000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Green

姫・魔女のすゝめ

私のブログリンクから行ける同職の方々の方がずっとレベルが高いので、このような記事を書くとお咎めがありそうですが…w

この記事を読んでくださった方で、「プリンセス/リトルウィッチを育ててみようかな~」という動機になってくれれば幸いです。



攻撃関連

プリンセスは、物理スキルと魔法スキルの両方を扱うことが出来ます。
攻撃力が他の職業と比べて低いのですが、両方がそろっているのは育て方のバリエーションの広さを示します。

リトルウィッチも、プリンセスと同様に物理スキルと魔法スキルの両方が揃っています。
物理スキルはそうではありませんが、魔法スキルには使用後にプリンセスに戻ってしまうという独特の特徴を持つスキルがあります。

プリンセスは殆どのスキルがCP獲得スキルです。
よってリトルウィッチの魔法スキルをメインとする方もプリンセスのスキルを挟む人が居ます。
この変身システムとどう付き合うかによって、育てる人の個性が大きく現れてきます。


防御関連

プリンセスとリトルウィッチには、剣士やアーチャー(ランサー)、ビショップのような防御スキルはありません。
ですがステータスの健康が自動で上昇するので、通常はHPや防御が多めになります。

プリンセススキルのポーション投げは、CPがマイナスでなければいつでも使うことが出来るので、通常の狩りでは任意のタイミングで半永久的に回復を行うことが出来ます。
よって、ダメージを受ける危険があっても臆することなく攻撃を行うことが出来ます。

リトルウィッチには、ビッグサービスという強制変身をする回復スキルしかありません。
ですが、ラビットラッシュで敵の接近を防いだり、ウルトラノヴァで敵の移動速度を下げたり、攻撃力を下げることが出来ます。
ガールズパラダイスを使えば、ほぼ全ての敵が混乱しますので、そもそも攻撃を受けない、という戦い方が出来るかもしれません。


ギルド戦関連

私のキャラクター自身があまりギルド戦の経験が無いのであまり書けませんが、
プリンセス・リトルウィッチで相手プレイヤーを倒すのは難しいと思います。
プリンセスの投げ物スキルで味方をサポートしたり、ラビットラッシュで相手の邪魔をするだけで十分仕事になっていると思います。

またプリンセスには、武器変身という絶対安全スキルがありますので、プリンセスが指揮を執る際は武器に変身しているとチャット死の危険は無いでしょう。


移動・クエスト関連

プリンセスのウサギ変身は、ウサギに変身すると移動速度が150%増加します。
この移動速度は全てのスキルの中で最速の移動速度です。

連続で使用できるようにすれば、深いマップもあっという間に移動できますね。

クエストを攻略するに於いて、自分よりはるかにレベルが高い相手を扱う必要がある場合があります。

そんな時も、ウサギ変身ならば敵に攻撃されずに移動することが出来ます。

また、実際に倒す必要がある場合はリトルウィッチのラビットラッシュで足止めをしつつ、ウルトラノヴァで攻撃すれば、時間はかかりますが、ノーダメージで確実に倒すことが出来ます。


ステータス偏

プリンセス・リトルウィッチは健康が自動で上昇します。
健康は、スタンスに関わらず高いほうがいいステータスですので、全職業中ネクロマンサー・悪魔に次いでステータスに無駄がありません。
また、リトルウィッチは運の4分の1がカリスマに加算されますので、運が十分高いリトルウィッチは、全職業中もっともステータスポイントの合計が高いキャラクターになります。


その他

プリンセス・リトルウィッチのスキルには、他の職業にあるような「使えないスキル」はあまり無いと思います。
寧ろ他の職業に無い「変なスキル」が多いと思っています。

見た目も派手ですので、魅せる戦い方・魅せる動きができます。

またスキルの特質上、育成の早い段階からハイブリッド化が出来ます。
変身をウリにしているこのゲームで、変身システムが最も生かせる職業はプリンセス・リトルウィッチであると思います。

他の職業での単調な動きに飽きた方は、プリンセス・リトルウィッチで忙しく変身しながら戦ってみてはいかがでしょうか。
きっと新しい発見があり、夢中になることでしょう。

(あと、全身運装備にしても「安全に」即死狩りが出来るのはプリンセスとネクロマンサーくらいだと思います。)



プリンセス・リトルウィッチの魅力に関して、私はまだ十分に理解しては居ないと思いますが、プリンセス・リトルウィッチは本当に楽しい職業だと思います。

外見も可愛らしいですしね。

ちょっと攻撃力が低いからパーティメンバーから微妙な目で見られることがあるかもしれませんが、それを上回る楽しさがあると思います。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.