2921571 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

TEA&GARDEN ちょっとひとりごと

TEA&GARDEN ちょっとひとりごと

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

朝寝嬢

朝寝嬢

Freepage List

February 10, 2022
XML
カテゴリ:美術館・博物館
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​先週の金曜日、
2/4
に、
兵庫県三田の次男トコ行くついでに
立ち寄ってきた、


 『イスラエル博物館所蔵 
      印象派・光の系譜

​    ― モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン 展』​














場所は、
​あべのハルカス美術館​​














50万点にのぼる膨大な文化財を所蔵し、​​
豊かな印象派コレクションでも知られる​
エルサレムイスラエル博物館。​



本展では、
​同館所蔵の印象派の名作が​
初めてまとまって来日します。​










​​モネの自信作とされる《睡蓮の池》をはじめ、​​
​​バルビゾン派からナビ派までの流れの中で、​​
外光から内なる光へと向かった​
​画家たちの「光の系譜」をたどります。​​​​​​​​












​​​​全69作品中、
59点が​初来日​
だそうな。

つまりほとんどが
​日本初公開。​










​​​イスラエル博物館・・・​​​

​​​​​​​​​​​

あまり聞かないよねぇ ?
アタシが知らないだけ ? ? ?





それに博物館。

美術館でなくて、
博物館。


印象派の絵画をたくさん所蔵している、
博物館。





  ​・・・ちょっと不思議。 ;・∀・​








地元に、
​『美術博物館』​なるものが
あるのだけれども、
もしかして
そーゆー感じなのかな ? ? ?













でも印象派の作品が、
たくさん見られて
幸せ~な展覧会
だったわあ。  *´▽`*



・・・って、
夏にここで見た展覧会も、
同じこと思ったわねぇ。



って、
コレか。





これもホントよかった。  ^ ^
​​​​​​​​​​​








あべのハルカス美術館さん、
印象派の展覧会、
たくさん呼んでくれてありがとう♪


      

    ​印象派大好き♪​​








写真撮影可の作品が数点。



​​​​​​  モネ『睡蓮の池』





​​

ポスターにもなってるし、
この​​展覧会の一番のメイン かな。


モネの睡蓮の絵は、
何作も見たけど、
これが​一番印象深い​かも。






水面に映る空や雲がなんとも
言えなくて。

美しいわ。






​光の系譜​・・・そうね、
キラキラしてる。

​水面のきらめき​が伝わる。




そして水面に映る空や雲から、
実際の空や雲も
鮮やかにキラキラしているんだろうなって、
想像できる。




穏やかで、
お天気のいい日の池の周りの風景が、
瞼に浮かぶわ。







水面に映る雲が、
まるで滝のように見えるのも
何とも言えないわねぇ。








​​​​​​​​



  ゴーガン 『ウパ ウバ ( 炎の踊り)』


近代生活に別れを告げて、
タチヒへと渡ったゴーガン。

揺らめく炎に照らし出されているのは、
先住民たちの官能の踊り。













 ​​ ​ゴッホ 
  『プロヴァンスの収穫期』
​​
​​​​



1888年。

心機一転、
南仏アルルに移り住んだ
ゴッホの意気込みが感じられる作品。






でもこのアルルで
上記のゴーガンと共同生活をし、
喧嘩別れをして、
かの有名な耳きり事件が・・・

;・∀・









アタシ、
この二人のエピソードを聞くと
いつも思い出すのよねぇ。​

高校時代の友人、
Yちゃんのこと。



あの子も病んでるからなあ。
何言っても通じない。


・・・・・・。







んでもって、
ゴッホに関心があるみたいなんだわ・・・  

;・∀・  ;・∀・  ;・∀・







てな、
個人的なハナシは
おいといて。(苦笑)​



続き、続き。








   ​​ルノワール『花瓶にいけられた薔薇』










 ​ レッサー・ユリィ 『夜のポツダム広場』​




この画家を
アタシは知らないんだけれども、
​一目で見る人を引き付ける絵​よね。

雨の夜道に
反射してうつる街の灯り
何とも言えない美しさで。




​感嘆の声​を思わず漏らしちゃってる人、
結構いた。   ^ ^;


           ↑

​  コロナ禍だから、​
​   黙ってみないといけないんだけど。










  ​レッサー・ユリィ
      『冬のベルリン』​​​​​​​




この絵も
道に反射してるんだな・・・。



なんとなくメランコリックねぇ。











​​あとは
ポストカードから。




​​   コロー

    『モルトフォンテーヌ、
        小さな柵へと続く道』


コローの絵は最近見る機会が多い。

前は全然知らない画家さんだったんだけれども、
​好き​になってきたわ。
詩情豊か叙情的よねぇ。











  ゴッホ『麦畑とポピー』



赤いヒナゲシの花。

アタシ好きで、
毎年種から育ててるのよ。

麦が実るのって何月 ?
ヒナゲシの花期とダブるのかなあ。




なーんて思いながら
眺めたこの一枚の絵。   ^ ^;





​​​​​​​​​







​あべのハルカス美術館​は、
あべのハルカス16階にある。



16階フロアにはこんな飾り付けが。



夜になると光るのかな ?

クリスマスイルミの名残かしらん。






​16階屋外庭園​





ここにもイルミネーションあり。





見える景色







通天閣大阪市立美術館





四天王寺







次ココに来るのはいつかなあ。
展覧会次第だけど。

^ ^;​​​​​​​​​





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  February 11, 2022 02:02:33 PM
コメント(0) | コメントを書く


Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.
X