132058 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

たーちゃんのホームページ

わが青春の1ページ

わが青春のページ下に行くほど、新しくなります。

このページは、わが青春時代の想いでの数々を、そのまま記した回想のページである。
 これから少しずつUPして行こうと思っている。


巻頭言 19○○年正月

真心とは人間の心から成る純真無垢なる心である。
それは、学問、教育、或いは経験から作りあげられた怜悧的狡知な心ではならない。 
 即ち真心とは、天然自然に備わった霊妙不可思議なる心である。
現に幼児には欲がなく嘘がない。ただ、本能の為すがまま・・・これこそ真の真心なのである。
 我々には生来、このような純真無垢な心が備わっているのであるが、成長するにつれて、
これらの心が次第に薄れ、自己の営利のみに専念するようになるのである。
 しかし、それでは、いけない!
自分の行動には真心をもって、成功と完遂のため努力しなければならないのである。




春いずこ? 19○○年2月5日

 大空にしとやかに伸びたリンゴの木。その枝々には、青春の若さ溢れんばかりの若芽が、さんさんと降りしきる太陽の中に、惜しげもなくその身を曝け出している。
それは春うらら、ある日の午後の我が家の庭先での、いつもの風景であった。
 縁側に腰を下ろし、見るともなしに、リンゴの木をぼんやりと見つめていたのである・・・・・・それは、のどかなひと時であった。
 ん?・・・私はある一点を注視した・・・

 さきほどから小指大の黒いものが、風に吹かれてユラ~リユラ~リと、
右に左に、枝にぶら下がって揺れていた。よくよく見ると、それは醜い身体を衣で隠し、執拗に彼女の肢体に、振り落とされまいとしがみ付いているミノ虫だった。
 か弱きは、受身の女性である。彼氏の身体をまともに見る事も出来ず、ただ、成されるまま、衣の中の彼を想像するだけ・・・

 あヽ春よ春、春は素敵なプレゼントをしてくれる。
恋は春風に乗って・・・・・・ああ私もミノ虫になりたい!しかし、悲しきかな、告白する勇気のない私は・・・今日もまた、恋は春風に乗って、私の目の前を過ぎて行った・・・


雑 詠19○○年6月22日
 
ガタゴトと 
  電車に揺られて 今日もまた
 学ばんとして橋へぞかかる 

そよ風に
  浮かれて歩く 帰り道
 すべての事ぞ 思いわずらう          

行く道の
  遅れて今日も 急ぎ足
 先の事をぞ 思いやらるる

つゆつずき
  白きズボンの 足の下
 泥んこポンと 飛びついて来る
 



花火(実話小説) 19○○年7月23日 
「奴らは花火を見るのに夢中なんだよ」
俺と哲学者(アダ名)は、花火見物人の雑踏を流れに任せて、ゆっくり足を運びながら、そんな事を言っていた。
 田中、朝倉、関口、吉岡等は脱兎の如く走り去り、今は全く俺たちの視界から消え去ってしまっていた。今晩は、両国の隅田川川開き花火大会である。
 日大一高商科一年に席を置いていた俺たちは、今日は花火だと言うので学校を早退して、気心の知れた親友と連れ立って、花火見物と洒落込んだわけだ。途中柴崎は、頭痛を催したので、このメンバーには加わっていない。

 √ドーン ドドーン ドーン パッ パパッ パッ」
花火は夏の夜空に遠くこだまして、いとも儚く消え去っていく・・・
俺と哲学者は落ち着いたものだった。・・・多くの雑魚共は空を見上げて馬鹿面をさげ、右往左往している。
 「あ~!馬鹿にしてやがら・・・こんな花火なんか、ひとつも面白くなんかありゃしないっ!まるで子供だましじゃねえかっ!」
 まな板に目鼻を付けたようにノヘーっとしていて、少々まずい造りをしている哲学者は、さもつまらないと言った表情でそんな事を言った。
 「子供だましの花火なんか見る、雑魚共のつらが見てえよ」なんて言ったりして、さも尤もらしく分別顔などを造ったりもした。
 
 雑踏の流れに乗って川端に近づいて来ると、ますます雑魚共のイモ洗いが苛烈を極めて来た。
 √ヒュ~ン ドド~ン!パッ ヒュルヒュルヒュル~ッドド~ン!!パパッ・・・・ヒュ~ン ドド~ン!パッ ヒュルヒュルヒュル~ッドド~ン!!パパッ・・・・
 まさに壮観だ!俺たちはしばし足を止めて、恍惚としてそれに目を奪われた。
 「わ~っ!危ねえっ!危ねえじゃないかっ!そんなに押すね~この~っ!!」
 「ンまあ、これはとんだ失礼を・・・」
 「ん?いやいや、お嬢さんでしたか!これはこれは・・・いいえ、いいんですよ。もっと、どんどん押して下さい。身体がつぶれてもいいんですから・・・」
何~んて喋っている、好色なニキビッ面のあんちゃんもいる。

 俺たちはいよいよ川端にやって来た。
「ここまで来たんだから、仕掛けでも見て行こうや!」
哲学者そう言うと、先程の言葉もどこへやら、夢中になって川面を見つめ始めた。
 √ヒュ~ン ドド~ン!パッ ヒュルヒュルヒュル~ッドド~ン!!パパッ・・・・ヒュ~ン ドド~ン!パッ ヒュルヒュルヒュル~ッドド~ン!!パパッドンパッパ・・
 「やった!やった!仕掛けだ~っ!!」
一瞬、雑魚共は大きくざわめいた。
「見えね~なっ!」
「ちきしょうっ!随分下でやってやがら~っ!」
 俺たちは、見えない仕掛け花火に罵り喚いた。こうなると人間と言う動物は勝手なもので、花火なんか子供だましだなんて、もっともらしく偉そうな口を叩いていた俺たちも、馬鹿面さげて喚き始めたものである。
「ちきしょう!見えね~や!・・・おい、もう帰えろうぜ!」
俺はやけになって吐き出してしまった。哲学者は黙ってニッと笑うと、俺の後から黙って付いて来た。

甘美な香りが心地よく俺の鼻を刺激し、夢の桃源郷へと誘い込んだ。痺れるような触感、そして、それを通して18乙女の清潔な肌触りが感じられた。
俺は、人混みをいい事にうまく使って、ソッと彼女の腰に手をまわした。・・・・・・・・と,
「何すんだね、この人(すと)」
俺はハっとして目を開けた・・・と・・・そこには、目、目、そして、目、少なくとも俺はそう感じた。そして、と見ると、そこには先程の美しい女の子は、もう見当たらなかった。俺の目の錯覚か?もう一度あたりを、ソっと見渡したけど、やっぱりいなかった。
 代わりに、七十婆さんが垢で汚れたワカメの様な着物に、得体の知れない汚物をくっつけて居たからたまらない!
そうすると俺は、先程からこの乞食婆さんにピッタリ寄り添って居た事になる・・・・・・ゲ~ッ!・・・俺は腹わたを吐き出しそうになった。

「三沢!(仮名)何チョロチョロしてるんだぁ?二十日ネズミでもあるまいし・・・」
「エッ!いやっ!そ、その、何でもないんた」
なんて、誤魔化したもんである。
 俺たちは、いつか橋の上を歩いていた。いや、揉まれていたと言った方が適切かも知れない。
アメさん(あめりか兵)は女の化け物(娼婦)を抱えて、悠々とパイプをくゆらしている。
 俺と哲学者はボケーっとして指をくわえ、河馬口からよだれを垂らして、アメさんと娼婦の抱擁を見とれていた。そのころ抱擁っていったら、凄っごく珍しいものだった。
「哲学者!どうだい!!」
「馬鹿野郎!そんなの知るか!!」
「やっぱり、なんだな~!これで戦勝国の人間ともなれば、やる事が違うなー」
俺は息も喘ぎあえぎ、そんな事を言った。
「もう花火は終わりだー、止まらないで、歩け歩け~!!」
「馬鹿野郎!そんな事抜かす奴は、どこの馬の骨だーっ!前がつかえて歩けね~この間抜け野郎!!」
 な~んて、橋の上は大騒動だった。

「早く橋を渡っちゃおうよ」
「ダって、仕掛けが見えないのヨ!」
「馬鹿!橋が落ちたらどうするっ!」
「あたし、うれしいワ!こうして貴方と一緒ならば・・・」
「おーっ!ナイス!!」
な~んて、少し気になる会話をしている若いアベックもいる。
 「いや~!参った、参った!!俺たちチョンガーには、目の毒、耳毒、中足毒だよ、ん?」
 元来デリケートで神経過敏な俺は、とうとうこの情景に、ねをあげてしまったのである。
「いや、叶わん!帰ろう、帰ろう!!」
俺と哲学者は、申し合わせたようにそんな事言うと、アタフタと人波を押し分けへし分け、ほうほうの態で、逃げ帰って来た。

                        完


寸 詠1900年9月23日

警察の 誠意に下がる わが心
高校生の頃、ソバ屋からタバコを吹かして出て来た所を捕まり、警察官に優しく諭された時。

本将棋 わざと負けたと 嘘をつき
弟に教えてやってた将棋が弟に負け、悔しさのあまり出た本音・・・現在はアマ有段者で、地域に貢献している。

女の子に 心惹かれる 年となり
胸もときめく思春期時代・・・この時から女性には、ときめきっぱなし~~(笑)

十七で ニキビ気になる 鏡のなか
思春期のシンボル、ニキビ気ななる年が懐かしい・・・

ほんのりと 芽生えた恋の 若芽かな
異性恋や、恋しや異性・・・σ(^^)って、ませてたのかな~?










 

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.