴り、別の耕転(管理)機スタート!!



うねる段差を平らにするために、さらに耕す作業。


暗いながらも明らかにうねる度合が違う。


実際はこんな暗さ。

暗くてピントが合わず画像ではわかりにくいが、切ったジャガイモの断面は「キタアカリ」のほうが黄色みがかっており、切った感触も
「男爵イモ」より柔らかい。
塾長曰く。「だからキタアカリは火が通りやすく味がしみやすい。」とのこと。

植える前に等間隔で水糸を張り

糸に沿って穴を掘る


今度こそ種芋の植え付け。
約30センチ感覚で50g程度までのタネイモなら切らず植えていく。


ここで大事なのは、切った芽の出ている種芋は
切った面を上に/芽の出ている部分を下」にすることが塚田塾では鉄則。

こうすることで、より強い芽に育つとのこと。

「農作物は愛情をかけるほど美味しく育つ。」が塾長の信条。

こだわりの​クセ​​​すごい!?

写真を撮りながら、そんなことを考えていると

「自分と同じように植えてみてくれるか。」と声を掛けられ、種芋の置き方と土のかぶせ方を伝授され、見よう見まねの畑仕事。

涼しい中での写真撮影が、いつのまにか汗もしたたる農作業。

植えた後は、最後に植えた場所がわかる目印にと「もみ殻」を撒いて無事終了。


ビジネス姿に長靴をはき、初めて畑仕事で汗を流した2時間。まだ他に優秀な幹部候補生がいる中、想定外の指南を受け最初の塾生1号となった日。自宅に帰って飲んだビールのうまさは言うまでもない。


■追記/塾長からの一言
今日は満月、月の引力を植物の生態に利用する「バイオダイナミック農法」によると、土中の水分が地表面に引き上げられることから、発芽に好影響があるとのこと。
月の引力と植物の関係、何事も奥が深いことを痛感........。



​​​​​​​






Last updated  2018.08.28 16:14:48
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.