2003095 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わたしじかん

PR

全81件 (81件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

ガーデニング

May 6, 2020
XML
カテゴリ:ガーデニング
今年はお天気にも恵まれて、ある意味、試されるGWでした
お家大好きなもんで、食料品の買い物以外に出かけなくても
充分楽しくすごしました

だって、お庭が素敵なんだもの!

雑草を刈り取って、肥料を撒いて、虫コナーズ網戸用をシュッシュして
いいですね、春のお庭は
大した世話をしてないのに、バラが咲いてくれるんですから

この一週間で様変わりしたお庭を見てください
まず、アブラハムダービー
去年の台風で根元からぽっきり折れたのを、ビニールテープで応急処置したその後
枯れずにいてくれるか、花が咲いてくれるかとヒヤヒヤしていましたが
GW初め

葉っぱはツヤツヤ、茂り方も例年通り、もう蕾が膨らんでます ワクワク
そして、今日

咲きました! まだ六分くらいだけど、咲いてる!!!!


横顔も素敵なアブラハムさん
足元に青と白のパンジーがモリモリしていて、遠くから見ると補色で引き立ってます(多分)

次はデンティベス

こんなに硬く小さな蕾だったのが

ふんわり咲きました
この子は明後日にはもう散ってるでしょう

そろそろ寿命なスノーグース
今年の夏には抜いて、土を作り直して、来年は別の子を植える予定なので
今年が最後(ToT)

まだまだ蕾も小さくて、咲くかどうかも怪しいかったのに


ちょっとだけ咲いた
枝が少ないので、往年のようにモリモリには咲かないけれど、やっぱりこの子好きだわ~

遅咲きな、つるサマースノー

蕾がどこか目を凝らさないとわからない
一週間たってもちょっと蕾が大きくなっただけで、やっぱり……

と思ったら!

一輪だけ咲いてた!
もー、葉っぱの影にひっそりと隠れるように!
どんだけ恥ずかしがり屋よ!!!

同じく遅咲きのピエール・ド・ロンサールは今日の時点でこんな感じ

蕾の状態でも優雅な子です
日当たりが悪いので、あんまり茂ってくれないけれど
どうにか育てて、窓辺を飾りたい~
反対側から、もう一本育てて、両側から囲もうかな~

そして、本当に遅い子、ガートルード・ジェキル

蕾はあれども、ガクが硬く閉じていて、まだ花色が見えません

今回は写真を撮らなかったけど、オレンジサンセットとパパメイアンもまだまだですが
あと1~2週間もしたら、どの子もこの子も競うように咲き誇っていくのが楽しみ
これで気温が高くなければ、庭でお茶を楽しめるのにな~

いつまで自粛が続くかわからないので、お気に入りのバラ園にも出かけられず
自分の庭の薔薇だけで我慢です






Last updated  May 6, 2020 11:41:12 PM
コメント(2) | コメントを書く


January 9, 2020
カテゴリ:ガーデニング
先週の正月休みの間に薔薇の剪定作業などを済ませる予定だったけれど
予定していた日曜日に朝からホームセンターでステンレスワイヤーとビニタイを買って帰る途中で
土砂降り~~~~
ライダーと戦隊の録画を見て、お昼ごはんを食べて
午後から晴れてきたので、去年、新しくしたフェンスの支柱にネジ釘を電動ドライバーで打ち込む
一本の支柱に五本ずつの計三十本
最後まで捻じ込まずに、五ミリほど残していくのがコツ
さて、ここにワイヤーを引っ掛けて、張っていこうと思ったら
また雨、しかも二度目のどしゃ~~~~~~~~

そこから仕事が始まり、何もできず
仕事休みの日は切れ目なくシトシト小雨が降り続けるので
ワイヤー以降が進んでません
暖かいし、薔薇の芽が動いてるしね……
ぐっと寒くなって、薔薇の芽が動かなくなったら剪定しなきゃ

ここから先にやること
・ワイヤーを張る
・長く伸びた薔薇の枝を切って、ワイヤーに誘引する
・鉢植えの薔薇の植え替え(鉢が割れた、半分枯れた)
・まだ咲いている紫陽花をどうしよう……
・半分枯れたライラック(植木屋さんに頼むしかないか)
・庭全体にマグァンプを撒く
・庭全体に腐葉土を撒く
・立水栓のホースソケット交換&シャワーノズル交換
・ツルニチニチソウとハツユキカヅラの刈込
・玄関前のプランターに何かを植える

こんなもんかな

アネモネとかシャガも欲しいし、アガパンサスも育てたい
新しくなったフェンスにクレマチスをたっぷり広げたい
ホップのグリーンカーテンを作りたい
もう一度、アルプス乙女かクラブアップルを育てたい
タキイ種苗のカタログを見ていたら夢が広がりまくり
定年退職したら、ターシャ・テューダーの庭みたいなのを作るんだ……






Last updated  January 10, 2020 12:59:00 AM
コメント(2) | コメントを書く
November 18, 2019
カテゴリ:ガーデニング
​​9月頃
タキイ種苗からカタログが届いたら、お茶を飲みながら、パラパラとめくり
「あら、これステキ」
「まぁ、可愛い」
「こんなのもあるのね~」
などと呟きながら、植える/植えない、庭に合う/合わない は別にして
とりあえず「いいな」と思ったページにドッグイアをする
何日もかけて、一冊のカタログの隅から隅まで、舐めるように読み込んでドッグイア
一通り読み終わった頃には、一冊の三分の一はドッグイア

さすがにこんなにはね……と今度は現実的な頭で読み直し、
どうしても欲しいものだけを残して、ネットで注文

それから一ヶ月、二ヶ月経ち
注文したこともすっかり忘れた頃に

ピンポーン 日本郵便でーす

何だろう……

巨大な段ボールに首を傾げつつ、差出人を見て

はっ! 私、タキイに何か頼んでたし!!!!

今年の第一弾はカボス……スダチかも……
注文履歴を確認して、カボスと確定

さて、ここからが問題です
私はどこに植えるつもりで注文したんでしょうか!!!!!

多分、一度花を咲かせたきりで、暑さに負けて枯れたポポーの後釜だな

いつ届くかを把握していなかった、いやそもそも注文したことも忘れていたので
土づくりなどまったくしていない庭の一角を、遠い目で見やる私

苗は水に漬け、大急ぎで穴を掘り、積んであった培養土を入れて、混ぜ混ぜして
休みの日に植える! 植えて支柱を立てて、水をやり、ほっとする

更に二週間後

ピンポーン 日本郵便でーす

え!? 今度は何!!!!

次の段ボールは ヒメイワダレソウ!!!!! 十二株!!!!!

これはとにかく地面に植えて、雑草抑制用だからどこでもいい!
ただし、雑草を刈り取るか抜くかしないといけないし、今日は無理
明日も無理、日曜なら……とりあえず、段ボールの中の苗を外に出し
育苗トレイに並べて、毎日水やりだけは頑張る
そして、いよいよ日曜日が来て、雨ーーーーーーーorz

その次の週。
まだヒメイワダレソウが植えられていないのに、

ピンポーン 日本郵便でーす

今度は何ーーーーー
パンジー12株とビオラ6株
はーーーーーー!?
なんで私、こんなの頼んだのーーーーー
どこに植えるつもりだったのーーーーー
二ヶ月前の私、ちょっとここに直れ!!!!!

記憶を掘り起こし、どうやら淡いブルーのパンジーは
アブラハムダービーを植えている花壇のふちにずらっと植えるつもりだったことを思い出す
となると、ピンクのビオラはピンクエリアだな
でも、ピンクエリアはタイムがいい感じに広がっているから……
カボスの周りを囲んじゃえ!

通路にしている地面部分を片手鍬で掘り起こし、雑草の根を除き、培養土を撒いて混ぜ混ぜ
穴を掘って、ヒメイワダレソウを植えて、水をやって、土を落ち着けてから
上から「挿し芽・種まきの土」を撒いて、また水をやる
「挿し芽・種まきの土」を使ったのは、手元にあったサラサラの土がそれだったから
発根剤が入ってるから悪くはないはず……多分

花壇に沿って、通路部分の土を帯状に掘り起こして、培養土を混ぜて、パンジーを
カボスの周りに穴を掘って、掘り起こした土と培養土を混ぜて、ビオラを
これで今日の午後は終了

でもこれで全部終わりじゃないんです
まだムスカリとクロッカスと水仙の球根が残ってるんです
クロッカスはタイムカーペットの間にランダムに植えるつもりで
水仙はホワイトガーデンエリアにターシャ風に10球ずつまとめ植えするつもり
そこまでは思い出したけど、ムスカリはどこだったっけな~
玄関脇の花壇だったかな~ 

こうならないように庭の図面を書いて、どこに何を植えるかメモしたはずだったのに
そのメモがどこかに消えたんだよなぁ
タキイ種苗のカタログに挟んで、そのまま古紙回収に出しちゃった可能性大
ちゃんとスマホで画像として記録しておくべきだった

タキイ種苗に一つだけお願いできるなら、
発送前に発送内容入りの発送お知らせメールをください
そうしたら、たとえ前日お知らせでも、頑張って対応しますから
その前に、自分で何を注文したか、把握しとけって話ですけどね


ヒメイワダレソウはこんなお花
刈込にも踏圧にも強くて、匍匐でどんどん広がります
きちんと刈り込んだら芝生上に広がって、ほんと可愛い
色は白とピンクがあって、どっちかだけでも可愛いし、両方混在させても可愛い
そして暑さ寒さにも強くて、雑草に負けない!

リピア(ヒメイワダレソウ) / / 9cmポット / イワダレソウ(リッピア) グランドカバー(雑草を抑え芝よりカンタン♪♪

ヒメイワダレソウ(リピア)3号(9cm)ポット 《グランドカバー》

狭いエリアを耕すには、これが便利でした

千吉 ミニ片手鍬 イカ型 イカガタ







Last updated  November 18, 2019 12:11:51 AM
コメント(4) | コメントを書く
May 3, 2019
カテゴリ:ガーデニング
先日の大風で根元からぽっきり折れたアブラハムダービー
急いで起こして、根元をガムテープでぐるぐる巻き煮して、
再度、しっかり誘引した結果





今、こんな感じに蕾がモリモリ上がってきてます!!!!
これはきっと大丈夫ですよね?
去年同様、しっかりとした花を咲かせてくれますよね?
来年も期待していいですよね!?
あ~~~一安心

ま、でも20年近い株なので、そろそろ更新の時期です
これを期に、根元から元気なシュートが出てきてくれたら、
一気に古い枝を切り落として、新しい枝に変えたいところです

同じく、外壁工事でメタメタに切られたつるサマースノー
ちゃんとヒモで結わえて、ブルーシートを掛けておいたのに
作業の邪魔になったのか、根元近くからバッサリと切られていました
それが……



低い位置に誘引したせいもあって、ちょっとしたブッシュです
これ一面に花が咲くと、きっと真っ白な小山になります

植物は痛めると、生存本能が刺激されて大きく育ち、綺麗な花を咲かせると知っているものの
大きく、長く伸びている枝を切るのを躊躇ってしまって……
時々は、思い切って切るのも大切なんですよね
勇気を出さねば!






Last updated  May 3, 2019 11:00:19 PM
コメント(4) | コメントを書く
April 17, 2019
カテゴリ:ガーデニング
昨日の午後、結構強い雨が降っていて、帰宅したら、庭のバラの木が倒れていました
フェンスの交換をした後、誘引用のワイヤーを引き直そうとしたらワイヤーがなくて
麻紐を張って、枝を固定したのですが、麻紐が切れて、風に煽られた拍子に倒れた模様

10年以上育ててきた横幅3m、高さ2mのバラ アブラハム・ダービー
根元からぽっきりと……
根元の直径は10センチ近くあって、途中までは折れていたけど完全には離断されていなくて、
持ち上げたらまだなんとかなりそうだったので
急いで起こして、もう一度麻紐で固定して、ガムテープでぐるぐる巻きにして、
早急にワイヤーを買ってきて、フェンスに張って、固定し直して、
あまりにショックだったので、一枚も写真は撮ってないけど、
地面にばったりと倒れた大株のバラは、しばらく目に焼き付いて離れないです
適当でいい加減な応急処置だけど、これで元通りになってくれたらなぁ

今日になっても、新芽は萎れていないので、水分は吸い上げているようですが
このまま無事に育ってくれるかな
育って欲しいな
でももしダメだったら……根っこから掘り起こして、すぐには次のバラを植えられないから
一年はコンポストで土を肥えさせて、それから何を植えようか
花姿や全体のシルエットで好きなのは、やっぱりデビッド・オースティンのバラ
ピンクとオレンジのコーナーに挟まれたこの場所には、やっぱり杏色
となると、やっぱりアブラハム・ダービーかな
ピンクでいくなら、セント・セシリアもいいな
あぁでも、やっぱり長い年月をかけて、大株に仕立てたんだから、
どうか無事に生き返って欲しい
もう一度、この花を咲かせて欲しい







Last updated  April 18, 2019 12:39:40 AM
コメント(2) | コメントを書く
April 5, 2019
カテゴリ:ガーデニング
夏にホームセンターで300円で売られていたミニ胡蝶蘭
買った時は葉っぱが二組だけの株だったので
ダメ元で明るい日陰で秋まで育てて
室内でも温度変化の少ない特等席で管理したら
やっと花を咲かせてくれました
蕾二輪を落としたけど、二輪は無事
こんな赤紫の花だったんですね
葉っぱだけで名前もなかったから賭けでした
これで、どんな花かもわかったので
今月末には外に出して、また来年、花を咲かせてもらいましょう






Last updated  April 6, 2019 07:48:26 AM
コメント(4) | コメントを書く
April 2, 2019
カテゴリ:ガーデニング

庭の工事が終了しました
こちらから日程を送ってから音沙汰なしだったのが、
突然「明日からしばらく天気がよさそうなので、明日の8時から入ります」って、夜の10時に!

まぁ、お天気はどうなるのか直前までわかりませんし、
やってくれるなら何でもいいんです

初日は、職人さん一人で、元のフェンスを撤去して、邪魔になりそうな木(主にバラ)をヒモで固定して、
絶対に抜いても触っても欲しくない植物の確認をして終了
二日目は四人の職人さんが来て、棟梁と私とでフェンスの高さと板の間隔を決めたら、
職人さん達が新しい支柱を立て、板を張り、
三日目も二日目同様、支柱を立てて、板を張り、終了

新しいフェンスになると、気持ちがいいですね
触らないでと言ったタイムカーペットとクリスマスローズは無事でしたが、
言い忘れたブライダルベールの茂みは綺麗になくなっていたので、
また6月くらいになったらブライダルベールを植えようと思います
他にもよくわからない雑草が茂っていた部分も綺麗に掃除してもらえたので、
常緑樹の足元には多肉植物を試験的に植え、
日当たりのいい場所は耕して、土を足して、久々に一年草花壇を作りました
一見、枯れているように見えて、実は生きていた生育不良のポポーですが
やはり枯れたと思われたようで、抜き取られてしまったので、
今度はここに白露錦ヤナギのスタンダード仕立てか
ムクゲを三種類より合わせたスタンダード仕立てか
数年前から鉢で育てていた薔薇の行灯仕立てを植えようかと
しばらく堆肥を積んで、土作りをすることにしました

やっぱりプロに頼むと、仕事が早くて綺麗ですね
これからは高木の剪定だけでなく、庭の掃除も頼もうかな







Last updated  April 2, 2019 11:09:38 PM
コメント(2) | コメントを書く
March 20, 2019
カテゴリ:ガーデニング
​これ以上、待つべきか……信じるべきか……
で​書いてから二ヶ月が経ちました

いまだに庭は手つかずです

あれから二週間後に見積もりがメールに添付されてきました
が、最初にお願いしていた出入り口の扉の作り直し分が入っていなかったので
「扉の分はどうなってますか?」と返信して、そこからまた二週間
扉分を加えた見積もりが届いたので、
「これでお願いします」と返信して、また二週間音信不通
ここまでで、一ヶ月経過

三月に入ったので
「いつ頃、工事に取りかかってもらえますか?」とメールしたら
「立て込んでいるので、すみません」
「3月25日以降でご都合の良い日程を教えてください」と返事が来たので
すぐに二通りの候補を送り

はい、二週間経ちました!!!

25日ってもう来週なんですよ?
こっちもいろいろ都合があるから、日程だけでも決めてしまいたい
せめて、職人の手配がつかないとか、資材が届かないとか、
遅れている理由を教えて欲しい

当初の話では、1月2月に施工だったので、それに合わせて庭木の剪定をしよう
バラもハゴロモジャスミンもクリスマスローズも、その時期に剪定すれば
春には新しいフェンスをバックに綺麗に咲くな……と思っていたのに
もうバラの蕾が現われたよ!?
クリスマスローズなんか、満開だよ!?
ハゴロモジャスミンも蕾をつけ始めてるよ!?
これじゃぁ、工事で蕾が台無しになるじゃん!!!!!

他の業者さんにそれとなく尋ねてみたら、どこも手が回らないと聞いたので
大人しく待つけどさ……待つけどさ!

古くから付き合いがあったり、全面改装百万オーバーコースじゃないから
新規客の庭で、たかだか数十万の仕事だから、軽んじられてるんじゃね?
なんて、黒い気持ちがふつふつと湧いてきますわ






Last updated  March 21, 2019 12:16:32 AM
コメント(4) | コメントを書く
November 17, 2018
カテゴリ:ガーデニング
期待して録画したけど、二本立ての二本目なので大して期待してなかったら
やっぱりね

難しくないと紹介しておきながら、どう難しくないかは紹介してない
一緒にお風呂に入って、シャワーで潅水するって、変態っぽい話だけ
(お風呂場で微温湯をジャーっとかけるのは理に適ってます)
(私も冬の暖かい日には、お風呂場に大集合させてやってます)
(春~秋は屋外で水道水を毎日シャワーしてます)
温室で育てるイメージが難しく思わせていると言いながら、案内人は温室管理してるし、
案内人の経歴の中で面白そうなところはバッサリカットだし、
大学時代の発表とか、最年少で受賞とか、フリップに書いてあるそこを! 紹介して!!!

案内人の清水さんが気になるなら、自分でググれってことですよねー
わかってますよ、ググればすぐに出てきますからググりましたし
ググったら、この人の本、持ってることに気付きましたし

蘭だって、今回育てやすいと紹介されたオンシやバンダは、見た目華やかで綺麗でいいですよ
私も好きです(育ててないけど)
だから、どう育てやすいのか、もっと詳しく!

蘭専門店ではなく、普通の花屋さんの店頭で見かけるのは、
デンファレ、胡蝶蘭、デンドロビウム、シンビジウム、カトレアですよね
胡蝶蘭を贈答品でもらったら、どうやって管理すればいいのか、悩みますよね
そういうのを自宅で、特別な設備なしに育てられる方法を紹介してくれると期待してたんですけどね
十分足らずのコーナーでは無理でしたね
新大久保なんかより、蘭をメインにしてくれたらな~
ほんと、蘭は奥深いんだから
どれだけ語っても語り尽くせないんだから!!!
案内人の清水さんなら、いくらでも語ってくれるんだから!!!

しかも、番組最後に日本大賞を取った蘭が紹介されたけど
肝心の蘭の花に、次の番組の紹介テロップが重なってるし!!!!
マツコさんが褒めてる綺麗な蘭が全然見えない!!!!
ほんと、やる気がないことが丸わかりな画面構成でした

まぁでも、蘭は案外簡単に育てられることには同意します
なかなか信じてもらえないけど、私にとってはパンジーより簡単です
一週間くらい放置しても枯れないし、温室なくても冬越ししてるし
水苔やバークなんかの植え込み材なし、根っこ剥き出しでも育ってるし(むしろ元気だし)
私の育て方は乱暴かもしれないけど、十五年以上、毎年、花が咲いてるから!
直射日光の当たる屋外で管理したデンファレの一茎から、もう花芽が3本上がってきてるよ
ま、絶対に賞なんか取れない暴れ株ですし、
清水さんが見たら絶句するレベルなのは間違いないけど、
デンファレも胡蝶蘭も元気が一番!

というか、古い株から出た高芽を育てたら、四株とも元気に育ってしまったので
来春には3号鉢に植え替えなきゃいけないんだけど、置き場所がない
けど、捨てたり、枯らすのは嫌なので、困ってます






Last updated  November 18, 2018 01:19:45 AM
コメント(2) | コメントを書く
November 3, 2018
カテゴリ:ガーデニング
すっかり秋になったので、庭に出していたデンファレを中に入れました
もう既に蕾がついています


すくすく育ちすぎて、蕾が出窓の天井についてしまいました
去年は6株だったのが、高芽が出たので取って育てたり、
古くなった株を株分けしたりして、10株に増えてしまいました
全部が夏を元気に越したので、次は冬越し
場所的にそろそろ限界なんですけど、枯れるまでは捨てられない貧乏性です



これは、夏にホームセンターで300円で投げ売られていたミニ胡蝶蘭
花が終わった状態だったので、どんな花が咲くかわかりませんが
小さな花芽が出てきています
これ以外に、贈答用胡蝶蘭が生き延びてしまったものが8株ほど……
全部が元気に花を咲かせるので、こちらもまた捨てられない

他には

冬咲きクレマチス・シルホサ
もう咲いています
急に寒くなったからでしょうか、植物がさっさと冬仕様になってる感じです



ガーデンクレマチスも咲いています
早すぎ!



バラはいつも通り
これはガートルード・ジェキル
鮮やかなピンクが目を惹きます


アブラハム・ダービーは秋も豪華な花を咲かせてくれます
花数は春ほどではありませんが、色が深い

他にもデンティ・ベス、スノーグース、サマースノーもちらほら咲き始めています
この冬には庭のトレリスの入れ替えをする予定なので
これらのバラも短く剪定されてしまうのかな
強剪定しても、夏までには新しいシュートを出してくれるはずですが
なかなか短く切る勇気がでません






Last updated  November 4, 2018 12:45:34 AM
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全81件 (81件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.