350785 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日本と地球の命運

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


たつまき2998

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

たつまき2998@ Re:創造主らによる地球大掃除が切迫している(03/14) このブログのEnglish versionを世界中に伝…
たつまき2998@ Re:オバマは世界人口削減のために使われているだけ(01/02)  ロックフェラー独裁支配下の傀儡オバマ…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
たつまき2998@ 米国で"Fort Calhoun(原発)is Fukushima” 米国で"Fort Calhoun(原発)is Fukush…

Freepage List

Headline News

2013.04.04
XML
カテゴリ:政治経済平和

米帝国主義による第2朝鮮戦争の勃発とシリア侵略は許されない
2013.4.3;更新:4.13
  米韓連合軍は、Newsland.ru2013.3.31によれば、2013年初め以来北に対する合同演習を9回決行した。3月だけでも合同演習を4回強行した。演習実施部隊の総員数は20万人に達した。兵員数100万人のロシアは、最近年の歴史上でそうした規模の演習を1度もやったことがないという。その上これらの演習の時に、DPRK(朝鮮民主主義人民共和国)の領土への海兵隊の上陸作戦の演習が完遂された。占領下の居住諸地域での占領秩序導入措置もとられた。
  さらに本年3月に米軍は、核弾頭搭載可能な戦略爆撃機B-52を3度もDPRKの領空境界線へ送り込んだ。3・29には核弾頭を16発搭載可能なステルス戦略爆撃機B-2を2機北の領空境界線接続空域へ派遣した。南朝鮮領土内ではこれらB-2の核爆撃演習を実施したと、南朝鮮(韓国)が発表した。 
    だがそれは韓国当局の公式発表で、騙しの虚報だった。宇宙情報によれば、実際には、ステルス戦闘機F22も同戦略核爆撃機B-2も北朝鮮上空に侵入して、首都平壌上空で核爆撃演習を繰り返した。特にB-2は平壌の2万m上空から1万m上空まで急降下しては上昇する核爆撃演習を繰り返し強行して強烈な威嚇を行った。B-2の轟音と衝撃波が起きたが、首都防空部隊はステルス機を迎撃できなかった。それは、一方的な圧倒的攻撃の誇示になった。CIA系の産経は「平壌を米ステルス戦闘機が急襲 金正恩氏が震え上がる」と報道した:
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130406/kor13040612010006-n1.htm
  東京上空へ核弾頭を16発搭載可能な敵のステルス戦略爆撃機が襲来したら、日本上陸作戦と占領体制確立の演習が近くで行われたら、日本人はどう思うか?国家存亡の危機で、それこそ「玉砕」覚悟の決死の非常措置をとるだろう。
 
  その上、本年3月には南朝鮮(韓国)沿岸へ米空母と大機動艦隊が来た。その中には「ロサンゼルス」級の攻撃原潜もいて、演習を実施した。さらに米軍は半島の南西沖にイージス艦を派遣したが、もう1隻派遣する。韓国国防省は4・1に、北朝鮮が韓国を攻撃する兆候が明白になったと主観的に判断した場合、ミサイルなどで北の拠点に先制攻撃を加える侵略的軍事冒険主義の方針を打ち出した。
  北は、南の基地、米軍の沖縄・三沢・横須賀等の在日基地、グアム島アンダーセン空軍基地、米本土への攻撃用意を発表した。しかしNewsland.ru は北の米本土ミサイル核攻撃には小型核弾頭の開発完了で6~7年かかると指摘した。また、北の対応は防衛的なものだと書いた。金正恩は4・2に先制攻撃をするなと、前線部隊に命令を出した(「ロシアの声」サイト2013.4.2)。
  金正恩は、核兵器開発、通常兵器の削減と、軽工業発展・国民生活向上の新政策を決めた。たった1400万人の人口を擁する小国が核軍備増強と国民生活向上の相反する路線を推進することは、破滅的な冒険主義の路線である。米帝が北の国家殲滅の第2朝鮮戦争の勃発を目指して軍事挑発を拡大していて、中國が腐敗した資本主義的高度成長路線で米帝と妥協に走って、北の核兵器実験を口実に国連安保理で米帝等のNATO諸国の北朝鮮制裁決議に同調して以来、隣国存亡の危機を傍観していること、ロシアが同様な親米帝路線で第2朝鮮戦争勃発の危機を傍観していることが、情勢を激化させている。
  NATO軍がポーランドへ進出してロシアへ西部からの軍事圧力を増大していることを、今や露のニュース・サイトが強調しているが、これは、シリア、北朝鮮に対する東西での米帝の侵略計画が露からの障害に直面するのを避けるための陽動作戦であろう。
  但し、米国の全核兵器は2008.7.24に創造主らの命令で銀河連邦指導部の宇宙船が一掃した。その後北朝鮮の核兵器も、英・仏・NATO・イスラエル・露・中・インド・パキスタンの核兵器も一掃された。共に補充生産と再配備が阻止されている。だから米韓連合軍も、北朝鮮軍も共に、核ミサイルによる攻撃圧力のキャンペーンを繰り返しているが、フィクションの政治的心理作戦に過ぎない。   CIA特別作戦局長元代理W. Boikin中将が、米経済崩壊・食糧危機、全米動乱・国内戦争状態宣言の発令を予言したように、米独裁支配者J.ロックフェラーは、迫ったデフォルト、米ドルと米経済の崩壊、NY州、FL州、TX州、CA州その他での内戦勃発、知事が既に連邦脱退を言明したTX州、連邦脱退を表明している中部諸州、その他一連の州の連邦脱退、USAの解体・消滅に至る過程進行の展望と脅威に直面して、オバマとネタニヤフのシリア侵攻に関する2013.3.20原則合意と共に、第2朝鮮戦争挑発・強行を目指している。ロックフェラーと傀儡オバマは、それによって米経済の戦争経済への転換、国家非常事態宣言とネオナチ体制への全面的移行を画策している。
  しかしシリア、イランと北朝鮮への米帝国主義の新たな侵略戦争は、創造主らの無数宇宙ブロックス管理界によって許されないから、やっと阻止されている。

    NY州、W.D.C.を含む米東部、西部のCA州と、イスラエルの海中沈没が近い。
☆ 日本のマスゴミが隠してる米国の植民地南朝鮮(韓国)超搾取・超格差社会の悲劇―ソウルからの報告:
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2013/02/post-d9db.html

 

  







Last updated  2013.04.17 19:02:58
コメント(0) | コメントを書く
[政治経済平和] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.