たたみ工房福島

フリーページ

全194件 (194件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

2009年09月02日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
2009-09-03 12:04:12
施工後の写真です。

施工前の写真がないのが残念です。

恐縮ですが、施工前をイメージしながら施工後の写真を見てください。

これは、熊本市月出のH様宅です。

畳の取り替え琉球畳12枚(半畳)、クロスの貼り替え(壁面)31平米、遮熱フィルム3.8平米のお仕事をさせていただきました。

7月から“小さなリフォーム”を始めています。
たたみ工房福島の半日・1日工事の小さなリフォームを集めてみました。

無題.jpg
そのお仕事です。

とくに窓ガラスに、遮熱フィルムを貼りを熱心に希望されていましたので
対応できたのがよかったです。
H様宅は、角地で2階は西日が直接入ってきます。
しかも、台風など強風のときは雨戸がないためにガラスが割れるという不安もお持ちのようでした。

一気に問題が解決しました。

遮熱フィルムの効果は高く、かなり熱気が改善されます。
冷房も効きます。
さらにガラスが割れても、飛散する心配もありません。

木目調のクロスもアーリーアメリカンぽくてナイスです。
琉球畳は褪色が進み、黄金色になればいい感じになると思います。

お客様も大満足でした。

遮熱フィルムは、冷房の効きが飛躍的によくなるので
極めてエコロジーな内装材です。

クロスと遮熱フィルムは大きな誤解が生まれている
5月25日の日記の「みき」ちゃんの施工です。

窓ガラス遮熱フィルム貼り1窓(180*180)程度2.5万円より
1日工事です。
住友3M製のフィルムです。

ブログエピローグ写真






最終更新日  2009年09月03日 12時31分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年09月01日
カテゴリ:カテゴリ未分類
マーケティングマニアの私にとって
垂涎の出来事がありました。

スーパーな大工さんに出会いました。
とは言いながら、Yさん(そのスーパーな大工さん)は3~4年前から懇意にしていただいていたのですが…

改めて今日尊敬できるお話をYさんからお聞きしました。

その全貌を余すとこなく、如何なく公開いたします。

ある分譲住宅系のハウスメーカーの木工事をされているYさんは
いつものように工事現場でお仕事をされていました。

その時、同じ分譲地内の先行して完成しているモデル住宅を
小さい子供連れの若いご夫婦が見学に来られました。

そのハウスメーカーの営業はたまたま不在で
作業中のYさんが対応されたそうです。

ここまではよくある話なので取り立てて尊敬する出来事ではございません。

ガレージのコンクリート仕上げしたばかりの柔らかいところに
見学に来られた小さいお子様が不用心にもそこに乗ってしまいました。

その時、烈火のごとくお子様のお父様が
「そこに乗ったらダメ!!!」
と、怒ったみたいです。

怒ったといっても、その度合いは表現できないので
あるいは再現できないので熊本弁で表現します。

「まうごつ、おごりよらした。」
(Yさん談)

らしいです。

その時のYさんの行動を再現します。

なんと、Yさんもその柔らかいコンクリートに乗って
ペタペタ無数の足跡を残したそうです。

加えて、
「こら下地だけん、心配せんでよか。おっちゃんも乗ったけんが、なぁ~ん心配せんでよか。」
と、言ったそうです。

勇気ある行動です。

これから先は私の勝手な考え方です。

小さい子供さんを含めたその家族の突然訪れた大きな問題を
一気に解決したのではないでしょうか。
さらには、その場を早く立ち去りたいその家族の気持ちを
逆に長く滞在したい気持ちに変化させたに違いありません。
しかも、Yさんを含めたその住宅メーカーの職人さんたちすべてに
シンパシーを感じたに違いないと思います。

もっと極端に言えば
その住宅メーカーに信頼を寄せる瞬間だったかもしれません。

職人の立場から言えば
完成したものを壊されることほどイヤなものはないのに…

Yさん自身もそれは一番よく知っているはずなのに…

なので、スーパーな大工さんなのです。
そう思うのです。

後日談ですが、このお客様との商談はスムーズに進んでいるそうです。

後日談ですが、Yさんは左官さんに平謝りしていました。

今の時代、関わる人たちすべてが共有する出来事があれば
物事はスムーズにいくものですね。
私はこの話を聞いた時、心が癒されました。

ブログエピローグ写真







最終更新日  2009年09月03日 11時37分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年05月25日
カテゴリ:カテゴリ未分類
夜、仕事も終わってゆっくりお風呂に入っていました。
その時、事件は起こったのです。

妻の大きな声。

「携帯鳴ってるよ!!」

泡だらけの頭のままで携帯を持つわけにはいかないので

「ちょっと、出て。」

たぶん仕事の電話だから出ないと失礼になるので
妻に出てもらうように頼みました。

妻の返事

「出ていいの?ほんとに??」

つとめて平常な声だが、眼は疑っている…。

「『みき』って出てるよ。」

ここで慌てて

「あぁ、やっぱりダメ。」

と言ったら余計に怪しまれるから
妻以上に平静な声で

「ほんと、出てよ。」

とやり取りしているうちに
コールが切れました。

もうすでに、お察しの方もあられるかと思いますが
こんな行き違いから家庭崩壊が始まるのです。

正々堂々と「出てよ」と言えば
裏をかく妻は猜疑心の塊になります。

「出るな」と言えば
裏の裏をかく妻の猜疑心は巨大化します。

必要以上に平静さを保って電話に出れば
その裏の裏をかく妻は暴徒化します。

いずれにせよ、携帯に『みき』と登録した私が悪いのです。

告白します。

電話の主は『味喜(みき)』さんでした。
内装関係の仕事をされていて
たたみ工房福島では、ダイノックシートを貼ってもらうことがあります。
今日はその件での電話でした。

こちらからかけなおして、
必要以上にわざと平静な声で「味喜」さんと仕事の話をしていたら
期待どおり、妻が絡んできました。

夫婦仲は良好です。

ちなみにダイノックシートとは
建具に使われている化粧ベニヤの傷などを
シートで全面貼りして新品同様に補修することです。


ブログエピローグ写真








最終更新日  2009年05月26日 14時53分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年05月24日
カテゴリ:カテゴリ未分類
朝7:00に自宅を出て、
荒尾のM様宅の畳敷き込み。

10:00にはお得意先の行事で熊本市内の清水に行きました。

夕方は会社の事務所で今週の段取り。

5月も最終週。
今週も頑張らなきゃ!!ですね。
社長は大変だぁ~。

CIMG0114.JPG






最終更新日  2009年05月26日 14時58分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年05月23日
カテゴリ:カテゴリ未分類
朝から御船のお客様A様宅に畳の敷き込みに行きました。
A様宅は御船の山奥にあります。
どんだけ山奥かというと…
ドコモの電波が届かない所です。

A様は今回、新築をされました。
すべて施工業者はA様からの分離発注です。
昔からのたたみ工房福島のお客様であるA様は
畳は私どもに発注してくださいました。

畳の合計34枚の今どき珍しい和風建築です。

汗をかきかき、畳を敷き込んでいましたところ
この家のおばあちゃんが畳を見て

「これにはすっぽんは入ってるのかな?」

基本的に真面目な私は

「すっぽんは入っていません。」

とお答えしました。

すっぽんはおそらく、スポンジのことでしょう。
すぐにそんな答えを導き出した私は
それでも真面目なので

「すっぽんはやっぱり入っていません。」

「すっぽんではなくポリスチレンフォームは入っています。」

と優等生ぽく答えました。

そのおばあちゃんは納得したのかしないのかわかりませんが
それ以後、すっぽんの会話はありませんでした。

滋養強壮に効果的なすっぽん入りの畳なんてありませんよね?
あったら…売れるかも??

A様宅は木材も自分の山から切り出したもので
究極の地産地消っていうか、ロハスっていうか
うらやましい限りです。

たたみ工房福島も生産者のタグ入りの畳表を使いました。
(喜多川さん郡築)

2009-05-26 15:30:09

写真にゴミみたいなやつが写っていますが
これがQRコード入りの生産者がわかる「たぁみ」というタグです。

ブログエピローグ写真






最終更新日  2009年05月26日 15時32分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年05月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類
2009-05-14 11:49:15
なんですか、これは??

2009-05-14 11:49:15
さらになんですか、これは??

はい、お答えします!!

「琉球こまち」でございます。

今日からのキャンペーンチラシに載せてみました。

最近、琉球畳の問い合わせが多いのですが
お客様の現状の畳で
表替えをして、純粋な琉球畳を作るということはほぼ不可能なのです。
そのご説明を丁寧にしています。
しかし、お客様は畳の構造的なこと、技術的なことはご理解されていないことが多いので
ご希望の琉球畳ができないことに残念がられるのです。
(もちろん最初から作り変えれば可能なのですが…)
費用と現状の畳の処分が大きな問題のようで
あきらめられることが多いようです。

これが最近の傾向です。

そこで!!
登場したのが、琉球風。
「琉球こまち」
目積の畳表に縁起のいい赤色の畳縁を搭載!

畳縁は比較的地味なものが多いので
あえて派手目にご提案しています。

目積の畳表は目幅が8mm、きめ細やかで、しかも耐久性抜群!!
シルクタッチの足ざわり感と派手な赤の縁をまとった
まさに、「こまち」そのものです。

イ草の生産者は「極7000」の生田誠一さん。
定評のある生産者です。

価格は表替え1帖縁付き¥8,800です。

劇的にお部屋を変えたい方におススメです。

みなさん、必ず「おっ!」と言われます。
それだけ派手です。

以上、顔のない地味な福島潤一郎からのご提案でした。

CIMG0114.JPG









最終更新日  2009年05月14日 13時24分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年05月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類
風薫る5月。
昨日の蒸し暑さとは一転、
今日は朝から気持ちイイ五月晴れ。

最高気温はホノルルより高い30℃。
(ホノルルは29℃だったらしい…)
それでも湿度が低かったので爽やかでした。
ハワイと熊本を比較している熊本県民は
私を含め少数派でしょうね!?

朝から阿蘇の高森を越えて大分との県境の町・竹田市に
畳の敷き込みに行ってきました。

窓を開けて快調なドライブです。
風が鼻の奥の斜め45°ぐらいに当たって
心地よいアドレナリンが出ています。
緑が濃く、気持ちイイ!!

そのあと、黒川温泉のお付き合い先の旅館数件に表敬訪問。
水曜日だというのに宿泊のお客様がたくさんいらっしゃいます。
さすが日本の黒川温泉。
いや、世界の黒川温泉です。

どうやらフランスのミシュランで2つ星が付けられたそうです。
お墨付きになったわけです。
さらに期待値も高くなっているわけです。

私の訪問の目的は、6月の畳替えのご予定の確認でした。
まぁ、負担にならない営業みたいなもの??
なんせ、風薫る爽やかなドライブ気分で訪問したわけですから…
ギラギラした営業だとつまみ出されそうな雰囲気ですからネ。
なんたって緑濃い黒川温泉にギラギラはミスマッチです。
2009-05-14 11:18:33

そのあと雄大な阿蘇五岳が一望できる大観峰近くのミルクロードから
パチリ、1枚。
2009-05-14 11:28:50
北西の薫風が吹いていました。

それから、菊池渓谷経由(下車はしていません)
菊池温泉のお付き合いのある旅館を訪問。
畳の見積もりをいきなり依頼されました。
黒川から運んできた爽やかな風が
私のギラギラ営業を消してくれたのが幸いしました。(ラッキー!!)

以上、今日のドライブ営業日記でした。

CIMG0084.JPG






最終更新日  2009年05月14日 13時30分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年01月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類
久しぶりの書き込みです。
昨年の9月11日以来ですから、125日ぶりです。
その間、多忙極まり長い休憩でした。
突然ブログを再開したのは、特別な理由があるわけではありません。

次男の湧大の目覚まし時計がうるさかったので、睡眠から目が覚めると同時に「文章を書く」という欲望もモリモリと目が覚めたのです。
ただそれだけです。

ところで、その目覚まし時計のウルサさは非常ベルみたいなけたたましさです。
快調な目覚めとは言えず、どちらかと言えば戦闘モードに火をつけるような強烈な音です。
CIMG0809.JPG

「よぉ~し、やってやろうじゃないか!!」

という、ガラの悪いヤル気が出てくるのです。
その勢いで書き込みをしていますが、文章は割と穏やかです。
有明海の静かな波のようです。

今日の施工写真
CIMG0805.JPG

CIMG0806.JPG

朝から敷きこみしました、出仲間のA様邸です。
沖縄市松、ヘリなし半帖9枚です。
たたみ工房福島の得意技です。


ブログエピローグ写真






最終更新日  2009年01月14日 10時20分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年09月11日
カテゴリ:カテゴリ未分類
いよいよ繁忙期に突入してきた模様です。
昨年の9月は、そんなに忙しくなかったような気がします。
連日35℃を越す猛暑が25日まで続いたためという一説もあります。
今日、明日、あさっての予定一覧表。
CIMG0382.JPG

今の心境は、そしてこれからお正月までの心境。

徹底的に仕事をしたい!!
徹底的にお客様のお役に立ちたい!!

そんな願望で心がいっぱいです。

この時期、忙しくなってきたのはおそらく気温のせいだと思います。
暑くても、殺人的な暑さではない。
暑くても、せいぜい32℃。
暑くても、朝晩は過ごしやすい。
暑くても、湿度が低くなっているからまとわり着くような暑さではない。

気温と湿度が低くなる秋は、畳替えのベストシーズンです。
気温と湿度の畳替えとの相関関係を二次関数で解明しようと思う。

以上、理数系の福島でした。

ブログエピローグ写真







最終更新日  2008年09月12日 00時09分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年09月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類
GB様との打合せがお約束通り、午前11時から始まりました。
GB様は地元御船町の料亭のオーナーです。
この10月のリニュアルオープンを目指して只今店舗を改装中です。

GB様によると、「片肺飛行中です。」とのことです。
宴会場の半分が改装中で、半分しか使えない状態なのでそういう風に表現していました。
営業しながらの改装は大変ですよね。
改装しているからと言ってお客様を断るわけにはいかないから、ですね。

GB様とのお付き合いはもう20年になります。
約20年前に改装されたときに初めて私が畳を作りました。
(先代からのお付き合いではありますけれど、私が最初に手がけたのはその20年前でした。)

今回のリニュアルはますます近未来にって言うか現実的な問題の高齢化社会に対応したコンフォータブルな料亭に生まれ変わるのが目的だそうです。
まぁ、平たく言えばお年よりは椅子に座って宴会をしたいみたいです。
それに対応したお店作りが今回のリニュアルです。

もともと和室だったところをホールにして
椅子とテーブルの宴会のニーズを実現するのが目的らしいです。

が、しかし、今まで畳だったのを劇的に変化するのも勇気がいるので
当面はホールに畳も敷けるようにしたいというGB様のご意向で打合せに行ってきました。

最近はGB様と会う機会も少なかったのですが
全然変わらないGB様のパワフルな姿勢はリスペクトします。
(当事者同士じゃないとわからない空気があるのです。あしからず…)

基本的な営業店様の畳に対する私の考え方をお伝えしてきました。

GB様は「もう、なんでんよか。好きにせ。ジュンちゃんに任せる!!」のお答えです。

そんな感じです。
当事者同士じゃないとわからない空気です。

GB様とのもっとも印象に残る会話をご紹介します。

約20年前知り合った頃、
「ジュンちゃん、今度麻雀しよう!」
「・・・・・・。麻雀ですかぁ??」
「そうそう。ジュンちゃんはキレのある麻雀をしそうだから。」
「・・・・・・。そうなんですか?」
「ちょっと、やつけたいもんだから。」
「すいません。僕、麻雀できないんです。」
「じゃね、バイバイ。」

でした。
私は、パチンコも麻雀も競輪も競艇も株もやりません。
残念ながら勝負事に弱いタイプなのです。
競馬はたしなみます。
タバコはやめました。

そんな話題ではございません。
GB様のことが本題でした。

GB様はたぶん私より一回り上だと思います。
ものすごく頭がキレます。

と、思います。

地元、御船の料亭のオーナーです。
「とらや」http://www.toraya-mifune.jp/ です。
有名店です。

GB様が何故GBなのか?
種明かしします。
GoldenBoyの略だそうです。
しかし、誰もGB様のことをGoldenBoyと呼んでいるのを聞いたことがありません。
本名は福味総一郎さんです。

20年前から靴にマジックでGBと書いてあります。
今日、久しぶりにお会いしたときも靴にはきちんと「GB」と書いてありました。
20年前からアイデンティティは変わらないのですね。

CIMG0084.JPG






最終更新日  2008年09月11日 23時54分11秒
コメント(0) | コメントを書く

全194件 (194件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


tatami.kobo-f

お気に入りブログ

たたみ屋奮闘記 畳屋ケンちゃんさん
小川畳店 よっちゃんたたみさん

コメント新着

 北川 千佐子@ 大好き 何時もご無理ばかり お願いしている私で…
 エン@ エンです。 更新頑張って下さい。 FXとか教えてます。…
 吉田畳店@ 惜しい人材でしたね 読ませて頂き、思わず笑いが吹き出してき…
 やすりん@ おもれぇ~~ ご無沙汰です。一時期更新してませんでし…
 畑野泰人@ お世話になりました^^ >畑野さんの都合がいい時は、今日の夕方…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.