153244 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

「日野市☆百草園の税理士」日々奮闘!たまに粉砕!

PR

Rakuten Profile


zeirishi砂糖さん

おせっかい税理士

フォローする

Calendar

Favorite Blog

行政書士専業で食え… New! 行政書士&許認可コンサルタント 山崎事務所さん

効率が良くない業務 New! SRきんさん

大雨の中を帰ってき… J.J.小見山さん

川崎市の社会保険労… 神奈川:社労士KEIさん
税理士道 なのびーさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

zeirishi砂糖@ Re[1]:税理士って、何者?(01/20) 行政書士&許認可コンサルタント 山崎事…
zeirishi砂糖@ Re[1]:国民年金の前納(01/14) SRきんさん コメントありがとうござい…
SRきん@ Re:国民年金の前納(01/14) 私も年金事務所に電話してしまいました。 …
zeirishi砂糖@ Re[1]:いつまで税理士という資格があるか?(11/29) J.J.小見山さん コメントありがとうご…

Headline News

Archives

2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2007.10.24
XML
カテゴリ:仕事

個人の確定申告を電子申告すると、5000円まけてもらえます。

19年、20年のいずれかですが・・・。

まけてもらうには、いろいろな要件があり、納税者本人の電子署名が必要となります。

電子署名するには、住所地の市役所でいわゆる住基カード(電子証明書)を発行してもらう必要があります。

お客さんに取ってきてもらうのに、自分自身がまず、とっていなければと思い、午前中に市役所にいってきました。

私個人としては、税理士のICカードがあるため、自分の申告には、住基カードはいらないのですが・・・。

申請料として、千円かかりますが、特別難しいことはありません。ただ、実際に、電子申告するとなると、これが、その準備が面倒臭い。

まず、インターネットに接続されているパソコンがあることが大前提。そして、1.インターネット経由で、所轄の税務署に「電子申告の開始届出書」を出します。2.自宅のパソコンに電子申告をするためのソフト(e-tax)をインストールし、3.税務署から届いた利用者識別番号の通知書を基に、またまたインターネット経由で、暗証番号を設定します。4.そしてそして、電子証明書を読むためのICカードリーダライタをパソコンに設置し、電子証明書をやはりインターネット経由で登録する。

ここまでで、やっと申告する準備が終わるわけです。

書いてて、嫌になりました。

これを税理士が5千円控除を受けるために、お客さん代わりに、事務所のパソコンでやるとなると・・・うんざりです。

こんな面倒なことして、たった5千円の控除。

しかも、一回こっきり・・・。

せめて、控除額が1万円だとか、5千円控除が3年間続くとか、税理士の代理送信だけで控除を受けられるならば、多少の手間は、しかたないと思うけど、準備だけでもかなり大変。

また、実際の申告の時には、お客さんに事務所まで電子証明書をもって来てもらわなければなりません。

こう考えたら、やらない方が賢いかもしれません。あまりメリットがないわけだから・・・。

でも、ここまで面倒だけども、電子申告をやる理由があるわけです。

それは、他の税理士との「差別化」です。

電子申告に関して言えば、すでに二極化している状態なわけで、やらないところは、今後も絶対やらない。

どちらが少ないかと言えば、「電子申告する派」でしょう。

開業間もない税理士にとって、ささやかな「差別化」かもしれないが、やらないわけにはいかないのです。

課税庁側がビスタに対応したのが、先月です。一から準備していくには、今からがぎりぎりと思われます。

通常業務の傍ら、お客さんに電子申告のお願いして回る日々が続きそうです。







Last updated  2007.10.24 13:05:56
[仕事] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.