2923169 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

TEA&GARDEN ちょっとひとりごと

TEA&GARDEN ちょっとひとりごと

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

朝寝嬢

朝寝嬢

Freepage List

November 18, 2023
XML
カテゴリ:美術館・博物館

​​​​​​​
会期はちょっと前に終了しちゃったけど、
去る9/26に行ってきた、



​『和田誠展』​







​刈谷市美術館​にて。




今回のその3最後。

^ ^







前記事


『和田誠展』その1。 | TEA&GARDEN ちょっとひとりごと - 楽天ブログ (rakuten.co.jp)

『和田誠展』その2。 | TEA&GARDEN ちょっとひとりごと - 楽天ブログ (rakuten.co.jp)​​​​​​











好きなことを好きなだけ。
和田誠をめぐる30のトピック。​

  1.  未来を予感させる子どもの頃の絵や映画日記「和田誠になるまで」
  2.  「ハイライト」をデザイン「ライトパブリシティの時代」 
  3.  独特の色彩と大胆な構成で映画ファンを夢中にさせた「新宿日活名画座」
  4.  文化的交流が後の仕事にもつながった「草月アートセンター」の仕事
  5.  作りたいものは自分で作る。最初の絵本は「私家版絵本」
  6.  大胆な発想でのびのびと「谷川俊太郎との仕事」
  7.  グラフィカルでアイデア満載、画法もバラエティに富んだ「絵本」
  8.  楽しくやさしく「児童書のイラストレーション」
  9.  回文、しりとり、数え歌。ことばあそびの魅力「ことばのこばこ」
  10.  挿絵、訳詞も手がけたライフワーク「マザー・グースの世界」
  11.  「みんなのうた」第一回目は和田誠の「アニメーション」
  12.  少ない要素で特徴をつかむ職人芸「似顔絵」
  13.  音楽、映画、ショービズ、青年期を綴る「エッセイ」
  14.  一流の映画ファンは一流の「映画監督」
  15.  手がけた書籍は2000冊以上「装丁」
  16.  装丁に見る「和田文字」
  17.  31センチ角の舞台LPジャケット」
  18.  趣味の域を超えるあたたかなメロディ「作曲」
  19.  音楽、劇場、映画、広告など幅広く「ポスター」
  20.  革新的雑誌のアートディレクション「話の特集」
  21.  真面目に遊ぶ「パロディ」
  22.  クスッと笑えるユーモアの「ひとコマ漫画」
  23.  シンプルでぬくもりのある「ロゴ・マーク」
  24.  長く続いたシリーズ「ロングランの仕事」
  25.  描いた表紙は約2000点、40年続いた「週刊文春」
  26.  お気に入りのモチーフ「猫」
  27.  愛情豊かに「家族との仕事」
  28.  絵ができるまで「ただいま制作中」
  29.  初めての本は1960「著書200冊」
  30.  83年間の膨大な仕事・交友・出来事を視覚的にたどる「ビジュアル年表」

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​









和田さんが
ロゴマークを手掛けていたとは知らなかったなー。







コレ、
三谷さんの特徴シンプルによく出てる。

^ ^;






和田さん、
三谷さんのエッセイの挿絵、
手がけてるのよね。


亡くなられた今も、
ストックを使いまわして続いていて・・・




親交が深かったんだろうなあ。
















































あーコレコレ。

​三谷さんのエッセイの挿絵 ! !​







愛読してます♪

^ ^


















淡谷のり子さんだあ。


・・・って、
なんかすごく思った。

^ ^;






和田さんって、
特徴とらえるのうまいよねえ。



















  『麻雀放浪記』って、
   和田さんが監督してたの ! ?



      ​  ;゚Д゚​







​『怪盗ルビィ』​もなんだよねぇ。





全然知らなかった。(汗)




和田さん、
​​なんて多才なんだ・・・​​

;・∀・








ちなみに会場に、
『怪盗ルビィ』の映像が流れてたけど、
若い真田広之が​
めっちゃ​イケメン​だった。


この当時(18歳)、
真田広之のこと
なんとも思っていなかったけど、
五十路のオバチャンになった今、
若き真田広之に
​ちょっと​ときめいちゃった​​わ。(笑)​

^ ^;
















1号目





これが​2000号目​では
飛び立つのね。



















   ​うーん。​
     圧巻。




























各地を巡回していた​『和田誠展』。​


この刈谷が最後の模様。








和田さんの多才ぶりに
ただただ​感嘆。​







​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  November 18, 2023 12:25:51 PM
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.