2528341 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わたしじかん

PR

X

全8件 (8件中 1-8件目)

1

新・風のロンド

2010.01.12
XML
カテゴリ:新・風のロンド

今日は天気が悪いせいか
昼過ぎから頭痛、眠気、イライラのトリプルコンボ
こういう日は、大好きなものを見て気分転換

っつーことで、うっちぃと神保さん祭り(個人開催)です

新・風のロンド#28

週一回、深夜に放送ってひどいわ~~~ 

紺ブレうっちぃ~
膝を抱えて
頬に睫毛の影が落ちて
目に涙を滲ませて

キミの王子様宣言キターーーー!

英明とよく似た顔の智が一緒に寝てるのを想像したら
よく似た毛並みの子猫が
二匹丸くなってるみたいな絵が浮かんだ

その後ろから
全力疾走 シュパパパパ......
神保さん、登場!

子供たちを大切にしたいのに
間が悪くって、裏目に出てばっかりで
結局、怒っちゃう
可哀そうなお父さん(涙)
智にバイオリンを買ってやったぞーーーー!
って満面の笑みがサイコーだったのに
いつまでも報われない大介が可哀そうです

 

 

牡丹と薔薇#1・2

評判になったときはノーチェック
ドロドロ恋愛ドラマを見て、楽しむ余裕がなかったなぁ
こういうドラマは感情移入せずに
ツッコミながら楽しむのが性に合う
とようやくわかった今日この頃

お前、神保さん目当てだろ!(自己ツッコミ)

今回は設計士の神保さん
ワイシャツ姿がステキ~~~
チェックのパジャマの下の胸板がステキ~
眼鏡はかけてないんですね、チッ

出会ったばかりなのに
自分の名前の由来を、一発で言い当ててくれて
散った牡丹の花びらを、空中キャッチ!してくれて
男前にこんなことされたら
惚れてまうやんか!
目をキラキラさせてる富貴子がかわいいぞーーー
富貴子の積極性は嫌味なくっていいなぁ
苦労知らずのお嬢さまって感じがよく出てる
引きずられて、初々しく恋愛を始める豊樹もいい感じ


割烹料理屋の女将の言葉が
いちいち含蓄があって、深く深く頷かされます
恋愛はドロドロしてんだよ~
男と女の仲は血なまぐさいんだよ~
好きになったら、遠慮せずに奪うんだよ~
諦められるなら、その程度のものなんだよ~
これぞ、東海テレビの真骨頂ですね


一方、8年も同棲している鏡子は
どんどんダメな方向に向かってる女の怨念噴出で
バックに蛇トーンを背負ってるみたい
川上麻衣子って不幸顔ですよねぇ

ま、男でも女でも
仕事に一生懸命になってるときに
結婚をほのめかされたり、束縛されたら
一気に冷めるわなぁ
冷めた相手をつなぎとめようと
必死になったら、さらに逃げる!

なんだか、鏡子と豊樹の関係を見ていて
中島みゆきの「二つの炎」を思い出した
 ♪二つの炎が同じ速さで燃えはしない
 ♪いつまでひとつが哀しく燃え続けていても
男の方が先に冷めているのに、
女は思い続けているところが切ないですね~
ま、逆もあると思いますけど(もちろん、同性もあり!)
で、取り残された方の愛が、いつしか憎悪にかわる、と ウキャキャ

鏡子の狂気へのダイブが楽しみであります







最終更新日  2010.01.13 01:07:32
コメント(0) | コメントを書く


2010.01.05
カテゴリ:新・風のロンド

新しいクールが始まって、昼ドラも心機一転
今期は昼ドラに忙しいです

「インディゴの夜」
原作は一通り読んだんですが、
ドラマは設定が変わってますね。

5話完結の推理ドラマということで、
初回は晶の婚約破棄・失業から犯人に仕立て上げられて~まで
まだ打ち解けてない(むしろ反発している)ホストたちが
個性的でなかなかよいです

クラブのマネージャーが正統派美形の加藤和樹(ドレイク)
晶の元・婚約者に松田賢二(ザンキさん・ガルル)
クラブオーナーが六角精児(米沢さん)
その他、ホストに森カンナ(夏ミカン)?(理由はたぶんネタバレなので内緒)
そして、まだ出てないけど、高木心平・万平に真山明大
ライバル店で日本No.1ホストが徳山秀典さん!

私的に豪華メンバーに ひゃっほ~~~ です

やっぱりこれは、毎日見て、週末に感想を述べるのが正しいんでしょうね。

ということで、今後の展開に期待しまっす!

 

 

「新・風のロンド」
前クールは週4放送だったのに、今期は週1、しかも深夜!
月~金で放送してた内容を週1にするって
そんなに前クールの視聴率悪かったんですか~~~~?

いよいようっち~がたくさん出てくるっていうのに!

制服を着て、黒髪でつるんとしたお顔のうっち~は美少年でした。
白いセーターや白いシャツがいい~
あのおぼっちゃん風貌でサッカー部だなんて、
部活中のショットが見たいところです

一方、

ただでさえ、中心が夏生と英明に移ったので
神保さんは出番減少してるのに
放送回数まで減らされたら、眼鏡レス神保さん成分が足りない~~~
茶色いスーツの神保さんは、ソフトな印象になって素敵なのに~~~

ま、「新・風のロンド」の代わりに、「牡丹と薔薇」が放送されるようで
こっちにも神保さんは出てるので、許す!(エラそう)







最終更新日  2010.01.06 00:45:07
コメント(2) | コメントを書く
2009.12.12
カテゴリ:新・風のロンド

火をつけたのは、大介なのか
大介が浩司を殺すつもりだったのか
すべては偶然だったのか

全部、偶然のできごとだったのに
大介の仕業だと、周囲の人は思っていたら
なんてかわいそうな大介

でも
浩司が死んで、大介が社長になれると
ほくそ笑んでるのを見たら
やっぱり大介の策略か?とも思ったり

苦悩する大介でも
腹黒大介でも
どっちもおいしいから、いいんだけど(爆)


なーんで、野代父はこんなに大介を嫌うんだろう?
浩司の代わりに、大介が死んでいたらいいなんて
親の言う言葉じゃないよ
なので、なぜこんなに嫌うのか、考えてみました

仮説1、自分の指示に従わないから、潰したい
仮説2、自分に似ているから同族嫌悪
仮説3、大介は、野代母が焼けぼっくいに火がついてできた子供

う~ん、3だったら、三世代にわたる愛憎物語ですね

 

いつも素敵な神保さん
哄笑する神保さん
片眉を吊り上げる神保さん
エロくほくそ笑む神保さん
シラを切る神保さん
どれもこれも素敵です
社長になってからは、ダークスーツを着るようになって
ますます男っぷりが上がってるわ~
スーツをきっちり着こなせば、着こなすほど
剥ぎたくなるのは、当たり前ですよね!
戦後のラフな格好のときより、
きっちりスーツの方が、色気が増してるんだもん
カメラ目線で、ネクタイをクッと緩めてほしい~~~~


白シャツ+白ベストのうっち~
頬に落ちる睫毛の影
ちょ、どんだけ長いのよ、あの睫毛
や~ん、美少年~~~
こんなにかわいくて優しい息子がいたら、自慢しまくる!
麻美が警戒しまくるのも、同意できるわ
英明、智がいとこ同士って設定だから、似た顔をそろえたんだろうけど
似た顔の二人が、一緒に寝るって
布団の中で、怖い話を聞かせてあげて
「英明さん、こわい!」「大丈夫だよ、智くん」
なんてことになったら
なんという落としテクニック!
優しい顔の裏には、したたかさが隠れていると思う脳は
完璧、腐ってますね


麻美さん
どんどん怖くなっていく~
まぁね、自分の夫と心中した女の娘が同じ屋根の下にいて、
次は自分の愛息子と親しくなりつつあったら、
発狂しますわな~
その上、将来の社長の座も危うくなってるし
使えるものなら、何でも使う
この先、ますますいっちゃうのが楽しみ~

 

ストーリーとは全然関係ないけど
登場人物の着ているセーターがステキ
特に麻美さんの着ているセーターは
デザインもステキなら、手も込んでいて、
パールの飾りも上品
あんなのがサラ~っと編めたら、ステキだろうなぁ

智のセーターもレトロでかわいいデザイン
アーガイルチェックの編み込みと縄編みの組み合わせ
いいなぁ、色を変えて自分用に編みたいわ~


で、ここまで放送しておいて
続きは
1月から月曜深夜に放送って
どういうこと!?
放送中断しないだけ、感謝しろってことか!?
くーーーーーー(号泣)







最終更新日  2009.12.13 00:04:06
コメント(0) | コメントを書く
2009.12.04
カテゴリ:新・風のロンド

白セーターのうっちぃ 登場!
きゃーーー!

ホント、うっちぃが
かわいいよ~~~かわいいよ~~~
黒目がちのたれ目
バサバサの長い睫毛
真っ白のぷっくりほっぺ
薄ピンクの唇
黒いサラサラヘアー
どこをとっても、かわいすぎる~~~~

真面目でお母さん思いで、優しい男の子って役が
うっちぃの繊細な顔立ちにぴったりだわ
流されやすいけど、芯は強くて、
みんなから可愛がられても天狗にならない弟ポジションって
うっちぃのはまり役だと思う。

一時期の金髪より、黒髪が似合うと思います
金髪にするには、顔立ちがおとなしすぎるんだよなぁ

にしても、セーターもベストも白!
白い服なんて、いいとこのぼっちゃんしか着られないよね
普通の男子だったら、一時間で汚すもん
お行儀がよくて、お手入れをしてくれる人のいる子供だけ!
うっちぃには、フリルのシャツを着て、
温室で車いすに座って、お茶を飲んでるような役を
一度、してほしい!
車いすを押すのは、蕩けそうな笑顔のアニキで!
イメージはメイちゃんの執事のルチアさまとピロで


「明日で終わりにしてやる、何もかも」
神保さんが、怖くてステキです
ギリッと睨みつけられると、眼力にゾクゾクしますね~
肌蹴たシャツの襟を合わせる姿が、何ともイイ
寝巻の藍の浴衣もいいよなぁ
全体に露出は控えめなあたり、昼ドラなのにもったいない
無意味にシャワーシーンがあったカフェドラマに負けてる くっ......

にしても、どうしてここまで大介が父親に疎まれてるのか
単に望まなかった三男だからってだけ?
実は、大介は母親の不義理の息子だったりして~~~


もっと怖いのが麻美姐さん
嫉妬で狂ってくのが、超こわい
息子への偏愛が、激こわい
母親の代理でいびられる子供たちはかわいそうだけど
麻美姐さんもかわいそうな人だよね
最初の夫には先立たれ、二人目には浮気(っつーか本気)され、
長男は事故死、次男は......
野代のじいさんを責める気持ちは当然です
でも、没落貴族の娘が何して身を立てられるのか?
となると、野代家にすがるしかなかったわけで。
麻美姐さんには落ち度がないのに、こんな結末って
かわいそうです


やっぱり、見ていて腹が立つのが
浩司さん

暴走するなら、一人で自爆しろ

ほとほと迷惑だよな~
槙は家庭を守っていこうとしてるのに、
自分は家庭を捨てるから、きみも捨てろとか
自分の後悔に巻き込んでさぁ

最初はお守りの件があったから、
「槙はまだ僕を愛している」と信じるのもわかるけど、
あんだけきっぱりと断られたのに、
いくら目が揺れてたから、声が震えてたからって
突っ走るのはどうかなぁ
愛してるなら、逆に身を引くという選択肢もあったろうに。

何かもう、愛と言うより、執着だよね
槙が炎の中に飛び込んで行ったのは、
愛と言うより、自分の手でケリをつけるしかなかったからのように思う。
実の兄を殺すほどの嫉妬深い大介に
一生、ネチネチ言われ続けるより......という自殺願望もあったかも。

一度手放してしまった恋は、もう戻らないんだよ(キリッ

 

親世代はもうちょっとで終わりで
子世代に移りますね~
うっちぃの出番が増えるのが楽しみな反面
あらすじをうっかり読んでしまって orz な私

ま、脳内で相手役をテキトーに変換すれば
楽しみは倍増、萌えも倍増
だってほら、大介とか、智とか、麻美とか、いろいろいるでしょ?
誰とうっちぃを絡ませたら、一番楽しいかしら(笑)
兄の面影を残す秀明を憎んで、あれやこれや責め立てる大介なんか
いけそうじゃありません???







最終更新日  2009.12.05 00:58:13
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.27
カテゴリ:新・風のロンド

女の直感、コエーーー な話でした

夏生
槙を探してたまたま納戸を覗いたら母不倫の真っ最中

麻美
電話をかけたら夫不在、行き先不明、目つきが怪しい、槙と不倫ね!

夏生のほうは単なる偶然かもしれないけど、弟だったら気がつかないね
麻美は根拠のある直感だけど、少々暴走気味なところが惜しい
二人とも、「信じたくない」という気持ちが根底にあるから
とことん追及しようという方向に行かないんだろうなぁ
うーん、もっとドロドロな展開を希望!


槙と浩司は、不倫の最中に
嵐で停電になった家の中で子供二人が泣き叫んでいたり
野代の跡取り息子がバイク事故で即死したり......
呪われてるとしか思えない関係だよな

密会場所に自分の別荘を使ったり、
義息子の葬儀のときに、麻美も大介もいるのに
どうどうと槙の後を追いかけてみたり
バカな男だよなぁ、浩司って
自分から「不倫してまーす」って看板掲げてるようなものじゃん
結婚のときにはふんぎれなかったくせに、
それぞれが家庭を築いて、子供もできてから
離婚して、やり直そうと言い出すなんて
なんて間が悪い!
浩司は、大切な人を人生の泥沼に道連れにするんだよな
遊び慣れてないというより、ホントーに頭が悪い人だ


それに比べて、
愛人と会っていても、家に電話して子供の安否を確かめる大介
何だかんだ言っても、ちゃんと家族を愛してるんだよな
 ま、こっちも不倫なんだけど、
 単に名前がマキってだけの相手だし
 本気じゃないだけマシ......っつーか、許す!神保さんだし

家族と上手くやろうとして、下手なカレーを作ったり、
子供の音楽の才能は、自分譲りだと言ってみたり、
いい夫でお父さんになろうとしてるじゃないか!

そして、浩司の所在がつかめないと、槙の不在も確かめたり、
きっちり外堀を埋めていく狡猾さ スキスキー
興信所でも使って調べそうな勢いだよね
自分で自分の首を絞めてるのに、止められない
不憫すぎて、応援するしかないでしょ!


行方をくらましてた兄貴より、
真っ先に飛んできた俺を追い返すのか


そうだそうだ!


どんなに幸せにしようとしても、
お前のほうが頑なに俺との幸せを拒んだんだ


そのとーーり!


頑張って愛されようとするのに、うとまれてばかりの大介
切々と自分の愛を語る大介
不憫な大介をぎゅっとしてあげたいーーー


下からねめつける神保さんの眼差しがステキです
あの目で睨まれたい~~~
怖いときの顔と、気弱な顔のギャップがありすぎて
クラクラします
その上、神保さんはにぱぁ~~~っと笑うんだよ、ズルいよ、ホント
今回のドラマで初めて見たけど
着物姿もいいね
細い腰を帯がギュッと締めて、
黄金の胸板がピンと張り詰めて、
こんなに着やせするなんて、もったいない!
某カフェドラマの、スウェット上下に首タオルの神保さんもよかったけど(笑)
スーツとか、着物とか、かっちりした服装の神保さんがいいです
もちろん、眼鏡をするなら銀縁で!


そして、そして
うっちぃ、登場!
紺ブレにグレーのスラックス
泣きじゃくるうっちぃ
かわいいよ、かわいいよ~
やっぱ、うっちぃは弟キャラだよね~
これからうっち~の出番が増えるみたいです
嬉しすぎて、今から萌えたぎる~~~







最終更新日  2009.11.28 00:31:14
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.20
カテゴリ:新・風のロンド

今週、最大の見せ場

バスローブ姿の神保さん!
ひゃっほ====3
女を押し倒す前に、バスローブを脱いで!


美絵ちゃんに叱られて、
しょぼーんとしている大介
自分の言葉に傷ついてる大介
ぎゅーーーーっとしてあげなくちゃ!

こんな不器用で可愛い人を苦しめちゃダメ!
ま、暴力はよくないですけど
それだって、毎日ぎゅっとしてあげたらおさまると思う

家庭を大切にするより、自分を愛してほしい
良き母でいるよりも、自分だけを見てほしい

一生懸命、泥沼で足掻いている大介が不憫だーーー

大介がどんなに愛情を示そうとしても、
槙の心は浩司に向いているんじゃ
愛情も憎しみに変わるよね
愛情と憎悪は同一ベクトルの裏表
愛情の対極にあるのは、無関心
槙はよい母であり、よい妻を演じようとしているけれど、
大介への感情は「無関心」だよなぁ


そんな槙がさぁ
「私を信じて」って言いながら、
昔の男の写真を焼けないんだし、
「昔の男を忘れられない私でもいいって言った」って開き直るし、
挙句の果てには
「私の幸せを与えてくれなかった」だもんなぁ
大介が愛憎入り混じって、ぐちゃぐちゃになるのも当然だよ
口を開けて、はちみつが落ちてくるのを待ってても
誰も幸せを与えてはくれません
  ジェニーシリーズのグレイスみたいに
  ナシオナルとは形だけの夫婦で
  ジェニー以外はすべてウォルターの子供
  ってほうが、よっぽど腹を括ってて好きだわ

浩司と槙が不倫にのめり込むのが
不幸な今をチャラにしたい
という、現実逃避にしか見えないです


槙よりも、麻美の腹黒さ、狡猾さ、周到さが好きです
外堀をちゃくちゃくと埋めて、
狂気と紙一重の線で虎視眈々と機会をうかがう
怖いけど、好きだわ~


見舞いに来た美絵ちゃん
あのタイミングは
ドアの向こうで、浩司の言葉を聞いていたよね
常識人で愛情に満たされてる美絵ちゃん
大介とくっついたら、円満に行きそうなのに
絶対、くっつかないんだよな~
残念


内山くんの登場が近づいてきて、ワクテカです
神保さんとうっちぃの揃い踏みって
私にとっては、パラダ~イス







最終更新日  2009.11.21 01:42:54
コメント(2) | コメントを書く
2009.11.13
カテゴリ:新・風のロンド

本日、二回目の記事です。

12-13話は、 大介が槙を手に入れようと画策して、
槙の兄が槙への婚約指輪をうっぱらって、遊女と心中して、
浩司は優柔不断でグズグズしていたってことで、感想終了(ひでぇ)

14話からの感想、いきます!

 

15話からうっち~登場!ひゃっほ~~~~~

かわいいよ、かわいいよ、うっちー。
色白で、ほっぺたが丸くって、弟オーラ満開!
二十歳のときのお仕事だけど、
紺のブレザーが超似合うーーー
役どころは14歳ですね。
いくつでもかわいいよ、かわいいよ。
惜しむらくは、トモくんみたいな半ズボンじゃないこと
半ズボンに白ソックスのうっちーだったら
狂喜乱舞して、萌え死ねるわ(爆)


私としては、主役を神保さんにするか、うっちーにするか
とっても悩むところです(嬉々として)


愛することを強要されても愛せないものだけど、
槇に愛されたくてもがく大介が、健気でかわいそうだー
だからってDVしてもいいとは言わないけど~

槙がいなかったら仕事も手につかないし、
早朝から美絵ちゃんのところに迎えにいくし、
嫉妬に狂うし、ぐずぐずになっちゃうし、
ほんと、槙が好きなんだねぇ

でもさ、
言え、と迫って言ってもらった言葉なんか信じられないよね
愛人のマキみたいに、全身で示してもらえないと信じられないんだよね
大介の愛情が激しいものだから、
槙にも同じ激しさを見せられないとわかんないんだよ
穏やかな慈しみなんて、大介にはじれったくて、物足りない

槙は浩司と好きあってるときだって、
そんなに激しい愛情表現しなかったよね(小沢真珠の表情のせい?)
帰還してきたときに抱きついたのが、唯一ストレートだった。
そもそも、槙にそんなものを求めること自体が無理難題なんじゃ?
でも、そういうドライな人に激しい愛情表現を示されたら本望
槙にとって、大介がオンリーワンだと信じられるものを示してほしいんだろうね。
浩司にはしなかったことを、大介にだけだと信じられるものを。
そういうものを槙が示してくれたら、
大介の浩司への劣等感も癒されるだろうに。

でもさ、智の音楽の才能は、有澤の家の血だと思う。
美絵ちゃんに彫刻の才能があるもん。
そのことだけは、信じてあげてほしいな。 


浩司はつくづく悪い男だよね。
優しさが仇になる優柔不断な男。
大介が言った「あんたは誰も幸せにできない」という評に同感です。
自分が関わったら状況が悪くなるってわかってるだろうに、
中途半端に手を差し伸べるから、
槇と大介の関係はこじれるし、自分の家族もぎくしゃくするんじゃないか。
夫婦喧嘩に巻き込むなっていうなら、のこのこ来るな!
巻き込まれに来てるっていうんだ!
夜中に姪から槙が急病だって知らされても、
自分が行かなくてもいいじゃない。
自宅から救急車に連絡して、有澤家の場所を伝えたらいいじゃない。
事情も話さずに夜中に飛び出して行ったら、誤解されても仕方ないじゃん。
なのに、家も仕事も捨てて、槙と駆け落ちする勇気もないしさぁ。
いつまでも、昔の女が今も自分を好きでいるって思ってる男って嫌だね。
たとえ今でも思われてるとしても、忘れてあげるのがマナーだと思います。

 

あと、私の関心事は

神保さんの黄金の胸板はいつ拝めるのか!?
まだ一回しか、見てないもんなー







最終更新日  2009.11.14 00:26:24
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.31
カテゴリ:新・風のロンド

女は強い!

自分の恋を貫くために、
思いを寄せる男をズバズバ傷つけるマキ

自分の立場と息子の未来を守るために
既成事実を作って、強引に進めるアサコ姐さん

強い女二人に押されっぱなしの男たち
ガンバレ!
特に、大介@神保さん!
ガンガン強引に押していけ~~~


で、私的に主役である神保さんの魅力は
ラムネさんのような未亡人オーラも出せるし
カフェ吉祥寺でのどんくさいおじさんもできるし
大介のような悪い人もできるところ
はもちろんだけど、それ以上に
黄金の胸板ですよ!(きゃっきゃ)
下着姿で横たわる小沢真珠よりも
ガバッとシャツを脱ぐ神保さんに
目は釘づけ!でした(むっは~)


大介の好きな女を手に入れるためなら
周りを全部、不幸にしてもいいという
思い切りの良さというか
破滅思考というか
強引なところがいいですわ~
マキが据え膳状態なのに、嫌がられてるとわかったら
それ以上、手を出さずに自己嫌悪に陥るなんて
大介もロマンチスト
BLだったら、そのまま突き進んでいって
Hの後からIが始まるのに、そうはいかないんだもん
もどかしいわ~


大介の兄なのに
浩司兄には強引さがないんだよね
マキを愛してると言いながら
マキを幸せにするのが自分の役目だと言いながら
家や親を捨てられなくって、
とまどってしまう優しさが命取り~
兄嫁と甥っ子を振りきれずに
流されてしまうんだもんなぁ
誰も、自分すらも幸せにできないタイプだ


マキの兄貴も優しくて弱い人
戦争の傷を免罪符にして
家族を背負う重責から逃げようと
酒と女におぼれて
結局、妹たちと母親に尻ぬぐいさせてしまって
苦しくなって、また逃げる
最後の最後まで逃げてしまって
迷惑をかけっぱなしになりそうな展開です


マキはヒロインらしい一途なキャラなんだけど
自分に思いを寄せてる大介に、浩司兄との橋渡しを頼むあたり
嫌な女だなぁ、と思うわけで
ヒロインのまっすぐさが
大介をズバズバ傷つけてるのを見てると
神保さんをいじめないで~~~~
と思ってしまう

 

戦後間もなくのこの時代
操の価値が今よりずっと高いんですね
ダイヤモンドの指輪と同等の価値かぁ
素人とプロの線引きがはっきりしてて
遊びはプロと、素人には手を出さない
素人と寝たら責任を取る
というのがこの時代の常識なんだね
赤線とか青線とかなくなって
素人とプロの線引きまでもなくなったから
昔は一部限定だった性病が、爆発的に広がったと
何かの本で読んだ記憶がある
売春婦というと、暗いイメージがあるけれど
必要悪だったんでしょうね

 







最終更新日  2009.11.01 01:04:02
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全8件 (8件中 1-8件目)

1


© Rakuten Group, Inc.